初代 神武天皇 先祖は有名なカミサマだらけ

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
神武天皇肖像画

歴代天皇 - 伝承上の天皇 -

神武天皇(じんむ)は、初代天皇で神話の世界の人間です。しかし、神武天皇の親や祖父・祖母などの先祖はカミサマです。神武天皇はカミサマの子孫である人間になります。

これが日本の歴史の始まりの不思議なところで、神武天皇とは何者かを知ることで理解できます。

先史 神話の時代 - 人代(ひとのよ) -

  • 皇居
  • 畝傍橿原宮
    (うねびのかしはらのみや)
  • 生没年
  • ?年?月?日 ~ ?年?月?日
    庚午年1月1日 ~ 神武天皇76年3月11日
    137 ? 才
  • 在位
  • ?年?月?日 ~ ?年?月?日
    辛酉年1月1日 ~ 神武天皇76年3月11日
    76 ? 年
  • 名前
  • 神日本磐余彦尊
    (かむやまといわれひこのみこと)
  • 別名
  • 神倭伊波礼毘古命
    (かむやまといわれひこのみこと)

    狭野尊
    (さののみこと)
  • 彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊
    (ひこなぎさたけうかやふきあえずのみこと)
  • 玉依姫命
    (たまよりひめのみこと)

    海神の娘
  • 皇后
  • 姫蹈鞴五十鈴媛命
    (ひめたたらいすずひめのみこと)

    事代主神の娘
    (ことしろぬしのかみ)

日本の歴史の始まりはあいまい

日本の歴史は世界の中でも珍しい始まり方をしています。境界があいまいなところです。境があいまいとはどういうことなのか?

それは、カミサマの世界とヒトの世界が一つの歴史でつながっているところです。

世界を見ると、例えばキリスト教やイスラム教の世界では、人間は造物主が作ったものの1つです。歴史の始まりは人間の歴史の始まりでもあります。だから人間の歴史より前は神話の世界ということである程度区別できます。

一方日本の場合は、歴史の中にカミサマの世界(神話の世界)と人間の歴史がつながっていてはっきりと区別できません。そのため、なかなか理解されませんし、興味を持たれない原因にもなっています。

また近年の科学技術の発展により、長年神話として認識されていたことが、歴史の事実として確認されることが起きています。これが、日本の古い歴史の理解をさらに難しくさせるところでもあります。

それでも、流れを把握することで理解することはできます。日本の歴史はどのように流れているのでしょうか?

日本の歴史の始まり

日本の歴史の流れは以下のようになっています。

  • カミサマの世界(神話)
  • 人の世界(神話)
  • 人間の歴史

まず、日本の歴史はカミサマの世界から始まります。人間は登場しません。登場人物(?)はすべてカミサマでカミサマの人間模様(?)が描かれます。

描かれ方があまりにも人間臭いのでカミサマの話だと思えないくらいです。『古事記』や『日本書紀』にいろいろな物語が収録されています。

これが神武天皇を境にして人の世界の神話に移ります。この時代についても『古事記』や『日本書紀』でいろいろな物語が展開されます。

あくまで、神話の時代は歴史の事実として確認されているわけではありません。このような物語が代々伝えられているよ? というものです。

だから『神話』になります。かといってたかが神話、フィクションと片づけることもできません。

さっき言ったように、神話としていたものが歴史の事実として確認されることが、とくに近年出てきています。

これからも神話だったことが歴史の事実になることもあります。逆に、歴史の事実が否定され神話になることもあるでしょう。

この辺りは日々更新されているところです。

この神話の時代を、カミサマの時代を神代(かみよ)、人の時代を人代(ひとのよ)と言って区分します。

次に、人代から人間の歴史の世界へ移っていきます。

人間の歴史の世界は、歴史学や考古学などいろいろな角度からの研究で総合的に事実だろうとされてあます。

現在、実在が確認されている天皇は、第10代 崇神天皇(すじん)からです。

神武天皇を含め第2代から第9代までの天皇は、歴史として実在が確認されていません。神武天皇を除く8代の天皇のことを欠史八代(けっしはちだい)と言います。

そういう意味では、厳密な歴史として、天皇の始まりは崇神天皇とも言えるでしょう。実際、崇神天皇を初代天皇として扱う書籍なども存在します。崇神天皇の即位は王朝交代が起きたという説もあります。

このように日本の歴史は、カミサマと人間が人の歴史のように親子関係をつなぎながら、1つの家系図のようにつながっています。だから不思議な現象が起きます。

  • ある人は人間なんだけれど、両親はカミサマ。
  • ある人は、本人は実在確認されているけれど、両親は神話上の人物
  • 神武天皇よりまえは神代
  • 神武天皇からあとは人代
  • 崇神天皇から人の歴史

カミサマと人をつなぐところに意味がある

神武天皇は、初代天皇であるということが重要視されがちです。しかしそこはあまり重要ではありません。大事なところは、”神武天皇は人間なんだけれど両親はカミサマ”というところです。

神武天皇を境にして、日本の歴史はカミサマから人の歴史に転換します。神武天皇はカミサマと人間をつないでいる存在になります。

これが重要です。今の日本人でも、”人は死んだらカミサマ仏様になる”という宗教観がありますよね?

日本の歴史では神武天皇がこれを表現しています。あくまで、神武天皇は実在の人物ではなく神話上の人物であるということろは忘れてはいけません。

神武天皇は、カミサマと人をつないでいる。

神武天皇のお祖父さんは浦島太郎?

神武天皇のお祖父さんは彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)で、『海幸・山幸』神話の山佐知毘古(やまさちびこ。山幸彦)です。

あることをきっかけに、山佐知毘古は海の国(竜宮城?)に行くことになります。海の国であまりにも大歓迎を受けたため、ここへきた目的を忘れるくらいでした。

海の国で結婚もします。相手は海の国の主の娘の豊玉毘売命(とよたまひめのみこと)です。

しかし、海の国に来た目的を思い出し地上へ帰ることになります。地上に帰った山佐知毘古は、1か月ほど留守にしていると思っていました。しかし実際は、3年の月日が経っていることに気づきました。

...

浦島太郎まんまじゃないか!!

『古事記』に掲載されているエピソードです。

神武天皇のお祖母さんは鶴の恩返しの鶴?

ある日地上に戻った山佐知毘古のもとに、海の国で結婚した豊玉毘売命が訪れます。妊娠して出産が近付いているけれど、天上界のカミの子を海の国で生むわけにはいかないという理由でした。

そこで、日向の国(宮崎県)の王になっていた山佐知毘古のもとで出産することになります。

ここで豊玉毘売は、山佐知毘古に決して出産シーンは見ないでほしいと言います。出産をするときは本来の姿で生むことになるので、見られたくないというのです。

山佐知毘古はそう言われてしまうと余計に見たくなって、とうとう出産シーンをのぞき見してしまいます。

その姿はサメでした。

豊玉毘売は、海の国と日向の国を行き来しながら子供を育てようと思っていました。しかし、本当の姿を見られたのでそれもできないと、失意のまま海の国へ帰っていきます。

海の国へ戻った豊玉毘売は、自分の生んだ息子を思い、そして息子を勝手に押し付けた山佐知毘古のことを思い、自分の代わりに乳母を派遣することを決めます。

派遣されたのは、妹の玉依毘売命(たまよりひめのみこと)でした。

...

鶴の恩返しの鶴がサメになっただけじゃないか!!

『古事記』に掲載されているエピソードです。

このとき生まれた子供が神武天皇の父親です。派遣された乳母が神武天皇の母親になります。神武天皇の父親は、自分の乳母で伯母さんと結婚しました。

神武天皇は、浦島太郎と鶴の恩返しの鶴(実際はサメ)の孫とも言えます。

神武天皇の祖先は有名なカミサマだらけ

山佐知毘古の父親、つまり、神武天皇のひいお祖父さんは瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)です。『天孫降臨』(てんそんこうりん)神話の主役です。

天孫降臨は、瓊瓊杵尊がお祖母さんの天照大神(あまてらすおおみかみ)から『地上に降りて地上界を統治しなさい』と命令されて、地上に降り立つ話です。

そのとき、地上の統治は代々瓊瓊杵尊の子孫で行うようにと言われます。そして、それを証明するために三種の神器も与えられます。この神話は天皇の正統性を保証しています。

このとき、天照大神から瓊瓊杵尊に贈られた言葉のことを『天壌無窮の詔勅』(てんじょうむきゅうのしょうちょく)と言います。

神武天皇は天照大神孫のひ孫になります。

ちなみに、富士山の浅間神社に祀られているカミサマは、瓊瓊杵尊の妻の木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)です。

祀られているのが女神だからか、かつては富士山も2合目から上は女人禁制でした。相撲の『土俵に女性は上がれない』と同じです。

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!