宮家(みやけ)とは何か?

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
Q&A image

宮家(みやけ)は不思議なものです。

いまは天皇の家族の一員といえますが、ほんの70年前までそうではありませんでした。

天皇の家族にしては血縁が遠いし、親戚といっても娘の嫁ぎ先や嫁の実家として見たらの条件つきでした。

そして、天皇との血縁関係が宮家より近い一般人もいました。

宮家というものはどういうものなのでしょうか?

宮家(みやけ)とは?

突然ですが、徳川御三家があった理由はなにか知っていますか? 徳川御三家は尾張徳川家、紀伊徳川家、水戸徳川家です。

江戸時代、徳川を名乗れるのは将軍家以外この御三家だけでした。名前だけでも特別扱いしていたことが分かります。

御三家の重要な役割は

将軍の後継の保険

です。将軍本家に跡取りがいなくなったら困るので、あらかじめ分家に出しておき、将軍本家に跡取りがいなくなったらこの御三家から跡取りを連れてくるというものです。

じっさい、将軍の本家は6代目で終わりました。7代将軍・徳川吉宗(とくがわ よしむね)は紀伊から連れてこられた分家の出身です。

宮家は徳川御三家の天皇版です。宮家の歴史は古く鎌倉時代までさかのぼります。むしろ徳川御三家がまねをしたといったほうがいいでしょう。

天皇の息子を宮家に出すことで本家が途絶えたときのために備えていました。

宮家はいつ始まったのか?

鎌倉時代の初期から中期にかけての第84代 順徳天皇(じゅんとく)の息子たちが宮家をたてたのがはじまりです。順徳天皇は承久の乱に積極的に参加して島流しの刑を受けてしまった人です。

宮家のはじまりは懲罰的な意味があったと思われます。順徳天皇は鎌倉幕府と対立したため、息子たちも皇位継承から外されたのでしょう。泣く泣く宮家をたてなければならなかったことがうかがえます。

最初は天皇の息子たちに宮家をたてさせていたので、天皇の家族という感覚がありました。しかし、すこしずつ天皇と親戚だけれど家族というにはほど遠い人たちにも宮家を存続させていきます。

このような宮家を世襲親王家(せしゅうしんのうけ)といいます。親戚関係として天皇とは遠いのですが、代々親王宣下を受けつづけることで親王として残った人たちです。

親王宣下(しんのうせんげ)

天皇から『親王になりなさい』と宣下を受けること。宣下は天皇からの命令。

正式に天皇の皇位継承権を持つことを意味する。宣下を受けた人は、親王、内親王を名乗ることができる。

親王宣下は、親王、内親王の地位を天皇の息子・娘・孫など、直系子孫に与えられるものでした。しかし、世襲親王家は、天皇の直系子孫としては世代がとおく、ふつうなら宣下を受けることはないのに、天皇から親王宣下を受けつづけました。

その代表格といえば伏見宮(ふしみのみや)でしょう。

伏見宮十四裏菊
伏見宮十四裏菊

伏見宮は、室町時代(南北朝時代)の北朝第3代 崇光天皇(すこう)の息子からはじまります。この系統は1947年(昭和22年)まで皇族でありつづけました。宮家といえば伏見宮といってもいいくらいです。

しかしこの伏見宮は、いまの天皇と男系の血脈としてつながるには、600年もさかのぼらないといけません。男系としてはもう親戚とはいえないでしょう。

ちなみに、昭和天皇の皇后は、伏見宮系・久邇宮(くにのみや)の出身です。女系から見ると今上陛下の親戚になります。

伏見宮は、天皇の皇位継承権をもっていたのに、血統は天皇の親戚とはいえないほど遠い 。

(男系の血統から見れば)

宮家はなんのためにあるのか?

はじめに、宮家は

徳川御三家のモデル

といいましたが、宮家をつくった目的はわかりません。

天皇家の後継の保険

のためにつくった宮家は、新井白石(あらい はくせき)が提唱した閑院宮(かんいん の みや)だけです。

それ以外はわかりません。天皇やそのまわりの権力者の意向としかいえません。

あまりにも分からないので宮家をつくる目的をさがすと『こうなるかなー?』ぐらいです。

そんな宮家が特別でいられたのは、源氏や平氏と似ています。

天皇の子孫だから家柄がいい

です。朝廷の役職はもらっているでしょうが、歴史にでてくるような大活躍する政治家などはいません。

天皇の娘の嫁ぎ先、天皇の後継者争いから外れた皇子の預け先(養子)など、皇室にいられない人のエスケープ先にも使われていたように見えます。

その代わり?なのか、天皇の妻になる娘を送り出す『家』でもあります。

宮家はなんのためにあったのか分からないことが多いです。はっきりとした理由がなさすぎて。

ぼくは、

天皇にとって都合がよくて、引き受ける宮家にとっても都合がよかった

と思っています。

よく分からない原因は、

ほどよく断絶していく

ところにもあります。宮家はそれぞれの時代につくられましたが、雪だるま式にふえることはありませんでした。

後継者がいなくてつぶれていきます。伏見宮以外は。明治に入るとほかはぜんぶ断絶します。

なぜ伏見宮は宮家であり続けたのか?

明治に入ると、皇室典範という皇室についてのルールをきっちり決めます。

皇室典範(こうしつてんぱん)

明治22年、大日本帝国憲法と同時につくられた皇室のルールを定めた典範。

憲法の下の法律ではなく、憲法と同格のものとしてつくられた。

これを典憲体制(てんけんたいせい)という。

1947年(昭和22)、日本国憲法の発布にあわせて、いち法律として格下げされる。

明治の典範は国会・内閣に典範を改正する権限はなく皇族がもっていた。

戦後、いち法律になったことで国会と内閣に改正する権限が移る。皇族会議はあるが最終決定権は皇族にない。

皇位継承についても皇族はタッチできないので、自分の家について意見は言えるが何もできないという問題点がある。

ここで伏見宮の規模が爆発します。

皇室典範は、宮家を『永世皇族』にしました。いくら天皇と血筋がとおくなっても、後継者がいるかぎり永遠に皇族です。

この永世皇族に伏見宮から枝分かれした宮家がどんどん立てられます。これには、伏見宮の明治政府へのしつこい働きかけがあったともいわれます。

だって、いきなり増えるんだもの。伏見宮系の宮家が。

永世皇族には、僧侶になって皇族でなくなっていた人も復帰させたので、『伏見宮のゴリ押し』のイメージがつきました。

ぼくの勝手な想像ですが、ダチョウ倶楽部のギャグのようなことが起きていたんじゃないかと思います。

No Image Person
○○を永世皇族に推薦しよう
no image person
オレも!
no image person
オレも!
no image person
どうぞ。どうぞ。
No Image Person
しょうがない。××も推薦しよう
no image person
オレも!
no image person
オレも!
no image person
どうぞ。どうぞ。

そりゃあ、ふえますよね?

世襲親王家は明治から異論がでていた

世襲親王家は、ときがたつにつれて天皇とは血筋がとおくなります。明治の皇室典範でも議論になりました。

どこかのタイミングで民間人にしないと、天皇家以外に特別な家ができることになる。

天皇の長い歴史から見れば大したことはない。天皇家が断絶したときのために残しておくべき。

結局ここでは、残すべきということになり、『永世皇族』というかたちで残りました。

永世皇族の生活費などの、もろもろのコストは国費です。

でも20年後には『やっぱりダメだ』となります。爆発的にふやした伏見宮系の永世皇族の負担が大きくなったからです。

歯止めをかけるために、明治40年の皇室典範の増補で制限をいれました。

『伏見宮のゴリ押し』だといわれるのは、たった20年で方向転換しているからです。

20年もたてば、政治家も代替わりしていますからね?永世皇族をつくったときから

おかしいけど、面倒だから...

というにおいがプンプンします。

明治の政治家は20年後が想像できないほど無能じゃありません。だから不思議なんです。永世皇族をどんどんつくった理由がなんなのか?

GHQに廃止された11宮家は、明治40年の皇室典範の増補で、もともと民間人になる予定だった人たちです。

もともと日本にあったルールをGHQが強制的に命令しただけです。

『GHQに臣籍降下させられた』じゃなくて、『もともと民間人になる人だった』です。

永世皇族という制度は明治になってはじめてつくられました。

それより前は、養老律令継嗣令が皇位継承の正式なルールでした。それでは、

親王の5世からは王とする

ようは、

天皇の子孫だけど5世以上はなれると皇族ではない。

王は皇位継承権をもたない。

です。

世襲親王家は正式なルールから外れています。養老律令が平安時代には忘れられていて、なし崩し的になっていたからです。

明治の皇室典範はこのなし崩しをルールにして、もともとあった正式なルールを無視したかたちです。

養老律令(ようろうりつりょう)

757年、孝謙天皇の時代に施行された律令。701年に成立した大宝律令の修正版とされている。古代。平安時代の半世紀前。

律令は、律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

天皇の皇位継承のルールを定めた継嗣令(けいしりょう)もある。

現在の宮家

いまの宮家は、大正天皇の息子たちからはじまる新しい宮家です。

いまの宮家の目的ははっきりしています。

皇室を長くつづけるための後継者を維持するための保険

です。いま宮家は4つあります。

  • 常陸宮(ひたちのみや)
  • 三笠宮(みかさのみや)
  • 高円宮(たかまどのみや)
  • 秋篠宮(あきしのみや)

常陸宮は、上皇陛下(平成の天皇陛下)の弟・正仁親王(まさひと)の宮家です。

三笠宮は、昭和天皇の弟・崇仁親王(たかひと)からはじまる宮家です。現在当主は不在で女性しかいません。

ちなみに、この女性の中の一人、妃 信子さまは財務大臣 麻生太郎氏の妹です。

高円宮は、三笠宮からさらに分家した宮家です。現在当主は不在で女性しかいません。東京オリンピックの招致の時にスピーチをしたのが、この宮家の妃 久子さまです。

秋篠宮は、眞子さま、佳子さま、悠仁親王がいる宮家です。

この4つの宮家に天皇・皇后両陛下、皇太子ご一家を加えたメンバーが 『皇室』と呼ばれます。

宮内庁公式ページ〜皇室の構成図〜

この4家のうち、秋篠宮家以外は宮家が消滅することが決まっています。

常陸宮には当主に子供がいないので、いまの代で終わりです。

三笠宮、高円宮には女性しかいないので、後継者がいません。

なので、この2つもいまの法律のままでは消滅してしまいます。

天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!