第117代 後桜町天皇 最後の女帝、そして最後の院

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
後桜町天皇 肖像画

歴代天皇 - 江戸幕府に押さえつけられたけど負けなかった天皇たち -

後桜町天皇(ごさくらまち)は、明正天皇から119年ぶりに誕生した女帝です。いまのところ『最後の女帝』です。

そして、千年近くも続いた『院』の称号をおくられた最後の天皇でもあります。

近世 江戸時代

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)

  • 生没年
  • 1740年8月3日 ~ 1813年11月2日(閏年)
    元文5 ~ 文化10
    74才
  • 在位
  • 1762年7月27日 ~ 1770年4月28日
    暦12 ~ 明和7
    9年
  • 名前
  • 智子
    (としこ / さとこ)
  • 別名
  • 緋宮
    (あけのみや)

  • 二条舎子
    (にじょう いえこ)

    青綺門院
    (せいきもんいん)

先代の急死で中継ぎとして即位する

先代の桃園天皇が22才の若さで亡くなったため、1才違いの異母姉の智子内親王が即位します。後桜町天皇です。23才でした。

即位した年齢を見れば分かりますが、当時としてはとても遅い即位です。本来なら、どこかに嫁に行くとか、文化人になるとか、天皇になる人生ではありませんでした。

しかし桃園天皇には、皇子の英仁親王がいましたが、まだ幼すぎた(5才)ので、親王が成長するまでの中継ぎとして後桜町天皇は即位します。

中継ぎでも天皇の仕事はきっちりこなす

後桜町天皇は何もしない無能な人ではありませんでした。

まず後桜町天皇には上皇がいません。父親の先々代(第115代)桜町天皇もすでに亡くなっています。

たんにサボれる環境ではありませんでした。そして、後桜町天皇は天皇の仕事をきっちりとこなします。

桜町天皇は、とても賢明な人だったようです。

上皇になってもフル稼働

在位9年で英仁親王に譲位して上皇になりました。でも10年後、次の後桃園天皇が亡くなってしまいます。

太上天皇(だじょうてんのう)

退位した天皇のこと。

上皇(じょうこう)

太上天皇の短縮した言い方。

太上法皇(だじょうほうおう)

出家した上皇のこと。たんに法皇という。

院(いん)

上皇の住まい。そこから上皇・法皇のことを『○○院』と呼ぶ。

詳しくは『太上天皇とは何か?』

後桃園天皇には、亡くなった年に娘が生まれていましたが皇子はいませんでした。

そこで急遽、閑院宮家(かんいんのみやけ)の2代目当主・典仁親王の第6皇子を後桃園天皇の養子に迎えて天皇に即位させます。光格天皇です。9才でした。

後桜町上皇は、よそから連れてこられた光格天皇をかわいがり、進んで教育係を引き受けました。自分の子供のように思ったのかもしれません。

尊号事件で光格天皇をいさめる

光格天皇の父親・典仁親王は天皇の孫ですが、宮家の当主なので右大臣・左大臣などの官職よりも下の地位でした。

光格天皇はこれが不満で、父親に太上天皇(上皇)の称号を贈ろうとします。でもこれは、幕府の老中・松平定信(まつだいら さだのぶ)に拒否されました。

これを尊号事件(そんごうじけん)と言います。ただこのときの光格天皇は納得できず、意地でも父親を上皇にしようとしていました。

それを後桜町上皇が、『御代長久が第一の孝行』(あなたが長く天皇を続けることが一番の親孝行)と言って、光格天皇をいさめます。

けっきょく、この問題が完全におさまるのに6年もかかってしまいました。それだけ光格天皇がしつこかったようです。

最後の女帝にして最後の院

後桜町天皇は文才があってたくさんの作品を残しています。そして74才で亡くなりました。

後桜町天皇は、日本の歴史上『最後の女帝』です。そして、『最後の』でもあります。

院(いん)  

上皇の住居。そこから上皇の別称として使われるようになる。

在位中の天皇が亡くなったときに追号として贈られるようになる。(亡くなったら上皇になるということ。)

天皇の皇后を経験した人にも贈られるようになった。(女院)

第52代 嵯峨天皇に始まり第117代 後桜町天皇まで使われる。

光格天皇から、亡くなったときの追号に『天皇』を使う決まりになったので、『院』は使わなくなりました。

なぜ、後桃園天皇には追号されなかったのか、よくは分かりません。

皇位の系統が変わってしまったので、内部抗争が起きるのを恐れたのか?

光格天皇が、自分の父親を上皇にするのにこだわって忘れてしまったのか?

いろいろあったのでしょう。

第109代 明正天皇 つわもの戦国武将の血を受け継ぐ女帝
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。


天皇の本3選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!