摂関政治とは何だったのか?いつ始まったのか?

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
何かな?の画像

摂関政治は『せっかんせいじ』と読みます。

平安時代に始まり、『政(せっしょう)と白(かんぱく)が中心となった政治』という意味です。藤原氏が中心の政治でもありました。どのようなシステムなのでしょうか?

藤原氏が天皇中心の政治から実権を奪ったシステム

古代の日本は、当時の最強・最先進国の中国と対等になるために必死でした。

そのために、天皇を中心とした中央集権国家を目指します。その目標は達成することができました。

中央集権国家(ちゅうおうしゅうけんこっか)

権力が、都など中心になる場所に集まった国家。

日本は東京に権力が集中しているのでこれに当てはまる。

平安時代に入ると、中央集権国家の建設に貢献した藤原鎌足の子孫たちが、政治権力を占めるようになります。そのために生まれたのが摂関政治です。

その中心は、摂政関白という、官位にはない令外官の2つの役職を中心に政治を行うシステムでした。

令外官(りょうげのかん)

律令制度にない官位のこと。特別職。臨時職。

にある(令にない)位』という意味。

摂政・関白もこれにあたる。

正式な官位じゃないので比較的自由な立場で仕事ができた。また、正式な官位と兼務ができた。

律令(りつりょう)

律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

7世紀の当時、世界の先進国の1つだった中国から伝わる。

日本は世界の先進国の仲間入りを目指して導入し始めていた。

律令で統治された国家を律令国家、その政治システムを律令制という。

関白は、太政大臣が兼務するのが通例だったようです。摂政はもっと幅が広くて、左大臣や右大臣、その他いろいろな役職の人が兼務していました。

摂政が藤原氏に乗っ取られる

飛鳥・奈良時代などの摂政は、皇位継承権のある皇族が務めていました。聖徳太子が有名ですね?

しかし、平安時代になると、天皇と親戚関係を築いた藤原氏の実力者に取って代わることになります。これを人臣摂政(じんしんせっしょう)と言います。

けっきょく、人臣摂政が当たり前になり、結果的に摂政=藤原氏という常識が作られました。摂政の役職が、皇族から藤原氏に乗っ取られた形です。

これで、天皇を中心とした中央集権国家というシステムは、運用の上では崩壊しました。ただし、天皇の権威無しで藤原氏は存在できなかったので、天皇中心の中央集権国家そのものは崩壊していません。

藤原氏と皇室は、お互いに必要な存在で、補い合う関係だったというのが、いまの歴史学の解釈です。
でも、摂関政治の中身を見ていくと、藤原氏は、天皇を『ナメている』ようなフシがあるので、『乗っ取り』という表現をしています。

関白は藤原氏のために作られた

摂政のもとの意味は天皇の代理です。ということは、藤原氏が務めるというのは、かなり無理があります。これを藤原氏は、まだ政治を取り仕切る能力のない、自分の孫や親戚筋の天皇を補佐するという、かなり強引な解釈で摂政を務めるようになりました。

それでも摂政には限界がありました。天皇も人間です。成長します。当然成長すると政治を取り仕切るだけの能力は身につけます。

こうなると摂政は不要になります。と同時に、藤原氏の実権が小さくなります。そこで、関白という役職を新たに作ることになります。

関白は、摂政と違って、政治を取り仕切る能力がある天皇を補佐するという役職です。天皇がどれだけ成長して有能な政治家になっても関係ありません。

これで藤原氏は、天皇に誰がなっても、どのような状況になっても、政治の実権を握り続ける武器を手に入れました。

摂関政治はいつ始まったのか?

摂関政治は、最初に人臣摂政になった藤原良房(ふじわらのよしふさ)から始まります(866年 摂政就任)。良房の養子の藤原基経(ふじわらのもとつね)が、歴史上最初の関白になります(887年 関白就任)。

これ以降、良房の子孫たちで、代々、人臣摂政と関白を歴任することになります。これが摂関政治の始まりです。

摂関政治が始まったのはいつなのか?と言われれば、良房の摂政就任の866年でしょう。

聖徳太子も摂政を務めましたが、摂関政治には含まれません。それまでは、聖徳太子だけでなく、何人もの皇族の摂政が存在しましたが、摂関政治の摂政は、人臣摂政のことです。

摂関家(せっかんけ)、五摂家(ごせっけ)とは何か?

代々、摂政と関白を歴任することになる、藤原良房の子孫たちは、藤原北家(ふじわらほっけ)と呼ばれる、藤原氏の中で最も力を持った系統に属します。

この藤原北家の中で、良房の子孫だけが摂政と関白を務めることができたので、これに属する家を摂関家(せっかんけ)と言います。

鎌倉時代に入ると、摂関家の中で5つの家だけが、摂政と関白を務めるように絞り込まれます。それが五摂家(ごせっけ)です。

五摂家は、

  • 近衛(このえ)
  • 九条(くじょう)
  • 二条(にじょう)
  • 一条(いちじょう)
  • 鷹司(たかつかさ)

の5家です。

摂関政治のポイントは天皇の親戚になること

日本の政治は、古代から現代まで天皇の存在無くして行うことはできません。これは、政治の中心が天皇、藤原氏、上皇、武士(幕府)、内閣になっても変わりません。

つねに天皇の権威があっての政治です。これは藤原氏も例外ではありませんでした。藤原氏は、天皇と親戚関係を築くことで、天皇の権威の下で政治の実権を握ります。

実はこの方法は、藤原氏のオリジナルではありません。古代の日本から代々行われてきた手法です。

古代でいうと、物部氏(もののべ)蘇我氏(そが)など、有力な豪族がこの手法を使いました。有名な推古天皇、聖徳太子も母方は蘇我氏です。

鎌倉時代に入っても変わりません。鎌倉幕府の将軍に皇族を就任させるということもします。

江戸時代の徳川氏も同じです。

明正(めいしょう)天皇の外祖父は、2代将軍 徳川秀忠です。外祖母は正室お江です。お江は、織田信長の妹のお市の娘なので、明正天皇は、徳川と織田の血筋を受け継いでいます。
(お江の父親は浅井長政なので浅井も受け継いでいる)

また、14代将軍 徳川家茂の正室は孝明天皇の妹です。幕府と朝廷は家族と言ってもいいくらいです。

話がそれました。戻しましょう。

良房の子孫たちは、妹・娘などを天皇の后として嫁がせ、外祖父・外伯父となって摂政・関白になります。そして、天皇を補佐するという形で政治の実権を握り、それを摂関家で独占することで、実権を維持し続けました。

ただしこの手法は、藤原氏内部での権力闘争を激化させます。誰が天皇の親戚になって権力を握るかという闘争です。

形式上は明治維新まで続く

摂関政治は、第71代 後三条天皇の改革で影響力が小さくなり始めます。これからあとの政治の中心は、院政(天皇・上皇)、幕府(鎌倉、室町、江戸)へと移っていきますが、その過程の中で、朝廷内の形式化されたシステムへになっていきます。

五摂家が誕生する前は、摂関家内部の権力闘争が絶えませんでした。あまりの苛烈さに大乱の要因にもなっています。(保元の乱

五摂家で、摂政と関白の就任条件が固定されることで、朝廷が安定します。この安定が、摂政と関白を形だけの役職に変化させました。

政治権力が武士へ移ったことも大きいでしょう。

このように、摂関政治という政治システムは、事実上、後三条天皇の改革で始まる院政の時代に、終わりが始まっていたと言えます。

それでも、幕末から明治にかけての、王政復古の大号令・新政府樹立まで、1000年近くも続くことになりました。その摂関を終わらせたのは、明治新政府が行なった摂政・関白の役職停止を意味する摂関停止です。

 

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!