第44代 元正天皇 唯一母親から娘への母系で皇位を継承する

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
元正天皇肖像画

歴代天皇 - 女帝中心の時代 -

元正天皇(げんしょう)は女帝で、歴代天皇で唯一、母から娘へ皇位継承された天皇です。

元正天皇は、親兄弟、先祖のほとんどが天皇経験者で、家族構成がとても豪華な人でした。

また、平城京に遷都してすぐで、日本独自の文化をつくる直前の時代です。国家が成長するためのシステムを作っている最中で、ダイナミックな時代でした。

古代 奈良時代

  • 皇居
  • 平城宮
    (へいじょうきゅう)
  • 生没年
  • 680 ~ 748年4月21日
    天武天皇9 ~ 天平20
    69才
  • 在位
  • 715年9月2日 ~ 724年2月4日
    霊亀元 ~ 養老8
    10年
  • 名前
  • 氷高
    (ひだか)
  • 草壁皇子
    (くさかべのおうじ)
  • 第43代 元明天皇
    (げんめい)

元正天皇の家族構成がすごい!

元正天皇の両親は皇族です。父親は草壁皇子(くさかべのおうじ)で、母親は第43代 元明天皇(げんめい)です。

父親は皇太子のまま亡くなったので天皇ではありません。しかし、摂政をつとめるほどの人でした。

その父親、父方のおじいちゃんは第40代 天武天皇(てんむ)で、父方のおばあちゃんは第41代 持統天皇(じとう)です。

また、元正天皇の弟も天皇(第42代 文武天皇(もんむ))です。

なんかややこしいですね?

時系列に直してみましょう。

  • おじいちゃん(天武天皇)が亡くなる。
  • おばあちゃん(持統天皇)がおじいちゃんの後を継いで天皇になる。
  • おばあちゃんが自分の息子(草壁皇子)に将来継がせようと皇太子にする。
  • お父さんが皇太子のまま亡くなる。
  • おばあちゃんが自分の孫(弟)に継がせる。
  • 弟が(文武天皇)が天皇になる。そして亡くなる。
  • 文武天皇の息子がまだ7才だったので、お母さん(元明天皇)が後を継ぐ。(この時代は、天皇が直接政治を行っていたので子供はムリだった)
  • お母さん(元明天皇)から引き継いで元正天皇になる。

これすごくないですか?親戚を頼らず家族だけで天皇の地位をリレーしてます。

元正天皇は、父親と母方のおばあちゃん以外、天皇だらけです。実は母方のおじいちゃんも天皇(第38代 天智天皇(てんじ))です。

元正天皇は、母方のばあちゃんと父親以外、先祖は天皇経験者だらけ

元正天皇は、歴代天皇で唯一、母から娘へ天皇の地位が譲られています

天皇の諡(おくりな)のはじまり

みなさんは、天皇の名前をどのように覚えていますか?

神武、綏靖、... 推古、... 天智、...、持統、...、明治、大正、昭和

これ、ぜんぶ(おくりな)で、諡号(しごう)ともいいます。亡くなったあとにつけられます。仏教の戒名みたいなものです。

ヤマト言葉ではなく中国風なので漢風諡号といいます。

ぼくらが覚えている天皇の名前は外国風につけられた名前です。

マイケル、ブラウン、ジョンみたいなもんですね?

元正天皇まで、~ミコトのような本名しかありませんでした。

元正天皇が亡くなると、淡海三船(おうみ の みふね。弘文天皇のひ孫。)が『元正』の諡をつけ、それまでの歴代天皇も一気につけました。

これが習慣化され、いまでもつづいています。

神武天皇はそれまで神武天皇じゃなかったんです。

神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)です。こんな感じなので覚えられません。

いま、ぼくたちが天皇の名前を覚えられるのは三船のおかげです。

今の皇位継承問題では重要な存在

母から娘へ皇位を継承したのは元明天皇➡元正天皇だけ

これについて、いわゆる保守の人々は知っていながら無視しています。あえて別の論理に当てはめます。

彼らの主張は

天皇は代々、父系の血で受け継がれてきた

これが天皇が天皇であるための絶対条件で伝統といいます。

元正天皇の存在は彼らの主張とちがいます。いまの皇位継承問題で議論の対象になっています。

ちなみに、彼らの元正天皇の解釈は

元正天皇はおじいちゃんが両方とも天皇なので、父系のDNAの継承の中にある

です。反論はかんたんです。

およそ50年後の757年に制定された養老律令では、皇位継承権が女帝の子孫にもあります。わざわざ追記するかたちで。しかも女帝の夫については触れてません。

決して、父系のDNAの継承が伝統でもなければ天皇の絶対条件ではないということだけ言っておきます。

養老律令(ようろうりつりょう)

757年、孝謙天皇の時代に施行された律令。701年に成立した大宝律令の修正版とされている。古代。平安時代の半世紀前。

律令は、律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

天皇の皇位継承のルールを定めた継嗣令(けいしりょう)もある。

前のページ
第33代 推古天皇 天皇暗殺の黒幕の姪っ子が史上初の女帝になる
第60代 醍醐天皇 民間人から天皇になった男
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!