天皇の男系男子継承の伝統はいつ始まったのか?

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
菊紋 image

連載
日本から天皇がいなくなる日 Vol.7

天皇の男系男子継承の伝統はいつ始まったのでしょうか?

この答えを探すには、『男尊女卑』『女性蔑視』の思想はどこで生まれたのか?が大きく関係しています。まずは、日本の『男尊女卑』について見てみましょう。

ここでは、『男尊女卑』『女性蔑視』についてくわしく書いている『男尊女卑、女性蔑視とは何か?答えは男系主義にあり!』を一部抜粋して説明します。男尊女卑・女性蔑視については、ちょっとだけ触れてさらっと流します。

『男尊女卑』『女性蔑視』の思想は輸入されたもの

『男尊女卑』『女性蔑視』の思想はなぜ生まれるのでしょうか?

それは『男系主義』が関係しています。男系主義とは、男性のDNAが『家』『一族』『地域』『国家』などの集団で最も価値がある考え方です。

昔は『家の後継者は長男』という常識がありましたね?これにも男系主義が入っています。

その中で『男尊女卑』『女性蔑視』の思想も生まれます。

では日本の男系主義は自分で作り出したものなのでしょうか?

そうではありません。日本の男系主義は中国に大きく影響されています。

中国はもともと母系社会でした。紀元前3世紀、秦が統一国家をつくるまえに春秋・戦国時代を経験することで、完全に男系社会になったといわれます。

戦争は『暴力』で男が有利なので、戦乱の時代を経験すると男の価値が高まり男系主義になるということですね?

日本は、5世紀の倭の五王の時代に本格的に中国と交流をもちはじめました。このとき男系主義が入ってきたというのが有力です。

倭の五王(わのごおう)

中国の『宋書』に書かれた日本の5人の王のこと。

5世紀のおよそ100年間、日本が中国に貢ぎ物をして、その見返りに王の称号をもらっていた。

それが5人の天皇だったといわれている。(確定していない。)

また、中国の将軍にも任命されていた。

宋書の王与えられた将軍天皇
倭国王・讃
(さん)
???第16代 仁徳天皇
倭国王・珍
(ちん)
安東将軍第18代 反正天皇
倭国王・済
(せい)
安東将軍第19代 允恭天皇
倭国王・興
(こう)
安東将軍第20代 安康天皇
倭国王・武
(ぶ)
安東大将軍

鎮東大将軍

征東大将軍?
第21代 雄略天皇
ランク将軍ランクイメージ
1車騎将軍皇帝直属の将軍。
中国軍本体。
戦車・騎馬隊?
2征東大将軍東部方面司令の大将
3鎮東大将軍東部方面司令の中将
4安東大将軍東部方面司令の少将
5征東将軍東部方面司令の大佐
6鎮東将軍東部方面司令の中佐
7安東将軍東部方面司令の少佐

※ 中国からみた東国を担当する将軍。
※ 『服する』『圧する』『定させる』の順にランク付け。

これが日本と中国の将軍に本格的な外交のはじまりで、将軍は中国皇帝の部下なので中国の属国になる。安東将軍はランクとしては低い。

天皇のまわりの豪族たちにも欲しいと日本から要求したので、称号は天皇以外ももらっていた。

九州などの豪族たちも、ヤマトを無視して称号をもらっていたとされる。

損をしているように見えるが、中国の世界最先端の技術・文明が日本に入ってきた。

このとき、母系社会の日本に男尊女卑・男系思想が入ってきたと考えられる。

しかし、飛鳥・奈良時代は天皇の近親結婚はあたりまえに行われ、多くの女帝も即位しました。これは、男系主義を受け入れたとはいえない状況でした。

近親結婚は、女性の血統も大事にしている証拠です。男系主義の本場、中国や朝鮮半島では近親結婚はタブーです。近親相姦くらい気持ちの悪いものとされています。

男系・男中心の社会はいつ始まったのか?

日本で『男尊女卑』があたりまえになったのはいつからでしょうか?男系・男中心の社会がいつ始まったのでしょうか?

これをはっきりさせることはできません。長い時間の中で徐々にそうなったというのが本当のところでしょう。ただし、ある程度の推測はできます。

男系主義の思想は5世紀の倭の五王の時代に日本に入ってきました。

それでも飛鳥・奈良時代は、天皇の近親結婚や多くの女帝の即位などがあって、男系主義を受け入れたとはいえない状況がつづきます。

しかし、男系主義を受け入れ始めたのではないか?と思われる変化もありました。

天皇の近親結婚は異母兄弟でもあたりまえに行われました。推古天皇の夫は異母兄です。

飛鳥時代には異母兄弟での結婚がなくなっていきます。そして、叔父と姪、伯母と甥の結婚になっていきます。少しだけ近親結婚での血統が遠くなりました。

平安時代になると、天皇の近親婚が一気に減ります。女帝もまったく誕生しなくなりました。男系主義が伝わってから300年たってようやく受け入れたようです。

また、平安時代には通い婚という、女性を男性の家に入れない結婚のかたちが現れます。

通い婚(かよいこん)

結婚しても一緒に住まない結婚のかたち。

男性が女性の家に通うことが名前の由来。女性は男性の家に行くことはない。男性は複数の妻を持つことができた。

一夫多妻制の別居婚。

このように見てみると、日本の男系・男中心の社会は、

考え方は古墳時代すでに入ってきていて、300年の試行錯誤を経てから平安時代に一気に広まった

とするのが一番なっとくのいく答えだと思います。

『男尊女卑』『女性蔑視』思想は明治に入ってからが強烈だった

平安時代が終わると、戦争に強い武士の社会になります。戦争に強いのは『男』が多いので、日本の中で自然に『男系主義』の思想が受け継がれていったのでしょう。

しかし、天皇の皇位継承で女性は排除されていません。江戸時代には2人の女帝が即位しています。

第109代 明正天皇第117代 後桜町天皇

天皇の皇位継承から女性を排除したのは近代に入ってからです。明治の大日本帝国憲法と同時に制定された、天皇の皇位継承を規定した皇室典範から女性は排除されました。

皇室典範(こうしつてんぱん)

明治22年、大日本帝国憲法と同時につくられた皇室のルールを定めた典範。

憲法の下の法律ではなく、憲法と同格のものとしてつくられた。

これを典憲体制(てんけんたいせい)という。

1947年(昭和22)、日本国憲法の発布にあわせて、いち法律として格下げされる。

明治の典範は国会・内閣に典範を改正する権限はなく皇族がもっていた。

戦後、いち法律になったことで国会と内閣に改正する権限が移る。皇族会議はあるが最終決定権は皇族にない。

皇位継承についても皇族はタッチできないので、自分の家について意見は言えるが何もできないという問題点がある。

天皇の男系男子の継承の伝統は明治にはじまる

天皇の男系男子の継承の伝統はここからはじまります。天皇の歴史からするとあまりにも新しいので、伝統といえるかどうか怪しいです。

ちなみに、相撲から女性を排除したのも明治時代です。江戸時代は、上半身裸で女性が土俵に上がっていたほどです。

明治時代は帝国主義時代のど真ん中で、日本人は常に戦争を意識していました。

だからこそ男系主義が強く出てしまい『男尊女卑』『女性蔑視』が強く出てしまったのでしょう。

明治、大正、昭和初期の日本は『男尊女卑』の思想が充満していた時代でした。もしかすると日本の長い歴史の中で一番『女性蔑視』が行われた時代かもしれません。

『男系男子の継承は初代神武天皇からつづいてきた伝統』はウソなのか?

よく”保守”の側から言われる、

男系男子の継承は、初代 神武天皇からつづいてきた伝統

はまちがっているのか?という疑問があると思います。

まずいえることは、

まちがっているとはいわないが、異論をゆるさないほど絶対的で優位なものでもない。

です。

そのような白か黒かを判定できないことを、”保守”の人々は”絶対的な正解”として強弁するからおかしいんです。

神武天皇をことさら絶対視するなぞ

その背景には、”保守”の人々は中国から輸入された『男尊女卑』の思想が、日本古来の思想として存在していると思っているところにあります。

いまでも、『男尊女卑』の思想が日本古来の宗教のオリジナリティだと思っています。

当人たちはそのことにさえ気づいていません。宗教になっているので他の意見は聞けないし、気づけないのでしょう。

『初代神武天皇から~』には、いろいろな疑問が投げかけられています。

  • 古代の日本は男系思想が浸透していないのに、なぜ『日本書紀』『古事記』の歴代天皇は男系思想が入っているのか?
  • だから『日本書紀』『古事記』の内容は事実とかけ離れているのでは?
  • 飛鳥・奈良時代は、男系男子優位社会ではなく半数以上が女帝で、母親から皇位を受け継いだ天皇もいるのに『男系』を強調するのはなぜ?
  • 天皇の皇統は天照大御神(アマテラスオオミカミ。女性)から始まっているのに、なんで神武天皇から語るの?
  • そもそも天照大御神は女性なんだから、天皇は女系から始まっているでしょ?
  • etc...

(ここで書いたものはぼくが同意した疑問です。でも、初代神武天皇から語る点についてはいろいろなところで指摘されています。)

このように

古代の日本は、男系・男子優位の思想が浸透していないのに、なぜその思想ありきで語るの?

というものばかりです。

『神武天皇・絶対』の疑問に対する珍解答

”保守”の人々は、古代の日本が『男系・男子優位の社会じゃない』ことを知らないので、これらの疑問に対する回答がチンプンカンプンです。

女帝は男系でつなぐための中継ぎにすぎなかった

そんなことはない。女帝の残した功績は大きい。

  • 大王(おおきみ)から天子(のちの天皇)に格上げしたのは推古天皇。また、自らを”天皇”と初めて名乗る。
  • 日本が独立国家として世界デビューを宣言したのも推古天皇の時代。
  • 天皇の歴史で最初に譲位した(生前に皇位を譲る)のは皇極天皇。(当時は上皇という呼称はなかったが事実上の初の上皇)
  • ”日本”という国名を制定、”天皇”、”上皇”という呼称を制定したときは持統上皇の時代。(天皇の歴史上最初の上皇)
  • 日本が一人前の国家として認められるため、歴史書の編纂(日本書紀、古事記など)や法律の整備を行ったのは女帝が乱立した時代。
  • 天皇に諡をつけたのは元正天皇から。このとき、それまでの歴代天皇に一気に諡をつける。諡は神武、綏靖...、推古...など。それまでは~ノミコトなどの個人名。いまは過去の天皇は諡で呼ぶのが一般的。

女帝は男系でつなぐための中継ぎ』と、ひとくくりにして見ることは学説で否定されています。いまは女帝を一人一人見て判断するようになっています。

その結果『次の天皇までの中継ぎだった』といわれる女帝もいます。

天照大御神は神話の世界のカミだから、そこから語れない

そもそも、初代 神武天皇は神話上の人物。2代から9代の天皇は欠史八代(けっしはちだい)ともいわれ、実在が確認されていない。

(神話上の人物とされている)

おなじ神話のはなしなのに、天照大御神はフィクションといいながら神武天皇は信じるという理屈が、中学生よりも知識がないと思われるほどおかしな言い方。

(ただし、アマテラスはカミサマの世界、神武天皇は人間世界というちがいはあります。)


 

このように、”保守”の人々はこれらの疑問に対する回答を持ち合わせていませんし、考えようともしません。

宗教の教典に書いているのでその必要はないということなのでしょう。考えるだけの力がないということでもあります。

そのようなことから、『男系男子の継承は初代神武天皇から続いてきた伝統』はまちがっているのか?と言われれば、

『男系男子の継承は初代神武天皇から続いてきた伝統』をいう人々は、その理由を語らない、語る努力をする気もない。

ということは語れるだけの言葉をもっていない。よって信じるに値しない。

ということになります。もし今のままで信じることがあるとすれば、『男系男子継承教』に入信することぐらいでしょうか。

前のページ
大相撲の女人禁制と天皇の男系男子継承は根が同じ
政治家の15年のサボタージュが皇室を滅ぼす
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!