第44代 元正天皇 唯一母親から娘への母系で皇位を継承する

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
元正天皇肖像画

歴代天皇 - 女帝中心の時代 -

元正天皇(げんしょう)は女帝で、歴代の天皇の中で唯一母親から娘への皇位継承が行われた天皇です。

元正天皇は、親兄弟、先祖のほとんどが天皇経験者という家族構成がとても豪華な人でした。

この頃は平城京に遷都して間もないころで、日本独自の文化を形成する平安時代の直前の時代です。日本が国家として成長するためのシステムを作り上げている最中で、ダイナミックな時代でもありました。

古代 奈良時代

  • 皇居
  • 平城宮
    (へいじょうきゅう)
  • 生没年
  • 680 ~ 748年4月21日
    天武天皇9 ~ 天平20
    69才
  • 在位
  • 715年9月2日 ~ 724年2月4日
    霊亀元 ~ 養老8
    10年
  • 名前
  • 氷高
    (ひだか)
  • 草壁皇子
    (くさかべのおうじ)
  • 第43代 元明天皇
    (げんめい)

元正天皇の家族構成がすごい!

元正天皇の両親は皇族です。父親は草壁皇子(くさかべのおうじ)で、母親は第43代 元明天皇(げんめい)です。

父親は皇太子のまま亡くなったので天皇ではありません。しかし、摂政をつとめるほどの人でした。

その父親、つまり父方のおじいちゃんは第40代 天武天皇(てんむ)で、父方のおばあちゃんは第41代 持統天皇(じとう)です。

その草壁皇子と、天皇になることになる母親(第43代 元明天皇)の間に生まれた娘が元正天皇です。元正天皇の弟も天皇(第42代 文武天皇(もんむ))です。

なんかややこしいですね?

時系列に直してみましょう。

  • おじいちゃん(天武天皇)が亡くなる。
  • おばあちゃん(持統天皇)がおじいちゃんの後を継いで天皇になる。
  • おばあちゃんが自分の息子(草壁皇子)を将来天皇を継がせようと皇太子にする。
  • お父さんが皇太子のまま亡くなる。
  • おばあちゃんが自分の孫(弟)に継がせることを決める。
  • 弟が(文武天皇)が天皇になる。そして亡くなる。
  • 文武天皇の息子がまだ7才だったので、お母さん(元明天皇)が後を継ぐ。(まだこの時代は、天皇が直接政治を行っていたので子供ではなれなかった)
  • お母さん(元明天皇)から後を引き継いで元正天皇になる。

これすごくないですか?親戚を頼らず家族だけで天皇の地位をリレーしてます。

元正天皇は、父親と母方のおばあちゃん以外、天皇だらけです。実は母方のおじいちゃんも天皇(38代 天智天皇(てんち)です。

元正天皇は、母方のばあちゃんと父親以外、先祖は天皇経験者だらけ

この元正天皇は歴代天皇で唯一のことがあります。それは、母親から娘へ天皇の地位が譲られています。

今の皇位継承問題では重要な存在

母親から娘へ皇位を継承したのは元明天皇➡元正天皇だけ

この事実に対して、いわゆる保守と呼ばれる人々は、知っていながら無視しているところがあります。もしくはあえて別の論理で自分たちの論理に当てはめているところがあります。

彼らの主張は、天皇は代々父から子へ受け継がれてきたというものです。父系のDNAによって受け継がれてきたと。これが天皇が天皇であるための絶対条件で伝統とも言います。

元正天皇の存在は彼らの主張とは違います。そういう意味でも、今の皇位継承問題の議論の中では重要なポイントとなる天皇でしょう。

ちなみに、彼らの元正天皇の存在に対する主張は、元正天皇はおじいちゃんが両方とも天皇だったので父系のDNAの継承の中にあるというものです。

これに対する反論は簡単です。当時は、天皇だった父系のDNAを受け継いだ皇子はたくさんいました。

これはこの時代の特長ですが、父系のDNAよりも直系を優先させて皇位を継承しています。それには男女の区別はありません。だからこそ母親から娘への継承が行われたのでしょう。

また、およそ50年後になりますが、757年に制定された養老律令では、皇位継承権を女帝の子孫にも与えています。そして、女帝の夫についての記述はなく規定もありません。

決して、父系のDNAの継承が伝統でもなければ天皇の絶対条件ではないということだけ言っておきます。

養老律令(ようろうりつりょう)

757年、孝謙天皇の時代に施行された律令。701年に成立した大宝律令の修正版とされている。古代。平安時代の半世紀前。

律令は、律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

天皇の皇位継承のルールを定めた継嗣令(けいしりょう)もある。

 

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!