第13代 成務天皇 地方の統治機構を作ってヤマト王権のレベルを上げる

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor seimu image

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

成務天皇(せいむ)は、ヤマト王権の武力討伐のあとを引きつぎました。

そこからさらに、都道府県・市区町村みたいな地方の統治機構を作って国のかたちをワンランク上げます。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 志賀高穴穂宮
    (しがのたかあなほのみや)

  • 生没年
  • 84年?月?日 ~ 190年6月11日
    景行天皇14年 ~ 成務天皇60年
    95?, 107? 才
  • 在位
  • 131年1月5日 ~ 190年6月11日
    成務天皇元年 ~ 成務天皇60年
    60? 年
  • 名前
  • 稚足彦尊
    (わかたらしひこ の みこと)
  • 八坂入媛
    (やさか の いりびめ)

    八坂入彦皇子の娘
    (やさか の いりびこ の みこ)

  • 皇妃
  • 弟財郎女
    (おとたからいらつめ)

    建忍山垂根の娘
    (たけおしやまたりね)

緊急登板の即位

先代・景行天皇のあとは日本武尊(やまとたける の みこと)が継ぐはずでしたが、カミにたたって死んでしまいます。

そこで、母ちがいの弟で景行天皇の第4皇子が即位しました。成務天皇です。

13代 成務天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

成務天皇が想定外だったのは妻を見ても分かります。

妻は弟財郎女(おとたからいらつめ)で皇族出身ではありません。そして、皇后になれませんでした。

皇后になるには身分が低いということですね?

皇族は、名前のうしろが『○○命』(みこと)、先祖をたどると皇族につながる人は『○○媛(姫)』(ひめ)になります。

『○○郎女』(いらつめ)は、『○○の女』『○○の娘』という意味で、上品な『○○ちゃん』といったところです。

成務天皇は、4世紀中ごろに活躍したといわれます。

この時代の毎度おなじみですが、日本書紀はさらに300年くらい古いことになっています。

都道府県・市区町村をはじめて作る

都道府県、市区町村はだれでも知っています。地方のグループ分けですね?

これを最初に作ったといわれるのが成務天皇です。


(くに)
都道府県

(あがた)
市区。ヤマト周辺は王権の直轄地。
邑里
(むら)
町村。

山や川で国、県を分け、東西南北の道で集落を邑里にまとめました。もともとあった豪族の領域、集落を分断するようなやり方ではありません。

(ある程度はあっただろうが。)

また、知事・市区町村長のような地方官も作りました。

国造
(くにのみやつこ)
知事。地方裁判所の最高判事。県警本部長。
県主
(あがたぬし)
国造のちょっとスケールの小さい長。
ヤマト周辺は王権の直轄地の責任者。

国造も県主も、もともとそこに住んでいた豪族や集落の長が任命されました。

豪族の権力を奪うと恨まれて反乱が起きるので、これがいちばん安定していたのでしょう。

じっさい、世の中は安定し平和になったといわれます。

国造や県主は従順なヤマトの部下ではありません。

もとは独立した豪族なので、そこまでヤマトに義理がないんですね?

部下になってやったということでしょう。

国造や県主は成務天皇の時代ではないという説が強くあります。

(そもそも成務天皇は実在しないとも)

でも、日本書紀の記録上そうなってるってところですね?

古事記と日本書紀(こじき。にほんしょき)

第40代 天武天皇が号令をかけて作った国家の歴史書。

ふたつあわせて記紀(きき)いう。

それ以前の歴史書は、焼失や理由の分からない紛失でいまは存在しない。

飛鳥時代以前の歴史は、古事記、日本書紀にたよる。

武内宿禰伝説のはじまり

成務天皇と同じ日に生まれた武内宿禰という人がいます。

成務天皇は、宿禰を大臣にして政治を行ないました。

武内宿禰(たけしうち の すくね)

第13代~16代の成務仲哀応神仁徳の4代の天皇に仕えた。

成務天皇と同じ日に生まれ、300才まで生きたという伝説の臣下。

最初の大臣になる。のちに大臣は政治の最高責任者になるが、それをつとめた豪族は宿禰の子孫だといわれる。葛城氏蘇我氏など。

大化の改新で藤原氏が台頭するまでつづいた。

大連(おおむらじ)と大臣(おおおみ)

大連は、古代のヤマト王権の最高の役職。連(むらじ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。大伴氏(おおとも)や物部氏(もののべ)。

大臣も古代のヤマト王権の最高の役職。臣(おみ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。葛城氏(かつらぎ)や蘇我氏(そが)など。

大臣は、300年4代の天皇に仕えたとされる伝説の臣下、武内宿禰(たけしうちのすくね)の子孫たちが多い。

大連は、ヤマト王権では軍事・警察を担当。

よく、大臣はもともとヤマトと同格の氏族でヤマトの協力者、大連は昔からヤマトに仕えた臣下といわれるが、武内宿禰が伝説の臣下なのであてはまらない。

ちなみに、大臣は妃を出せるが大連は出せない理由も、もともと同格の大臣からは出せて臣下からは格が違うから出せないと説明される。

しかしこれは、武内宿禰は第8代 孝元天皇の子孫だとされるので、由緒ある家柄だから嫁に出せたという理由の方が説明がつく。大伴・物部氏の祖先は天皇ではない。

連も臣も氏姓制度で設けられた姓。

いまでも政治の最高実力者は総理大臣、外務大臣など大臣(だいじん)というが、ここに由来があるのかどうかは分からない。

(個人的にはあるような気がする。)

本当に子どもがいない?

成務天皇には皇子がいなかったので、日本武尊の皇子・足仲彦尊(たらしなかつひこ の みこと。のちの仲哀天皇)を後継者にしていました。

成務天皇は、古事記では95才、日本書紀では107才で亡くなります。

ぼくの個人的な意見ですが、ほんとうに皇子がいなかったの?と思ったりします。けっこう長生きしているのに。

(そもそも年齢じたいおかしいですが。)

本流じゃないヤツに皇統を渡してたまるか!

という意見があってもおかしくありません。

当時は皇族同士の殺し合いはあたりまえなので、ことごとく消したんじゃないかと。

もちろん、ほんとうに皇子が生まれなかった可能性も十分あります。

前のページ
第12代 景行天皇 ヤマト王権ピンチ。反抗的な豪族を力でねじふせる
第14代 仲哀天皇 カミのお告げを無視したら九州で戦死?
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!