第34代 舒明天皇 つかの間の朝鮮半島友好。そして妻は最恐

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor jomei image

歴代天皇 - 政治闘争で殺しあうアグレッシブな天皇たち -

舒明天皇(じょめい)は、朝鮮半島と戦争状態の時代の中、唯一ぜんぶの朝鮮半島の国と友好関係を作った天皇です。

嫁は史上初の譲位・重祚をした皇極(斉明)天皇です。

譲位は生きている間に次の代に天皇の位をゆずること、重祚は一度退位した天皇がふたたび新天皇として即位することです。

歴史の教科書に出てくる中大兄皇子の父親でもあります。

古代 飛鳥時代

  • 皇居
  • 飛鳥岡本宮
    (あすかのおかもとのみや)

  • 生没年
  • 593年 ~ 641年10月9日
    推古天皇元 ~ 舒明天皇13
    49才
  • 在位
  • 629年1月4日 ~ 641年10月9日
    舒明天皇元 ~ 舒明天皇13
    13年
  • 名前
  • 田村
    (たむら)
  • 別名
  • 息長足日広額尊
    (おきながたらしひひろぬか の みこと)

  • 皇后
  • 宝皇女
    (たから の ひめみこ)

    第35代 皇極天皇
    (こうぎょく)

    第37代 斉明天皇
    (さいめい)

すったもんだの即位

先代の推古天皇にはふたりの皇子がいました。竹田皇子(たけだ の みこ)と尾張皇子(おわり の みこ)です。

竹田皇子は天皇候補の最有力のひとりだったみたいですが、推古天皇が亡くなるときには歴史から消えてしまっています。

(すでに亡くなっていたというのが通説)

もうひとりの尾張皇子は、聖徳太子の妻の父親という以外なにもありません。おそらく、皇位継承からは外れていたのだろうと言われます。

このように、推古天皇の実の息子には天皇になれるような人がいませんでした。そこでふたりの有力な皇子を死の間際に呼んであとを託します。

山背大兄皇子(やましろ の おおえ の みこ)と田村皇子(たむら の みこ。舒明天皇)です。

舒明・皇極 image
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

山背大兄皇子は聖徳太子の息子で後継者です。推古天皇の皇太子の息子なので次期天皇にいちばん近い人でした。

大兄(おおえ)

『いちばん上の兄ちゃん。将来のいちばん偉い人』の意味。名前に大兄がつく人は将来の天皇候補ナンバーワンになる。

『兄』は目上の尊敬する人に使う『様』みたいなものなので『大兄』の威力は絶大。

歴史の教科書に出てくる中大兄皇子(なか の おおえ の みこ)は皇太子で天智天皇になった。

田村皇子は、推古天皇の夫(敏達天皇)の長男(押坂彦人大兄皇子)の息子で『義理の息子の息子』になります。

押坂彦人大兄は名前に大兄がついていることでも分かるように、天皇になるべき人物でしたが天皇にならなかった謎の人です。長男なのに。

田村皇子は天皇になるべきだった人の息子で敏達・推古天皇とも距離が近いので、これも次期天皇候補ナンバーワンでした。

敏達天皇からあとの3代の天皇(用明崇峻・推古)は、なぜか押坂彦人大兄が天皇にならなかったので、しょうがなく兄弟(兄妹)で引き継いでいました。

田村皇子は本流の正統な継承者という位置にいました。

聖徳太子は用明天皇の息子です。このふたりの皇位継承争いは

敏達天皇の孫 vs 用明天皇の孫

になります。ここまでくるとどっちが優位とかありません。

推古天皇はふたりにあとを託しましたが、だれが天皇になるのかまでは言いませんでした。優劣がつけられないので言えなかったのでしょう。

結局、推古天皇は次の天皇を指名しないで亡くなってしまいます。これにまわりの臣下たちはざわつきました。

soga clan image
どっちを天皇にしたらいいんだ?

です。もちろん、

soga clan image
山背大兄皇子だ!
いや、田村皇子だ!

になってしまいました。カオスです。

さいごは、大臣の蘇我蝦夷(そが の えみし。馬子の子)が山背大兄皇子を説得して辞退させるかたちで田村皇子が即位します。舒明天皇です。

大連(おおむらじ)と大臣(おおおみ)

大連は、古代のヤマト王権の最高の役職。連(むらじ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。大伴氏(おおとも)や物部氏(もののべ)。

大臣も古代のヤマト王権の最高の役職。臣(おみ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。葛城氏(かつらぎ)や蘇我氏(そが)など。

大臣は、300年5代の天皇に仕えたとされる伝説の臣下、武内宿禰(たけうちのすくね)の子孫たちで占められる。

大連は、ヤマト王権では軍事・警察を担当した。

よく、大臣はもともとヤマトと同格の氏族でヤマトの協力者、大連は昔からヤマトに仕えた臣下といわれるが、武内宿禰が伝説の臣下なのであてはまらない。

ちなみに、大臣は妃を出せるが大連は出せない理由も、もともと同格の大臣からは出せて臣下からは格が違うから出せないとの説で説明される。

しかしこれは、武内宿禰は第8代 孝元天皇の子孫だとされるので、由緒ある家柄だから嫁に出せたという理由の方が説明がつく。大伴・物部氏の祖先は天皇ではない。

連も臣も氏姓制度で設けられた姓。

いまでも政治の最高実力者は総理大臣、外務大臣など大臣(だいじん)というが、ここに由来があるのかどうかは分からない。

(個人的にはあるような気がする。)

蘇我馬子は推古天皇が亡くなる2年前になくなっています。蘇我氏は代替わりしていました。

蘇我馬子 -> 蘇我蝦夷

なぜ山背大兄皇子は天皇になれなかったのか?

山背大兄皇子は、あの天才政治家・聖徳太子の息子です。そして『大兄』です。

山背大兄は、両親のどちらをたどっても蘇我氏のながれで蘇我馬子は母親の父親で祖父です。純粋な蘇我系皇子です。

(系図がぐちゃぐちゃになるので書いてませんが。)

蘇我氏からすれば孫が天皇になったほうがいいはずです。それなのに馬子から引き継いだ蝦夷は甥っ子の山背大兄を天皇にしませんでした。

蝦夷は甥っ子の皇子を天皇にしなかったのではなくて天皇に『できなかった』のではないかと思います。

絶大な力をふるった馬子は推古天皇が亡くなる2年前になくなっています。蝦夷は引き継いだばかりなので強引なことはできません。

3代前の敏達天皇が亡くなったあと、用明・崇峻・推古と続くのですが、3人とも馬子の甥っ子・姪っ子です。

さっき天皇にならなかった謎の皇子といいましたが、押坂彦人大兄皇子は『非蘇我系』です。

非蘇我系皇子が天皇になるはずなのにならなくて、蘇我系皇子・皇女が3代つづけて天皇になる

これが歴史の結果です。これから見ても蘇我馬子の影響力の大きさが分かります。

この3代の蘇我系天皇の時代には、馬子は気に入らない皇子を攻め殺し(穴穂部皇子)、現役の天皇でさえ暗殺しています(崇峻天皇)。

これで蘇我氏以外の臣下はどう思うでしょうか? 山背大兄を天皇にしたら『またかよ!』になります。

強引にいけなかった蝦夷がまわりとのバランスを考えても不思議ではありません。

そしてもうひとつ政治の体制がそれを許しませんでした。推古・聖徳太子の時代に、中国の律令政治にならって法律で国を治めるように変えました。

律令(りつりょう)

律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

7世紀の当時、世界の先進国の1つだった中国から伝わる。

日本は世界の先進国の仲間入りを目指して導入し始めていた。

律令で統治された国家を律令国家、その政治システムを律令制という。

とはいっても、蘇我蝦夷は絶大な力をもっていました。しかしこの体制の中では『一臣下』です。蝦夷はこの体制の中でいちばん責任のある立場でもあったので自分からそのルールを破ることもできません。

だから、本当は天皇になるはずだった押坂彦人大兄皇子の直系である田村皇子が天皇になったのではないでしょうか。

山背大兄からすると不満爆発です。これまでの天皇の流れを見てきて『次は俺だ!』と思っていたはずです。

それなのにおじさんにはしごを外されました。

じっさい山背大兄は蘇我氏と対立して15年後に殺されてしまいます。

舒明天皇の功績は平和外交

当時のヤマトと朝鮮半島の関係は『なにかあったらすぐ戦争』という状態でした。ヤマトから何度も兵を朝鮮半島に送り出しています。

舒明天皇はこれとは180度違う外交を行います。中国・高麗(高句麗は滅亡していた)・新羅・百済のぜんぶと友好関係を結んで交流を盛んにします。

歴史の授業で習う遣唐使は630年(舒明2年)、舒明天皇の時代に始まりました。

あとの時代はやっぱり朝鮮半島に兵を送ることになるのでつかの間の平和でしたが。

古代の、朝鮮半島に兵を送るほどの大規模な戦争の最後は、妻の宝皇女が斉明天皇になったときです。斉明天皇は北九州まで遠征します。

夫婦でまったく逆の外交をしているところが面白いです。

最恐の嫁・宝皇女

舒明天皇の皇后は、宝皇女(たから の ひめみこ)です。母親が吉備姫王で推古天皇の同母の弟・桜井皇子の娘です。

宝皇女は推古天皇の姪っ子の娘です。

舒明・皇極 image
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

蘇我馬子はかろうじて蘇我系人間を送り込むことができました。ただ、いままでのように影響力を発揮できるほどの親族を送り込むことができていません。

この嫁は最恐です。舒明天皇が49才で亡くなると、皇太子だった中大兄皇子(なか の おおえ の みこ)をさしおいて天皇に即位します(皇極天皇)。

そして、いったん弟に天皇を譲ったあとその弟のあとを継いでまた天皇に即位します(斉明天皇)。

宝皇女は、史上初の譲位をした天皇で、また史上初の重祚をした天皇です。

譲位(じょうい)

天皇が生前に退位して次の天皇を即位させること。退位した天皇は上皇になる。

第35代 皇極天皇が乙巳の変(いっしのへん)の責任をとっておこなったことから始まる。

はじめは天皇の目の前で暗殺事件がおきるというアクシデントだったが、その後は当たり前のように行われる。

歴代天皇の約半数が譲位による退位。

譲位の理由はいろいろ

次世代が育つ
そのときの権力者の都合。
自分の娘を皇太子に嫁がせているので早く天皇にしたいとか。
権力闘争に利用される。
病気
仏教徒になりたい
幕府に抗議するため
そのた天皇の意思
理由なし。
前例踏襲?
あたりまえだと思っていた?
重祚(ちょうそ)

一度退位した天皇が再び天皇になること。二度目のときの名前は新しくつけられる。

男性天皇は1人も重祚していない。

前のページ
第33代 推古天皇 天皇暗殺の黒幕の姪っ子が史上初の女帝になる
第35代 皇極天皇 古代最大の事件を目の前で目撃!責任を取って辞める
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!