天皇の男系男子継承の伝統はいつ始まったのか?

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
菊紋

連載
日本から天皇がいなくなる日 Vol.7

天皇の男系男子継承の伝統はいつ始まったのでしょうか?

この答えを探すには、『男尊女卑』『女性蔑視』の思想はどこで生まれたのか?が大きく関係しています。まずは、日本の『男尊女卑』について見てみましょう。

ここでは、『男尊女卑』『女性蔑視』についてくわしく書いている『男尊女卑、女性蔑視とは何か?答えは男系主義にあり!』を一部抜粋して説明します。男尊女卑・女性蔑視については、ちょっとだけ触れてさらっと流します。

『男尊女卑』『女性蔑視』の思想は輸入されたもの

『男尊女卑』『女性蔑視』の思想はなぜ生まれるのでしょうか?

それは『男系主義』が関係しています。男系主義とは、男性のDNAが『家』『一族』『地域』『国家』などの集団で最も価値がある考え方です。

昔は『家の後継者は長男』という常識がありましたよね?これにも男系主義が入っています。

その中で『男尊女卑』『女性蔑視』の思想も生まれます。

では日本の男系主義は自分で作り出したものなのでしょうか?

そうではありません。日本の男系主義は中国に大きく影響されています。

中国はもともと男系社会ではありませんでした。中国では紀元前3世紀、秦が統一国家を作る前に春秋・戦国時代を経験することで、完全に男系社会になったといわれています。

日本には5世紀の『倭の五王』時代に男系主義が入ってきたというのが有力です。

しかし、飛鳥・奈良時代は天皇の近親結婚は当たり前に行われ、多くの女帝も即位しました。これは、男系主義を受け入れたとは言えない状況でした。

男系・男中心の社会はいつ始まったのか?

日本で『男尊女卑』が当たり前になったのはいつからでしょうか?男系・男中心の社会がいつ始まったのでしょうか?

これをはっきりさせることはできません。長い時間の中で徐々にそうなったというのが本当のところでしょう。ただし、ある程度の推測できます。

男系主義の思想は5世紀の『倭の五王』の時代に日本に入ってきました。

それでも飛鳥・奈良時代は、天皇の近親結婚や多くの女帝の即位などがあって、男系主義を受け入れたとは言えない状況が続きます。

しかし、男系主義を受け入れ始めたのではないか?と思われる変化もありました。

天皇の近親結婚は異母兄弟でも当たり前に行われていました。推古天皇の夫は異母兄です。

飛鳥時代には、異母兄弟での結婚がなくなっていきます。そして、近親結婚は、叔父と姪、伯母と甥などが中心になっていきます。少しずつ近親結婚での血統が遠くなりました。

平安時代になると、天皇の近親婚が一気に少なくなります。女帝も全く誕生しなくなりました。男系主義が伝わってから300年たってようやく受け入れ始めたようです。

また、平安時代には通い婚という、女性を男性の家に入れない結婚の形が現れます。

通い婚(かよいこん)

結婚しても一緒に住まない結婚のかたち。

男性が女性の家に通うことが名前の由来。女性は男性の家に行くことはない。男性は複数の妻を持つことができた。

一夫多妻制の別居婚。

このように見てみると、日本の男系・男中心の社会はいつ始まったのかと言われれば、

考え方は古墳時代すでに入ってきていて、300年の試行錯誤を経てから平安時代に一気に広まった

とするのが一番納得のいく答えだと思います。

『男尊女卑』『女性蔑視』思想は明治に入ってからが強烈だった

平安時代が終わると、戦争に強いものが中心となる武士の社会になります。戦争に強いものは『男』が多いので、日本の中で自然に『男系主義』の思想が受け継がれていったのでしょう。

しかし、天皇の皇位継承では女性は排除されていません。江戸時代には2人の女帝が即位しています。

天皇の皇位継承から女性を排除したのは、近代に入ってからです。明治の大日本帝国憲法と同時に制定された、天皇の皇位継承を規定した皇室典範から女性は排除されました。

皇室典範(こうしつてんぱん)

皇室に関する決まりごとを定めた法律。天皇の皇位継承のルールも定めている。

明治に制定されたときは憲法と同列に扱われ法律ではなかった。1947年に日本国憲法が公布されたときに法律の扱いとなる。

天皇の男系男子の継承の伝統はここから始まります。天皇の歴史からするとあまりにも新しいので、伝統と言えるかどうかも怪しいものです。

ちなみに、相撲から女性を排除したのも明治時代です。江戸時代は、上半身裸で女性が土俵に上がっていたほどです。

明治時代は帝国主義時代のど真ん中で、日本人は常に戦争を意識していました。だからこそ、男系主義が強く出てしまい、『男尊女卑』『女性蔑視』が強く出てしまったのでしょう。

明治、大正、昭和初期の日本は『男尊女卑』の思想が充満していた時代でした。もしかすると日本の長い歴史の中で一番『女性蔑視』が行われた時代かもしれません。

『男尊女卑』『女性蔑視』思想とは早く決別するべき

このように、『男尊女卑』『女性蔑視』は、もともと日本にはなかったものでした。しかし、今でも自分の周りを見渡せば『男尊女卑』『女性蔑視』、またはそれに近い発想で行動をとる人はよく見かけます。

  • 弱い人間は、さらに弱い人間を探すことにエネルギーを注ぐ
  • 弱い人間は、さらに弱い人間によく吠える
  • 弱い人間は、さらに弱い人間に偉そう
  • 弱い人間は、さらに弱い人間に理不尽な態度をとる
  • 弱い人間は、強い人間には真逆の態度をとる

ただ言えることは、女性は男性よりも総合的に、絶対的に弱いことはありません。『腕力による暴力』に対する絶対的な弱さはありますが。

『男尊女卑』『女性蔑視』は、ほかに誇るものがない『弱い男』『根拠のない強がり』以外に利用価値がないものとしてとらえておく必要があります。

もともと日本にはこのような思想はなかったわけですから、何の意味もないこの思想とは決別すべきです。

僕の個人的な意見としては、愛子内親王が皇太子になり、将来『日本国民象徴の女帝』になったら、一気に決別に向かうと思うのですが、今のところそのようになる気配はありません。

それを妨げているのは、『男尊女卑』の思想を克服できずに、口だけは『1億総活躍』とか適当なことを言っている人々が政府中枢にいるからで、社会の中枢にも同じような人々がたくさんいるからです。

現在の相撲協会はもしかすると、日本人の社会の縮図を見せてくれているのかもしれません。

『男系男子の継承は初代神武天皇から続いてきた伝統』は嘘なのか?

よく”保守”の側から言われる、『男系男子の継承は初代神武天皇から続いてきた伝統』は間違っているのか?という疑問があると思います。

まず言えることは、『間違っているとまでは言えないが、異論をゆるさないほど絶対的で優位なものでもない』です。

そのような白か黒かを判定できないことを、”保守”の人々は”絶対的な正解”として強弁するからおかしいのです。

その背景には、”保守”の人々は、中国から輸入された『男尊女卑』の思想が、日本古来の思想として存在していたと思っているところにあります。

現在でも、『男尊女卑』の思想が、日本古来の宗教のオリジナリティだと思っています。当人たちはそのことにさえ気づいていません。宗教になっているので他の意見は聞けないし、気づけないのでしょう。

『初代神武天皇から~』には、いろいろな疑問が投げかけられています。

  • 古代の日本には男系思想が浸透していないのに、なぜ、『日本書紀』『古事記』の歴代天皇は男系思想が入っているのか?
  • 『日本書紀』『古事記』の内容は、男系思想が日本にない時代のことまで男系思想で語っているので、事実とはかけ離れているのでは?
  • 飛鳥・奈良時代は、男系男子優位社会ではなく半数以上が女帝で、母親から皇位を受け継いだ天皇もいるのに『男系』を強調するのはなぜ?
  • 天皇の皇統は天照大御神(アマテラスオオミカミ。女性)から始まっているのに、なんで神武天皇から語るの?
  • そもそも天照大御神は女性なんだから、天皇は女系から始まっているでしょ?
  • etc...

このように、疑問の根本は、『古代の日本は、男系・男子優位の思想が浸透していないのに、なぜその思想ありきで語るの?』というものばかりです。

”保守”の人々は、古代の日本が『男系・男子優位の社会じゃない』ことを知らないので、これらの疑問に対する回答がチンプンカンプンです。

女帝は男系でつなぐための中継ぎにすぎなかった

そんなことはない。女帝の残した功績は大きい。

  • 大王(おおきみ)から天子(のちの天皇)に格上げしたのは推古天皇。また、自らを”天皇”と初めて名乗る。
  • 日本が独立国家として世界デビューを宣言したのも推古天皇の時代。
  • 天皇の歴史で最初に譲位(生前に皇位を譲る)したのは皇極天皇。(当時は上皇という呼称はなかったが事実上の初の上皇)
  • ”日本”という国名を制定、”天皇”、”上皇”という呼称を制定したときは持統上皇の時代。(天皇の歴史上最初の上皇)
  • 日本が一人前の国家として認められるため、歴史書の編纂(日本書紀、古事記など)や法律の整備を行ったのは女帝が乱立した時代。

『女帝は男系でつなぐための中継ぎ』と、女帝をひとくくりにして見ることは学説で否定されています。現在は、女帝を一人一人見て判断するようになっています。

その結果『次の天皇までの中継ぎだった』と言われる女帝もいます。

天照大御神は神話の世界のカミだからそこから語れない

そもそも、初代 神武天皇は神話上の人物。2代から9代の天皇は欠史八代(けっしはちだい)ともいわれ、実在が確認されていない。(神話上の人物とされている)

天照大御神は神話で、神武天皇は神話じゃないという理屈は中学生よりも知識がないと思われるほどおかしな言い方。

 

このように、”保守”の人々はこれらの疑問に対する回答を持ち合わせていませんし、考えようともしません。宗教の教典に書いているのでその必要はないということなのでしょう。考えるだけの力がないということでもあります。

そのようなことから、『男系男子の継承は初代神武天皇から続いてきた伝統』は間違っているのか?と言われれば、

『男系男子の継承は初代神武天皇から続いてきた伝統』を言う人々は、その理由を語らない、語る努力をする気もない。
結果として語れるだけの言葉を持っていない。
よって信じるに値しない

ということになります。もし今のままで信じることがあるとすれば、『男系男子継承に入信することぐらいでしょうか。

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!