第79代 六条天皇 史上最年少で即位(生後7か月)

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
和柄の画像

歴代天皇 - 内外と権力闘争に明け暮れた天皇たち(院政の時代) -

六条天皇(ろくじょう)は歴代天皇の中で史上最年少で即位(生後7か月)し、史上最年少で上皇(満3才3か月)になった人です。

あまりにも幼いため何もしていません。周りの大人たちの都合で天皇になり上皇になりました。

中世 平安時代 - 末期 -

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)
  • 生没年
  • 1164年11月14日 ~ 1176年7月17日
    長寛2 ~ 安元2
    13才
  • 在位
  • 1165年6月25日 ~ 1168年2月19日
    永万元 ~ 仁安3
    4年
  • 名前
  • 順仁
    (のぶひと / よりひと)
  • 伊岐兼盛
    (いきの かねもり)

    伊岐善盛の娘
    (いきの よしもり)

生後7か月で天皇になる

順仁親王の母親は、家柄が良いわけではなく、その父親も大蔵大輔(少輔)と言われ、位が高いわけではありませんでした。この役職は、今でいうと財務省の事務次官みたいなものです。

そのため、二条天皇の第二皇子なのに扱いは庶子でした。

庶子(しょし)

正妻以外の子。愛人の子。

当時の書物では、母親のことを『伊岐善盛女(いきのよしもりのむすめ)』など、名前で書かれていないことも多く、このことから天皇の妃として認められていないことが分かります。

順仁親王は恵まれた環境ではなかったのに、二条天皇の皇后・妃に子供がいなかったので、生まれてすぐに二条天皇の皇后 育子(いくし)にあずけられ、後継者として育てられます。

順仁親王は、二条天皇が病を理由に退位したあと、皇太子になったその日に生後7か月で天皇に即位します。

六条天皇は、歴代天皇の中で史上最年少で天皇に即位しました。即位式の途中で泣き出し、乳母が乳を与えたら泣き止んだと言われています。

六条天皇は、4ヶ月先に生まれた腹違いの兄がいますが、第一皇子とされていたと言われます。
この兄の母親の実家の身分がさらに下で、馬の世話をする役職でした。
これが原因で天皇の後継者として認められなかったようです。実際に兄は、寺に入れられて僧侶になりました。

上皇が承認したのには思惑がある

じつは六条天皇が生まれる前、後白河上皇の女御 滋子(しげこ。平清盛の妻の妹)に皇子 憲仁親王(のりひと)が生まれていました。

女御(にょうご)

位の高い女官。天皇の側室候補でもあったので、天皇の側室という意味もある。

当時は後白河上皇の院政下だったので、皇統は後白河上皇の流れになると思われていました。しかし順仁親王が生まれたので、二条天皇は自分の直系に譲位します。

後白河上皇からすれば、対立して排除した二条天皇派の残党を怒らせるよりも、恩を売っておいたほうがいい、その間に自分の地盤を固めようという思惑がありました。

しかも、次の天皇にと考えていた憲仁親王は、このときは満3才でした。まだその時ではないと考えたのでしょう。

憲仁親王の伯母さんは平清盛の妻です。平清盛も上皇と同じ考えでした。

満3才3か月で上皇になる

即位してから4年後、後白河上皇と平清盛が動きます。六条天皇を退位させて、憲仁親王(高倉天皇)を即位させます。

六条天皇は、5才(満3才3か月)で上皇になりました。これも歴代天皇の中で史上最年少の上皇です。六条上皇は病にかかって13才(満11才8ヶ月)で亡くなります。

  • 生後7ヶ月で天皇になる
  • 3才3ヶ月で上皇になる
  • 11才で亡くなる
天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!