院政とは何だったのか?どうして『いんせい』というのか?

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
Q&A image

院政は『いんせい』と読みます。

(上皇)の治』という意味で、天皇中心の政治システムへと戻す流れの中で生まれました。

実は、院政がなければ武家社会も生まれませんでした。どのようなものなのでしょうか?

なぜ、『いんせい』というのか?

院政は、『院の政治』という意味があります。

院政は、未熟な天皇を上皇が後見することで政治の実権を握った特長があるので、このように呼ばれます。

太上天皇(だじょうてんのう)

退位した天皇のこと。

上皇(じょうこう)

太上天皇の短縮した言い方。

太上法皇(だじょうほうおう)

出家した上皇のこと。たんに法皇という。

院(いん)

上皇の住まい。そこから上皇・法皇のことを『○○院』と呼ぶ。

詳しくは『太上天皇とは何か?』

院政はなぜ始まったのか?

古代の日本は、天皇が直接政治を行う中央集権国家を目指しました。これは当時の世界の標準の政治システムだったので、世界と対等に渡り合うためには必要なことでした。

日本にとっての世界は、当時の最強・最先進国だった中国です。中国と対等に渡り合える政治システムを作ることが最大の目標でした。そして、その目標は達成されました。

中央集権国家(ちゅうおうしゅうけんこっか)

権力が、都など中心になる場所に集まった国家。

日本は東京に権力が集中しているのでこれに当てはまる。

平安時代に入ると、中央集権国家の建設に貢献した、藤原鎌足の子孫たちが政治権力を占めるようになります。そのために生まれたのが摂政関白を中心とした摂関政治です。

しかし、藤原氏の摂関政治は徐々に藤原氏のための政治になっていきます。

日本全国の土地を荘園としてどんどん藤原氏の私有地にしていきました。違法荘園まで登場し、藤原氏の横暴が国家の経済基盤を圧迫していきます。国家の利益が損なわれるほど藤原氏の行いはマイナスに働いていました。

それを改革しようという天皇が現れます。 第71代 後三条天皇です。

荘園(しょうえん)

743年に私有地を持てる法律ができたことから始まる、上皇・貴族・寺社勢力・豪族の私有地のこと。

農園と言われることがあるが、鉄の生産など工業も行われた。

室町時代くらいから、武士などの地方の有力者に奪われて失われていく。

豊臣秀吉の太閤検地などの土地制度改革で、私有地はいったん国に返すことになったので消滅する。

後三条天皇が摂関政治の腐敗を改革する

後三条天皇は政治改革を断行します。その中心は、藤原氏の経済基盤であった荘園の整理を行うことでした。

後三条天皇は在位期間は4年半という短い期間でしたが、藤原氏の力を抑え込む法律を制定することに成功します。そして、改革の続きを息子の第72代 白河天皇へ託しました。

白河天皇は院政を確立させた天皇です。

院政はいつ始まったのか?

後三条天皇からあとを託された白河天皇は、藤原氏中心の政治から天皇中心の政治へ戻すことを目指します。

このとき、摂関政治では天皇の周辺が摂関家で占められています。それを排除する必要がありました。そのため摂関家以外の人間を天皇の周辺に集める必要が出てきます。

五摂家(ごせっけ)

平安時代の摂関政治では、摂政・関白になれる家は決まっていた。それを摂関家(せっかんけ)という。

鎌倉時代以降、摂関家の中で、さらに摂政・関白になれる家柄がしぼられた。その5家のことを五摂家という。

  • 近衛(このえ)
  • 九条(くじょう)
  • 二条(にじょう)
  • 一条(いちじょう)
  • 鷹司(たかつかさ)

詳しくは、『摂関政治とは何か?』にあります。

そこで、白河天皇自身が早々と退位し太上天皇(上皇)になることで、自ら天皇の後見人になることにします。

摂関政治では、摂関家以外では天皇の味方はごく少数でした。天皇1人では何もできません。上皇の存在は、摂関家に対抗できる人を1人から2人に増やすことを意味します。

天皇には少数ですが必ず側近が付いています。それらの人々を自分の政治勢力に加えることができれば、数はそれなりにあります。

それに、藤原氏は一枚岩ではありません。反摂政・反関白の人間は必ずいます。それらを取り込めばかなりの勢力になります。

院政とは、上皇が新たな反摂関家の勢力を作ることで、天皇親政の勢力を単純に2倍に増やすという方法です。当時は幼い天皇が即位することが当たり前になっていました。自然と政治の中心は上皇になります。

白河上皇は白河院と呼ばれました。白河上皇()が治の中心となって”院政”が始まります。

また上皇は、政治の実権だけでなく、天皇の即位・退位にまで主導権を握ったため、治天の君(ちてんのきみ)とも言われました。『天下を治(おさ)める者』という意味です。

院政には武士の力が不可欠だった

白河上皇は、反摂関家の勢力拡大のために新興勢力を取り込みます。武士です。当時の武士は、貴族たちの防衛を担当するという下部組織にすぎませんでした。ボディーガードみたいなものです。

地方に行けば、自警団を組織してそれぞれの土地で力を持ち始めた武士集団は存在しました。しかし、政治勢力としての武士はいない状態でした。

白河上皇は、武士の持っている軍事力を政治に利用しました。その後も武士を重用し続けます。あとの武家政権を樹立する平清盛(たいらの きよもり)はこれをきっかけに政治家として成長していくことになります。

上皇は、武家社会の生みの親と言えます。院政は結果として成長しすぎた武士に潰されてしまいます。親が子供に裏切られた形です。

院政のポイントは上皇の長生き

院政期は、一人の上皇が政治の実権を握っている間に複数人の天皇が即位しているという特徴があります。

白河院(42年)堀河天皇。鳥羽天皇。崇徳天皇。
鳥羽院(34年)崇徳天皇。近衞天皇。後白河天皇。
後白河院(34年)二条天皇。六条天皇。高倉天皇。安徳天皇。後鳥羽天皇。
後鳥羽院(25年)土御門天皇。順徳天皇。仲恭天皇。

これらが院政の代表的な上皇です。それぞれ複数の天皇が即位し、そして、期間も長期間にわたっています。長い間上皇として政治の中心にいたということが院政を続けるには必要な条件でした。

カッコ内に記した年数は、あくまで上皇になってからの年数です。天皇時代の年数は含まれていません。上皇不在の天皇在位時代を含めるとさらに長い期間になります。

またこの時代は、政治の中心にいた上皇が頻繁に天皇を交代させたため、同時に複数人の上皇が存在しています。摂関政治が衰えたため、院政内部で壮絶な権力闘争が起きたのも特長です。実際にそれが原因で大乱も起きています。(保元の乱平治の乱

院政を潰したのは政治家として成長した武士

皮肉にも政治システムとしての院政を潰したのは、院政によって政治家として成長した武士たちでした。

院政は130年ほど続きましたが、その半分は成長した武士と上皇の権力闘争の時代です。その中に、平清盛の平家政権があり、源義経武蔵坊弁慶の物語があり、源頼朝による鎌倉幕府の成立がありました。

平清盛や源頼朝など、強いキャラクターが多いため武士の時代だと思うかもしれませんが、このときはまだ『院政期』です。

そして、大乱(承久の乱)にまで発展した朝廷と鎌倉幕府(北条氏)の対立がありました。それに負けることで院政は終わって、本格的に武士の時代に入ります。

院政は歴史の中心だった

歴史の教科書や、映画、ドラマなどで院政は注目されません。これらの時代は、平清盛、源頼朝・義経など、武士たちが活躍した時代でもあるので彼らを中心に描くことが多いです。しかし、この時代はあくまで政治の中心は院政です。

平家政権は確かに存在しましたが、このときは後白河上皇の院政と政治闘争の最中です。清盛から後を継いだ平重盛(たいらの しげもり)は、後白河上皇の院政と平家政権の並立体制を目指していました。また、平家政権が4年で倒れた後は後白河上皇の院政が復活しています。

源頼朝は、鎌倉を中心に着々と体制を固めますが、1192年になるまで、武家の棟梁である征夷大将軍の地位を朝廷からもらえませんでした。これは、後白河上皇が、頼朝が大きな力を持つことを強硬に拒否したためです。あくまでこのときも後白河上皇の院政時代です。

院政が歴史から完全になくなったのは、1121年の承久の乱でしょう。このとき、3人の上皇が島流しの刑に処せられ、天皇が交代させられています。これで完全に院政は終わりました。

1192年から1121年までは、鎌倉幕府と院政の並立体制です。実際に幕府の勢力は京都を中心とした西日本、四国、北部九州は管轄外でした。それらはあくまで院政下にありました。

鎌倉幕府の成立期については別記事に任せますが、やっぱり1192年にすべきでしょう。1192年は後白河上皇が亡くなった年です。そのすきを突いて、公家の九条兼実(くじょう かねざね)が、勝手に源頼朝を征夷大将軍に就任させた経緯があります。

鎌倉幕府の成立年でも言えますが、今の歴史の見方はあまりにも上皇の存在を軽視しすぎです。

たしかに今のぼくたちは、武士が政治の中心となることを分かっています。しかし当時は、武士が政治の中心になることは当事者の武士たち以外は考えてもいないでしょう。

武士が政治の中心になることを知っている僕たちが、そのままあの時代を見てしまうと大事な存在を見落としてしまいます。

やはりこの時代は上皇の存在は圧倒的に大きいと言わざるを得ません。それをもう一度見直す必要があると思います。

 

天皇・皇室のおすすめの本
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!