国民に憲法を守る義務はない!

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
和柄の画像

連載
日本国憲法を読む。 Vol.2

一部を除いて大多数の国民に憲法を守る義務はないということを知っていましたか?

ぼくは知りませんでしたし、学校で習った記憶すら無かってので、知ったときはびっくりしました。

今回は、本連載を始めようと思うきっかけになったこの事実について考えていきます。

大多数の日本国民に憲法を守る義務はない!

大多数の日本国民に憲法を守る義務はありません。それは、憲法の持つとても大事な役割があるからです。

憲法の持つ重要な役割とは何か?それは、

権力の暴走を止めるストッパー

です。

大多数の国民は、権力を持っていないので、憲法を守る必要はありません。しかし、憲法をもとに制定された法律を守る義務はあります。当たり前ですね?

憲法を守る義務があるのは、権力を持っていて使える人に限られます。

  • 国民は憲法を守る義務がない人がほとんど
  • 憲法は権力の暴走を止めるストッパー

日本国民に課される制限は2つ

大ざっぱに言うと、日本国民に課される制限は、権力を持つ人と持たない人とで2種類あります。

  • 権力なし:法律
  • 権力あり:法律 + 憲法

権力者は大変です。持たない人よりもより多くの制限があるので。

憲法を守るべき対象は憲法第99条に書かれている

憲法を守らなければいけない対象は、日本国憲法第99条に書かれています。ここには、

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

とあります。

国務大臣は、憲法をもとに制定された法律に基づいて行政を執行する責任があって、行政府の責任者です。また、自分で法律を作ることもできるので権力者の中の権力者です。

国会議員は法律を作ることが仕事で、立法府になります。
大多数の国民の行動を制限する法律を作ることができるので権力者です。

法律を作る人は気を付けないといけません。悪法の有名なところでは、ナチスドイツの全権委任法があります。この法律は、ワイマール憲法に縛られずに政府がなんでもやっちゃおうよという法律でした。

怖いです。ブレーキのない自動車みたいなものです。実際に暴走しました。

裁判官は人を裁く仕事で、司法府になります。人を裁く権限があるので持っている権力は絶大です。

国家公務員は、国務大臣の責任の下、実際に行政を執行する人たちです。行政府の実行部隊といったところでしょうか。当然、権力を使える立場にあります。

警察、自衛隊は法の範囲内で暴力をふるうことができますから当然です。

地方公務員もこの中に含まれます。地方公務員は、知事や首長の下、条例に従って行政を執行する人たちなので対象になっています。

日本国憲法憲法第94条では、

地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定することができる

とあるので、法律から逸脱した条例を作成できません。

憲法 > 法律 > 条例

という関係が成り立つので、憲法違反になるような行動はできません。

三権分立(司法、立法、行政)の機関に属する人、それ以外の公務員は権力を持つ、憲法を守る義務がある人だと覚えておくとよいでしょう。

 天皇、摂政にも憲法を守る義務がある

日本国憲法第99条では、権力を持たない天皇または摂政が対象に含まれています。

不思議に思いませんか?これに立憲君主”の形のキモがあります。

日本国憲法を語るとき一番大事といってもよい部分なので、次回以降に説明します。

今のところは、日本の統治システムは立憲君主民主制を採用していることを覚えておきましょう。

間違いあるある

ブラック企業に勤めていた人など、何らかの形で企業とトラブルがあって、企業を相手取って行動を起こすことがあります。そのとき、ごくごくたまに 『憲法違反だ!』と言っている人を見かけることがあります。

これは間違いです。企業経営者は、経済活動の中での力は持っていますが、憲法で規定している対象者ではないので、彼らには憲法を守る義務はありません。

『憲法違反だ!』と言える相手は憲法で規定された人だけです。

もし言えるとしたら、そういう企業に対して何も対策しない政府、厚生労働省などに対してです。注意しましょう。

この場合は、労働基準法とかの法律の問題になります。憲法は、直接は関係ありません。
労働基準監督署、弁護士など関係各所に速やかに相談しましょう。

間違っても憲法を持ち出してはいけません。言えるとしたら 『○○法違反だ!』になります。

 

ここで、どうして憲法の役割に ”権力の暴走を止めるストッパー” があるの?と思いませんか?

これは、日本国憲法は”立憲主義”という考えを取り入れた憲法だからです。

次回はこの立憲主義について考えます。

最近政治カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

日本国憲法について以下の外部リンク、資料を参考にしました。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!