ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

KUSANAGI8, PHP8.0を使ったらWordPressのアップデートでFTPSが使えない。

超高速仮想マシン KUSANAGI

KUSANAGI 8 でもPHP8.0が使えるということで、バージョンアップしたのですが、唯一、テーマやプラグインのアップデートで必ずパスワード不一致エラーが出るものが出てきました。

最初はPHPエラーになってどうしようもなかったので、これくらいはいいかなというものです。

KUSANAGIの最新バージョンの KUSANAGI 9 はすでにPHP8が使えるようになってたんですが、1世代前の KUSANAGI 8 でもPHP8が使えるようになりました。

PHP7.4のサービス終了が目前に迫ったこと(2022年11月)による対応だそうです。

そこでリリース後すぐにPHP8に変更して、エラーがないようにしたんですが、テーマやプラグインなどのアップデートで使うFTPで使えないものが出てきました。

WordPress5.9.3
PHP8.0.18
KUSANAGI8.6.8-2
動作環境

PHP8以降を使うには wp-config.php のFTP設定を変える。

まず、PHP8を使うにはWordPress設定の変更が必要です。これをしないと、アップデート機能でPHPエラーが発生して致命的です。

変更前
define('FS_METHOD', 'ftpsockets');
変更後
define('FS_METHOD', 'ftpext');

この内容についてはつらつらと書いてあるのでこちらをどうぞ。

KUKSANAGI 8 でもやっぱり FTPSは使えない。

同じことを2度書いても何なのでここではかんたんに。

設定の環境変数 FS_METHOD を 'ftpext' に変えると、アップデート時の通信方法で、FTPS(SSL)は使えなくなります。

FTP, SSH2 は使えるので問題はないですが、もしFTPSを使うと正しいパスワードを入力しても不一致エラーが出ます。

これがかんちがいさせる。

ボクなんか、何度もパスワードを確認して入力を繰り返し、キーボードが壊れたんじゃないかと大文字小文字、半角・全角の切り替えも何度もしたほど。

ぜんぶ無駄骨です。

パスワードが合っていようがなかろうが不一致エラーが出るので気をつけましょう。

この現象、KUSANAGI 9 の仮想環境(VirtualBox)でも出ていました。やっぱりな、という感じです。

ただ、これを直そうとするのは結構きついです。

PHP8の拡張機能にFTPをインストールするのか? などなど考えないといけないことがあるし、ボク自身、これでできるとは確証がありません。

いちばん簡単な方法は、管理画面のCSSで非表示にすることです。

それか放置。『FTPかSSH2を使ってくださ~い。』と周知すれば済むかもしれない。

前の投稿
KUSANAGI8, PHP8.0を使ったらWordPressのアップデートでPHPエラーになる。
KUSANAGI9 って WordPressのアップデートでFTPSは使えない?
次の投稿

コメントを残す