姓、氏、名字、苗字の違いは何か?

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
Q&A image

現在は、(せい、かばね)、(し、うじ)、名字(みょうじ)、苗字(みょうじ)に違いはありません。使い分けする必要もありません。

ただ、これらの違いは生まれた時代や由来がちがいます。最初はそれぞれの意味もちがいました。

それでは、どのようにして生まれたのか見ていきましょう。

氏姓はどこからきた?

人の名前で、集団で共通のものを使うという習慣はずーっと昔から(紀元前とか。古すぎて分からない)あったみたいですが、それについて決まりがあるとか、なんて呼ぶのかとかありませんでした。

ある特定の人のはなしをするのに『○○の地域の××の方向の△△の川の上流の方の...』と、表現するのに面倒なので適当にあだ名みたいなのをつけたのでしょう。

それがいつしかウジカバネというようになります。

それに中国から輸入された氏姓(しせい)という考え方・漢字をはてはめて、氏(ウジ)、姓(カバネ)になりました。

日本に氏姓が輸入されたとき、中国ではすでに氏と姓の違いはありません。同じ祖先をもつ血族集団のことです。

これを日本では、奈良を中心とした王権の統治システムに使いました。姓は役職、氏はそれを任された血族集団です。

どんな人?

(おみ)
総理大臣。
もともと大王から分家した子孫。
特定の地域を支配した強大な豪族だった。
リーダーのことを大臣という。
葛城氏、蘇我氏など。

(むらじ)
総理大臣。
臣とちがって大王に政治を任された役職の意味合いが強い。
おもに軍事担当。
臣との上下関係はない。臣と連の2頭政治。
リーダーのことを大連という。
大伴氏、物部氏など。
国造
(くにのみやつこ)
県知事。地方の有力豪族。
奈良から遠いところの豪族が多い。
奈良に近い豪族は臣・連など大王の側にいた。
いろいろ。
県主
(あがたぬし)
市区町村長。
小さい集団の部族長が任命された。
いろいろ。
大連(おおむらじ)と大臣(おおおみ)

大連は、古代のヤマト王権の最高の役職。連(むらじ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。大伴氏(おおとも)や物部氏(もののべ)。

大臣も古代のヤマト王権の最高の役職。臣(おみ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。葛城氏(かつらぎ)や蘇我氏(そが)など。

大臣は、300年5代の天皇に仕えたとされる伝説の臣下、武内宿禰(たけうちのすくね)の子孫たちで占められる。

大連は、ヤマト王権では軍事・警察を担当した。

よく、大臣はもともとヤマトと同格の氏族でヤマトの協力者、大連は昔からヤマトに仕えた臣下といわれるが、武内宿禰が伝説の臣下なのであてはまらない。

ちなみに、大臣は妃を出せるが大連は出せない理由も、もともと同格の大臣からは出せて臣下からは格が違うから出せないとの説で説明される。

しかしこれは、武内宿禰は第8代 孝元天皇の子孫だとされるので、由緒ある家柄だから嫁に出せたという理由の方が説明がつく。大伴・物部氏の祖先は天皇ではない。

連も臣も氏姓制度で設けられた姓。

いまでも政治の最高実力者は総理大臣、外務大臣など大臣(だいじん)というが、ここに由来があるのかどうかは分からない。

(個人的にはあるような気がする。)

ほかにもありますがとりあえず有名なところだけを挙げました。

この氏姓を政治システムに使った制度を氏姓制度(しせいせいど。うじかばねせいど)といいます。

氏姓制度がいつはじまったのかよく分かりません。古墳時代だと言われます。(4,5世紀? 3世紀? 2世紀?)

姓(せい、かばね)は天皇からもらうもの

なぜ氏姓制度はできたのでしょうか?

これは地方で独立して豪族が支配していたのを、奈良を政治の中心にして、大王(おおきみ。のちの天皇)を中心にした王権ができてきたからです。

これをヤマト王権といいます。聖徳太子の時代のもっと、もっと前です。

ヤマト王権は、オラオラ系の、オレがオレがの、ワガママな豪族(氏)を大王がまとめる必要があるので、氏姓制度というルールが必要だったんですね? それだけまとめるのが大変だったということです。

氏姓制度のなかでは、氏も姓も大王からもらうものです。

大事な仕事を任せるから(姓)、この名前を使ってね(氏)?

です。

これには、

豪族がすでにもっている地域や権力をそのまま持ってていいから、約束するから、ヤマト王権のために頑張ってね?

という意味もあります。

姓は役職・地位を表す名前

氏姓制度は姓と氏を決めて、その氏姓がどの地位でどのような仕事をするのかを決めました。この制度では姓と氏はその人の役職と地位を表します。

大王が姓と氏を与えるという行為は大王の任命行為になります。今でいうと、姓は、部長の名前、課長の名前、係長の名前、主任の名前みたいなものです。

いまは役職・地位が変わっても名前は変わりませんが、当時は役職・地位が変わるとその人の名前も変わっていました。

平安時代より前には、朝廷の官位の改定や姓と氏の与える範囲の拡大などの影響で何度か姓の種類が変わっています。

当時は姓と氏を聞いたときに、どういう家柄の豪族がどんな仕事をしていて(氏)、どのくらいの地位(姓)の人か分かっていました。

蘇我氏(そがし)は有名ですよね? 蘇我氏は、姓は(おみ)、氏は蘇我です。

姓は栄誉ある名前として残っていく

平安時代に入ると藤原氏が政治の実権を握り独占状態になります。

こうなると、氏姓制度の意味がなくなってしまいます。部長、課長、係長、主任の名前が藤原だらけになってしまったからです。

また、天皇が自分の息子たちに氏姓制度にはない姓と氏を与えて民間人にするということも増えていきます。

このようにして、天皇が与える姓と氏は氏姓制度にあるものないもの関係なく、天皇から名前をもらうという栄誉だけが残っていきます。

氏は血族集団という意味が強くなり、大きな氏が政治を動かすので歴史の教科書でもよく出てきます。でも、姓はたんなる栄誉としてだけ残ったので、正式の場でないと使わなくなります。

正式の場は天皇の御前とか目上の人に会うとき、外国の使者との交渉のときなどです。これではごく一部の人にしか分からないので存在感がなくなってしまいました。

源頼朝、足利尊氏、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の姓をほとんどの人が知らないですよね?

ただし氏姓制度は崩壊しましたが、栄誉ある名前をもらった人が地位の高い仕事を任せられるのは、明治の近代になるまで続きます。

日本人全員に名字をつけるようになったのは明治になってからです。

もともと、氏姓が権力に近い大きな力をもった人にしか与えられないものだったのでそれが長い間つづきました。

歴史で出てくる人は権力に近い人たちなので『○○氏』が多いんですね?

氏が関係なく個人で有名な人が増えるのは江戸時代からです。(葛飾北斎など)

藤原氏の影響力は今でも続いている

政治の世界では、明治になるまで家柄(姓、氏)によってどの仕事に就くのか決まってくるという常識がありました。

平安時代から政治の仕事の地位は藤原氏で占められますが、あまりにも藤原が多くてそれぞれ分家していきます。

佐藤、伊藤、近藤、結城、菊池、山内、大友、佐野、水谷...

数えたらきりがないくらいの藤原分家が誕生しました。これらの家は代々同じ仕事をするようになります。

日本の政治の世界ではいまだに家柄が優位になっていますね?このような常識の名残ともいえます。

藤原系の名前はいまでも周りを見渡せばたくさんいます。それだけ名前に与えた藤原氏の影響力は大です。

天皇から名前をもらうという栄誉は武家社会にも浸透する

平安時代には、天皇が氏姓制度とは関係ない姓と氏を与えるようになりました。あとで有名になる源氏(げんじ)、平氏(へいし)もこのときに出てきた氏です。

これらは、

朝臣(あそん)という姓を与えるから、(みなもと)、(たいら)という氏になって、民間から天皇を支えるために頑張ってね?

といわれた天皇の息子たちです。

源氏、平氏が生まれた時代は、藤原氏が天皇を超える強大な力を持ちはじめた時代です。

その藤原氏は、また天皇に権力が戻らないように天皇の家族を民間人にして遠ざけたかったのかもしれません。また逆に、藤原氏に対抗できる勢力を天皇がつくりたかったのかもしれません。

たとえば、源頼朝(みなもと の よりとも)の祖先は清和天皇(せいわ )です。じつは清和天皇から摂関政治がはじまっています。

鎌倉時代からは、武家の棟梁の征夷大将軍は”朝臣”という姓で”源”という氏がなるという常識ができました。

征夷大将軍は源氏しかなれない

といわれる話も、栄誉ある名前の家柄の人が代々仕事を引き継ぐことが関係しています。

源頼朝は、日本の武家の棟梁としての地位を求めて征夷大将軍になりました。それから鎌倉、室町時代と、ずっと征夷大将軍=朝臣、源氏だったので、いつのまにか征夷大将軍=朝臣、源氏が常識になっていったのでしょう。

結局、朝臣・源氏だけが幕府の将軍になりました。

源頼朝はそのまま源氏ですね?正式には源朝臣頼朝(みなもとのあそんよりとも)です。

足利尊氏の本当の名前は源朝臣尊氏(みなもとのあそんたかうじ)です。

徳川家康の本当の名前は源朝臣家康(みなもとのあそんいえやす)です。

源頼朝、足利尊氏、徳川家康は"朝臣"という同じ姓です。ちなみに織田信長、豊臣秀吉の姓も朝臣です。

朝臣は皇族以外の民間人に与えられる最高の姓です(上から2番目)。

有力な武士に与えられるという決まりはないですが、これも代々仕事を引き継ぐという暗黙のルールが続いたことでそうなっていきました。

今でも皇族は姓を持たない

姓は天皇から与えられる名前です。ということは、天皇および皇族方は姓を持ちません。天皇に姓を与えるほどの地位が日本には存在しないからです。

これはずっとつづいています。いまでも天皇、皇族方には姓がありません。報道などでもファーストネームか宮家の名称でしか呼ばれないのはそのためです。

いまの日本で姓をもたないのは皇族方だけです。昔は姓をもつほうが珍しかったのに比べると不思議な感じがします。

姓は中国の影響が大きいですが、一番トップの統治する人に姓がないというのは日本のオリジナルです。

中国では絶対的な皇帝が姓をもっていて、変なことをしたら別の姓の人に倒されるので、そのことを易姓革命(えきせいかくめい)といいます。

易姓は『皇帝になる人の姓が変わる』という意味です。中国は易姓革命のくり返しの歴史です。

王朝交代といってもいいです

日本の天皇には姓がないので王朝交代は起きませんでした。これからもないです。天皇には姓がないのだから。

中国から伝わった姓は男系思想と関係が深いといわれます。氏姓制度ができたころに日本に男系思想が入ってきました。

男系思想は、

  • 家を継いでいくのは男じゃないとダメ!
  • 社会の中心は男!
  • 女はそのために男を支えろ!

という男尊女卑の考え方です。

日本は女性の血統も大事にしたので、皇族に姓がないのはその影響もあります。

氏(し、うじ)は自分から名乗ることもできた

氏は、それぞれの土地で力を持った豪族の血族集団、同族集団の家のことです。この『家』というものに大きな意味をもちます。

姓は天皇からもらうものですが、氏も同じように目上の人から名付けてもらいました。

でも氏は、天皇以外からもらうこともありましたし、自分で勝手に名乗ることもありました。

もちろん、氏姓制度で天皇から与えられた栄誉ある氏も残っていました。

氏は、

  • 俺たちは天皇からもらった栄誉ある氏だぞ!!
  • 俺たちは同じ家に所属している仲間だぞ!!
  • この土地で力を持っているんだぞ!!

ということを周りに示していました。有名な蘇我氏(そがし)も氏(うじ)です。

日本の氏には世界でも珍しい特長があります。それは『血統にこだわらない』です。

これがややこしいです。さっき『氏は血族集団』といったばかりなのに、日本の氏は血統にこだわらないからです。

ふつう家(いえ)は同じ血統で引き継いでいくから『家』なんですが、日本の家は『○○家を継いでいく』というのが一番大事です。

血族で継いでいくために家がある

ではなく、

家がまずあって、それを血族で継いでいくけどダメだったら家だけでも守りたい

を大切にします。家がつづきさえすれば引き継ぐのはだれでもいいです。正確には『家を継がせたいほど優秀』ならだれでもいいです。

養子縁組はその典型です。世界では女性ばかりが生まれた家はつぶれるのですが、日本では養子縁組で優秀な男を入れることで家を継いできました。

息子をほかの家に出したあとに継ぐ人がいなくなって、優秀な他人の養子に継がせるなんてこともありました。それが家を守るために必要だったからです。

日本の○○家は『株式会社〇〇』のようなものです。だから高度成長期は『社員は家族』という言葉もありました。

日本では氏は会社名です。創業家がダメになったらいつでもだれかに替えられます。

どうして源氏、平氏は武家の中でも特別なのか?

姓のところでもいったように、源氏・平氏は、平安時代に天皇から姓と氏を与えられて民間人になった天皇の息子からはじまっています。

源氏・平氏は、天皇の子孫で天皇から栄誉ある氏をもらっている人たちだと知られていました。だから武士になっても格が上に見られます。

源氏も平氏も最初から武士だったわけではありません。最初のころは武士というよりも貴族や高名な僧侶に多くいました。じっさいに左大臣や右大臣を務めた源氏の人物がいます。

その中で国司になるものも出てきました。そして、その国司の中から赴任地をあたかも自分の土地のようにふるまい始める人が出てきます。

彼らは武力を持つほど力をもちはじめました。武士です。武士の成り立ちはこれだけではありません。ここでは省略します。

平清盛、源頼朝の祖先は国司です。

この人たちは、自分のもっている領地を守るために血族、同族を大事にするようになります。だんだんと氏の性質が強くなって、元皇族というよりも栄誉ある名前をもった豪族のほうがしっくりくるようになりました。

平氏も源氏も武士というイメージがあるのはそのためで、平氏・源氏は皇族からはじまりすこしずつ豪族に変わっていった人たちです。

国司(こくし)

古代から平安時代にかけて中央政府から派遣された地方の役人。646年には存在したが、いつ始まったのかはっきりと分からない。大宝律令・養老律令で確立された。

地方のすべての権限を持っていた。

京都では、生まれがいいのに仕事に恵まれない人がたくさんいたので、その人たちが派遣された。(天下り)

送り込まれる人の家柄がすごかったので地方ではやりたい放題。(元皇族・藤原氏)

今の県知事・県警本部長・裁判官を一人で務めるようなもの。

偉い順に、守(かみ)、介(すけ)、掾(じょう)、目(さかん)…と続く。

平安時代には、中央政府を無視して自分の国かのように振る舞っていく。中には武士の棟梁になるものもいた。(平清盛・源頼朝の祖先)

鎌倉時代に入ると、地頭に仕事を奪われて形だけの役職になるが明治になるまで続いた。

戦国武将や江戸時代の武士は国司の役職を持っていたが、ほんとうに任命されているかは関係なくカッコイイ名前として使われる。

  • 織田 上総介(かずさのすけ)信長
  • 徳川 駿河守(するがのかみ)家康

織田信長はいまでいうと千葉県の副知事。徳川家康は静岡県知事。信長は上総の国とは無関係でカッコイイ名前として使い、家康はほんとうに駿河守に任命されていた。

織田信長が一番偉くないのが面白い。

養老律令(ようろうりつりょう)

757年、孝謙天皇の時代に施行された律令。701年に成立した大宝律令の修正版とされている。古代。平安時代の半世紀前。

律令は、律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

天皇の皇位継承のルールを定めた継嗣令(けいしりょう)もある。

なんで頼朝は本名なのに、尊氏と家康は違うの?

源頼朝、足利尊氏、徳川家康。なぜ、尊氏と家康は頼朝と同じ源氏なのに、名前で源氏を名乗っていないのでしょうか。これには3人の源氏の中での立場のちがいがあります。

日本全国に源さん、平さんがいっぱい

源氏・平氏は、天皇が息子を民間人にするときの氏として多く使ったので、日本全国津々浦々に源・平の人、その子孫が芋づる式に増えていきました。こうなると区別がつきません。

そこで、本当は源・平だけど普段は別の名前を名乗るようになり、それぞれ血族集団としての氏になっていきます。

源頼朝は源氏です。

足利尊氏は源氏で足利氏です。

徳川家康は源氏で徳川氏です。

氏は1つだけもつというルールはありません。あくまで血族集団としての名前なので、分家した人々は本家筋の氏と自分の家の氏の両方をもちました。

源頼朝は本家筋の人なので源氏だけです。

頼朝は本家、尊氏は分家、家康はウソつき

頼朝は源氏の本家本流の家に生まれたので源氏以外の氏をもちません。尊氏は源氏の分家筋で何代かさかのぼると頼朝とつながります。

木曽義仲(きそ よしなか)、新田義貞(にった よしさだ)なども源氏です。分家した人たちはそれぞれの場所で独自の氏を名乗るようになりました。

家康は出世していく中で、無理やり自分を源氏の人間だと家系図を改ざんした疑いがあります。

家康は三河の国で独立を保つために、朝廷から三河守(みかわのかみ)(今でいう県知事)の地位をもらおうと考えました。そこで、源氏の流れをくむ新田氏(新田義貞など)出身だと言い始めます。

足利・徳川の氏はニックネームです。徳川家康の本名は、”源氏の出身で朝臣という姓をもった家康という名の人”になります。

家康は朝鮮通信使との交換文書などでは徳川ではなく源を使っています。

また、最後の会津藩主松平容保(まつだいら かたもり)も本名は源朝臣容保(みなもとのあそんかたもり)です。これは新選組の隊長だった斎藤一に送った感謝の手紙などに見られます。

歴史の教科書で習った名前はニックネームを使っているものがたくさんあります。例えば、織田信長は平朝臣信長(たいらのあそんのぶなが)です。

戦国時代の武将はずーっと同じ氏を名乗らないこともありました。織田信長は『藤原』だったこともあると言われます。

このときすでに、

  • これを名乗るとカッコいい!
  • ステータスが上がる!

のようになっていて、血統なんかどこへやら、力さえあればだれでも氏になっています。

姓と氏の違い

藤原、源、平、豊臣は天皇からもらった氏で、同時に朝臣という姓ももらっています。当時は姓と氏、両方もっているのが普通でした。

徳川家康を例に見てみましょう。

正式の場では、源 朝臣 家康(みなもとのあそんいえやす)と名乗ります。

今の感覚では、源(セカンドネーム)、朝臣(ミドルネーム)、家康(ファーストネーム)です。

正式の場でないとき、普段は徳川家康(とくがわいえやす)になります。徳川はニックネームです。

姓は天皇以外からもらうことはありません。そして姓の意味が、天皇からもらった栄誉ある名前という以外、意味をもたないものになりました。

氏には、血族・同族集団という強い意味があります(じっさいは家を守るための会社名)。そして氏は、人からもらってもよし、自分で名乗るのもよしという、ルールもなくゆるーい感じになります。

氏は天皇からもらった栄誉ある氏、力でのし上がった氏、太古の昔から存在した歴史ある氏など、いろいろな氏があってアピールするため多く使われました。そのため今でもなじみのある名前になっています。

正式な場でのミドルネーム。
ふだんは使わない。
本家の氏正式な場でのセカンドネーム(ファミリーネーム)。
ふだんは使わない。
自分の氏ニックネーム。
ふだん使っているセカンドネーム。
ファーストネーム。
どこでも使う。

名字(みょうじ)は平安時代に始まる

名字は平安時代に始まります。藤原氏が天皇の親戚となって力をふるった時代です。藤原氏が日本各地の国の土地を荘園としてどんどん奪っていました。

荘園(しょうえん)

743年に私有地を持てる法律ができたことから始まる、上皇・貴族・寺社勢力・豪族の私有地のこと。

農園と言われることがあるが鉄の生産など工業も行われた。

室町時代くらいから武士などの地方の有力者に奪われ失われていく。

豊臣秀吉の太閤検地などの土地制度改革で、私有地はいったん国に返すことになったので消滅する。

この時代より前の奈良時代から、名田(みょうでん)という土地の区画の単位があって、国家の土地から取れるコメを税金として収めるのに使われました。

平安時代から名田の区画の単位を荘園でも使うようになります。ここで、名田と税について専門的な知識をもった名田経営をする人がでてきました(名主)。

企業の顧問税理士みたいなものです。名主はだんだん力をもちはじめます。

このように、平安時代は律令制が崩壊したことで各地の名田に力をもちはじめた人が出てきました。武士もその中にいました。

律令(りつりょう)

律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

7世紀の当時、世界の先進国の1つだった中国から伝わる。

日本は世界の先進国の仲間入りを目指して導入し始めていた。

律令で統治された国家を律令国家、その政治システムを律令制という。

そして、名田の中で力をもちはじめた人が、”俺はこの名田で力をもっているぞ!”ということをアピールするために、ニックネーム((あざな))をつけて名乗るようになります。

田にちなんだ = 名字

の誕生です。

この時代、名田で力をもちはじめた人に武士がいたので、武士の名前は名字に由来するといえます。

木曽義仲、足利尊氏、新田義貞などはその土地にちなんだ名前なので名字です。

no image person
足利氏、新田氏って氏(うじ)がついてるよね?

と思うかもしれません。

名字を名乗るということは、自分の力を誇示したいというメッセージがあります。もちろん、その力を自分の息子たちに引き継ぎたいという想いが出てきます。

この想いが募ると血族・同族を大事にするようになります。このようにして名字が氏に変化していきます。

そして、出世はしたけれどまともな姓がなければステータスのある姓をもらいます。

名字から氏へ、そして姓をもらうストーリー

豊臣秀吉が分かりやすい例です。

木下 藤吉郎 秀吉

秀吉は農民出身なので名字をもっていませんでした。木下は嫁さんの実家の名字です。もちろん姓もありません。

藤吉郎は若いころの名前です。当時は昔の名前や幼名をミドルネームに使っていました。出世すると使わなくなります。

羽柴 藤吉郎 秀吉

羽柴 筑前守 秀吉

出世しはじめた秀吉です。

羽柴は上司の丹羽長秀(にわながひで)と柴田勝家(しばたかついえ)から一字ずつもらって自分でつけました。

ヨイショですね?

また、当時の武将から流行りだした国司の役職名をつけるようになります(筑前守)。

筑前守はいまでいう福岡県知事です。当時の秀吉はまったく筑前とは関係ありません。『かっこいい』と思ったか織田信長からもらったのでしょう。

出世街道まっしぐらの中で名字から氏になります。天下を取った秀吉はこの『羽柴』の氏を有力武将に与えはじめました。

前田利家(まえだとしいえ)は有名な武将ですが、最後の名前は『羽柴 筑前守 利家』です。秀吉から『羽柴』と『筑前守』までもらいました。

これは意外と知られていません。

利家はそれだけ秀吉に信頼されていた証拠です。秀吉からすると敵になると怖かったともいえます。

これもヨイショです。秀吉は相手のふところに飛び込む天才です。

藤原 秀吉

これも意外に知られていません。秀吉には藤原の時代があります。秀吉は天下を取ったのはいいけれど農民出身がバレバレでした。

家康のようにウソをついて源氏を名乗ることもできません。

そこで秀吉は、室町幕府の最後の将軍・足利義昭(あしかがよしあき。源氏)の養子になって征夷大将軍になろうとしますが断られてしまいます。

征夷大将軍をあきらめた秀吉は、『それなら朝廷のもっと上を目指そう!』と考えて近衛前久(このえさきひさ)の養子になってステータスのある藤原氏になりました。

近衛前久は藤原氏の筆頭の家柄の近衛家の当主で、左大臣・太政大臣・関白を歴任した超大物です。

この最高級の氏を手に入れた秀吉は関白になります。

豊臣 朝臣 秀吉

秀吉の最後の名前です。藤原は出世するためのレンタルした氏なので、藤原に匹敵する氏を天皇からもらいました。それが『豊臣』です。そして太政大臣になりました。

太政大臣は官位の中で最高の位です。

太政大臣になった秀吉はとうとう『朝臣』の姓ももらいました。名前だけを見ても名字もない、氏もない、姓もないところからトップまで上り詰めたことが分かります。

木下藤吉郎秀吉名字もない。氏もない。姓もない。
名字はレンタル。
藤吉郎は幼名。
羽柴藤吉郎秀吉
羽柴筑前守秀吉
出世し始めたのでオリジナルの名字をつける。
氏・姓はない。
藤原(近衛)秀吉トップを目指すために氏をレンタルする。
羽柴を氏として有力武将に与え始める。
姓はない。
豊臣秀吉関白になったのでオリジナルの氏を天皇からもらう。
姓はない。
豊臣朝臣秀吉太政大臣に上り詰めたので姓をもらう。

名字なし。氏なし。姓なし。役職なしから最高の氏、最高の姓、最高の役職まで上り詰めた人は後にも先にも秀吉ひとりです。

名前のサクセスストーリーでは日本最高の男です。

苗字(みょうじ)は江戸時代に始まる

苗字は江戸時代に始まります。苗には ”遠い子孫” という意味があります。そこから、自分の家が子々孫々続きますようにという願いを込めて、苗字を付けるようになります。

これには時代背景があります。当時の武士階級は、徳川将軍家のさじ加減でお家断絶や転封など自分の家が安定して続くことがむずかしい時代でした。

その中で自分の名前に苗字として願いを込めたのでしょう。

転封(てんぽう)

徳川将軍家が大名を別の土地へ国替えすること。

大名に罰を与えるために行うこともあった。

貴族、武士以外はどうだったの?

江戸時代は、貴族・武士以外苗字を持つことは許されませんでした。氏姓や名字のように名前をもつということが特別なことだったので、苗字も特権だったのでしょう。

いつの時代に始まったのかはわかりませんが、商人であれば屋号(やごう)がありましたし、その他の農民や漁民なども周りの人と区別するための(あざな)をもっていたと言われます。

人間が集団で生活するわけですから、こういうものは自然と生まれるものですよね? 今でもあだ名とかつけますから。

現在の、姓、氏、名字、苗字の意味に違いはない

いまは姓・氏・名字・苗字に違いはありません。明治の近代化の中で統一することにしました。

もともと日本人は自分の名前に執着していませんでした。複数の名前をもつことも当たり前でしたし何かあるたびに名前を変えていました。

  • 元服したら変える
  • 別の土地に引っ越したら変える
  • 出世するごとに変える
  • 嫌なことが起きると縁起がいい名前に変える
  • 長男じゃないので独立して名前を変える
  • 相手の立場によって使い分ける

近代国家は国民国家です。国民ひとりひとりを特定して、納税や軍役など個人が国家に対して責任をもつのが基本です。

もちろん、名前がなかったり、コロコロ変えたりするのは不都合です。だから今は、『姓名』、『氏名』、『名字と名前』は同じで、国民は必ず氏名があります。

苗字はいま絶滅しています。

このような流れなので、日本語には人の名前を表現する言葉がたくさんあります。

  • 『姓名』判断
  • 『氏名』・年齢
  • 名字と名前

見事に『姓(せい)』『氏(うじ)』『名字』を使い分けてますね?

日本人なら感覚的にわかっているところです。『氏名判断』『姓名・年齢』『姓と名』『氏と名』とは言いませんから。

『姓と名』は使う気もしますが、あまりなじみがありません。

氏名フルネームのこと。文書にフルネームで書く欄は『氏名欄(シメイ)』。
姓名氏名と同じフルネームのことだが、文書に書くときなど名字と名前が分けられるときに使う。
『姓欄 (セイ)』『名前欄 (ナマエ)』『姓・名欄(セイ・メイ)』。
名字と名前名字と名前が完全に独立したときに使う。
『姓(名字)が変わる』
最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!