第10代 崇神天皇 存在が確認されている一番古い天皇

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor sujin image

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

崇神天皇(すじん)は、歴代のなかでもキーパーソンに位置づけられた天皇で、それは名前にもあらわれています。

『日本列島にはじめて国を作った天皇』『中興の祖』です。

R18指定のエピソードもあります。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 磯城瑞籬宮
    (しきのみずかきのみや)

  • 生没年
  • 紀元前148年?月?日 ~ 紀元前30年12月5日
    開化天皇10年 ~ 崇神天皇68年
    168?, 120? 才
  • 在位
  • 紀元前97年1月13日 ~ 紀元前30年12月5日
    崇神天皇元年 ~ 崇神天皇68年
    68? 年
  • 名前
  • 御間城入彦五十瓊殖尊
    (みまきいりびこ い にえ の みこと)
  • 伊香色謎命
    (いかがしこめのみこと)

    大綜麻杵の娘
    (おおへそき)

  • 皇后
  • 御間城姫命
    (みまきひめ の みこと)

    大彦命の娘
    (おおびこ の みこと)

やけに孝元天皇につながる

先代で父・開化天皇が亡くなった翌年、開化天皇の第2皇子で皇太子だった御間城入彦五十瓊殖尊(みまきいりびこ い にえ の みこと)が即位します。崇神天皇です。

崇神天皇の母・伊香色謎命は、先々代で祖父・孝元天皇の元妻で、父・開化天皇の皇后でした。

そして、自分の皇后には孝元天皇の孫でいとこ・御間城姫命を迎えます。

10代 崇神天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

なんで孝元天皇にこだわってるんですかね?

当時は、近い親戚で次の世代の家族を作って、ファミリーの結束を固めることが多いです。たまたま孝元天皇につながったのでしょう。

実在が確認されたいちばん古い天皇

崇神天皇は、実在が確認されています。それより前はいまだに分かっていません。欠史八代(けっしはちだい)といいます。

崇神天皇は3世紀に実在したといわれ、前方後円墳が作られはじめた時代です。

あの女王・卑弥呼も同時代です。

政治理念はメンタルの『天下統一』

崇神天皇は、ものごとの良し悪しの判断にすぐれ、大きな仕事をしたがる人だったようです。

リーダーとして慣れたころには心が広く、出しゃばることもない、いいかげんなことはしない、すばらしい人でした。

崇神天皇の理念は

愛をもって民を教育する。

品のある行動で政治をする。

(天皇の徳で統治)

で、これを日本全国に広めることでした。

反対勢力にとっては地獄

理念では、いいことをしているように見えます。いい人だし。

ただこの時代は、独立心旺盛の豪族がウヨウヨいます。大王(のちの天皇)中心のヤマトの勢力は、奈良、和歌山、大阪ぐらいでしょう。紀伊半島周辺だけといってもいいです。

それ以外の豪族はどう思うでしょうか?

愛をもって教育する

お前らを教育してやる

としか思わないでしょう。完全に上から目線です。

じっさい、崇神天皇の『愛の教育』には『愛のムチ』が入ってました。ムチのレベルがけたちがいの。

崇神天皇の『いい人』は『ヤマトにとって』で、それ以外の人には『迷惑な人』

四道将軍を全国に派遣して強引な『愛の教育』

崇神天皇の『愛の教育』は『軍隊の派遣』です。

4人の将軍を全国に送り込んで『愛の教育広めよう作戦』を行ないました。抵抗するものは成敗します。

この将軍のことを『四道将軍』(しどうしょうぐん)といいます。学校ではまったく習わないですが、かなり有名です。

将軍天皇との関係遠征先
吉備津彦命
(きびつひこのみこと)
第7代 孝霊天皇の皇子。
崇神天皇の祖父の兄。大叔父。
桃太郎のモデルといわれる。
山陽道
大彦命
(おおびこのみこと)
第8代 孝元天皇の皇子。
崇神天皇の父の兄。叔父。
北陸道
武渟川別命
(たけぬなかわわけのみこと)
第8代 孝元天皇の孫。
大彦命の子。
崇神天皇のいとこ。
東海道
丹波道主命
(たんばのみちぬしのみこと)
第9代 開化天皇の孫。
崇神天皇の弟の子。おい。
丹波地方
(山陰道)
四道将軍 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

将軍といっても崇神天皇の親戚でりっぱな皇族です。ふたりは天皇の兄です。

ちなみに、吉備津彦命は桃太郎のモデルといわれます。いまの岡山県(吉備)を平定したからです。名前にもついてますね?

岡山県が桃太郎やきびだんごをPRするのはここからきています。

四道将軍の遠征

四道将軍は4つの街道沿いにそれぞれ担当したのでそう呼ばれます。

担当の分け方は、戦国時代の織田信長と似ています。信長がまねしたんじゃないか?と思うくらいです。

四道将軍信長の家臣遠征先
吉備津彦命羽柴秀吉山陽道
大彦命柴田勝家北陸道
武渟川別命徳川家康東海道
丹波道主命明智光秀丹波地方
(山陰道)

四道将軍がそれぞれ平定して、崇神天皇の『愛の教育』が完成したといわれます。

日本列島にはじめて国家を作った

このように、ときには強引に豪族をまとめながら、いろんなことをします。

はじめて戸口調査を行ない税金を取る。(人口を把握して税制を整備)

農業振興。

海辺の民の交通の便が悪いことを知り、国々へ船の建造を命令。

水が少ない土地の治水工事。

etc...

結果、世の中は安定に向かったといわれます。敵にとってはうっとうしいけど、政治家としてはバツグンだったようですね?

国家建設の中興の祖

崇神天皇はべつの呼ばれ方があります。

はつくに しらす すめらみこと

これとまったく同じ呼ばれ方をした天皇がもうひとりいます。初代・神武天皇です。ただし、あてられた字がちがいます。

神武天皇始馭天下之天皇
崇神天皇御肇國天皇

『はつくにしらす』は

はつ → はじめて

くに → 国(天下)を

しらす → 統(し)らす。治める

で、それぞれあてられた字に意味があり

始馭天下はじめて天下を治める
御肇國はじめて国を治める

です。神武天皇は『日本列島ではじめて天下を取った人』、崇神天皇は『日本列島ではじめて国を作った人』なんですね?

崇神天皇は、神武天皇とならんで称されます。『中興の祖』(ちゅうこうのそ)みたいなもんです。

『すめらみこと』は『天皇』のもともとの日本語の読み方です。『すめらぎ(き)』ともいいます。

『てんのう』は漢(中国)風の読み方で、『エンペラー』みたいなもんです。

日本人は、外来語を日本語にしてしまうところがありますが、『てんのう』もそのひとつです。

崇神天皇と神武天皇はおなじ呼ばれ方をするので、同一人物説があります。また、崇神天皇が初代・天皇説もあります。

どれも『歴史の飛躍』を消し去るものではありません。

カミのお告げで動くシャーマン

崇神天皇は、天のカミと地のカミを大事にしました。(天神地祇

天皇の徳が通用しないときはカミのお告げにたよります。

いまではこんな怪しいことはありませんが当時はあたりまえです。卑弥呼もカミのお告げや占いで政治をしました。同じような感じですね?

崇神天皇は古事記では168才、日本書紀では120才で亡くなります。

シャーマニズム(Shamanism)

宗教のひとつのかたち。

神のお告げや占い・呪術で悩みや未来の不安を解決する。これを行なう人をシャーマンという。

日本の土着宗教・神道もシャーマニズム。巫女、イタコ、陰陽師は日本のシャーマン。

日本人の占い好きはシャーマニズムの影響。

天神地祇(あまつかみくにつかみ)

日本のカミは大きく天界のカミと地上(国土)のカミに分かれる。

天のカミあまつかみ。てんじん。天津神。天神。天上界で生まれたカミ。
地のカミくにつかみ。ちぎ。国津神。地祇。地上界で生まれたカミ。

天のカミの代表はアマテラス。地のカミの代表はオオクニヌシ。

アマテラスは伊勢神宮の内宮、オオクニヌシは出雲大社に祀られている。

オオクニヌシの先祖はスサノオで、アマテラスとスサノオは姉弟。

ふたりはケンカ別れをしているので天津神と国津神は系統がちがう。

この分別は、日本列島に国が作られていく過程と関係が深く、天津神は天皇とそのまわりの氏族、国津神はそれぞれの地域で独立していた豪族をあらわす。

天津神の子孫、初代・神武天皇は、国津神の子孫の豪族たちを味方につけながら、戦争して討伐しながら天下統一を目指し、ヤマト(奈良)に都を作った。

崇神天皇の政治は女王・卑弥呼とそっくり

まるで卑弥呼?倭迹迹日百襲姫命

崇神天皇のシャーマニズム政治には、倭迹迹日百襲姫命(やまとととびももそひめのみこと)が多く出てきます。

倭迹迹日百襲姫命は、崇神天皇の大叔母で皇族です。

第7代 孝霊天皇の娘。四道将軍・吉備津彦命第8代 孝元天皇の妹)

この皇女は、まるで女王・卑弥呼のようです。

倭迹迹日百襲姫命は、名前が長いので、あとは百襲姫と書きます。

イタコになって災難を救う

崇神5年、疫病が流行りたくさんの人が亡くなりました。また、農民が逃げたり反乱を起こしたりして世の中が乱れます。崇神天皇はなにもできませんでした。

そこで占いで解決しようとします。そのとき、百襲姫にカミが声がのりうつり、災いの原因は大物主神だと分かりました。

大物主神(おおものぬし の かみ)

日本の多くのカミサマの中で重要なカミサマ。

地のカミ(国津神)の中では、出雲のカミサマ(大国主神。おおくにぬし の かみ)に匹敵する。

古事記では、国づくりに悩んでいた大国主神の前にあらわれ

われを東の山にまつれば解決する

と言って、大国主神はその山に大物主神をまつった。この山が三輪山(みわやま)。

日本書紀では、大国主神の仮の姿とされ

主神 = 大主神

になっている。

三輪氏の祖。

崇神天皇が大物主神をまつると、疫病はおさまり農作物の収穫もよく、国内が安定したそうです。

叔父さんの裏切りを察知して殺す

四道将軍が遠征しているとき、百襲姫は、第8代 孝元天皇の皇子・武埴安彦(たけはにやすひこ)とその妻・吾田姫(あたひめ)の謀反を予言します。

崇神天皇は、四道将軍の吉備津彦命と大彦命のふたりを呼び戻して、武埴安彦を討ちました。

R18指定!箸墓古墳の由来は残酷なAV

纏向遺跡(まきむくいせき)に、箸墓古墳(はしはかこふん)ってありますよね?

箸墓古墳は、最初の前方後円墳ともいわれる有名な古墳です。

いまの日本史の教科書には出てくるかもしれません。でも、箸墓古墳の名前の由来は授業では教えられません。

はなしの内容が、日本昔ばなしのファンタジーだしAVよりもエグいので。

ファンタジー!大物主神の妻になる

崇神天皇の政治で大活躍してきたシャーマン・百襲姫は、人間なのにカミサマの大物主神の妻になります。

大物主神は三輪山にまつられていましたが、ご神体は小蛇(こおろち。小さなヘビ)でした。

百襲姫の恥ずかしい最期

百襲姫は、夫の正体を見ない約束だったのに見てしまいます。落ち込んだ夫・大物主神は三輪山へ行ったきり戻ってきませんでした。

百襲姫はショックで座りこんでしまいました。そのとき百襲姫のアソコ(陰部。女性器)に箸(はし)がささって死んでしまいました。

そして墓に葬られます。それが箸墓古墳です。

ね?授業でできないでしょ?よっぽどメンタルの強い教師じゃないと。

ちなみに、箸墓古墳は女王・卑弥呼の墓ともいわれます。どっちもシャーマンで、それを使って政治を行ないました。同一人物に見えるんでしょうね?

神道、皇室の本質はシャーマニズム

皇子

皇女

巫女

これは、ぜんぶ同じ読み方ができます。

みこ

です。ちなみに

親王

内親王

も『みこ』と読めます。

これからも、皇族の人はシャーマンだということが分かります。

前のページ
第2代~第9代(欠史八代)情報が少なく実在が疑われる8人の天皇
第11代 垂仁天皇 ヤマト王権・2代目リーダー奮闘記
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!