WordPress ver5.0.Xのアップデートは早くしよう!

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
wordpress image
イラストACの画像をもとに加工しています。

早くも、WordPress5.0.3、3回目のマイナーアップデートが公開されました。今回のアップデートの内容をかんたんにサクッと解説します。2分ぐらいで済みます。

(過去のマイナーアップデート情報も残します。)

WordPressのアップデート方法

WordPressのアップデート方法はかんたんです。『ダッシュボード』->『更新』ページに次のようなアップデート情報が表示されます。

マルチサイトの場合は、サイトネットワークの管理のダッシュボード -> 更新になります。

wordpress 5.0 update image
WordPressのアップデート

このように表示されたらだれでも迷わず押してしまいますよね?

でも待ってください。これは本当はこんな感じで表示されます。

wordpress 5.0 update image
日本語版のアップデート表示。

これが表示されたときに、"ja"の色付きボタンを使ってアップデートします。

これを読んでいる人はWordPressの管理画面は日本語で表示されていると思います。

最初から日本語表示されている人で気づいていない人もいるかもしれませんが、これは本家WordPressではなく日本語版WordPressを使っています。

最初のキャプチャの更新ボタンは本家WordPressのものです。これを使うと管理画面がすべて英語表示になってしまうので注意しましょう。

日本語版WordPressの更新ボタンは1~2日遅れで表示されます。ゆっくりと落ち着いて待ちましょう。

本家でアップデートしてしまってもあとで日本語版で再インストールすれば直ります。

WordPressのアップデートについてはくわしく書きました。-> WordPressのアップデート方法と気を付けること

バージョン 5.0.2

5.0.2のアップデートの内容はこんな感じです。

  • 新しく導入されたブロックの改良
  • 標準テーマのバグ修正
  • 国際化(翻訳)機能のバグ修正

まずは、ブロックのバグ修正から。

WordPress5.0から、コンポーネントの基本的な構成に『ブロック』が採用されました。中身はJavaScriptのプラグインです。

このエディタで使うブロックの45個が改良されています。(14のパフォーマンス強化と31のバグ修正)

バグ修正が半分以上を占めているので、アップデートしたほうが断然良いです。

次に標準テーマ(twenty ***)のバグ修正です。標準テーマのほとんどが対象になっています。

運用しているサイトで、標準テーマを使っている人はあまりいないと思いますが、もし使っている人がいるならすぐにアップデートしましょう。

対象テーマ

  • Twenty Ten
  • Twenty Eleven
  • Twenty Twelve
  • Twenty Thirteen
  • Twenty Fourteen
  • Twenty Fifteen
  • Twenty Sixteen
  • Twenty Seventeen
  • Twenty Nineteen

(テーマ作成をしている人などは、最新のテーマ(Twenty Nineteen)が更新されるので、参考資料としてアップデートするのもありです。)

最後に、翻訳ファイルの読み込みに関する不具合が3件修正されています。なかなか翻訳が上手くいかないという人はアップデートしましょう。

バージョン 5.0.3

5.0.3のアップデートの内容はこんな感じです。

  • デフォルトテーマのバグ修正
  • フロックエディタの微修正
  • ブロックの修正
  • パフォーマンス強化

今回は、37のバグ修正と7つのパフォーマンスの向上などのメンテナンスリリースです。

デフォルトテーマ(Twenty ***)が修正されています。

また、ブロック作成で使われるJavaScriptのパッケージが21個も修正されています。主要なパッケージは軒並みアップデートされています。

テーマ開発・プラグイン開発でブロックを使っている人は、npmコマンド(yarn)で自分の開発環境のパッケージをアップデートしましょう。

アップデートの内容は大きく変更はないので、また細かいバグ修正がメインなので早めにアップデートしたほうが良いです。

まとめ

マイナーアップデートは、新機能追加ではありません。

バグ修正やパフォーマンス向上が対象なので、アップデートによる不具合が起きることもないでしょう。

(ただし、『絶対に起きない』ということはないので、不具合が起きた時の準備・心構えは必要です。)

あと注意点として、日本語版のWordPressをインストールしている場合は、***_jaが公開されるのを待ちましょう。

WordPressの更新画面は、通常版と日本語版を間違えやすいです。先に通常版のアップデート情報が表示されるので、日本語版が出てくるまで待ちましょう。

前のページ
WordPress5.0 新エディタ(Gutenberg)を使ってみたら良かったという話
WordPress5.1 メジャーアップデートの注意点と対応
次のページ
WordPressの本
post-cta-image

たくさんあるなかで、WordPressの基本が学べる、目的別に学べる本を選びました。

  • WordPressの基本
  • Webサイト作成から運用まで全体的に学ぶ
  • ブログサイトの運営からサイトの収益化を学ぶ
  • サイト作成・運営 + 集客の方法を学ぶ
  • WordPressからPHPプログラミングを学ぶ
  • 最新のWordPress(バージョン5)に対応した本

の7冊です。どうしてもネット上で調べて勉強するのが苦手という人におすすめです。

この内容をモノにすればほかの本は必要ありません。あとは自分の力で、書籍を使わずにインターネット上にある情報だけで学んでいけます。


WordPressの本7選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!