第39代 弘文天皇 ほんとうに天皇なのか?

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor koubun image

歴代天皇 - 政治闘争で殺しあうアグレッシブな天皇たち -

第39代 弘文天皇(こうぶん)は、即位した記録がありません。ずっと歴代天皇に数えられていませんでした。

明治3年、明治天皇が『弘文』の諡(おくりな)をおくり、歴代天皇に加わりました。

大友皇子』(おおとも の みこ)のほうが知られています。

古代 飛鳥時代

  • 皇居
  • 近江大津宮
    (おおみのおおつのみや)

  • 生没年
  • 648年 ~ 672年7月23日
    大化4 ~ 天武天皇元
    25才
  • 在位
  • 671年12月5日 ~ 672年7月23日
    天智天皇10 ~ 天武天皇元
    8?か月
  • 名前
  • 伊賀
    (いが)
  • 別名
  • 大友
    (おおとも)

  • 伊賀采女宅子娘
    (いが の うねめやかこ の いらつめ)

39代 弘文天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

敗軍の将は歴史から抹殺された?

大友皇子(おおとも の みこ)は、第38代 天智天皇の息子です。

天智政権のときに太政大臣になり、政治を仕切りました。

しかし、天智天皇が亡くなると、叔父・大海人皇子(おおあま の みこ)と古代最大の戦いを行ない、負けて首をつって死んでしまいます。

25才でした。

壬申の乱(じんしんのらん)

天智天皇の弟・大海人皇子(おおあま の みこ)と息子・大友皇子(おおとも の みこ)のだれが天皇になるのかの争い。

古代最大の内乱。

両軍ともに皇位継承権のある皇族が大将になり指揮した戦で国を2分した。日本の歴史上、ここまで国を分けた戦いはない。

大海人皇子は皇太弟、大友皇子は太政大臣だった。

天智天皇は大海人皇子を指名したが、皇子が断って吉野(和歌山)に引っ込んだことが原因。

672年(天武元)7月24日、大海人皇子は、大友皇子に反乱の罪をきせられると思い、先手を打って挙兵、勝利して第40代 天武天皇になる。

どっちが裏切ったのか、正義があるのかは意見が分かれる。

古代の資料は日本書紀・古事記からだが、天武天皇が号令をかけて作られたので、大海人皇子に都合の悪いものは書けなかったともいわれる。

(ここに書いた内容も日本書紀から。)

大友皇子は、歴代天皇に入ってなかったが、明治3年、明治天皇が『弘文天皇』という諡をおくって歴代天皇に加わった。

いまは、どっちがよかった、悪かったという評価ができるほど事実が分かっていない。

太政官(だいじょうかん)

律令制のなかで政治を動かすトップの組織。いまでいう内閣みたいなもの。

他の官位と同じように四等官で4つの序列があった。

四等官官位
長官
(かみ)
太政大臣
左大臣
右大臣
内大臣(令外官)
次官
(すけ)
大納言
中納言(大宝律令で廃止。令外官として復活)
参議(令外官)
判官
(じょう)
少納言など
主典
(さかん)
省略

左大臣は総理大臣みたいなもの。行政の全責任を負う。

最初はなかったが、近江令で左大臣のさらに上の太政大臣ができた。

最初の太政大臣は大友皇子

太政大臣は、よっぽどの人でないとなれなくなるので、空席もあった。

(平清盛、豊臣秀吉など)

明治新政府で置かれた太政官は同じものではなく、似たものをつくって置いた。『だじょうかん』といい呼び方もちがう。

明治18年に内閣制度ができて消滅する。内閣制度はイギリスがモデルだが、いまでも名前で太政官が受け継がれている。

内閣の一員 -> 大臣(だいじん)

官僚組織 -> 長官(ちょうかん)、次官(じかん)

日本では大臣を『相』ともいう。呼び方が2つあるのは日本独自と輸入品の両方を使っているから。

首相 = 総理大臣

財務相 = 財務大臣

○○相イギリスの議院内閣制の閣僚の日本語訳
○○大臣太政官の名残り。日本だけ。

政治ニュースでよく見るとわかる。外国の政治家には『大臣』といわず『相』といっている。

ちなみに、アメリカのような大統領制の『長官』は太政官の長官(かみ)とは関係ない。日本人に分かるようにあてはめただけ。

大臣は『天皇の下のリーダー()』という意味。天皇がいないと大臣は存在できない。天皇の『臣下=君主に仕える者』だから。

勝った大海人皇子は第40代 天武天皇になり、律令国家を完成させる大偉業の号令をかけました。

いまものこる最古の日本の歴史書、

日本書紀、古事記をつくれ!

と言いだしたのも天武天皇です。

それもあってか、大友皇子のことは分かりません。日本書紀は、天武天皇の都合の悪いことは書いていないといわれるからです。

律令(りつりょう)

律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

7世紀の当時、世界の先進国の1つだった中国から伝わる。

日本は世界の先進国の仲間入りを目指して導入し始めていた。

律令で統治された国家を律令国家、その政治システムを律令制という。

大友皇子は即位していない?

歴代天皇の天智・弘文・天武時代の資料は日本書紀です。古事記は推古天皇までなのでこの時代のことはありません。

日本書紀では、大友皇子は即位していません。天智天皇の次は天武天皇の即位です。

大友皇子は皇太子にすらなっていません。

しかし、奈良時代・平安時代になると、大友皇子が皇太子になっていた、即位していたという意見が多くなります。

江戸時代には、『即位していた』があたりまえになりました。これが明治初期までつづきます。

あとになって歴代天皇に追加される

明治3年、明治天皇が『弘文天皇』という漢風諡をおくり歴代天皇に追加されます。

江戸時代の『あたりまえ』が影響したのでしょう。

しかし、研究がすすむと、大友皇子は即位していないという意見が多くなりました。

天智天皇の皇后(倭姫王)の称制。太政大臣として補佐。

太政大臣・大友皇子の称制。

天智 -> 天武。大友皇子は関係ない。

称制(しょうせい)

天皇がいない状態で代わりの人が政務をとること。

皇太子や皇后が代わりをつとめた。

神功皇后や天智天皇など。

など、いまでも抜き出た意見はありません。ただ、多数の意見として

25才で若すぎる。当時は35才前後じゃないと天皇になれない。

大海人皇子が天智天皇にたくされたとき

『皇后の倭姫王をたてて、政治は大友皇子にまかせればよいでしょう』

といって即位を辞退した。

などなど、当時の状況を考えると即位していないだろうということです。

ちなみに、父・天智天皇も4代の天皇の皇太子なのに即位したのは42才です。

弘文天皇を否定することではない

歴史の研究では、『大友皇子は即位していない』が少し優勢ですが、確定ではありません。

なんともいえないのがいまの状況で、弘文天皇を歴代天皇から外すところまではいってません。

たとえ即位していなかったとしても、明治天皇が決めたことなので、歴史の研究の成果とは分けて考えます。

もし、どうするか?になったとき、決めることができるのは天皇陛下ただひとりでしょう。

壬申の乱の大友皇子を代弁してみる

壬申の乱のはなしは、天武天皇が号令をかけた日本書紀に書かれているので、大友皇子の正義は分かりません。

でも、日本書紀の内容でも大友皇子のことを代弁できます。

太政大臣にしたのは親父なんだけど?

父・天智天皇は即位したとき、弟・大海人皇子を皇太弟にしていました。

皇太弟(こうたいてい)

天皇の弟が次の天皇に指名されたときに使う。

皇太子は、天皇の子供が指名されたときに使うので、弟の場合は使えない。

これ、『次はお前だぞ!』と言っているようなもんです。

でも天智天皇は、2年後には大友皇子を太政大臣にします。太政大臣は、近江令で新しく作った役職で、政治の総責任者です。

これにまわりはザワつきました。

あれ?心変わりした?
これって次は大友皇子ってことでしょ?

大友皇子もそう思ったでしょう。

大海人皇子は即位を辞退した

大海人皇子は、兄の考えが分からなかったようです。

天智天皇が病でふせっているとき

天智天皇
飛鳥時代の人 image
私は病が重いので、あとはお前にまかせたい。
大海人皇子
古代の人
皇后(倭姫王)をたてて、政治は大友皇子にまかせるのがよろしいでしょう。
大海人皇子
古代の人
わたしは出家して吉野(和歌山)に行きたいです。

といって、辞退します。

大海人皇子の返事はうまいです。自分を指名していたら謙虚な弟になるし、大友皇子だったら、いさぎよく譲った心やさしい弟になります。

天智天皇の考えがどっちでもいい答えになるようにしたんですね?

でも、このはなしを大友皇子が知ったらどう思うでしょうか?

よし、次はオレだ!

と思うはずです。

まわりは大海人皇子の野心を警戒していた

大海人皇子がいざ、吉野に出発するとき、皇太弟だったので左大臣・右大臣などたくさんの臣下が見送りのため集まっていました。

その中のひとりが

虎に翼をつけて放つようなものだ。

といいます。

大友皇子に落ち度はあるでしょうか?まったくありません。

都には太政大臣の自分と、左大臣・右大臣も残っています。重要な役職の人は自分についています。

警戒も解いてないので心強いです。これで、天皇になれないと思うはずがありません。

これでオレが即位だ!

いがい、なにを思うでしょうか?

このときの大海人皇子は、完全なお坊さんの格好です。大海人皇子は徹底しています。

もうわたしは、皇族ではありませんし戻るつもりもありません。お坊さんになったので。

というメッセージを出してます。

大海人皇子の徹底した行動は、兄・天智天皇の政権の性格を知っているからです。

天智天皇は、敵は身内だろうが仲間だろうが殺してきました。ちょっと疑われただけで、無実の罪で殺された人もいます。

そうやって生き残った人たちが政権の中枢にいました。だから少しでも野心を見せないようにしていたのでしょう。

挙兵したのは大海人皇子。迎え撃っただけ

壬申の乱は大海人皇子の吉野からの挙兵がきっかけで、近江の都にいる大友皇子や臣下たちからすると『反乱軍』です。

大友皇子からすると『正義はこちらにある』でしょう。

だって、吉野にいるのは元・皇族のお坊さんですから。

大友皇子の落ち度は若さだけ

父・天智天皇は、殺し合いの権力闘争を勝ち抜いてきました。

叔父・大海人皇子は、即位辞退の返事をみても老獪さが見えます。年も天智天皇の5才下だったといわれるので、兄の権力闘争をちかくで見てきました。

大友皇子は、太政大臣になったとき24才で、ひとりだけ若造です。

若さが落ち度はちょっと酷なはなしです。年齢と経験はどうしようもないですから。

前のページ
第38代 天智天皇 律令国家の基礎をつくる
第40代 天武天皇 即位は正義か?裏切りか?
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!