第15代 応神天皇 外の風を取り入れ、ヤマト王権を一気に発展させる

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor ojin image

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

応神天皇(おうじん)は、聖帝といわれるほど歴代天皇のなかでも特別な存在です。

朝鮮と積極的に交流し、本格的に大陸の文化・技術を取り入れました。

また、応神天皇は日本人がいつもお世話になっているあの有名なカミサマです。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 軽島豊明宮
    (かるしまのとよあきらのみや)

  • 生没年
  • 200年12月14日 ~ 310年2月15日
    仲哀天皇9年 ~ 応神天皇41年
    130? 110? 才
  • 在位
  • 270年1月1日 ~ 310年2月15日
    応神天皇元年 ~ 応神天皇41年
    41? 年
  • 名前
  • 誉田別尊
    (ほむたわけ の みこと)
  • 気長足姫尊
    (おきながたらしひめ の みこと)

    神功皇后
    (じんぐう)

    気長宿禰王の娘
    (おきなが の すくね の おおきみ)

  • 皇后
  • 仲姫命
    (なかつひめ の みこと)

    五百城入彦皇子の孫
    (いおきいりびこ の みこ)

カミに指名された男

先代で父・仲哀天皇は、カミを無視して殺されました。そして、そのカミが後継者を指名します。息子・誉田別尊(ほむたわけ の みこと。仲哀天皇の第4皇子)です。

仲哀天皇が亡くなってから、69年も母・神功皇后が代わりをつとめました。 誉田別はそのほとんどの間、皇太子・摂政としてサポートします。

そして神功皇后がなくなると即位します。応神天皇です。

応神天皇は生まれるときから伝説です。

神功皇后の出産のとき皇子の腕は筋肉モリモリでした。神功皇后が勇ましく男装して、鞆(ほむた)をつけたように見えたので、誉田天皇(ほむた)と呼ばれます。

(鞆は弓を放つときに弦から腕を守る防具のこと。)

誉田別尊(ほむたわけ の みこと)という名前もここから来ています。

皇子は幼いときから聡明で、ものごとを深く遠く見通せたそうです。立ち振る舞いも『聖帝になるんじゃないか?』と思わせるほどでした。

応神天皇は4世紀後半から5世紀前半に活躍したと考えれています。

第15代 応神天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

最新技術・学問を取り入れる

応神天皇は、日本で初めて積極的に外交を行なった人です。母・神功皇后は、武力をもって海を渡りましたが、息子は真逆でした。

神功皇后が、朝鮮と強引に国交を結んだので一気に交流が広まったのですが。

儒学(儒教)が伝わる

応神16年、百済の学者・王仁(わに)が来日します。論語10巻と千字文を持ち込んで、皇太子・菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)に学ばせたといいます。

(千字文(せんじもん)は子どもに漢字を学ばせるための長編詩)

王仁は朝鮮に帰らず子孫もヤマトに残りました。天皇のそばで大きな仕事をしていきます。

養蚕・機織り技術が伝わる

秦の始皇帝の子孫と言われる秦(はた)氏が渡来したのも応神天皇の時代と言われます。

秦氏は全国に散らばり、養蚕と機織りの技術を広めました。

漢氏も渡来し新技術が伝わる

応神20年、漢人(中国人)の阿知使主(あちのおみ)がたくさんの人を連れて来日します。

漢(あや)氏になって、最新技術・文化をヤマトに持ちこみました。

そのほかいろいろな人が朝鮮からヤマトへ渡ります。百済だけでなく、新羅、高句麗からも来ました。

秦氏と漢氏は、渡来系氏族の2大勢力にまでなります。

『渡来系氏族と言えば秦氏・漢氏』になるくらい。

鍛冶や酒造の技術も伝わります。

どうしてこんなに海を渡ったのか?

応神天皇は、百済・新羅・加羅(任那)、中国、どの国とも交流をもちました。

でも、おかしいと思いませんか?

ヤマトの言い分では、百済・新羅・加羅を力で従属させたと言っています。そして高句麗とは敵対しました。朝鮮の記録ではヤマトは大惨敗しています。

3世紀後半の朝鮮半島
3世紀後半の朝鮮半島(勢力範囲はだいたいです。)

どうしてこの状態からぜんぶと仲良くできたのでしょうか?

理由はひとつです。

それぞれがヤマト王権を味方にしたかったから

あのころの朝鮮半島は戦国時代です。

中国 vs 高句麗

北方民族 vs 高句麗

高句麗 vs 新羅

高句麗 vs 百済・加羅連合

新羅 vs 百済・加羅連合

朝鮮半島は高句麗が圧倒的に強く、百済・新羅・加羅は南に追いやられていました。

劣勢なのに新羅と百済・加羅は仲が悪いです。敵を倒すにはヤマト王権の軍事力が欲しかったんですね?

高句麗からすれば、ヤマト王権を味方にすると、はさみ撃ちで一気に朝鮮半島を制覇できます。

中国も、ヤマト王権を味方にすれば朝鮮半島ぜんぶをはさみ撃ちできます。

神功皇后は加羅にヤマト王権の影響力が強い倭人のエリア(任那)を作りました。

ヤマト王権は、どちらかといえば百済・任那連合を支持します。これは、王権が朝鮮半島から撤退する5世紀までつづきました。

任那(みまな) 

もともと朝鮮半島中南部に小国家群(馬韓)があり、3~6世紀中ごろは加羅(から)、もしくは伽耶(かや)と呼ばれた。

その一部にあった倭人の支配エリアを任那という。

任那は日本からみた呼び名で、加羅全体を指しているのか、倭人エリアだけを指しているのかよく分からない。

前はヤマトの飛び地(ヤマト領)といわれたが今ははっきりしない。少なくともヤマトに強く影響を受けた倭人が支配していたらしい。

ヤマトは何度か朝鮮半島に兵を送り戦争をしているが、この任那の支配権をめぐって新羅・高句麗と対立したのが原因。

百済は親・任那だったので、ヤマトと連合を組むことが多かった。

戦乱がつづいて亡命者が続出

ヤマトに渡来してきた人たちは、ヤマトが大好きでやってきたわけではありません。

友好の使者

友好のための人質

戦乱から逃れるための亡命

がほんとうの理由でしょう。だから祖国に帰らずヤマトに根づいた人が多いんですね?

おかげでヤマトには、最先端の文化・技術をもった人が長くいてくれたので、じっくり学ぶことができました。

まちがった後継者の選択

応神天皇には皇子がたくさんいました。そのなかの3人に期待します。

第15代 応神天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

そのなかで、一番下の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)を後継者にしたがっていました。

そこで、ふたりの兄に問いかけます。

応神天皇
emperor ojin image
お前たちは、年上と年下の子どっちがかわいいか?
大山守命
古墳時代の人
年上の子がかわいいです。

大鷦鷯尊(おおさざき の みこと。のちの仁徳天皇)は天皇を忖度します。

大雀命
古墳時代の人
年下の子がかわいいです。

大鷦鷯のことばに喜んだ天皇は、菟道稚を皇太子にし大鷦鷯を政治の責任者に任命しました。

大山守は、海や山の民を統括する仕事に任命しました。左遷です。

末の弟を指名するナゾ

この後継者選びはナゾだらけです。大山守と大鷦鷯の母親は姉妹で、天皇の血筋をもったランクの高い姫です。

(○○命(みこと)という名前にも出ている。)

さらに、大鷦鷯の母親は応神天皇の皇后です。ランクの高さはけたちがいです。でも、菟道稚の母親はそれにくらべるとランクが低い出でした。

(○○媛(ひめ)も天皇の血筋をもつが遠い。)

皇后でないランクも高くない妻の息子が、皇太子に指名されるのは、ふつうはありません。しかも兄をさしおいて。

応神天皇のこの選択が3人のうちふたりも死んでしまう悲しい結末をむかえてしまいます。

応神天皇は、聖帝の名に恥じない政治をおこない、ヤマト王権を数段レベルアップさせましたが、後継者選びで大失態を犯したまま亡くなります。

古事記では130才、日本書紀では110才でした。

古事記と日本書紀(こじき。にほんしょき)

第40代 天武天皇が号令をかけて作った国家の歴史書。

ふたつあわせて記紀(きき)いう。

それ以前の歴史書は、焼失や理由の分からない紛失でいまは存在しない。

飛鳥時代以前の歴史は、古事記、日本書紀にたよる。

応神天皇は八幡さま

『○○八幡宮』という神社は日本全国にあります。八幡さまは、日本人がもっとも手を合わせているカミサマの1柱でしょう。

でも

八幡さま = 応神天皇

はあまり知られていません。

くわしくいうと、八幡宮にはあと4柱まつられています。

八幡大神
(はちまんおおかみ)
応神天皇
比売大神
(ひめおおかみ)
宗像三女神。
宇佐の地主神。
八幡をまつる前から宇佐で崇拝されていた。
神功皇后大神じゃない。おまけ?
もしかして八幡さまはマザコン?

八幡宮は、もともと宇佐神宮だけでした。いまでも八幡宮の総本山です。

それが都のちかくへ作るなどして増えていきました。日本全国に広めたのは鎌倉幕府です。

源頼朝は、神社のなかでも八幡宮をいちばん大切にしました。鎌倉の鶴岡八幡宮は鎌倉武士・源氏の守護神です。

鎌倉の勢力が広がると八幡宮も日本全国に広まりました。そして、たくさんの戦国武将の守護神にもなっていきます。

八幡さまは、いまでこそメジャーなカミですが、もともとはそこまで知られていませんでした。八幡さまがカミのスーパースターになったのは武士のおかげです。

前のページ
第15代? 神功皇后 かつて歴代天皇に数えられた女傑。応神天皇の母
第16代 仁徳天皇 ジェラシーの塊の嫁に振りまわされた聖帝
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!