第21代 雄略天皇 皇位継承者をみな殺しした大悪人

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor yuryaku image
猪狩りをする雄略天皇 by Wikipedia

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

雄略天皇(ゆうりゃく)は、兄弟・いとこなど、天皇になれるような皇子たちを次々に殺していきます。

(分かっているだけで4人。)

ほかにも、ろくに調べずに怒りにまかせて殺しているので、『大悪天皇』と呼ばれました。

でも逆に『有徳天皇』ともいわれたクセのある人です。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 泊瀬朝倉宮
    (はつせのあさくらのみや)

  • 生没年
  • 418年12月 ~ 479年8月7日
    允恭天皇7 ~ 雄略天皇23年
    124? 才
  • 在位
  • 456年11月13日 ~ 479年8月7日
    安康天皇3 ~ 雄略天皇23年
    23? 年
  • 名前
  • 大泊瀬幼武尊
    (おおはつせわかたける の みこと)
  • 忍坂大中姫命
    (おしさか の おおなかつひめ の みこと)

    稚野毛二派皇子の娘
    (わかぬけふたまた の みこ)

  • 皇妃
  • 葛城韓媛
    (かずらき の からひめ)

    葛城円の娘
    (かずらき の つぶら)

天皇暗殺の異常事態

先代・安康天皇は、臣下のウソで殺してしまった叔父・木梨軽皇子(きなし の かる の みこ)の息子・眉輪王(まよわ の おおきみ)に殺されてしまいます。

眉輪王は葛城円(かずらき の つぶら)の屋敷に逃げこみました。

円は、17代~19代の履中反正允恭天皇のいとこで、絶大な力をもっていました。葛城氏の長で大臣です。

大連(おおむらじ)と大臣(おおおみ)

大連は、古代のヤマト王権の最高の役職。連(むらじ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。大伴氏(おおとも)や物部氏(もののべ)。

大臣も古代のヤマト王権の最高の役職。臣(おみ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。葛城氏(かつらぎ)や蘇我氏(そが)など。

大臣は、300年4代の天皇に仕えたとされる伝説の臣下、武内宿禰(たけしうちのすくね)の子孫たちが多い。

大連は、ヤマト王権では軍事・警察を担当。

よく、大臣はもともとヤマトと同格の氏族でヤマトの協力者、大連は昔からヤマトに仕えた臣下といわれるが、武内宿禰が伝説の臣下なのであてはまらない。

ちなみに、大臣は妃を出せるが大連は出せない理由も、もともと同格の大臣からは出せて臣下からは格が違うから出せないと説明される。

しかしこれは、武内宿禰は第8代 孝元天皇の子孫だとされるので、由緒ある家柄だから嫁に出せたという理由の方が説明がつく。大伴・物部氏の祖先は天皇ではない。

連も臣も氏姓制度で設けられた姓。

いまでも政治の最高実力者は総理大臣、外務大臣など大臣(だいじん)というが、ここに由来があるのかどうかは分からない。

(個人的にはあるような気がする。)

安康天皇の息子・大泊瀬幼武尊(おおはつせわかたける の みこと。ワカタケル)はすぐに動きます。それは仇討ちを超えた殺戮の連続でした。

雄略天皇の殺戮ヒストリー

まずは、安康天皇が殺されたときの天皇の系図をみてみましょう。

第21代 雄略天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

安康天皇のとき、ふたり殺されています。すでに殺戮がはじまっていたんですね?

八釣白彦皇子を斬り殺す

ワカタケルは、兄・八釣白彦皇子(やつり の しろひこ の みこ)のところにいって、いっしょに仇討ちしようといいます。

でも白彦は態度をはっきりさせません。ブチ切れたワカタケルは白彦を斬り殺します。

眉輪王・坂合黒彦皇子を焼き殺す。

もうひとりの兄・坂合黒彦皇子(さかあい の くろひこ の みこ)は、実力者の葛城円のところに逃げていました。

円は、娘・韓媛(からひめ)を嫁に出すから許してほしいとたのみますが、ワカタケルは許しません。

黒彦、眉輪王、円もろとも焼き殺しました。

(韓媛は嫁にもらっています。エグい。)

ワカタケルは、兄たちは眉輪王の暗殺にかかわっていたと疑っていました。

葛城氏はこれで一気に力を失います。それに代わって大臣に平群真鳥(へぐり の まとり)がなり、平群氏が権力をにぎります。また、大伴氏(おおとも)と物部氏(もののべ)が台頭します。

ついでに磐坂市辺押磐皇子を殺す

安康天皇は、磐坂市辺押磐皇子(いわさか の いちのべ の おしは の みこ)を次の天皇にしようとしていました。

ワカタケルは気に入りません。ずっとイラついていました。兄たちを殺したついでに抹殺することにしました。

狩りに誘い市辺押磐を射殺しました。日本書紀では、市辺押磐の弟も殺したとなっています。

ワカタケルは、天皇になれそうな皇子をひとり残らず抹殺しました。こうしてライバルたちを全員殺したところで即位します。雄略天皇です。

雄略天皇は5世紀後半に活躍したと考えられています。

第21代 雄略天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

古事記ではちょっとちがいます。ワカタケルは、葛城氏の復興を狙った市辺押磐とその弟を殺したことになっています。

(ふたりの母は葛城氏の出。)

狩りに誘ったのも市辺押磐で、ワカタケルはそこで殺されかけたので返り討ちにしました。

臣下もあっさり殺す

天皇になったら落ちつくかと思ったらそうはなりません。

雄略2年、百済の池津媛(いけつひめ)を嫁にもらおうと思っていたのに、石川楯(いしかわ の たて)とデキていたことにブチ切れて、ふたりを焼き殺しました。

また同じ年、狩りに出かけたとき、お付きの人が自分の質問に答えなかったので、これまたブチ切れて斬り殺します。

雄略天皇は、人の話を聞かない超ワンマン・パワハラ男だったようです。世の人々は『大悪天皇』と裏で悪口を言っていました。

個性が強すぎてキャラがブレブレ

大悪人と言われた雄略天皇ですが、まったく逆の評価もあります。

雄略4年、葛城山で一事主神(ひとことぬし の かみ)に出会ったら、礼を尽くして狩りをいっしょに楽しんで、お見送りまでしたそうです。

これに人々は『有徳天皇』といいました。

また、『万葉集』の巻頭に収録された歌は、少女に語りかける、ほのぼのとした歌ですが、これは雄略天皇が作ったといわれています。

籠もよ み籠持ち 掘串もよ

み掘串持ち この丘に 菜摘ます児家聞かな

...

万葉集

政治家としての仕事もきっちりこなします。

秦氏の強制移住

第15代 応神天皇のとき、大陸から絹織りのスペシャリスト・秦氏が来日して、日本全国に散らばりその技術を広めました。

雄略15年、その秦氏を集めて絹を税として納めさせます。絹税ですね?

そして、桑の栽培ができる土地を探させそこに秦氏を移住させました。

秦氏が渡来して100年近くたっているのですが、デカい勢力に成長してたんでしょうね?

雄略天皇は秦氏を警戒したのでしょう。全国に散らばった秦氏がネットワークを使って一斉蜂起したら、ヤマト王権としては一大事です。

絹に税をかけたのも秦氏の力をそぐためです。『金は力なり』なので。

朝鮮半島有事は失敗?成功?

5世紀後半の朝鮮半島(勢力範囲はだいたいです。)

雄略天皇は、朝鮮半島の新羅討伐に自ら出陣しようとします。それは、カミにやめなさいと言われてしまいました。代わりに

紀小弓宿禰(き の おみ の すくね)

蘇我韓子宿禰(そが の からこ の すくね)

大伴談連(おおとも の かたり の むらじ)

を出兵させましたが、すべて返り討ちにあって死んでしまいました。

また雄略20年、高句麗が百済を滅ぼします。翌年、百済の第22代 文周王に新都・久麻那利(こむなり)を用意して、百済再興を助けました。

雄略天皇は、倭の五王のひとり倭国王・武といわれます。

倭の五王(わのごおう)

中国の『宋書』に書かれた日本の5人の王のこと。

5世紀のおよそ100年間、日本が中国に貢ぎ物をして、その見返りに王の称号をもらっていた。

それが5人の天皇だったといわれている。(確定していない。)

また、中国の将軍にも任命されていた。

宋書の王与えられた将軍天皇
倭国王・讃
(さん)
???第16代 仁徳天皇
倭国王・珍
(ちん)
安東将軍第18代 反正天皇
倭国王・済
(せい)
安東将軍第19代 允恭天皇
倭国王・興
(こう)
安東将軍第20代 安康天皇
倭国王・武
(ぶ)
安東大将軍

鎮東大将軍

征東大将軍?
第21代 雄略天皇
ランク将軍ランクイメージ
1車騎将軍皇帝直属の将軍。
中国軍本体。
戦車・騎馬隊?
2征東大将軍東部方面司令の大将
3鎮東大将軍東部方面司令の中将
4安東大将軍東部方面司令の少将
5征東将軍東部方面司令の大佐
6鎮東将軍東部方面司令の中佐
7安東将軍東部方面司令の少佐

※ 中国からみた東国を担当する将軍。
※ 『服する』『圧する』『定させる』の順にランク付け。

これが日本と中国の将軍に本格的な外交のはじまりで、将軍は中国皇帝の部下なので中国の属国になる。安東将軍はランクとしては低い。

天皇のまわりの豪族たちにも欲しいと日本から要求したので、称号は天皇以外ももらっていた。

九州などの豪族たちも、ヤマトを無視して称号をもらっていたとされる。

損をしているように見えるが、中国の世界最先端の技術・文明が日本に入ってきた。

このとき、母系社会の日本に男尊女卑・男系思想が入ってきたと考えられる。

いままでの倭国王は安東将軍でしたが

478年安東大将軍
479年鎮東大将軍
502年征東将軍?征東大将軍のまちがいでは?

とランクアップしたようです。

(ずっと朝鮮国王より下だったがここで並んだ。)

将軍ランクは上がっても、中国の属国に変わりはありません。

伊勢神宮・外宮をつくる

雄略22年、丹波国(大阪)から豊受大神(とようけ の おおみかみ)を伊勢に移して、天照大神(アマテラス)の食事係のカミとして祀りました。

伊勢神宮・外宮(げくう)のはじまりです。

雄略23年7月、雄略天皇は病気になり、あとは皇太子・白髪武広国推稚日本根子皇子(しらか の たけひろくにおし わかやまと ねこ の みこ。清寧天皇)にまかせて亡くなります。

古事記では124才でした。(日本書紀では不明)

雄略天皇がライバルの皇子たちをみな殺しにしたことで、皇統断絶の危機が来ます。

皮肉にも磐坂市辺押磐皇子の息子ふたりが天皇になります。

前のページ
第20代 安康天皇 史上初の暗殺された天皇
第26代 継体天皇 歴代の中で一番血統の遠い天皇
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!