憲法で『家族』を強制する恐怖 - 家族を知らない自民党議員たち

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
和柄の画像

連載
日本国憲法を読む。 Vol.8

今回は、憲法で『家族」を強制しようとする自民党議員たちの不見識とバランス感覚のなさ、それに伴う恐怖について考えます。

前回の自民党の第2次憲法改正草案のデタラメさがあまりにも多すぎて、投稿を分けました。前回の再編集版の後編です。構成は変えましたが内容はほぼ変えていません。

自民党第2次憲法改正草案 前文

まずは前回も見ました、自民党の第2次憲法改正草案の前文をもう一度見てみましょう。

 

 日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治される。
我が国は、先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する。
日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自らを守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。
我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を振興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。
日本国民は、良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため、ここに、この憲法を制定する。

 

”家族” の押しつけはうっとおしい

”家族や社会全体が互いに助け合って”とあり、家族というものを押し付けてます。ひどいのは第24条でさらに後押ししています。第24条では、

家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない。

とあります。

怖いです。家族は自然に出来上がると思っています。これを考えた人は本当に家族がいるのでしょうか?

家族はいろいろなことがあってそれを乗り越えて出来上がっていくものです。男と女が婚姻届けを出して、SEXして、中出しして、子供が生まれればそれでOKではないでしょう?

ぼくは独身で子供もおらず、実家を離れた生活を22年もしています。親子ではありますが、家族か?といわれるともう家族といえるのか分かりません。

そういうぼくは社会の基礎的な単位にも当てはまらないのでしょうか?

ぼくは日本社会を構成するメンバーとして認められないのでしょうか?

これを書いた人は、サザエさん一家が家族の理想で、すべての家族はそれを目指さなければいけないと思っているのでしょう。

今、家族の形がいろいろとある中で、こうも無理やり決めつけることができることがうらやましいです。

人生って、何も想像せず、何も考えないほうがいいのかもしれませんね?

”互いに助け合わなければならない” はどうしていいか分からない

言葉がありません。家族と助け合えと言われても、ぼくは、実家に帰る交通費が飛行機で、LCCを使っても往復で約4万円はかかります。

それ以外だと片道で、新幹線に乗っておよそ半日、そこから船に乗っておよそ11時間もかかります。今のご時世このぐらいだと何度か海外旅行にいけます。

これでどうやって助け合えというのでしょうか?助け合えというなら、もっと速く・安く実家に帰れるように交通インフラをどうにかしてほしいです。

助け合えと言われてもそうかんたんにはいかない人が日本国民にいますけど?

『少数派だから知らない、そこまで考えてられるか!』ということでしょうか?

 

身近なところでは離婚することは憲法違反になります。互いに助け合うことを強制されていますから。

夫婦のどちらかがどうしようもない人だったらどうしたらいいのでしょうか?

それでも互いに助け合うことを強制するのでしょうか?

どうしようもない両親の間に生まれた子供はどこに助けを求めればよいのでしょうか?

 

だんだん新種のデスノートに見えてきました。

第102条はトンチンカンのアンポンタン

前文ではありませんが、第102条には、

全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。

とあります。

みなさん意味が分かりますか?権力の暴走を止めるための装置に対して、権力を持たないものが尊重しなければならないなんて。

権力を持つものが憲法を尊重しなければならないのが筋でしょう?”誰が” と ”どうする” の関係がめちゃくちゃです。

僕は日本人なのに、いつのまにか日本語を忘れてしまったのでしょうか。だれか教えてほしいです。

Help me !

今までと同じように拡大解釈して国民によけいな抑圧をかけようとしているのか?とうがったものの見方をしてしまいます。

というか、立憲主義がスッポリ抜け落ちているところが、どうしようもありません。

たったこれだけでお腹いっぱい

こういうたぐいの、中学生より頭悪いんじゃないか?と思わせる内容が、いい大学を出て、中には弁護士資格を持っている人もいて、社会的ステータスもあって、普通の人よりお金も持ってて、なおかつ権力者でっていう人たちが集まって作られています。

しかも、自民党のホームページに堂々と公表されています。

自民党HP〜憲法改正草案〜

皆さんも時間があるときに見てみてください。10分もあればおかしなところが満載です。

自民党の第2次改正草案をひとつひとつ見るつもりでしたが、前文と少しのプラスアルファでもこの状態です。とてもじゃないですけれどここでは書ききれません。

自民党の第2次改正草案は別の機会に改めて投稿したほうがいいかもしれません。

 

”憲法は権力の暴走を止めるストッパー” が分かっていない人は、今回で終わらせるつもりが全然終わりませんでした。できる限り次で終わらせようと思います。

もういいよ、次に行こうよと思うかもしれませんが、憲法改正をしようと言っている人たちがこうです。書かずにはいられません。

もう少しお付き合いください。次は、”憲法は権力の暴走を止めるストッパー” が分かっていない人 パート3です。

最近政治カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

日本国憲法について以下の外部リンク、資料を参考にしました。

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!