第109代 明正天皇 つわもの戦国武将の血を受け継ぐ女帝

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
明正天皇 肖像画

歴代天皇 - 江戸幕府に押さえつけられたけど負けなかった天皇たち -

明正天皇(めいしょう)は、859年ぶりに誕生した女帝です。日本が武士の世になってからは初めての女帝で、天皇が直接政治をしなくなってから初めての女帝です。

明正天皇の即位には、江戸幕府と父親の後水尾天皇のバチバチのバトルがありました。

父親が『ブチ切れ』たため即位することになります。

近世 江戸時代

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)

  • 生没年
  • 1623年11月19日 ~ 1696年11月10日
    元和9 ~ 元禄9
    74才
  • 在位
  • 1629年11月8日 ~ 1643年10月3日
    寛永6 ~ 寛永20
    15年
  • 名前
  • 興子
    (おきこ)
  • 別名
  • 女一宮
    (おんないちのみや)

  • 徳川和子
    (とくがわ まさこ)

    東福門院
    (とうふくもんいん)

有名な武将の血統を受け継ぐサラブレッド

明正天皇の母親は、江戸幕府2代将軍・徳川秀忠(とくがわ ひでただ)と正室・お江の方(おごうのかた)の間に生まれた和子(かずこ・まさこ)です。

明正天皇は、徳川家康(とくがわ いえやす)のひ孫になります。これだけではありません。

お江の方の母親はお市の方(おいちのかた)で、父親は戦国武将の浅井長政(あざい ながまさ)です。

さらに、お市の方はあの織田信長(おだ のぶなが)の妹です。お江の方は織田信長の姪っ子です。

明正天皇は、織田家・浅井家・徳川家と、有名戦国武将の血筋を受け継いでいます。

こんな血統の天皇は明正天皇以外いません。久しぶりの女帝だけでなく血統でも珍しい天皇です。

emperor meisho image

お江の方は淀の方の妹で、豊臣秀頼の母親です。そして、和子の妹は豊臣秀頼に嫁いだお千(おせん)です。

おばさんが豊臣家の当主に嫁いでいるので、豊臣家とも親戚になります。

父親がブチ切れて即位する

父親の後水尾天皇は、江戸幕府と対立していました。

いままで朝廷が決めてきたものを、幕府が作った法律でがんじがらめにして、朝廷が幕府の許しなしに何もできなくなっていたからです。

公中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)の発布

  • 叙位叙勲ができない。(勲章を与えること)
  • 処罰を与えられない。
  • 元号が制定できない。
  • etc...

公中並公家諸法度 -> 公中(朝廷の中のこと)ならびに公家のためのいろいろな法律。

このように、天皇とその周辺をがんじがらめにしたのは、日本の歴史上江戸幕府が初めてです。

摂関政治の藤原氏、平家、鎌倉幕府、室町幕府のだれもしませんでした。

そして、春日局(かすがのつぼね)が無位無官(なにも官位がない)のに、天皇と面会します。

これに後水尾天皇は怒り狂いました。当時は、天皇と面会できる人間は、限られた官位の人間だけだったからです。

それまでもいろいろガマンしてきた後水尾天皇は、幕府に何も言わず自分の娘の興子内親王に譲位して退位します。

明正天皇の即位です。7才でした。

幕府は、後水尾天皇と和子の間に皇子が生まれて、その子を天皇にして、徳川を天皇の外祖父(母方の親戚)にしようとしていました。

後水尾天皇は、それをできないように先手を打って退位してしまいました。

もちろん幕府もブチ切れたのですが、一応、明正天皇も徳川の血筋を受け継いでいるので、明正天皇を無理やり退位させることもできません。

後水尾天皇はそれも分かったうえでやっているので、力はないけれど、できるかぎり大きなダメージを幕府に与えることに成功しました。

幕府が明正天皇の即位を認めた理由

後水尾天皇が退位したとき、大御所・徳川秀忠、第3代将軍・徳川家光(とくがわ いえみつ)は激怒しました。

『幕府が無理やり自分の血筋を天皇にするために、少女の明正天皇を即位させた』

というマイナスイメージを嫌がったからです。(後水尾天皇はそれを狙っていた)

でも、後水尾天皇と和子には2男3女の子供が生まれましたが、男子は早くに亡くなっていました。

明正天皇の即位は、男子ではなかったけれど、それ以外の手が無くなっていたので、『まぁいいか』となりました。

一応、明正天皇は3代将軍・家光の姪っ子です。幕府が朝廷に大きな影響力を持つ目的は果たされたことになります。

当時の幕府は、反抗的なものはことごとく排除していました。親・兄弟・親戚関係なく、お家取り潰しや切腹させてたくらいです。

(徳川家康が亡くなってから間もないので、将軍に素直に従うものが少なかった)

明正天皇の即位を止めると、『天皇親政』をかかげて、反幕府勢力が大きくなることを恐れていました。

明正天皇は中継ぎの女帝

明正天皇は21才で退位して上皇になり、弟の後光明天皇が即位します。在位は15年でした。

その間、父親の後水尾上皇は健在だったので、政治的なことは何もしていません。元々、次の男子が成長するまでの中継ぎとしての即位でした。

明正天皇は手芸を好み、由緒ある寺に押し絵などの作品が伝えられています。

上皇になってから50年以上生き、74才で亡くなりました。

明正天皇は、奈良時代の第43代元明天皇とその娘の第44代元正天皇の女帝から一字ずつもらって付けられています。これは、明正天皇が自分で選んだと言われます。

前のページ
第88代 後嵯峨天皇 南北朝分裂のきっかけを作る
第117代 後桜町天皇 最後の女帝、そして最後の院
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。


天皇の本3選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!