第40代 天武天皇 即位は正義か?裏切りか?

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor tenmu image

歴代天皇 - 政治闘争で殺しあうアグレッシブな天皇たち -

第40代 天武天皇(てんむ)は、古代最大の内戦、壬申の乱に勝って即位しました。

どうやって即位したかは日本書紀に書かれているのですが、天武天皇が作らせたものなので、『勝者の歴史』ともいわれます。

古代 飛鳥時代

  • 皇居
  • 飛鳥浄御原宮
    (あすかのきよみはらのみや)

  • 生没年
  • 631年? ~ 686年9月9日
    舒明3? ~ 朱鳥元
    56?才
  • 在位
  • 673年2月27日 ~ 686年9月9日
    天武天皇2 ~ 朱鳥元
    14年
  • 名前
  • 大海人
    (おおあま)
  • 別名
  • 天渟中原瀛真人尊
    (あま の ぬなはら の まひと の みこと)

39-40 弘文・天武天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

なぜ即位を断って坊さんになった?

兄の第38代 天智天皇は、亡くなるまえに大海人皇子(おおあま の みこ)に『あとを頼む』といいました。

しかし皇子は断ります。

soga clan image
皇后(倭姫王)をたてて、政治は大友皇子にまかせるのがよろしいでしょう。
soga clan image
わたしは出家して吉野(和歌山)に行きたいです。

大海人皇子は皇太弟です。後継者に指名されていたようなもんです。それなのに、皇族をやめて山奥に引っ込むとまでいいました。

皇太弟(こうたいてい)

天皇の弟が次の天皇に指名されたときに使う。

皇太子は、天皇の子供が指名されたときに使うので、弟の場合は使えない。

天智天皇の本心が読めていなかった?

天智天皇は弟・大海人皇子を皇太弟にしながら、息子・大友皇子(おおとも の みこ)を太政大臣にしました。

太政官(だいじょうかん)

律令制のなかで政治を動かすトップの組織。いまでいう内閣みたいなもの。

他の官位と同じように四等官で4つの序列があった。

四等官官位
長官
(かみ)
太政大臣
左大臣
右大臣
内大臣(令外官)
次官
(すけ)
大納言
中納言(大宝律令で廃止。令外官として復活)
参議(令外官)
判官
(じょう)
少納言など
主典
(さかん)
省略

左大臣は総理大臣みたいなもの。行政の全責任を負う。

最初はなかったが、近江令で左大臣のさらに上の太政大臣ができた。

最初の太政大臣は大友皇子

太政大臣は、よっぽどの人でないとなれなくなるので、空席もあった。

(平清盛、豊臣秀吉など)

明治新政府で置かれた太政官は同じものではなく、似たものをつくって置いた。『だじょうかん』といい呼び方もちがう。

明治18年に内閣制度ができて消滅する。内閣制度はイギリスがモデルだが、いまでも名前で太政官が受け継がれている。

内閣の一員 -> 大臣(だいじん)

官僚組織 -> 長官(ちょうかん)、次官(じかん)

日本では大臣を『相』ともいう。呼び方が2つあるのは日本独自と輸入品の両方を使っているから。

首相 = 総理大臣

財務相 = 財務大臣

○○相イギリスの議院内閣制の閣僚の日本語訳
○○大臣太政官の名残り。日本だけ。

政治ニュースでよく見るとわかる。外国の政治家には『大臣』といわず『相』といっている。

ちなみに、アメリカのような大統領制の『長官』は太政官の長官(かみ)とは関係ない。日本人に分かるようにあてはめただけ。

大臣は『天皇の下のリーダー()』という意味。天皇がいないと大臣は存在できない。天皇の『臣下=君主に仕える者』だから。

太政大臣は、天皇の代わりに政治を仕切るトップです。

これが、まわりを混乱させました。

次の後継者は大海人皇子?大友皇子?

臣下たちはザワつきます。

大海人皇子もどうしていいか分からなかったのでしょう。即位辞退は、どっちが天智天皇の考えだったとしても損をしない回答です。

大海人皇子だったら謙虚な弟、大友皇子だったら皇位を譲ったやさしい弟になりますから。

大海人皇子が、ほんとうに坊さんになって吉野に引っ込むところまでしたのは、天智政権の性格を知っているからです。

天智天皇は、身内、仲間でも権力闘争で殺してきました。なかには、無実の罪で死んでしまった人もいます。

少しでも疑われると殺されると思ったのでしょう。

大海人皇子の本音はどうだったのか?

大海人皇子は、都をはなれて吉野(和歌山)に引っ込みますが、本音では天皇になりたかったでしょう。

挙兵して内戦を起こしたくらいですから。

大友皇子側もそれは警戒しています。

大海人皇子が吉野に出発するとき、左大臣・右大臣など臣下たちが見送りました。

そのときだれかが

虎に翼をつけて放つようなものだ。

といいました。

大海人皇子の心の内はだれもが知っていたようです。

吉野から挙兵。力で皇位を獲る - 壬申の乱

壬申の乱は、大海人皇子が吉野から挙兵してはじまります。

壬申の乱(じんしんのらん)

天智天皇の弟・大海人皇子(おおあま の みこ)と息子・大友皇子(おおとも の みこ)のだれが天皇になるのかの争い。

古代最大の内乱。

両軍ともに皇位継承権のある皇族が大将になり指揮した戦で国を2分した。日本の歴史上、ここまで国を分けた戦いはない。

大海人皇子は皇太弟、大友皇子は太政大臣だった。

天智天皇は大海人皇子を指名したが、皇子が断って吉野(和歌山)に引っ込んだことが原因。

672年(天武元)7月24日、大海人皇子は、大友皇子に反乱の罪をきせられると思い、先手を打って挙兵、勝利して第40代 天武天皇になる。

どっちが裏切ったのか、正義があるのかは意見が分かれる。

古代の資料は日本書紀・古事記からだが、天武天皇が号令をかけて作られたので、大海人皇子に都合の悪いものは書けなかったともいわれる。

(ここに書いた内容も日本書紀から。)

大友皇子は、歴代天皇に入ってなかったが、明治3年、明治天皇が『弘文天皇』という諡をおくって歴代天皇に加わった。

いまは、どっちがよかった、悪かったという評価ができるほど事実が分かっていない。

これだと、大海人皇子がただ反乱しただけにみえます。ぼくもそう思っています。

ただここは、大海人皇子に味方します。

天智政権は殺伐とした政権でした。少しでも疑いがあればすぐに抹殺します。

そのなかで残ってきた人たちが政権の中枢にいました。左大臣・蘇我赤兄(そが の あかえ)もそうです。

かれらは、吉野に向かう大海人皇子を警戒していました。これまでと同じことを考えるなら、消し去りたいはずです。

大海人皇子は、いつか殺されると思っていたかもしれません。

それなら、自分のベストのタイミングで先手を打ったほうがいいです。こうして壬申の乱を起こしたのでしょう。

反乱軍が勝って正規軍の大将が死す

壬申の乱では、都の正規軍はぜんぜん統率が取れませんでした。

大海人皇子は用意周到に準備していたのでしょう。進軍したところをどんどん味方にしていきます。

もしかすると、諜報活動ですでに勝負がついていたのかもしれません。大海人皇子は勝ち戦になるのを分かってて先手を打ったんでしょうね?

この乱は、正規軍の大将・大友皇子の自殺でおわります。

おなじエピソードを見ているのに、大友皇子から壬申の乱をみると、これはこれで言い分が分かります。

当時は、権力のためなら殺し合いはあたりまえなので、単純に正義と悪で見れないんでしょうね?

都を移して即位

勝った大海人皇子は、都を飛鳥に戻します。(飛鳥浄御原宮

そして即位しました。第40代 天武天皇です。

天武天皇は、大友皇子のホーム、近江大津宮では即位したくなかったのでしょう。

もともと、天智天皇が大津宮に都を移したことが最悪の評判だったので、受け継ぎたくなったのか、反乱軍の味方にたくさんの反・大津宮遷都の人がいたのかもしれません。

とにもかくにも、天武天皇は落ちついて律令国家建設に邁進することになります。

律令(りつりょう)

律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

7世紀の当時、世界の先進国の1つだった中国から伝わる。

日本は世界の先進国の仲間入りを目指して導入し始めていた。

律令で統治された国家を律令国家、その政治システムを律令制という。

前のページ
第39代 弘文天皇 ほんとうに天皇なのか?
第40代 天武天皇 大偉業の道半ばに死す。
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!