第32代 崇峻天皇 蘇我氏と対立して暗殺される

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
kofun image

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

歴代天皇の中で数少ない暗殺された天皇です。しかも歴史の事実としての暗殺は崇峻天皇(すしゅん)ただ一人です。臣下に殺された唯一の天皇でもあります。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 倉梯柴垣宮
    (くらはしのしばがきのみや)

  • 生没年
  • 553年 ~ 592年11月3日
    欽明天皇14 ~ 崇峻天皇5
    40才
  • 在位
  • 587年8月2日 ~ 592年11月3日
    用明天皇2 ~ 崇峻天皇5
    6年
  • 名前
  • 泊瀬部皇子
    (はつせべ の すめらみこと)
  • 別名
  • 長谷部若雀尊
    (はつせべ の わかさざき)

    倉橋天皇
    (くらはし の すめらぎのみこと)

  • 蘇我小姉君
    (そが の おあね の きみ)

    蘇我稲目の娘

  • 皇妃
  • 大伴小手子
    (おおとも の こてこ)

    大伴糠手子の娘
    (おおとも の ぬかでこ)

    ほか

すんなり即位とはいかなかった

用明天皇が亡くなったあと、物部守屋は蘇我系皇族の問題児・穴穂部皇子(あなほべ の みこ)を天皇にしようとします。-> くわしくは用明天皇へ

しかし、これに怒った蘇我馬子は穴穂部皇子を殺し、物部守屋も滅ぼそうとします。そしてついに蘇我氏 vs 物部氏の最終決戦が始まりました。

丁未の乱(ていびのらん))

蘇我氏の軍には、泊瀬部皇子(のちの崇峻天皇)や厩戸皇子(うまやど の みこ。聖徳太子)が参加します。

物部守屋の軍はとても強く、蘇我軍を3度も退却させました。しかし、一矢が守屋をつらぬき射殺されたことで物部軍はいっきに崩れます。

この戦で物部氏は滅びました。ここから蘇我氏の独壇場です。そして、この戦のあとに崇峻天皇は即位しました。

蘇我系天皇なのに反蘇我?

崇峻天皇は蘇我系天皇です。そして、蘇我氏が権力闘争に勝って単独で力を持っての最初の天皇でもあります。

でも崇峻天皇は、蘇我馬子とは距離を取っているように見えます。まず后を蘇我氏から迎えていません。后に迎えたのは100年も前に没落した大伴氏(おおとも)からです。

一応、蘇我氏からも妻を迎えたという話はありますが、身分が嬪(ひん)です。嬪は妻の身分の中では下の方なので、蘇我氏としては納得できないでしょう。

嬪の生んだ皇子は、皇位継承順位がかなり下になるので、天皇になる可能性は絶望的です。

蘇我馬子に暗殺される

崇峻天皇は、朝鮮半島の外交で任那の復興を目指していたようですが結果は出ませんでした。

任那(みまな)

古代の朝鮮半島南東部にあった倭人の支配エリア。伽耶(かや)ともいわれる。

前はヤマトの飛び地(ヤマト領)といわれたが今ははっきりしない。少なくともヤマトに強く影響を受けた倭人が支配していたらしい。

ヤマトは何度か朝鮮半島に兵を送り戦争をしているが、この任那の支配権をめぐって新羅・高句麗と対立したのが原因。

百済は親・任那だったので、ヤマトと連合を組むことが多かった。

そして馬子とはっきり対立していきます。

蘇我馬子は腹心の東漢直駒(やまと の あや の あたいこま)に崇峻天皇を殺させました。

歴代天皇の中で、暗殺された天皇は崇峻天皇と第20代 安康天皇の2人だけです。部下に殺された天皇は崇峻天皇だけです。

安康天皇殺害は年代が古すぎてまだ歴史の事実として確認されていません。

それに安康天皇の場合は、間違って殺してしまった皇族の息子に恨まれて殺されました。事故みたいなものです。

崇峻天皇は蘇我馬子のなにが嫌いだったのか?

崇峻天皇は蘇我馬子の何が嫌いだったのでしょうか? 馬子は天皇の伯父さんです。なのに自分の妃に蘇我の血を入れたくないほど嫌い、対立して殺されました。

蘇我氏の横暴は、蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)が有名ですが、ぼくはこの時点ではじまっていたとみています。しかも天皇が我慢できないほど。

じっさい馬子は、穴穂部皇子と崇峻天皇の2人の皇族を自分の都合で殺しました。しかも1人は王位継承権を持った天皇の皇子。1人は現役の天皇です。ほかにも我慢ならないことをやっていたのでしょう。

物部氏がいなくなったので蘇我氏は有頂天になりました。まぁ分かりやすいといえば分かりやすいですが。

前のページ
第31代 用明天皇 蘇我 vs 物部の抗争のバランスを取ろうとするが事態は激化
第33代 推古天皇 天皇暗殺の黒幕の姪っ子が史上初の女帝になる
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!