宮家(みやけ)とは何か?

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
何か?の画像

宮家(みやけ)は不思議なものです。

今は、天皇の家族の一員と言えますが、ほんの70年前までそうではありませんでした。

天皇の家族にしては血縁が遠いし、親戚といっても女系から見たらの条件付きでした。

そして、天皇との血縁関係が宮家より近い一般人もいました。

宮家というものはどういうものなのでしょうか?

宮家(みやけ)とは?

突然ですが皆さん、徳川御三家があった理由は何か知っていますか? 徳川御三家は尾張徳川家、紀伊徳川家、水戸徳川家です。

江戸時代、徳川を名乗れるのは将軍家以外この御三家だけでした。名前だけでも特別扱いしていたことが分かります。

御三家の重要な役割は徳川将軍の後継の保険です。将軍本家に跡取りがいなくなったら困るので、あらかじめ分家に出しておき、将軍本家に跡取りがいなくなったらこの御三家から跡取りを連れてくるというものです。

実際、徳川将軍は6代目で本家筋は途絶えました。7代将軍徳川吉宗(とくがわ よしむね)は紀伊から連れてこられた分家の出身です。

宮家は徳川御三家の天皇版です。宮家の歴史は古く鎌倉時代までさかのぼります。むしろ徳川御三家がまねをしたといったほうがいいでしょう。

天皇の息子を宮家に出すことで本家筋が途絶えた時のために備えていました。

宮家はいつ始まったのか?

鎌倉時代の初期から中期にかけての時代に第84代 順徳天皇(じゅんとく)の息子たちが宮家を立てたのが始まりです。順徳天皇は承久の乱に積極的に参加して島流しの刑を受けてしまった人です。

宮家の始まりは懲罰的な意味があったと思われます。順徳天皇は鎌倉幕府と対立したため、息子たちも皇位継承から外されたのでしょう。泣く泣く宮家を立てなければならなかったことがうかがえます。

最初は天皇の息子たちに宮家を立てさせていたので、天皇の家族という感覚がありました。しかし、徐々に天皇と親戚だけれど家族というにはほど遠い人たちにも宮家を存続させていくことになります。

このような宮家を世襲親王家(せしゅうしんのうけ)と言います。親戚関係として天皇とは遠いのですが、代々親王宣下を受け続けることで親王として残り続けた人たちです。

親王宣下(しんのうせんげ)

天皇から『親王になりなさい』と宣下を受けること。宣下は天皇からの命令。

正式に天皇の皇位継承権を持つことを意味する。宣下を受けた人は、親王、内親王を名乗ることができる。

ふつうは、親王、内親王の地位を天皇の息子・娘・孫など、直系子孫に与えられるものでした。しかし、世襲親王家は、天皇の直系子孫としては世代が遠く、ふつうなら親王宣下を受けることはないのに、天皇から親王宣下を受け続けた宮家でした。

その代表格といえば伏見宮(ふしみのみや)でしょう。

伏見宮十四裏菊

伏見宮十四裏菊

伏見宮は、室町時代(南北朝時代)の北朝第3代 崇光天皇(すこう)の息子から始まります。この系統は1947年(昭和22年)まで皇族であり続けました。宮家といえば伏見宮といってもいいくらいです。

しかしこの伏見宮は、現在の天皇と男系の血脈としてつながるには、600年もさかのぼらないといけません。男系としてはもう親戚とは言えないでしょう。

ちなみに、今上陛下の母親・昭和天皇の皇后は、この伏見宮系統の出身です。女系から見ると今上陛下の親戚になります。

伏見宮は、天皇の皇位継承権を持っていたのに、血統は天皇の親戚とは言えないほど遠い

なぜ伏見宮は宮家であり続けたのか?

なぜ伏見宮は、天皇とは親戚とは言えないほど血統が遠いのに、宮家であり続けたのでしょうか?

それにはまず、宮家というシステムをどのようにして長く続けようとしたのかから説明しなければなりません。

宮家は伏見宮以外にもいくつもの作られてきました。そして、

  1. 安定した宮家の数がそろう。
  2. 古い宮家から民間人になってもらう。
  3. 別の新しい、天皇と血統が近い宮家を作る。
  4. .1に戻ってまた繰り返す。

このようにして、『つねにフレッシュな宮家』を維持して長く続けていくつもりでした。

これで宮家は、長い時間がたっても天皇と親戚でいられます。血統を大事にする皇室にとって素晴らしいアイディアでした。

しかし、ここで歴史の不幸が起きます。新しい宮家が、伏見宮よりも先にお家断絶になってしまいます。室町・江戸・明治・大正と新しい宮家が断絶していきました。

最後に残ったのは、皮肉にも一番古い、本来なら早い段階で宮家から民間人になるはずだった伏見宮が残ってしまいます。宮家が長く続くためのリフレッシュが実際は起きませんでした。

伏見宮以外の宮家は大正時代までにすべて断絶します。今の宮家は、大正天皇の息子たちから始まる新しい宮家です。

現在の宮家

現在の宮家は、

  • 常陸宮(ひたちのみや)
  • 三笠宮(みかさのみや)
  • 高円宮(たかまどのみや)
  • 秋篠宮(あきしのみや)

の4つです。

常陸宮は、天皇陛下の弟の正仁(まさひと)親王の宮家です。

三笠宮は、昭和天皇の弟の崇仁(たかひと)親王から始まる宮家です。現在当主は不在で女性しかいません。

ちなみに、この女性の中の一人、妃 信子さまは財務大臣 麻生太郎氏の妹です。

高円宮は、三笠宮からさらに分家した宮家です。現在当主は不在で女性しかいません。
東京オリンピックの招致の時にスピーチをしたのが、この宮家の妃 久子さまです。

秋篠宮は、眞子さま、佳子さま、悠仁親王がいる宮家です。

この4つの宮家に天皇陛下ご一家、皇太子ご一家を加えたメンバーが 『皇室』と呼ばれます。

宮内庁公式ページ〜皇室の構成図〜

この4家のうち、秋篠宮家以外は宮家が消滅することが決まっています。

常陸宮には、当主に子供がいませんので今の代で終わりです。

三笠宮、高円宮には女性しかいませんので、後継者がいません。

なので、この2つも今の法律のままでは消滅することが決まっています。

 

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!