天皇の皇位継承の解決策は既にある。あとは選ぶだけだ!

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
菊紋

連載
日本から天皇がいなくなる日 Vol.3

皇位継承問題の解決の選択肢は2通りしかありません。日本国民に与えられた選択肢は限られています。

2018年1月現在の時点で、先延ばしできないほど事態は切迫しています。それを先延ばしする安倍自民党は、その選択肢が1つになって選ぶことができないようにしたいと思っているからです。

日本国民は、今判断しなければならないことを知らないといけません。そしてその選択肢を国民に知らせずに潰そうとする安倍自民党のクズっぷりを知るべきです。

すでに議論は出尽くしている。選択肢は二者択一だ

天皇の皇位継承問題はもう問題ではありません。すでに答えを出すだけの議論は出尽くしています。皇位継承問題は政府が動かないからあるだけで、政府が国民に向かって選択を求めれば解決できます。

その選択肢は2つです。

  • いま皇室にいる女性皇族が結婚をしても皇室に残れるようにする(女性宮家創設)。女性天皇・女系天皇を認める(直系継承)
  • 男系男子継承を続ける。(皇室が自然消滅するのを待つ。または旧宮家家系の人間を皇室に入れて、いまの女性皇族は民間に下る

この選択は簡単なようでじつは難しいです。女性天皇を認める以外は、長い皇室の歴史の中で一度も起きたことのないことが含まれるからです。それは、

  • 一般国民の男子(旧宮家家系の男子)を皇族にすること
  • 女性皇族が皇室に残ってお婿さんを迎えること

です。それでも、日本国民には選択を求められる時期に来ています。むしろ遅いくらいです。

ただ、いまの安倍内閣はそれをしないでしょう。安倍内閣は今上天皇のことをうっとおしい奴だと思っていて蔑ろにしているからです。

いや、現内閣は今上天皇が大っ嫌いで、天皇の想いは国民にも知らせたくないし、なんなら全部潰してやろうと思っているからです。

今上天皇の望みを叶えることは永遠にありません。

本当は、後継者を選ぶことくらい皇族方にお任せしてもよいと思います。しかし、それには皇室典範を改正しなければなりません。

安部総理は、今上天皇の存在が大きくなると露骨に陛下を蔑ろにするので、絶対に動かないでしょうが。

皇室典範(こうしつてんぱん)

皇室に関する決まりごとを定めた法律。天皇の皇位継承のルールも定めている。

明治に制定されたときは憲法と同列に扱われ法律ではなかった。1947年に日本国憲法が公布されたときに法律の扱いとなる。

皇位継承”問題”は解決しているはずだった

皇位継承問題は、すでに”問題”としてあるはずはありませんでした。

10年以上も前(2005年)の小泉政権時代に、『皇室典範に関する有識者会議』まで開いて、

  • 女系・女性天皇を認めるように政府に求める。
  • 旧宮家復帰案は、国民の理解や支持が得られないなどから、採用することは極めて困難。

という結論になったからです。

この結果は官房長官の記者会見で発表することも決まっていました。

ただこのとき悠仁親王(ひさひと)が誕生したことで、”問題”はなくなったと錯覚しました。記者会見も数時間前に突如キャンセルされます。

また、このまま錯覚させたいと思っている人たちがいたことで、議論することさえ無くなりました。

それ以降、いくどとなく宮内庁を通して議論を進めてほしいと政府の側に伝わっていました。しかし、それに答えようとしたのは民主党政権時代の野田政権だけです。あとの政権はやる気を見せませんでした。

その結果、議論して結論が出せたはずなのに一切放置したため今の惨状になっています。

無視をした総理の中で5年半も総理だった人は安倍晋三です。これはきちんと覚えておきましょう。記者会見をする予定だった官房長官もまた安倍晋三です。

記者会見のキャンセルは小泉首相は聞かされていなかったと言います。また、記者会見の当日の朝、会見の原稿を安倍晋三の秘書に渡した人が

 
スーツ男性 普通

記者会見が始まらないので不思議だった。

と証言しています。

このキャンセルは、官房長官の単独の判断で行われたとも言われています。もしこれが事実なら、安倍晋三という人は、公のものを個人の都合で勝手に変更する癖が当時からあるようです。

2005年の有識者会議の結論は、安倍総理(当時は官房長官)を熱狂的に支持する人たちの意見とは真逆でした。
安倍官房長官も支持者に引っ張られているので同じ意見です。
彼らの意見は、女系天皇は認めません。女性天皇ですら認めません。また、安倍総理は、2017年に旧宮家復帰案を捨てていないことを明言しています。

皇位継承問題を”問題”にしているのは、ノイジーマイノリティーとそれに支えられた安倍晋三にある

いまの状況は、安倍総理が本来やらなければならない仕事を放置しているから”問題”になっています。その安倍総理を熱狂的に支持しているのが、男系男子継承にこだわるノイジーマイノリティです。

このノイジーマイノリティはちまたでは『保守』と呼ばれる人々です。『ネトウヨ』もそれに入るでしょう。彼らは破たんした論理をひたすら大きな声で叫ぶことで、あたかも問題があるかのように印象操作してきました。

その行動は、日ごろ日常生活を普通に生きているほとんどの日本国民から見ると常軌を逸しています。

憲法改正の裏でもっと大事な選択を潰そうとする安倍自民党

2018年、安倍内閣は憲法改正を前面に押し出して『仕事してるでしょ? 頑張ってるでしょ?』とアピールしてきます。

しかし、本当は憲法改正よりも皇位継承問題の解決が日本国民にとっては大事な選択です。

憲法改正は2018年にしなければならない緊急の課題ではありません。北朝鮮をエサに安倍自民党が2018年に無理やり持ってきているだけです。

簡単に言えば『北朝鮮が怖いでしょ?だから憲法を変えようよ?』と国民を脅しているのです。

一方で、皇位継承問題は一日足らずも先延ばしできない状態です。2018年は眞子さまがご結婚されて皇族から離れることが決まっています。

実はこのご結婚は天皇の皇位継承問題にとってはかなり痛いことです。

いま、天皇陛下の直系子孫で皇族に残っている人は6人しかいません。

  • 皇太子殿下
  • 愛子内親王
  • 秋篠宮殿下
  • 眞子内親王
  • 佳子内親王
  • 悠仁親王

です。眞子内親王が抜けると5人です。そしてこの5人の中で30年後残っているのは悠仁親王たった1人になります。

(皇太子殿下、秋篠宮殿下は80才以上の高齢。愛子さま、佳子さまは結婚して皇族にいる可能性は低い)

このヤバさが分からない人はいないでしょう。

だから今すぐ日本国民は選択しなければなりません。眞子さまが皇族を離れるということは国民の選択肢がなくなり、旧宮家家系の民間人を外から連れてきて天皇にする以外、解決策がなくなるからです。

安倍自民党はこのヤバい状況をそのまま放置しています。いや積極的に放置しているといっていいでしょう。安倍総理とそのシンパは旧宮家家系の民間人を皇族に入れることが目的ですから。

もしかすると安倍自民党は、今上天皇が大っ嫌いなあまり天皇制廃止を望んでいる可能性すらあります。日本最高の権力者の上に最高の権威者がいることがうっとうしくて『消してしまえ!』と驕っているのでしょう。

どうしてこうも安倍自民党は、国民にとって大事なことを意図的に隠ぺいするのでしょうか?

天皇制を廃止をするにしても、日本にとって立憲君主制がいいのか共和制(大統領制)がいいのか公の議論が必要な大事なことでしょう?

憲法改正なんかどうでもよくないですか?天皇がいなくなって日本のトップに大統領を置くかもしれないんですよ?

2018年は憲法改正の前に、皇室典範の改正とそれに関する法律の改正をするように議論すべきです。

2018/04/17
眞子内親王のご結婚は延期になりました。だからといって状況が良くなっていることはありません。眞子内親王がいつ結婚しようとも早く結論を出すべきでしょう。
もうすでにタイムリミットは過ぎているのだから。
2018/07/17
高円宮家の三女 絢子(あやこ)さま(27)が、2018/10/29にご結婚され、皇室から離れることが決まりました。
これで、次世代の皇室メンバーは8➡7人になります。そのうち、愛子さまを除く5人の女性はすでにいつ結婚してもいい年齢です。
この5人には眞子さまも含まれます。
本当にこのままでいいの?とくに安倍内閣を支持する人たち!
そしてシカトしてる日本国民!
皇室消滅のカウントダウンもそろそろ終わりますよ!

 

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!