第80代 高倉天皇 後白河法皇と平清盛の間でパニック!

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
高倉天皇肖像画

歴代天皇 - 内外と権力闘争に明け暮れた天皇たち(院政の時代) -

高倉天皇(たかくら)は後白河法皇と平清盛という最強の後ろ盾の中で即位しました。

当時最強の布陣だったでしょう。しかし、この最強の後ろ盾が互いに対立したため、苦悩の日々を過ごすことになります。

中世 平安時代 - 末期 -

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)
  • 生没年
  • 1161年9月3日 ~ 1181年1月14日
    永暦2 ~ 治承5
    21才
  • 在位
  • 1168年2月19日 ~ 1180年2月21日
    仁安3 ~ 治承4
    13年
  • 名前
  • 憲仁
    (のりひと)
  • 平滋子
    (たいらの しげこ)

    建春門院

    平時信の娘
    (たいらの ときのぶ)

    平清盛の妻の妹
    (たいらの きよもり)

最強の後ろ盾で即位するが...

後白河法皇の第7皇子である憲仁親王(のちの高倉天皇の即位は、父親の後白河法皇と平清盛の強力な後押しがありました。

太上天皇(だじょうてんのう)

退位した天皇のこと。

上皇(じょうこう)

太上天皇の短縮した言い方。

太上法皇(だじょうほうおう)

出家した上皇のこと。たんに法皇という。

院(いん)

上皇の住まい。そこから上皇・法皇のことを『○○院』と呼ぶ。

詳しくは『太上天皇とは何か?』

先代の六条天皇の親政をめざす二条天皇派を抑える必要があったため、早めに六条天皇を退位させます。このとき、六条天皇は5才、即位した高倉天皇は8才です。

平清盛の妻は高倉天皇の伯母さんになります。清盛は高倉天皇の岳父(がくふ)といっていい存在になりました。岳父とは義理の父という意味です。

1172年、12才で清盛の娘の徳子(とくこ)を皇后に迎えます。清盛は高倉天皇の本当の義父になりました。

しかし後白河法皇は、清盛が自分よりも大きな力を持ち始めているのではないか?と警戒し始めます。そして徐々に対立していくことになります。

高倉天皇からすると、実父と義父の仲たがいになるので困ったことになりました。と同時に後ろ盾が不安定になることを意味します。

後白河法皇と平清盛の対立がはっきりと表れる

1178年、徳子が入内してから6年後、平家待望の言仁親王(ことひと。のちの安徳天皇が誕生します。

これで、平清盛は天皇の外祖父になることができるようになりました。平安時代の全盛期を誇った藤原氏と同じことをしようとしているのは誰が見てもわかります。

しかしこの時すでに、後白河法皇と平清盛の対立はごまかしようのないくらい悪くなっていました。言仁親王が生まれる前の年”鹿ケ谷(ししがたに)の陰謀”が発覚しています。

鹿ケ谷の陰謀とは、後白河法皇の近臣による平家打倒計画のことです。本当はおめでたいはずの皇子の誕生が、実父と義父の対立を加速させる原因となってしまいました。

なぜ後白河法皇は清盛を警戒するのか?

なぜ、後白河法皇は清盛を警戒するのでしょうか?

そもそも院政という統治システムは、藤原氏の横暴をやめさせて政治権力を皇族に戻そうというところから始まりました。

それは、後白河法皇のひいひいお祖父さんである第71代 後三条天皇の荘園整理令から始まり、110数年かけて少しずつ進んできています。

後白河法皇には、清盛の行動がそれを元に戻そうとしているように見えました。藤原氏が平氏に代わるだけのように見えたのです。

実際に清盛はそれを目指していました。だからそれだけは絶対に阻止しなければなりませんでした。

後白河法皇と清盛の衝突で退位させられる

1179年、平清盛の息子で後を継いでいた重盛(しげもり)が亡くなります。その重盛の所領を後白河法皇が没収したことに清盛は激怒します。後白河法皇を鳥羽殿に幽閉してしまいました。

そして1180年、清盛の独断で高倉天皇は退位させられます。そして、高倉天皇の息子で清盛の孫でもある言仁親王(安徳天皇が即位します。これで、藤原氏の摂関政治とそっくりの平家政権が成立しました。

これによって、1121年の承久の乱で事実上院政が消滅するまでの約40年の間、朝廷の院政と武家政権(平家政権、鎌倉政権 -> 鎌倉幕府)の並立体制で日本は統治されます。

日本で初めての武家政権です。このとき高倉天皇は20才でした。即位した安徳天皇は4才です。

法皇と清盛の対立は調整役が死んだのが痛かった

後白河法皇の女御で、平清盛の妻の妹である滋子(しげこ)は、安徳天皇が生まれる3年前急死します。また、清盛の後継者で息子の重盛は、清盛とは同じ考えを持っていたわけではありませんでした。

女御(にょうご)

位の高い女官。天皇の側室候補でもあったので、天皇の側室という意味もある。

清盛の目指すところは、院政を廃止して天皇親政を目指し、その天皇に大きな影響力を持つことで政治の実権を握ることです。

重盛の目指すところは後白河法皇との協力体制で、院政を維持しながら上皇と平家の二つで天皇を支えるという並立体制です。

この立場から滋子と重盛は法皇と清盛の間のパイプ役になっていました。法皇と清盛が対立するのを防いでいたのです。1179年、重盛が亡くなったことでそれが完全に崩壊しました。

幽閉されて以降の後白河法皇は平家とは距離を取り始め、徐々に源氏に近づいていきます。

実父と義父の仲たがいが原因の心労で亡くなった?

『平家物語』には、高倉院のこのような失恋話があります。


小督(こごう)は大納言隆房の妻でしたが、高倉院に召されました。

隆房は未練を断ち切れず、小督に手紙で思いを伝えようとしました。しかし、小督は高倉院の気持ちをおもってその手紙を受け取りませんでした。

二人から愛された小督は苦しんで、ひそかに内裏を抜け出して嵯峨に身を隠してしまいます。

すると高倉院は嘆き悲しみ、臣下の源仲国(みなもとの なかくに)に命じて小督を連れ戻そうとしました。

ところが、それを知った清盛は小督を出家させてしまいます。そして、苦悩の高倉院は病にかかりついに亡くなってしまいました。


この話は平家の横暴さを表現した作り話だと言われます。しかし、高倉天皇が後白河法皇と清盛との間で苦悩した毎日を過ごしていたというのはフィクションとは言い切れないのかもしれません。

高倉院は退位した翌年に亡くなります。21才でした。

 

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!