第28代 宣化天皇 3代目マスオさんの奮闘記

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor senka image

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

福井のアラフォー・オッサンが、まわりの流れに乗っかってたら天皇になる。宣化天皇(せんか)はそんな人です。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 檜隈廬入野宮
    (ひのくまのいおりののみや)

  • 生没年
  • 467年 ~ 539年2月10日
    雄略天皇11 ~ 宣化天皇4
    72才
  • 在位
  • 536年12月 ~ 539年2月10日
    宣化天皇元 ~ 宣化天皇4
    3年
  • 名前
  • 檜隈高田
    (ひのくま の たかた)
  • 別名
  • 武小広国押楯尊
    (たけおひろくにおしたて の みこと)

  • 目子媛
    (めのこひめ)

    尾張連草香の娘
    (おわり の むらじ くさか)

  • 皇后
  • 橘仲皇女
    (たちばな の なかつひめみこ)

    仁賢天皇の皇女

福井のアラフォー・オッサンが...

宣化天皇は継体天皇の第2子で先代の安閑天皇の弟です。もうすぐ40才になろうかというころまで越前三国(いまの福井)で暮らしていました。

ところが、父親が天皇になることになり、兄が皇太子になりと目まぐるしく環境が変わる中で一緒に行動します。

そして、子どもがいないまま安閑天皇が亡くなったことで天皇に即位します。69才でした。

歴代天皇の最高齢即位は光仁天皇の62才です。それを7才も上回っています。

(宣化天皇の時代は、年齢など正確性にかけるので参考記録です。)

宣化天皇にはヤマトの血を受け継いだ、正統継承者の弟がいました。のちの欽明天皇です。

(欽明天皇は継体天皇と皇后の間の皇子。安閑・宣化は福井時代からの妻との間の子)

安閑天皇が亡くなったとき弟は27才です。もうりっぱな青年ですが、当時の天皇は35才前後にならないとなれなかったようです。

(古代の天皇即位の適齢期は35才という説があります。)

そこで宣化天皇が即位しました。

古代の天皇は老人にならないとなれませんでした。『長老』のイメージでしょうか?

毎度おなじみのマスオさん計画

宣化天皇も、父親の継体天皇や兄の安閑天皇と同じように、ヤマトの人にすんなり受け入れられたとは思えません。

宣化天皇も継体・安閑天皇と同じで、ヤマトが納得できる仁賢天皇の皇女(橘仲皇女)を妃に迎えます。ここでも宣化天皇の血統は信用されていないようで皇后の血統に頼る必要がありました。

emperor senka married image
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

宣化天皇は才能や地位をひけらかすようなことはなかったようです。3代目マスオさん(入り婿)にもなると『いいマスオさんになるには?』が分かっていたのでしょう。

蘇我氏の台頭のきっかけを作る

宣化天皇は、 大伴金村(おおとも の かねむら) と物部麁鹿火(もののべ の あらかひ) を大連に任命します。これは、父親の継体天皇のときからの再任用です。

宣化天皇はもうひとつの大臣に蘇我稲目宿禰(そが の いなめ の すくね)を抜擢します。

これをきっかけに蘇我氏は大きな権力をもちはじめます。その力は天皇よりも大きくなるくらいです。

大連(おおむらじ)と大臣(おおおみ)

大連は、古代のヤマト王権の最高の役職。連(むらじ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。大伴氏(おおとも)や物部氏(もののべ)。

大臣も古代のヤマト王権の最高の役職。臣(おみ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。葛城氏(かつらぎ)や蘇我氏(そが)など。

大臣は、300年4代の天皇に仕えたとされる伝説の臣下、武内宿禰(たけしうちのすくね)の子孫たちで占められる。

大連は、ヤマト王権では軍事・警察を担当した。

よく、大臣はもともとヤマトと同格の氏族でヤマトの協力者、大連は昔からヤマトに仕えた臣下といわれるが、武内宿禰が伝説の臣下なのであてはまらない。

ちなみに、大臣は妃を出せるが大連は出せない理由も、もともと同格の大臣からは出せて臣下からは格が違うから出せないとの説で説明される。

しかしこれは、武内宿禰は第8代 孝元天皇の子孫だとされるので、由緒ある家柄だから嫁に出せたという理由の方が説明がつく。大伴・物部氏の祖先は天皇ではない。

連も臣も氏姓制度で設けられた姓。

いまでも政治の最高実力者は総理大臣、外務大臣など大臣(だいじん)というが、ここに由来があるのかどうかは分からない。

(個人的にはあるような気がする。)

外交では任那の擁護

この時代の外交政策は大事です。外交をどのようにするかで国内の権力闘争や皇位継承の争いにまで影響したからです。

このときの天皇の外交方針は『任那を守る』です。親・百済といってもいいです。

そして、新羅・高句麗とは戦争することにためらいません。これは継体天皇のときも同じです。そのときは磐井の乱で中途半端に終わりましたが。

宣化天皇は、新羅に攻められていた任那に金村の息子2人((いわ)、狭手彦(さてひこ))を送っています。

任那(みまな)

古代の朝鮮半島南東部にあった倭人の支配エリア。伽耶(かや)ともいわれる。

前はヤマトの飛び地(ヤマト領)といわれたが今ははっきりしない。少なくともヤマトに強く影響を受けた倭人が支配していたらしい。

ヤマトは何度か朝鮮半島に兵を送り戦争をしているが、この任那の支配権をめぐって新羅・高句麗と対立したのが原因。

百済は親・任那だったので、ヤマトと連合を組むことが多かった。

宣化天皇は即位したとき69才で高齢だったので在位3年で亡くなります。死因は分かっていません。

前のページ
第27代 安閑天皇 2代目マスオさんの奮闘記
第29代 欽明天皇 古墳時代で最大のターニングポイント
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!