初代 神武天皇 東征神話でヘタレを露呈する

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
神武天皇

歴代天皇 - 伝承上の天皇 -

初代 神武(じんむ)天皇は天下統一のために九州を出発し奈良へ向かいます。その道中、神武天皇は英雄らしからぬヘタレぶりを露呈し、大阪では豪族と戦争をしてコテンパンにやられてしまいます。

神武の東征は英雄の遠征の記録ではありません。人間味のある成長物語です。

先史 神話の時代 - 人代(ひとのよ) -

神武の東征はフィクションだと言い切れない

神武天皇といえばやはり”神武の東征(じんむのとうせい)”でしょう。

神武の東征は、日向の国(宮崎県)の王にすぎなかった神武天皇が、統一国家の都にふさわしい土地(奈良県)を求めて東へ移動していく天下取りの物語です。

よく、神武の東征はフィクションだと言われます。しかし東征の内容を見ると、フィクションにしては神武天皇がヒーローには程遠いキャラクタとして描かれています。本当にフィクションと断定してよいのか悩ましいほどです。

このような神武の東征とはどういうものだったのでしょうか?

 

上の地図は神武天皇の遠征ルートです。15年以上かけて宮崎の高千穂(たかちほ)から奈良の橿原(かしはら)まで移動しました。これから遠征の内容を見てみましょう。

神武の東征は『日本書紀』と『古事記』に掲載されていますが、少し内容が異なります。ここでは『古事記』を参考にします。

天下平定を決意

神武天皇は15才で後継者に指名されたと言われています。その後日向の国(宮崎県)の王となっていました。そのとき神武天皇はヤマトの統一国家建設の決意をします。

その理由は、

いまだこの国は、暴れん坊の神々や、土着の豪族によってそれぞれに勝手にふるまっている。
天下平定のためにはひとつにまとまらなければならない。

ということでした。

そして、それにふさわしい都を探す旅に出ることを決めました。このとき45才でした。

豊国(とよのくに)の宇沙(うさ)へ到着

 

まずは、日向国(宮崎県)から豊国(大分県)へ海路で向かいます。

この場所は、日本全国どこにでもある八幡宮の総本社、宇佐神宮があるところです。

現在でも皇室と関係が深いところで、天皇陛下からのお供え物を、東京から派遣された使いの人が陛下の代わりに定期的に奉納しています。

また、第47代 称徳天皇(しょうとく)が、仏僧の道鏡(どうきょう)に皇位を譲ろうとしたとき、カミのお告げを聞いた神社がこの宇佐神宮です。

話を戻しましょう。神武天皇一行が到着したとき豊国は大歓迎し、神武天皇の臣下になることを約束しました。

ここでしばらく旅の疲れを癒します。

筑紫国(ちくしのくに)の岡田宮(おかだのみや)に到着

 

豊国で一休みした後、次に筑紫国(福岡県北九州市)の岡田宮へ海路で向かいます。

『古事記』では詳しく書かれていませんが、ここで1年ほど滞在しました。長旅の前の情報収集、準備をしていたというところでしょう。

安岐(あぎ)に7年、吉備(きび)に8年滞在する

 

筑紫国を出たあとは瀬戸内海にそって上り、安岐(安芸、広島県)の多祁理宮(たけりのみや)に7年滞在しました。そして、吉備(岡山県)の高島宮(たかしまのみや)に移動して8年滞在します。

このあたりが神話なのに現実味があります。

神武天皇を神がかり的なものとして描くのであれば、マッチョなエピソードを満載して”だから天皇は偉いんだ!”と強調すればいいはずです。しかし、まったくそのようにはなっていません。むしろ、東へ向かいながら仲間を集めていたということをリアルに感じさせます。

源頼朝は、関東武士をまとめて鎌倉へ入るのに3年費やしています。織田信長は、尾張を統一してから天下統一目前まで20年くらい費やしています。

神武天皇が九州・中国・山陽地方をまとめるのに15年かかったというのはごくごく自然なのではないかと思います。

神武の東征を見ていると、世代は古いですが、ゲームソフトのドラゴンクエストやファイナルファンタジーの最初の頃を思い出します。

一部の世代には一番しっくりくる例えだと思います。

亀仙人のじっちゃんに出会う

吉備を出たとき、瀬戸内海の渦潮で進路を妨害されてしまいます。ここで、亀に乗った老人(宇豆毘古命(うずびこのみこと))が現れました。その宇豆毘古命は渦潮を避けるルートを教えてくれます。

神武天皇はこの功績をたたえて、亀仙人のじっちゃんに槁根津日子(さおねつびこ)という名前を授けました。

このじっちゃんは、国造(くにのみやつこ)の祖とされるカミサマです。国造はヤマト王権に地方の支配権を認められた豪族のことを言います。

いまでいうと県知事みたいなものです。天皇から地方の豪族や有力者に名前を授けるという行為は、地方の豪族や有力者を天皇の臣下にすることを意味します。

このエピソードには、地方官の任命権は天皇にあるんだよというメッセージが込められています。また、ここまでの旅で仲間にしてきた各地の豪族、有力者も国造に任命したということも遠回しに言っています。

大阪で大惨敗してヘタレを露呈する

 

瀬戸内海を抜けた一行はいよいよ白肩津(しろかたのつ、大阪府東大阪市)に上陸します。

ここで、現地の豪族である那賀須泥毘古(ながすねびこ、長髄彦)と壮絶な戦闘になりました。結果は大惨敗で、同行していた神武天皇の一番上の兄の五瀬命(いつせのみこと)が瀕死の重傷を負います。

一行は一旦海上へ退却することになりました。

実はこの場面、『古事記』では神武天皇のへたれエピソードとして描かれています。決して神武天皇は神がかっていないです。最強の男でもないですし、かっこいいヒーローでもありません。

むしろ普通の人です。この辺りも神話なのに描かれている内容は現実的です。

戦で負けた上に兄を失う

 

海上に逃れて紀国(和歌山県)にたどり着いたころ、兄の五瀬命は死の床にありました。ここで兄は弟の神武天皇に忠告をします。

日の昇ぼる東に向かって戦ったのが失敗だった。
ここはいったん南に下って、日の昇ぼる東から上陸し、日を背にして戦え。

この言葉を残して亡くなってしまいました。

熊野から再上陸

 

兄の忠告通り、紀伊半島沿いを南進して熊野から再上陸します。ここで、クマにとりついた悪霊と遭遇しました。

そこに天照大神から霊剣を預かったという者が現れ、その霊剣で悪霊を退治します。

そして、神武天皇の夢に天照大神が現れ、これからは自分が派遣したカラスに道案内をさせるというお告げを聞きます。

このカラスが”八咫烏”(やたがらす)です。サッカー日本代表のユニフォームに描かれた3本足のカラスです。この八咫烏の先導でついに宇陀(うだ、奈良県宇陀市)にまで来ることができました。

その間にも各地の豪族を味方にしています。

奈良に入ってからは急に戦が続く

宇陀に入ってからは突然戦が続きます。この数々の戦で楽勝だったものはありません。あまりにも苦戦して長引いたものもあります。

その中には、大阪でコテンパンにやられた那賀須泥毘古との再戦もありました。
(再戦に勝利しリベンジを果たします。)

また、神武天皇はヒーローにあるまじきだまし討ちもしています。敵の人間を味方のふりして宴の席に誘い、酔っぱらったところで一網打尽にしています。

この辺りは神話であるにもかかわらず奇跡を起こしていません。現実の戦の中で勝利しています。

僕はこの辺りかなり事実が入っているのではないかと思います。東征の話の中で大阪、奈良の中心地に入った途端いきなり戦が続いています。

近畿地方はすでに圧倒的な豪族が存在したということではないでしょうか? それだけ当時の近畿地方は魅力的な土地だったということも言えます。

なんとか戦に勝ち続けた神武天皇は、橿原宮(かしはらのみや)に拠点を移して天皇に即位します。

このようにして、神武天皇は天下統一を果たしました。そしてこの地で亡くなります。御陵は畝傍(うねび)山の東北(現在の奈良県橿原市)にあります。

 

やっぱり、初期のドラクエやFFを思い出します。クライマックスが近くなると敵が強くなるし、主人公はヘタレから始まって勇者に成長するし。

もしかすると日本人はこういうストーリーが好きなのかもしれません。

ゲームの脚本家がこういう昔のストーリーを参考にしたのかも?と思ってしまいます。

初代 神武天皇 神話の中で決して英雄でない普通の人
次のページ
前のページ
初代 神武天皇 先祖は有名なカミサマだらけ
天皇・皇室のおすすめの本
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!