第23代 顕宗天皇 下人にまで落ちた皇子

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor kenzo image

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

顕宗天皇(せいねい)は、父親が雄略天皇に殺された皇子で、都から逃亡していました。

天皇になる人がいなくなり、呼び戻されて即位しますが、個人的には『本当に皇子だったの?』と疑っています。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 近飛鳥八釣宮
    (ちかつあすかのやつりのみや)

  • 生没年
  • 450年? ~ 487年4月25日
    允恭天皇39 ~ 顕宗天皇3年
    34? 才
  • 在位
  • 485年1月1日 ~ 487年4月25日
    顕宗天皇元年 ~ 顕宗天皇3年
    3? 年
  • 名前
  • 弘計王
    (おけ の みこ)
  • 別名
  • 来目稚子尊
    (くめ の わくご の みこと)

    袁祁之石巣別尊
    (おけ の いわすわけ の みこと)

  • 葛城荑媛
    (かずらき の はえひめ)

    葛城蟻臣の娘
    (かずらき の ありのおみ)

逃亡生活をしながら下人に落ちた皇子

第21代 雄略天皇は、ライバルの皇子たちを皆殺ししました。

億計王(おけ の みこ。のちの仁賢天皇)と弘計王(をけ の みこ。のちの顕宗天皇)の父・磐坂市辺押磐皇子(いわさか の いちのべ の おしは の みこ) も狩りに誘われて射殺されました。

ふたりの皇子は、命の危険を感じて都をはなれます。そして、播磨国(はりま。兵庫)まで逃げて、そこの豪族の家来になり、牛馬のお世話係をしていました。

(丹波国(たんば。兵庫)ともいわれる)

下人(げにん)  

主人に仕える身分の低い人。

第23代 顕宗天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

都に戻ってからグダグダ

古事記と日本書紀では少しちがうのでここでは同じ部分だけいきます。

古事記と日本書紀(こじき。にほんしょき)

第40代 天武天皇が号令をかけて作った国家の歴史書。

ふたつあわせて記紀(きき)いう。

それ以前の歴史書は、焼失や理由の分からない紛失でいまは存在しない。

飛鳥時代以前の歴史は、古事記、日本書紀にたよる。

どのタイミングで、飯豊女王が先代の清寧天皇のあとを引きついだかは分かれますが、ふたりの皇子は呼び戻されました。

清寧天皇が亡くなったあと、ふたりの皇子は皇位のゆずり合いをします。

兄・億計王(のちの仁賢天皇)
emperor ninken image
弘計、お前が天皇になるべきだ。
弟・弘計王(のちの顕宗天皇)
emperor kenzo image
お兄ちゃんだし、皇太子だし、兄上が天皇になるべきだ。
兄・億計王(のちの仁賢天皇)
emperor ninken image
いやいや、下人のとき勇気を出して身分を明かしたのはお前だ。お前の方が天皇にふさわしい。

これを永遠とくり返します。結局、飯豊女王の称制がつづいていました。

称制(しょうせい)

天皇がいない状態で代わりの人が政務をとること。

皇太子や皇后が代わりをつとめた。

神功皇后や天智天皇など。

飯豊女王は、二人の皇子の姉もしくは叔母といわれます。

ふたりは本当に皇子?

このふたり、都で信用されていたのでしょうか? なりすましを疑われていた可能性だってあります。

ふたりの皇子は、逃亡生活をはじめたとき子どもでした。

(この時代のメチャクチャな天皇の寿命で計算すると、顕宗天皇は6才くらい。)

呼び戻されたときは20代後半になっているので、いくら姉(叔母?)の飯豊女王でも分からないでしょう。

平群鮪(へぐり の しび)にナメられて、ふたりで相談して攻め殺したという話もあります。

(古事記より。日本書紀では武烈天皇に殺される。)

(平群氏は葛城氏と同じ武内宿禰の子孫)

武内宿禰(たけしうち の すくね)

第13代~16代の成務仲哀応神仁徳の4代の天皇に仕えた。

成務天皇と同じ日に生まれ、300才まで生きたという伝説の臣下。

最初の大臣になる。のちに大臣は政治の最高責任者になるが、それをつとめた豪族は宿禰の子孫だといわれる。葛城氏蘇我氏など。

大化の改新で藤原氏が台頭するまでつづいた。

大連(おおむらじ)と大臣(おおおみ)

大連は、古代のヤマト王権の最高の役職。連(むらじ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。大伴氏(おおとも)や物部氏(もののべ)。

大臣も古代のヤマト王権の最高の役職。臣(おみ)の姓をもらった氏族の実力者が代々つとめた。葛城氏(かつらぎ)や蘇我氏(そが)など。

大臣は、300年4代の天皇に仕えたとされる伝説の臣下、武内宿禰(たけしうちのすくね)の子孫たちが多い。

大連は、ヤマト王権では軍事・警察を担当。

よく、大臣はもともとヤマトと同格の氏族でヤマトの協力者、大連は昔からヤマトに仕えた臣下といわれるが、武内宿禰が伝説の臣下なのであてはまらない。

ちなみに、大臣は妃を出せるが大連は出せない理由も、もともと同格の大臣からは出せて臣下からは格が違うから出せないと説明される。

しかしこれは、武内宿禰は第8代 孝元天皇の子孫だとされるので、由緒ある家柄だから嫁に出せたという理由の方が説明がつく。大伴・物部氏の祖先は天皇ではない。

連も臣も氏姓制度で設けられた姓。

いまでも政治の最高実力者は総理大臣、外務大臣など大臣(だいじん)というが、ここに由来があるのかどうかは分からない。

(個人的にはあるような気がする。)

ふたりの皇子はゆずり合いだったのか

このゆずり合い、本当だったのだろうかと思います。

億計王は皇太子です。それが弟に絶対にゆずると折れないところが不自然です。皇太子になった時点で天皇になることは分かっていたのに。

(結局、あとで天皇になる。(仁賢天皇))

ゆずり合いというより、なすりつけ合いだったのではないでしょうか? ふたりはいきなり現われた、うさんくさい自称・皇子に見られてたかもしれないから。

いざとなったら殺される時代なので、命がけのなすりつけ合いだったと想像します。

なんだかんだで弟が即位

日本書紀では、飯豊女王が亡くなって、いよいよだれかが天皇にならないといけなくなり、兄と臣下たちに説得されて弟が即位します。顕宗天皇です。

顕宗天皇は5世紀後半に活躍したといわれます。長いあいだ下人として生活していたので、民のことをよく知っていました。

顕宗天皇の政治は弱い人を助けるものでした。夫を失った未亡人を引き受けたともいいます。

民に慕われた天皇で、世の中も平和でした。

顕宗天皇の時代は3年と短く、子どもがいないまま亡くなりました。そのあと兄が天皇(仁賢天皇)になり引きついでいきます。

(古事記では34才。日本書紀では不明。)

どうしても許せないヤツがいた

心やさしい顕宗天皇でも絶対に許せない人がいました。父を殺した雄略天皇です。

顕宗2年、雄略天皇の墓をメチャクチャに破壊しろと兄・億計王に命令します。

億計王
emperor ninken image
墓を壊してきました。

じっさいは、墓のはしっこをちょっと削っただけで帰ってきます。それが顕宗天皇にもバレてしまいました。

顕宗天皇
emperor kenzo image
どうして命令どおりにしないんだ!父のカタキだぞ!
億計王
emperor ninken image
器の小さい天皇だと思われます。民に信用されません。これだけで済ましたほうが良いでしょう。

小さな復讐で済ました心の広い天皇ということで落ち着きました。

婿入り天皇ではないか?

顕宗天皇は、あれだけ憎んでいた雄略天皇のひ孫だといわれる難波小野王(なにわ の おの の みこ)を皇后にむかえます。

顕宗天皇は、雄略系の皇后がいないと自分の正統性がなかったのでしょう。マスオさん天皇じゃないとダメだったのではないか?

ボクはこれを第1マスオさん期と呼んでいます。

顕宗天皇はやるせなかったでしょう。墓を壊して遺骨を投げすてたいほど恨んでいる雄略天皇の血統に頼らないといけなかったので。

第23代 顕宗天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

仁賢天皇の息子・武烈天皇でまた皇統は断絶しかけます。このとき、福井から連れてきて即位した3人の天皇は、仁賢天皇の娘を皇后にむかえました。

3人ともです。(第26代 継体第27代 安閑第28代 宣化

顕宗天皇から50年以上、6人の天皇のうち、武烈天皇以外すべてマスオさん天皇です。

古代史の終わり

古事記は、第40代 天武天皇のころに作りはじめ、第43代 元明天皇のころに完成しました。(和銅5年。712年。200年くらい後。)

神々の神話から初代 神武天皇第33代 推古天皇まで書かれています。

でも古事記では、顕宗天皇で具体的な内容は終わります。第24代 仁賢天皇から推古天皇までの9人の天皇についてはサラッと流しています。

ダイジェストですね?

古代の人にとって顕宗天皇までが古代史で、それからは現代史に入ったといわれます。

(『古代の人にとっての古代史』はややこしい。)

現代史はだれもが知っていることで書き残す必要がなかったのでしょう。

次の仁賢天皇から現代史がはじまりました。顕宗天皇は、時代のひとつの区切りとして貴重な天皇です。

後半はバテてしまってグダグダになったようにも見えます。夏休みの宿題の最後のほうは適当に答えを埋めたように。

(ボクは夏休みの宿題を最後の3日間で一気にやる、計画性のない子でした。)

前のページ
女帝だったのか?飯豊女王
第24代 仁賢天皇 即位する前からナゾの人
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!