第88代 後嵯峨天皇 南北朝分裂のきっかけを作る

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
後嵯峨天皇 肖像画

歴代天皇 - 鎌倉幕府が認めないとなれなかった天皇たち -

後嵯峨天皇(ごさが)は、朝廷が天皇の即位を決められず、鎌倉幕府が決めた天皇です。

そしてこの時代には珍しく、26年の長期間、院政を行なった上皇でもありました。

中世 鎌倉時代

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)

  • 生没年
  • 1220年2月26日 ~ 1272年2月17日
    承久2 ~ 文永9
    53才
  • 在位
  • 1242年1月20日 ~ 1246年1月29日
    仁治3 ~ 寛元4
    5年
  • 名前
  • 邦仁
    (くにひと)
  • 別名
  • 素覚

  • 源 通子
    (みなもとの みちこ)

    源 通宗の娘
    (みなもとの みちむね)

  • 中宮
  • 西園寺 姞子
    (さいおんじ きっし)

    大宮院
    (おおみやいん)

    西園寺 実氏の娘
    (さいおんじ さねうじ)

皇統がほとんど消えかかっていた

四条天皇は、12才の子供で突然の事故死だったので、後継者を指名していませんでした。もちろん子供もいませんでした。

四条天皇の父親は後堀河天皇で、承久の乱で根こそぎ排除された後鳥羽系統じゃないところから連れてこられました。

後堀河天皇は、天皇になれるはずじゃなかったため、また23才で亡くなったため、四条天皇以外の後継者を作ることができませんでした。

結局、またほかのところから後継者を連れてくる必要が出てきました。

ここで、天皇の系図を見てみましょう。

emperor list image
宮内庁HPより抜粋 色付きマークは筆者加工

赤い×は、承久の乱で鎌倉幕府から排除された天皇・上皇です。

青い×は、承久の乱の後に後鳥羽系統に代わって連れてこられた、後高倉院(守貞親王)の系統です。これも四条天皇で終わりました。

ちなみに安徳天皇は、平家と一緒に都落ちして瀬戸内海に身を投げた不幸の天皇です。

これを見ると、天皇になれる皇統がすべて無くなっていることが分かります。

後嵯峨天皇が即位する前は、皇統が断絶しかけていました。一番の理由は、鎌倉幕府が後先考えずに、一番後継者が多かった本流の後鳥羽系統をまとめて排除したからです。

これで一気に状況が悪くなってしまいました。そして幕府の誤算は、新しく連れてきた人が続けて早死にしたことでしょう。

このような状況で、後継者候補の闘争が始まります。

幕府が天皇を決めてしまう

天皇になる人がいないため、朝廷では、幕府に排除された後鳥羽系統から新たに天皇候補を連れてきます。

四条天皇の外祖父の実力者・九条道家は、順徳天皇の皇子・忠成王(ただなりおう)を推しました。でも幕府は、『兵を出すぞ!』と脅してでも拒否します。

順徳天皇は、北条氏を倒すために天皇を退位したほどだったので、幕府はその息子を天皇にすることが許せませんでした。

そこで幕府は、23才になるのに元服もせず・寺に入るわけでもない、中途半端な状態でほったらかしにされていた、土御門天皇の皇子・邦仁王(くにひとおう)を無理やり即位させます。後嵯峨天皇です。

忠成王も邦仁王も『王』と呼ばれているところが注目です。

天皇の皇子ですが、忠成王は5男、邦仁王は9男9女の兄弟がいるので、もともと後継者から外れていました。

だから、承久の乱で流刑されなかったのですが。

このとき、順徳上皇は佐渡で生きていました。幕府は、忠成王が即位すると倒幕運動が起きて危ないと思っていました。

土御門上皇は承久の乱の後、『自分も島流しにしてくれ』と幕府にお願いした人です。

幕府は『その必要はない』と言っていましたが、あまりにもしつこいので京都から追放しました。

幕府は、後鳥羽上皇・順徳上皇は許せませんでしたが、土御門上皇に恨みはなかったのも後嵯峨天皇の即位に関係しています。

邦仁王は、2才の時父親が京都を追放されたので、母方の大叔父の土御門定通(つちみかど さだみち)に預けれて育てられました。

定通の側室は北条氏だったこと、土御門家は没落して貧乏暮らしをしていたので、復活の機会をうかがっていたことなどが、後嵯峨天皇の即位に影響しています。

後嵯峨天皇の即位はパニックだった

後嵯峨天皇の即位はゴタゴタのオンパレードです。

いままで誰も相手にしていなかった、とうか存在自体忘れていた邦仁王がいきなり現れたこと

(幕府が無理やりねじ込んだのでしょうがない)

邦仁王はただのプータローだったので、大急ぎで元服させる必要があったこと。

プータローの即位に誰も納得するわけがないので、理由を作っていたこと。

(幕府は最初から邦仁王に決めていたので、朝廷の説得工作が必要だった。)

結局、このゴタゴタのために、空位期間(天皇がいない期間)が11日も空いてしまいました。

(この時代はすでに、譲位が当たり前だったので、天皇の引継ぎは間をあけないことが常識になっていた)

適当な皇位継承が150年の内部分裂を招く

後嵯峨天皇は在位4年で退位して、後深草天皇に譲位します。さらに14年後、次は後深草天皇に、弟に譲位するように迫り、亀山天皇が即位します。

後嵯峨上皇は、後深草・亀山の2人の天皇の26年の間、院政を行いました。

しかしこの交代で、室町時代の南北朝分裂にまで発展する内部分裂の原因を作ってしまいます。

亀山天皇が即位したとき、後嵯峨上皇には皇子がいました。でも、亀山天皇の皇子が皇太子になります。

そして、後深草・亀山のどっちが治天の君になるかは、鎌倉幕府が決めるといういい加減な遺言を残します。

『治天の君』は、『天を治める人』という意味で、上皇のことです。

ここでは上皇が後深草・亀山の二人がいるので、どちらが天皇の後見人になるのかの判断を鎌倉幕府に丸投げしていることになります。

どっちが治天の君になるのか? = どっちの息子が天皇になるのか?

なので、息子たちの運命も変わります。

譲位(じょうい)

天皇が生前に退位して次の天皇を即位させること。退位した天皇は上皇になる。

このいい加減な丸投げで、治天の君になれなかった後深草上皇と亀山上皇の対立が生まれ、150年の内部分裂にまで発展します。

emperor list image
宮内庁HPより抜粋 色付きマークは筆者加工

大覚寺統(だいかくじとう)は、後嵯峨天皇、後宇多天皇が出家した後、大覚寺の門跡(住職)を務めたことに由来します。

持明院統(じみょういんとう)は平安京の一角に作られた寺院の持明院が、伏見上皇の邸宅になっていたことから由来します。

幕府が天皇の即位を決めるようになったもう一つの理由

後嵯峨天皇は幕府を頼るようになり、天皇の即位まで幕府に決めてもらうようになりますが、もう一つ、幕府(武士)の朝廷・天皇に対する態度の変化もあります。

承久の乱では、天皇・上皇と戦争をしましたが、武士の天皇・上皇に対する態度は、雲の上の存在を見ているようでした。

幕府軍の総大将・北条泰時と父親の北条義時の会話です。

息子・北条泰時
kamakura samurai image
もし、後鳥羽上皇が先頭に立って出陣してきたらどうしますか?
父親・北条義時
kamakura samurai image
そのときは武器を捨てて降参するしかない

と言っています。

ときが経って後嵯峨天皇の即位の時、幕府の執権になっていた泰時が、邦仁王を選んだことを京都に伝えるため安達義景を派遣します。

安達義景
kamakura samurai image
すでに忠成王(順徳上皇の皇子)が天皇に決まっていたらどうしよう。ここはいったん戻って確認しよう。
安達義景
kamakura samurai image
もし、忠成王が天皇になっていたらどうしましょうか?
執権・北条泰時
kamakura samurai image
なんてことはない。それなら退位させればいい

と言ったそうです。

泰時にとっては、雲の上の存在だった天皇・上皇が、自分の思い通りに動かせる存在に変わっています。

この変化が鎌倉幕府の姿勢になります。そしてその姿勢は、室町・江戸幕府にまで受け継がれていきます。

天皇・上皇が政治に関わらない・関われなくなった大きな原因です。そしてこれ以降は、誰が天皇になるのか選ぶ権利を幕府が持つようになります。

前のページ
第87代 四条天皇 自分で仕掛けたドッキリにハマって死んじゃったマヌケ
第109代 明正天皇 つわもの戦国武将の血を受け継ぐ女帝
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。


天皇の本3選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!