第24代 仁賢天皇 即位する前からナゾの人

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor ninken image

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

仁賢天皇(にんけん)は、下人にまで落ちながら這い上がり、皇太子になりながら皇位を弟にゆずった人です。

弟のあとに即位したので、何がしたかったのかよく分かりません。イジメられたから泣く泣く即位辞退したのか?とかんぐってしまいます。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 近飛鳥八釣宮
    (ちかつあすかのやつりのみや)

  • 生没年
  • 449年? ~ 498年8月8日
    允恭天皇38 ~ 仁賢天皇11年
    49? 才
  • 在位
  • 488年1月5日 ~ 498年8月8日
    仁賢天皇元年 ~ 仁賢天皇11年
    11? 年
  • 名前
  • 億計王
    (おけ の みこ)
  • 別名
  • 大脚
    (おおし)

    嶋郎
    (しま の いらつこ)

  • 葛城荑媛
    (かずらき の はえひめ)

    葛城蟻臣の娘
    (かずらき の ありのおみ)

弟といっしょに下人に落ちた皇子

億計王(おけ の みこ。のちの仁賢天皇)は、 父・磐坂市辺押磐皇子(いわさか の いちのべ の おしは の みこ) が雄略天皇に殺されました。

弟・弘計王(をけ の みこ。のちの顕宗天皇)といっしょに逃亡生活を送ります。そして雄略天皇が亡くなると都に戻ります。

下人(げにん)  

主人に仕える身分の低い人。

第24代 仁賢天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

皇太子なのに即位拒否

顕宗天皇のところで書いたのでここではしませんが、パッとしない理由で即位を辞退します。

emperor ninken image
勇気をだして正体を明かしたのはお前だから、お前が天皇になるべきだ。

即位を拒否するには弱すぎます。都に戻ったあと皇太子でした。

弟が天皇のときそのまま皇太子で、亡くなると即位しています。ワケが分かりません。

天皇になる気はあったようです。皇太子をやめてないので。

仁賢天皇は5世紀後半に活躍したと考えられ、優秀で性格も穏やかな人だったようです。

弟の嫁にイジメられていた

皇太子時代の仁賢天皇は、皇位をゆずった弟・顕宗天皇の皇后・難波小野王(なにわ の おの の みこ)にイヤがらせを受けていました。

宴会の席で、立ったまま短刀を皇太子の皿の上に放り投げたり、皇太子なのに、立ったまま呼ばれたり。皇后からことあるごとに無礼な態度をされていました。

仁賢天皇が天皇にならなかったのは、難波小野がウラでいろいろ動いて辞退するように仕向けたんじゃないかと思うほどです。

本当に皇族なのか疑われていた

顕宗・仁賢天皇は、天皇になるには正統性が薄い兄弟でした。雄略天皇の血統に頼らなければ、天皇として認められなかったんですね?

下人にまで落ちて、都からはなれて生活をしていたので、本当に皇子なのか?と思うほうが自然です。

婿入り天皇じゃないといけませんでした。ボクはこれを『第1マスオさん期』と呼んでいます。

皇后のジェラシーか?

難波小野は雄略天皇のひ孫と言われていますが、生まれがよく分かっていません。いちおう『王』なので皇族だったみたいですが。

一方、仁賢天皇の皇后になる妻・春日大娘皇女(かすが の おおいつらめ の ひめみこ)は雄略天皇の娘です。これははっきりしています。

どうみても、仁賢天皇の方が将来の天皇として期待されていました。義理の父親が天皇ですから。

でも、最初に即位したのは顕宗天皇でした。もともと皇后になる予定のなかった難波小野はイライラしてたでしょう。

皇太子夫婦の方が身分は上だし、まわりもそう見てたでしょうから。

妻・娘の方が皇統のラインに沿っている

仁賢11年、仁賢天皇は亡くなります。何才で亡くなったのか分かっていません。

年齢が分からないほど、皇統のラインでは存在感のない人で、むしろ、妻がお婿さんを迎えて皇統を守っているように見えます。

一方、仁賢天皇の3人の娘たちはちがいました。

仁賢天皇の次は息子・武烈天皇ですが、そのあとまた天皇になる人がいなくなってしまいます。

そこで、福井に住んでいたおじいちゃん王を呼びよせて天皇にしました。(継体天皇

ここで皇統のラインの中心にいたのが、仁賢天皇の娘・手白香皇女(たしらか の ひめみこ)です。

手白香は、結婚して妻・子どもがいた継体天皇をお婿さんにして、皇后になりました。

ちなみに、継体天皇の次の安閑宣化天皇の皇后も仁賢天皇の娘です。3代つづけて仁賢家にお婿さんを入れました。

ボクはこれを『第2マスオさん期』と呼んでいます。

顕宗・仁賢・継体安閑宣化天皇は、天皇の血を受けついでいますが、正体はあやしいです。

長いあいだ地方に住んでいて、皇族とは程遠い生活をしていたところが共通しています。

そして、都で皇統のラインにいる娘たちを妻にしないと胡散くささが抜けないところもいっしょです。

仁賢から宣化天皇まで皇統を守ったのは天皇の娘たちです。ボクが天皇の男系継承を絶対視しない理由です。

前のページ
第23代 顕宗天皇 下人にまで落ちた皇子
第25代 武烈天皇 作られた悪王。皇統断絶か?
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!