第25代 武烈天皇 作られた悪王。皇統断絶か?

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
武烈天皇 陵墓

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

武烈天皇(ぶれつ)は、悪王として有名でエピソードを言葉にするとR18指定モノです。

そして、聖帝・仁徳天皇の系統はここで途絶えました。本当にいたのか?疑われている天皇のひとりです。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 泊瀬列城宮
    (はつせのなみきのみや)

  • 生没年
  • 489年? ~ 506年12月8日
    仁賢天皇2 ~ 武烈天皇8年
    17? 才
  • 在位
  • 498年12月? ~ 506年12月8日
    仁賢天皇11年 ~ 武烈天皇8年
    8? 年
  • 名前
  • 小泊瀬稚鷦鷯尊
    (おはつせ の わかさざき の みこと)
  • 別名
  • 第24代 仁賢天皇の唯一の皇子

  • 皇后
  • 春日娘子
    (かすが の いらつめ)

    父は不明

臣下の傍若無人が止まらない

武烈天皇の時代、大臣は平群真鳥(へぐり の まとり)です。第21代 雄略天皇葛城氏(かずらきし)を没落させた後から政治を仕切るようになりました。

この真鳥、先代・仁賢天皇のころから横暴で調子に乗っていました。

武烈天皇は仁賢天皇の唯一の皇子で、皇太子のとき、真鳥は皇太子のために宮殿を建てると言いながら、自分が住んじゃいました。

また、真鳥の息子・(しび)は、皇太子が嫁にしようと思っていた影媛(かげひめ)に手を出し、皇太子に恥をかかせます。

ブチ切れた皇太子は、連・大伴金村(おおとも の かねむら)に兵を送らせ鮪を殺し、真鳥の家を焼き払って殺しました。

平群氏は没落します。

その後、皇太子は即位します。武烈天皇です。武烈天皇は、5世紀の終わりごろに活躍したと考えられています。

金村は大連になって政治のトップにのぼりつめました。

大連(おおむらじ)と大臣(おおおみ)

大連は、古代のヤマト王権の最高の役職。連(むらじ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。大伴氏(おおとも)や物部氏(もののべ)。

大臣も古代のヤマト王権の最高の役職。臣(おみ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。葛城氏(かつらぎ)や蘇我氏(そが)など。

大臣は、300年4代の天皇に仕えたとされる伝説の臣下、武内宿禰(たけしうちのすくね)の子孫たちが多い。

大連は、ヤマト王権では軍事・警察を担当。

よく、大臣はもともとヤマトと同格の氏族でヤマトの協力者、大連は昔からヤマトに仕えた臣下といわれるが、武内宿禰が伝説の臣下なのであてはまらない。

ちなみに、大臣は妃を出せるが大連は出せない理由も、もともと同格の大臣からは出せて臣下からは格が違うから出せないと説明される。

しかしこれは、武内宿禰は第8代 孝元天皇の子孫だとされるので、由緒ある家柄だから嫁に出せたという理由の方が説明がつく。大伴・物部氏の祖先は天皇ではない。

連も臣も氏姓制度で設けられた姓。

いまでも政治の最高実力者は総理大臣、外務大臣など大臣(だいじん)というが、ここに由来があるのかどうかは分からない。

(個人的にはあるような気がする。)

第25代 武烈天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

R18指定!放送禁止エピソード満載

武烈天皇は『大悪天皇』といわれます。もってるエピソードがホラー、えぐいセクシー映像さながらだからです。

妊婦の腹をかっさいて胎児を取り出して観察する。

爪を剥いだ人にその手で芋をほらせる。

髪を抜いた人を木に登らせ、木の根元を切って落ちた人が死ぬのを見て喜ぶ。

用水路に人を入らせ、そこから出てきたところを矢で狙い撃ち、殺して喜ぶ。

人を木に登らせ、矢で撃ち落とすゲームをする。

さらにさらに、

(18歳未満は読まないでください。)

女を素っ裸にして座らせ、目の前で馬の交尾を見せて楽しむ。

(マニアックなセクシー映像作品?)

女のアソコを観察して、濡れた人は殺し、そうでない人は身分を落として奴隷にした。

(セクシー映像を見るのと採用試験のコラボ?)

最悪です。ここまで人格が破たんしたエピソードがある天皇はいません。ダントツの大悪天皇でしょう。

悪いエピソードはつくり話

見るに堪えない、読んで胸クソ悪いエピソードばかりですが、これらは次の継体天皇の正統性のために作られたフィクションだというのが通説です。

武烈天皇は、聖帝と言われた第16代 仁徳天皇の系統を断絶させました。それどころか皇統そのものの断絶危機を作ります。

継体天皇は、仁徳天皇の弟の子孫で、福井に住んでいた、本当に天皇の子孫なのか疑われていた人です。

継体天皇の正統性を主張するためには、どんなに遠くても仁徳天皇につながり、その前が悪かったから即位したという理由が欲しかったのでしょう。

仁徳天皇は、『天皇のカガミ』『天皇はこうあるべし』と後世の人から言われるほどの人です。

(だから聖帝。)

だから余計に、その系統をつぶした武烈天皇はしょうもないヤツじゃないといけませんでした。

本当にいたのか?

武烈天皇は、この時代ではめずらしく幼い天皇でした。8才で即位して17才で亡くなります。

(じっさい年齢はよく分かっていないので信ぴょう性はうすい。)

これまでの天皇は、そもそも年齢が不明か、分かっていたとしても寿命100才オーバーあたりまえのスゴイ世界です。

これが武烈天皇でパタッと止まりました。武烈天皇は、皇統の断絶危機を作った人だと思われてますが、なんか怪しいです。

次の継体天皇から、そこまでメチャクチャな寿命ではありません。それなりに信ぴょう性があります。

本当はいたんだろうか?と議論になる天皇のひとりです。

個人的にはかなり疑っています。

不自然な幼帝は、数合わせなんじゃないか?

婿入りの継体天皇の正統性を大きくするために、大悪のレッテルと、幼い天皇だからダメだったんだというマイナスイメージを植えつけたんじゃないかと。

前のページ
第24代 仁賢天皇 即位する前からナゾの人
第26代 継体天皇 歴代の中で一番血統の遠い天皇
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!