鎌倉時代は孫請け会社がトップリーダーだった!

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
鎌倉大仏の画像

鎌倉時代は本格的な武士の時代の始まりです。平安末期に平家が一度武士の時代を作りかけましたが失敗しました。

鎌倉時代は、その反省から武士は京都と距離を取って微妙なバランスを保ちながら独自のスタイルを確立します。

そして不思議なことは、鎌倉将軍ですらお飾りにして、その部下たちが実質的な政権をコントロールしたところでしょう。本来なら政治権力を握るはずのない人たちが権力者でした。

中世 鎌倉時代

鎌倉時代は孫請け会社が中心だった

鎌倉時代は平家の時代の反省から始まりました。

まず、武士の貴族化には過剰に拒絶しています。本拠地を鎌倉から京都に移さなかったのも朝廷とは距離を取りたかったからです。

鎌倉時代は源頼朝(みなもとの よりとも)が開きましたが、源氏の時代はあまり長く続きません。3代将軍 源実朝(みなもとの さねとも)が暗殺されたとき、じつは源氏の時代は終わっています。

源氏に代わって時代をけん引したのは、平氏系統の北条得宗家(ほうじょう とくそうけ)です。北条氏は、頼朝の妻政子の実家です。

4代目以降の将軍は武士ですらありません。2人は五摂家の九条家、その他4人は皇族で、歴代将軍の3分の2は皇族、貴族です。

五摂家(ごせっけ)

平安時代の摂関政治では、摂政・関白になれる家は決まっていた。それを摂関家(せっかんけ)という。

鎌倉時代以降、摂関家の中で、さらに摂政・関白になれる家柄がしぼられた。その5家のことを五摂家という。

  • 近衛(このえ)
  • 九条(くじょう)
  • 二条(にじょう)
  • 一条(いちじょう)
  • 鷹司(たかつかさ)

詳しくは、『摂関政治とは何か?』にあります。

不思議な時代です。政治権力の委託した先でさらに委託された人が運用しています。鎌倉時代は政治権力がまた貸しされた、会社でいえば孫請け会社が中心となっていた時代といえるでしょう。

本社から子会社に出向した人が社長になり、仕事は全部さらに下請け会社に丸投げした形です。

反対に、皇族も含めた貴族社会も侮れません。あれだけ拒絶していた幕府に、将軍を送り込むことで武士を取り込んでいるのですから。

  • 鎌倉幕府の将軍のほとんどは、貴族と皇族
  • 将軍は、武家の棟梁でもなければ幕府の長でもない。
  • 実際の幕府の運営は一御家人の北条氏
御家人(ごけにん)

鎌倉時代の幕府に従う武士のこと。

家人を丁寧な言い方にしたもの。家人は、『主人の家の人』という意味で、主人に従う人という意味。

鎌倉の力が圧倒的だったので、家人にも『御』をつけるくらい気を使った。

御家人の主人は、鎌倉の将軍ではなく、鎌倉という武士の組織だった。そのため、鎌倉幕府が消滅すると御家人もほとんど消滅する。

今でも、鎌倉時代の言葉として使われることが多く、ほかは、『家臣』と同じ意味で使われることがあるくらい。

鎌倉時代はもしかすると日本の歴史の中でも一大転換期

鎌倉時代はもっと重要なことがあります。貴族社会が中心だった西日本に武家社会が侵食したことです。

それまでは、主に南九州や東日本などでは、京都から距離が遠いので比較的貴族の影響力が弱く、武士が独立して各地域を支配できました。

京都を中心とした西日本、九州北部は相変わらず貴族社会で、武家社会は貴族の下層社会として存在していましたが、社会として認知されるほど勃興しているとは言えませんでした。

一方、鎌倉時代は日本全体に武家社会が浸透し、世界の人々が思う”日本は武士の国”というイメージ通りの社会に変化します。

これを象徴する事件が”承久の乱”でしょう。

この事件は、現役の天皇(正確には戦の1か月前に上皇になる)とその父親の上皇が、幕府と戦争をして負けたことです。引退したばかりの天皇とその父親の上皇がともに佐渡島、隠岐島に配流されるという一大事件です。

太上天皇(だじょうてんのう)

退位した天皇のこと。

上皇(じょうこう)

太上天皇の短縮した言い方。

太上法皇(だじょうほうおう)

出家した上皇のこと。たんに法皇という。

院(いん)

上皇の住まい。そこから上皇・法皇のことを『○○院』と呼ぶ。

詳しくは『太上天皇とは何か?』

他の上皇、上皇の息子たちもそれぞれ配流されています。それにともなって大量の貴族も同じような目にあいました。天皇一家、貴族が部下の部下である北条氏に一掃された事件でした。

このようなことは、天皇の歴史の中でも類を見ません。これで、排除した皇族、貴族から没収した西日本の土地などを武士に論功恩賞として与えたことで、武家社会が西日本にも浸透します。

この武家中心社会が明治維新まで続いたことを考えると、どれだけのインパクトがあるか分かるでしょう。

鎌倉時代は、学校の歴史の授業でもっと詳しく教えてもいいと思います。ぼく個人の意見としては、この一大転換期は江戸時代よりも、明治維新よりもインパクトは大きいと思っているので。

 

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!