第31代 用明天皇 蘇我 vs 物部の抗争のバランスを取ろうとするが事態は激化

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor yomei image

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

用明天皇(ようめい)は知らない人が多いでしょう。在位期間が3年なのであたりまえです。

でも、こう言ったらグッと近くの存在になります。『聖徳太子の父親』。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 磐余池辺雙槻宮
    (いわれいけのべのなみつきのみや)

  • 生没年
  • 539年 ~ 587年4月9日
    欽明天皇元 ~ 用明天皇2
    48才
  • 在位
  • 585年9月5日 ~ 587年4月9日
    敏達天皇14 ~ 用明天皇2
    3年
  • 名前
  • 大兄
    (おおえ)
  • 別名
  • 橘豊日尊
    (たちばな の とよひ の みこと)

    池辺
    (いけべ)

  • 蘇我堅塩媛
    (そが の きたしひめ)

    蘇我稲目の娘
    (そが の いなめ)

  • 皇后
  • 穴穂部間人皇女
    (あなほべ の はしひと の ひめみこ)

敏達体制を継承する

用明天皇は、欽明天皇の第4皇子で先代・敏達天皇の腹違いの弟です。体制もそのまま引き継ぎました。

大連物部守屋(もののべ の もりや)
大臣蘇我馬子(そが の うまこ)

用明天皇は、物部と蘇我のどちらかに肩入れすることもなく両方のバランスを考えながら政治を見ました。

ただ、天皇自身は仏教を信奉し神道も大事にしました。歴代天皇の中で宗教としての仏教を取り入れた最初の天皇です。

用明天皇の即位は蘇我馬子のねじ込み?

用明天皇は、蘇我氏がむりやりねじ込んだ天皇です。

30-33 emperor image
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

系図を見ても分かるように、敏達天皇は蘇我系以外からも皇后を迎えています。後継者になるはずの押坂彦人大兄皇子は蘇我氏とは無関係です。これが原因で即位できませんでした。

(年齢が若すぎたというのもあります。-> くわしくは敏達天皇で

用明天皇の母親は馬子の妹なので、馬子の甥っ子になります。最初の蘇我系天皇です。

蘇我氏の準備は用意周到です。欽明天皇の妻の派閥抗争を避けるため、それぞれの皇子に皇女を嫁がせます。

敏達天皇(母・石姫皇女)額田部皇女(推古天皇。母・蘇我堅塩媛)
用明天皇(母・蘇我堅塩媛)穴穂部間人皇女(母・蘇我小姉君)

ただ完ぺきではありませんでした。系図を見ても分かるように、小姉君の皇子にはほかのところから妃を迎えていません。

そして、そこから用明天皇の即位に不満をもつ皇子が現れます。穴穂部皇子(あなほべ の みこ)です。

トラブルメーカー・穴穂部皇子

たまにいますよね? 何をしているのか分からない正体不明の親戚のおじさん。しかも、正体不明の割には異常に人にマウントしたがる嫌われ者が。

マウント   

『乗っかる』という意味から人を押さえつける態度にも使われる。

格闘技で相手の腹の上に馬乗りするところから来ているとか来てないとか。

このときの皇子にもいました。穴穂部皇子です。

敏達天皇が亡くなったとき、

なんで死んでる王に仕えるのに、生きている王(自分のこと)には仕えないんだ!

と意味不明に怒ってます。

あんたの人望がないからです。

以外ないのですが、穴穂部皇子には通じません。そしてこの皇子、天皇になるために強硬手段に出ます。

はっきりいってその方法は、いまの時代では極悪非道の犯罪です。

悪い皇子の餌食になったのは推古天皇

家族から嫌われていた人がやることはひとつです。

自分をのけ者にする人の敵に近づく

です。

分かりやすい、2時間ドラマに出てきてすぐに殺される『クズ人間』みたいな行動です。

穴穂部皇子も同じでした。そして近づいた相手は、蘇我馬子の永遠のライバル・物部守屋です。

皇子は、敏達天皇の皇后だった額田部皇女(のちの推古天皇)を、レイプしてむりやり妻にしてそのまま天皇に即位しようと、皇后の家を襲撃します。

しかしこれは、敏達天皇の忠実な部下だった三輪君逆(みわのきみさかう)が防ぎました。

今の感覚で見ると信じられませんが、当時はそれほど絶対にやってはいけない行動ではありません。よいことでもありませんが。

ここで、穴穂部皇子の真骨頂が出るのですが、皇子は物部守屋に命令して三輪君逆を殺してしまいます。

こうして、蘇我氏 vs 物部氏の抗争をさらに盛り上げてしまいました。

用明2年、用明天皇は病気を理由に仏教徒になりたいと臣下に相談します。これが蘇我 vs 物部の抗争を激化させました。

守屋を守ろうとした中臣勝海(なかとみ の かつみ。姓は連)が馬子に殺される事件まで発生します。

そんな中、用明天皇は亡くなりました。

用明天皇は厩戸皇子(うまやど の みこ。聖徳太子)の父親です。

前のページ
第30代 敏達天皇 疫病でなにもできず。でも嫁は最強
第32代 崇峻天皇 蘇我氏と対立して暗殺される
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!