関白の役割は何だったのか?いつできたのか?

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
Q&A image

関白は『かんぱく』と読みます。

『天皇の政務にわって意見をす(申す)』の意味で、天皇を補佐する立場の人です。

摂政(せっしょう)と同じようでいて少し違います。どのような役割なのでしょうか?

天皇を補佐する仕事

関白は、天皇を補佐する仕事です。平安時代にはじまり、摂政、関白による事実上の政治の実権を藤原氏で独占するために生まれました。

摂政と同じように、天皇の后に女子を嫁がせて、外祖父、外伯父になった藤原氏の実力者が務めました。

左大臣、右大臣などのような官位ではありません。令外官です。

関白は正式な官位との兼務もできました。じっさいに太政大臣が兼務するのが通例だったようです。

令外官(りょうげのかん)

律令制度の令(行政法)にない官位のこと。特別職。臨時職。

にある(令にない)位』という意味。摂政・関白、内大臣など。

正式な官位じゃないので比較的自由な立場で仕事ができた。また、正式な官位と兼務ができた。

律令(りつりょう)

律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

7世紀の当時、世界の先進国の1つだった中国から伝わる。

日本は世界の先進国の仲間入りを目指して導入し始めていた。

律令で統治された国家を律令国家、その政治システムを律令制という。

太政大臣は正式な官位で、朝廷の役人の最高の役職でした。空位のときもあり、関白は通常の大臣職よりも立場が上で、圧倒的な権力がありました。

摂政と比べると権力は小さいが大臣よりは上

摂政には天皇と同じ決裁権がありますが関白にはありません。決裁権は天皇にありました。これは関白の特長です。

摂政は、政治を仕切る能力がない天皇を補佐するのが仕事ですが、関白は、政治を仕切る能力がある天皇を補佐するのが仕事です。

関白はつねに天皇と二人三脚です。関白が完全単独で政治を仕切ることはできません。

そして関白は、大臣よりも事実上上位になる、ある特権を持っていました。

天皇の勅を見る権利があった

関白は決裁権がないので、政治の決裁は天皇に上奏する必要があります。文書で天皇に見せなければなりませんでした。そして天皇は、それに対する答えを文書で通達します。

上奏(じょうそう)と勅(ちょく)・詔(みことのり)

上奏

政治の最高責任者から天皇に行なう報告。天皇への意見や相談。

勅・詔

天皇の命令。勅書(ちょくしょ)・詔書(しょうしょ)は命令書。

詔勅(しょうちょく)ともいう。

勅と詔はケースバイケースで使い分けているが、ルールがよく分からないので同じものと思っていい。

1945年の玉音放送は、詔書。

天皇の命令を強調すると勅令(ちょくれい)、意見を強調すると勅語(ちょくご)という。

明治の教育勅語は天皇の意見。当時、天皇が国民に強制するものではない、勅令ではダメだということで勅語になった。

関白には、天皇に上奏する文書の内容を、天皇に渡る前に見ることができました。また、天皇から大臣へ出されるが大臣へ渡る前に見ることもできました。

関白には、天皇と政治をじっさいに行う左大臣、右大臣との間のやりとりをすべて見ることができました。これは関白にだけ与えられた特権です。

ということは、やりとりの間で自分の意思を反映させることも簡単にできたということです。これほどの権力はありません。

太政大臣でもあるからということもあるとは思いますが...

藤原の藤原による藤原のための関白

最初の関白は藤原基経(ふじわらの もとつね)です。最初の人臣摂政を務めた藤原良房(ふじわらの よしふさ)の養子で、摂政も務めた実力者でした。

良房、基経は、藤原氏の中でもっとも力があった藤原北家(ふじわらほっけ)の流れを汲んでいます。

この良房の子孫が代々、摂政・関白を務めることになり、その後、摂関家と呼ばれるようになります。

五摂家(ごせっけ)

平安時代の摂関政治では、摂政・関白になれる家は決まっていた。それを摂関家(せっかんけ)という。

鎌倉時代以降、摂関家の中でさらに摂政・関白になれる家柄がしぼられた。その5家のことを五摂家という。

  • 近衛(このえ)
  • 九条(くじょう)
  • 二条(にじょう)
  • 一条(いちじょう)
  • 鷹司(たかつかさ)

くわしくは『摂関政治とは何か?』で。

五摂家は、明治に入ってもつづき、華族制度ができてからは華族として位置づけられた。

1947年の華族制度の廃止まで、由緒ある家として知られていた。

このように、関白という立場は歴史上を通じて藤原氏だけで続きました。

正式な官位でもないので、天皇の私的顧問といっていいでしょう。これが初期の明治政府まで存在しました。

この中で、たった2人だけ事実上の藤原氏以外の人物が務めます。あの有名な戦国武将です。

例外は豊臣秀吉と豊臣秀次の2人だけ

天下を統一した豊臣秀吉は、天下人の正統性が欲しくて、室町幕府の15代将軍・足利義昭(あしかがよしあき)の養子になって、征夷大将軍になろうとします。

しかし、義昭に断られてしまいました。

そこで、官位ではないけど圧倒的な権力がある関白に目をつけます。秀吉にとっては関白は都合の良いものでした。

近代以前の日本は、高い官位をもらうには家柄が必要です。秀吉は農民出身なので、左大臣や右大臣、太政大臣になるには由緒ある武家、公家を納得させないといけませんでした。

これには膨大な時間がかかります。

そこで秀吉は、近衛家の養子になって近衛秀吉になりました。そして関白になります。その後、近衛家から独立して豊臣家を興しました。

豊臣家は近衛家の分家で始まったため、名目上は藤原氏です。じっさいは例外でなく、関白は歴史上、藤原氏だけが就任した不思議なものでした。

明治の近代化により廃止となる

幕末から明治にかけての王政復古の大号令で新政府樹立が宣言されましたが、これと同時に摂関停止が行われます。摂政・関白の役職の停止です。

歴史上最後の関白は二条斉敬(にじょう なりゆき)です。幕末に孝明天皇から関白に任ぜられ、その後、明治天皇の摂政も務めました。

(二条斉敬は歴史上最後の人臣摂政でもある。)

摂政はその後、明治政府によって復活します。関白はそのまま廃止されました。

近代は家柄に関係なく、誰でも国民に選ばれて政治を行えるのが大前提なので、特定の家柄の人だけが務める役職があるのは、おかしいということなのでしょう。無くなって当然です。

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!