旧皇族家系の人が皇室に復帰することがありえない理由

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
菊紋

連載
日本から天皇がいなくなる日 Vol.4

皇室の皇位継承問題で、よく『旧宮家の人物の皇族復帰』という解決策が言われます。

何も問題はないように思いますが、これには大きな”問題”が隠されています。一見すると問題ないように見えるので事は重大です。

今現在、皇室に復帰できる旧皇族(旧宮家)の人はいない

1947年にGHQによって『一般国民』になった『旧皇族』の人で皇族に復帰する人はいません。というか意味がありません。後継者不足を解消するのに高齢の人を戻しても意味がないからです。

『旧皇族家系生まれの人物』になら若い男性は沢山います。しかし、彼らを皇族にすることはできません。

彼らは『旧皇族』ではなく、生まれながらにして『一般国民』だからです。特別な存在という理由はありません。私たち『一般国民』と何一つ変わることはないからです。

旧宮家の人物の皇族復帰』、『旧皇族の人物の皇族復帰』を唱える人たちの中にはその家に生まれた『一般国民』も含めて使っていることがあります。

これは、普通の『一般国民』を騙しています。『旧宮家、旧皇族の家に生まれた一般国民』をあたかも特別な存在として扱っているからです。

こんな言葉遊びで皇位継承問題を語ってはいけません。

本投稿のタイトル『旧皇族家系の人が皇室に復帰することがありえない理由』になっているのはそのためです。

  • 皇室に復帰できる旧皇族はいない。
  • 旧皇族の家に生まれた『一般国民の男子』はたくさんいるが彼らは皇族だったことはない。
  • 今、皇室に入ることができる男子は誰一人としていない。

旧皇族の人が皇室に戻った前例はある

本稿のタイトルのようなことを言うと、『旧皇族が民間人から皇室に復帰した例はある』という反論が聞こえてきそうなので、それに対する答えを言います。

旧皇族が民間人から皇室に復帰した例はあります。ただその部分が問題なのではありません。まず答えを言う前に例の内容を見てみましょう。

第59代 宇多天皇

父親の光孝天皇によって源定省(みなもとの さだみ)という名前で民間人になる。しかし、再び父親の意向によって皇太子として皇族に復帰する。民間人だった期間は3年間。

第60代 醍醐天皇

旧皇族だった父親の源定省の息子として、民間人として生まれる。父親の皇族復帰に合わせて皇族に入る。正確には旧皇族からの復帰ではなく、民間人男性が皇室に入った例。

第119代 光格天皇

第118代 後桃園天皇には娘しかいなかったため、閑院宮(かんいんのみや)の典仁親王の息子が、養子に迎えられて光格天皇として即位する。

典仁親王は、閑院宮2代目当主。115代桜町天皇のいとこになる。

正確には民間人からの皇室復帰ではなく、宮家から皇室への復帰となった例。

傍系でこんなに血統の離れた人が皇室に戻ったことはない!

男系男子継承絶対を主張する人々は、これらの例を必ずと言っていいほど挙げてきます。しかしこの例と、1947年に臣籍降下した旧宮家の人々では決定的な違いがあります。

臣籍降下(しんせきこうか)

皇族が下の降りること。

皇族が民間人になって皇室から離れること。

奈良時代は罰として行われることもあった。

それは民間人だった期間です。宇多天皇は天皇の息子で民間人だった期間はたった3年です。これだけの短さであれば皇太子として復帰するのに反対する声は出ないでしょう。

それともう1つは天皇との血統の距離です。光格天皇は父親が天皇のいとこです。これも世間一般の常識から言って天皇の親戚として皇室に入ることはまあ許容範囲でしょう。

ただ、1947年に臣籍降下した旧宮家の人々は、70年以上前に民間人になっています。また、現在の天皇とつながるためには室町時代までさかのぼらなければなりません。(北朝第3代 崇光天皇

世代にして最低でも20世は離れています(27世離れているという人もいます)。

これだけ離れた人々を親戚と言うでしょうか? もう赤の他人と呼ぶレベルです。はっきり言ってこれだけ血統が離れた天皇の子孫たちの一般国民は何万人といます(もっと多いかも)。

旧宮家よりも天皇と血筋が近い人々の中には、大阪でカラオケスナックを経営している人もいます(もちろん一民間人です)。

これは、スナック経営をしている人を差別しているわけではありません。それだけ皇室とかけ離れた『一般国民』として普通に生活している人がいることを表しているだけです。

これだけ離れた、もう旧皇族とは呼べない人を皇室に入れたことは一度もありません。(もう復帰とも言わない)

皇室から最も離れた人が復帰した例は、第26代 継体天皇(けいたい)の5世です。継体天皇は第15代 応神天皇(おうじん)の玄孫(やしゃご)になります。

継体天皇は都から離れた現在の福井県に住んでいましたが、『王』と呼ばれていました。完全に民間人とは言い切れません。

視点を少し変えましょう。有名な歴史上の人物は天皇の子孫たちが多いです。それらが天皇の子孫として何世になるのか見てみましょう。

平将門(5世)
平清盛(11世)
源頼朝(10世)
足利尊氏(15世)

このように、旧宮家の家に生まれた人間を特別視して皇室に入れるということが、いかにおかしいかは明らかでしょう。

にもかかわらず、男系男子にこだわる人々は、現在の未婚女性皇族は結婚して民間に下らせ、代わりに国民の一部を特別視して皇室に入れようとしています。

彼らの感性は完全に狂っています。彼らの主張は、平将門、平清盛、源頼朝、足利尊氏らは全員皇位継承権を持った人物だったと言っています。

これだけ皇位継承権を持った人々が大勢いるなら、AKBにならって選抜総選挙で皇室メンバーを決めませんか?もちろん1位が天皇陛下です。そして上位7名とその家族が皇室メンバーです。

こういうふざけたことを言いたくなるくらい彼らの主張はめちゃくちゃです。これで皇室の権威は保てるのでしょうか?

今、一般国民で天皇と男系の血筋がつながる人はたくさんいるが、全員赤の他人のレベル。
どうして赤の他人レベルなのに宮家だったの?と疑問に思う方は、『宮家』とは何か?』に答えを書きましたので、そちらを参照ください。
天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!