初代 神武天皇 神話の中で決して英雄でない普通の人

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
神武天皇画像3

歴代天皇 - 伝承上の天皇 -

神武天皇(じんむ)は初代天皇にもかかわらず、神話上の人物にもかかわらず、奇跡を起こさない、マッチョでもない、かっこいいヒーローでもありません。

特別な才能を発揮したわけでもない普通の人です。それでも、神話らしい神がかり的なことも少しあります。

先史 神話の時代 - 人代(ひとのよ) -

神武天皇は普通の人

神武の東征神話を見てきたように、神武天皇は決して神がかっていません。歴史のヒーローというほど強くもないです。ごくごく普通の人です。織田信長、豊臣秀吉などの方がよっぽどヒーローらしいでしょう。

このあたりが外国とは少し違うかなと思います。他の国であれば、国を作った創始者はもっとマッチョで、優秀で、ヒーローのように語るのが普通です。

しかし日本では、神話であるにもかかわらず普通の人として描かれます。このあたり親近感がわきます。

神武天皇の年齢がおかしい?

『普通の人』でも神話らしい神がかっていることもあります。在位期間76年、没年時137才と言われているところもそうでしょう。東征を開始したのが45才、天皇に即位したのが60才というのも不自然です。

今でも45才で日本一の起業家を目指すと言い出す人は普通じゃないですよね?

これには説得力のある説明があります。当時の1年は今と違うという解釈です。

中国の史書だったと思いますが、倭国では春秋で1年という記述があります。春から夏、秋にかけて1年、秋から冬、春にかけて1年、つまり半年が1年ということです。

天皇を中心とした社会は稲作が中心です。稲を植えてから収穫まで1年、次の稲を植えるまでの準備期間を1年としても不思議ではありません。僕はこの説に一番の説得力を感じます。

あとは、先代天皇との親子合算方式なので在位期間が長くなるという説もあります。これについては意味がよくわかっていません。明確な答えのある書籍を探しているところです。

自分の勝手な解釈は、先代と次代と在位時期が重なるから長くなるという意味だと思っています。これだと天皇の在位年数の合計が時代の年数より多くなります。

新たな疑問が出てくるのでさらに勉強する必要があります。

話がそれたので戻しましょう。神武天皇の即位年には創作説があります。

中国には『讖緯説』(しんいせつ)というものがあって、21巡目の辛酉(かのととり, しんゆう)の年は大変革が起きるとされます。
(辛酉の年は60年に1度訪れる。21巡目は1260年になる)

聖徳太子が政治家として頭角を現したのが西暦601年、そこから1260年を逆算して神武天皇の即位年として紀元前660年にしたという説です。

西暦601年は聖徳太子が斑鳩宮(いかるがのみや)を造営した年です。

だから、神武天皇に限らず推古天皇より前の、在位期間や年齢が不自然な天皇は、この計算の帳尻合わせのために在位期間、年齢があてられたと言われます。

なんで聖徳太子が基準なんだ?と思うところですが、これには、仏教伝来と同時期に讖緯説が日本に入ってきたからと言われています。

また、この時期は日本が国家として世界デビューを目指してがむしゃらになっている時期です。少しでも日本の歴史は長いんですよ?と言いたかったのかもしれません。
(当時の世界基準は中国なので、讖緯説を採用して世界に認められようとした)

讖緯説を基準にした紀元前660年は、明治に入ってから正式に制定されました。

これは、1677年(延宝5年)に発表された渋川春海による日本初の長暦『日本長暦』が元になっています

神武天皇の時代も含めて日本の古代、神話の時代については、”事実を確認することも困難で、また否定することも困難”と言う人もいます。それぐらい真実を確定することが難しいということです。

紀元前660年は江戸時代に提唱された説なので、明治時代はとりあえず決めたというところではないでしょうか?

ちなみに、本居宣長は『日本長暦』に批判的でした。

古来の日本人にこのような時間感覚はない

と言っています。

神武天皇の不思議

  • 45才で天下統一を目指す
  • 天皇に即位したのが60才
  • 在位期間76年、没年時137才

日本人は神話とどのように向き合えばよいのか?

神武の東征もそうですが、日本の神話は、現在ほぼ全否定することが主流となっています。これは戦前の教育に原因があります。

戦前は、帝国主義の真っただ中にあったため、日本は必要以上に近代国家として見栄を張る必要がありました。そのため、日本神話はあたかも歴史の事実かのように子供たちに教えていた時期があります。

戦後これを反省するため、今度は日本神話を全否定する流れができてしまいました。日本神話を全肯定、全否定、どちらにしてもバランスを欠いています。

日本神話は『日本書紀』、『古事記』をもとに語られていることが多く、これらは日本が中央集権国家としてまとまるため、国家の歴史の再構成を行うため編纂されました。しかし、100%中央集権体制に都合のいいように創作されたわけではありません。

中央集権国家(ちゅうおうしゅうけんこっか)

権力が、都など中心になる場所に集まった国家。

日本は東京に権力が集中しているのでこれに当てはまる。

とくに『古事記』はそうなのですが、もともと日本各地でそれぞれ口伝えで伝わっていた歴史の物語をベースに作成しています。

例えは悪いですが、詐欺師は本当の話の中に嘘を織り交ぜながら人をだまします。当時は中央集権国家としてまとまっていないので、日本各地にそれぞれ独立心旺盛な人々がたくさんいました。

そのような人たちが、いきなり奈良の都の都合のいい歴史を受け入れるわけがありません。彼らにとっての歴史が納得いく形で入っていないと、歴史書を編纂したところで後世に残ることはありません。

ということは、ある一定の既存の歴史の事実が『日本書紀』、『古事記』には含まれているというのが自然です。

日本神話は、NHK大河ドラマを観ているときと同じように接するのが一番いいかもしれません。大河ドラマは歴史の事実をベースにフィクションを織り交ぜているので。

僕の個人的な見方としては、細かいエピソードはまず ”嘘じゃないか?” という視点から見るようにします。逆に、物語の大筋の流れは ”これは事実かも?” という視点から見ます。

神武の東征でいえば、『宮崎から出発して瀬戸内海を東へ上り、大阪で挫折して、迂回して紀伊半島から上陸して奈良に入る』という流れは本当なんじゃないかと思っています。細かい神がかり的なこと(八咫烏や聖剣でクマを倒すなど)は創作だと思っています。

物語の大枠を嘘で固めるのは矛盾だらけになる可能性があるのでほぼ不可能だと思うのですが、皆さんはどう思いますか?

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!