摂政と関白の違い。どっちが偉いのか?

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
何かな?の画像

摂政と関白は摂関政治という形で一緒にされることがあります。それによって、それぞれ意味、違い、上下関係など、よくわからなくしてしまいます。

改めて摂政、関白の違いを考えます。

天皇を補佐するという意味では同じ

摂政(せっしょう)関白(かんぱく)は、天皇を補佐するという意味では同じです。また、太政大臣、左大臣、右大臣などと違い、正式な官位ではない、令外官というところも共通しています。

この2つは、役職が生まれた時代や背景が異なるので、少しだけ仕事として『できること』が違います。

令外官(りょうげのかん)

律令制度にない官位のこと。特別職。臨時職。

にある(令にない)位』という意味。

摂政・関白もこれにあたる。

正式な官位じゃないので比較的自由な立場で仕事ができた。また、正式な官位と兼務ができた。

律令(りつりょう)

律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

7世紀の当時、世界の先進国の1つだった中国から伝わる。

日本は世界の先進国の仲間入りを目指して導入し始めていた。

律令で統治された国家を律令国家、その政治システムを律令制という。

摂政は天皇と同じ権限

最初に摂政を務めたのは、聖徳太子と言われています。もともと摂政は『天皇の代理』という意味もあって、持っている権限は天皇と同じです。

平安時代には皇族以外の人間が摂政になるようになりました。これを『人臣摂政(じんしんせっしょう)』と言います。

人臣摂政はあくまで天皇の臣下なので、形式上、天皇と同じ権限を持つことはできません。『天皇の代理』とは言えなくなってしまいました。

摂政の歴史では、この人臣摂政の時代が平安時代から明治の初期まで長く続きました。それによって、摂政の仕事は『天皇の補佐』という意味で広がってしまいます。

関白との違いが分からないのは、この人臣摂政の登場によってどちらの役割も『天皇の補佐』になったからです。また関白という役職は、人臣摂政の登場によって作られることになります。

関白は天皇と大臣の中継役

形式上の人臣摂政は天皇と同じ権限をもてません。そして、人臣摂政は政治を行う能力がない天皇に代わって、政治を行うというルールがありました。平安時代の政治を行う能力がない天皇は年齢が幼い天皇です。

人臣摂政は、天皇が成長し政治を行うだけの能力が身についたときはいらなくなります。ここで藤原氏は、成長した天皇のもとでも権力を行使するものが必要だと考えました。

それが関白です。

関白は、成長して政治を行うだけの能力がある天皇を補佐するという形で生まれました。

人臣摂政と関白の違いは政治の決裁権にあります。人臣摂政は幼い天皇の補佐なので実際のすべての決済は摂政にありました。

しかし、関白は政治を行う能力がある天皇がいるので勝手に決済することはできません。決済は天皇にあります。それでも関白の権力は強力です。

右大臣や左大臣など、政治を実際に行う人々は必ず天皇の決済が必要になります。そのお伺いのことを上奏と言います。そして、天皇はOKの返事を出すときは命令書を発行します。これをと言います。

関白は、この上奏と勅を行うやりとりの文書を、誰よりも早く見る権限がありました。これで権力をコントロールしていたのです。

上奏(じょうそう)

臣下が天皇にお伺いを立てること。または、天皇に意見を言ったり、状況を説明すること。

文書の場合は上奏文(しょうそうぶん)。

詔(みことのり)・勅(ちょく)

天皇の命令。意見。上奏に対する天皇の返事。詔勅(しょうちょく)ともいう。

詔と勅に違い・使い分けはあるが、ややこしいので同じものだと思ってよい。

文書の場合は詔書(しょうしょ)・勅書(ちょくしょ)。

1945年の玉音放送は、詔書になる。

命令を強調すると勅令(ちょくれい)、意見を強調すると勅語(ちょくご)という。

明治の教育勅語は天皇の意見。当時、勅令ではダメだということで勅語になった。

摂政と関白に上下関係はない

摂政と関白に上下関係はありません。今まで見てきたように、摂政がいらなくなったとき関白は必要になるので同時に存在することもありません。

実際に天皇が成長したとき、人臣摂政を務めていた人がそのまま摂政を辞めて関白に就任するというのが普通でした。

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!