第78代 二条天皇 狡猾な父に当たって砕けた一本気男

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
二条天皇肖像画

歴代天皇 - 内外の権力闘争に明け暮れた天皇たち(院政) -

二条天皇(にじょう)は、怪物・妖怪の後白河天皇の息子です。父親とは真逆の性格で一本気のある男でした。

水と油のこの親子は、世間に知れ渡るほど仲が悪く、強大な父親に真正面から立ち向かって見事な負けっぷりを見せてしまいます。

中世 平安時代 - 末期 -

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)
  • 生没年
  • 1143年6月17日 ~ 1165年7月28日
    康治2 ~ 永万元
    23才
  • 在位
  • 1158年8月11日 ~ 1165年6月25日
    保元3 ~ 永万元
    8年
  • 名前
  • 守仁
    (もりひと)
  • 藤原懿子
    (ふじわら いし)

    藤原経実の娘
    (ふじわら つねざね)

天皇になるはずはなかった

雅仁親王(まさひと。後白河天皇)は、早々と干されて皇位継承から外されていました。

雅仁親王の第1皇子・守仁親王(もりひと。二条天皇)は、9才で仁和寺(にんなじ)に入れられます。普通ならこのまま、お坊さんの人生を過ごすはずでした。

しかし、父親が思いがけず天皇になったので、守仁親王も皇室に戻って皇太子になります。

生まれてすぐ、祖父・鳥羽法皇の寵妃だった美福門院(びふくもん いん)の養子になって育てられていたので戻れたのかもしれません。

寵妃(ちょうひ)

もっとも愛された妃。夫にとても大事にされた妃のこと。

皇太子になってから4年後、父親の政治的な判断で天皇に即位します。16才でした。

祖父・鳥羽法皇は、美福門院の養子になっていた守仁親王を天皇にすることを一番望んでいました。それにつなぐため父親の雅仁親王を天皇に即位させます。

二条天皇が即位したとき鳥羽法皇はすでに亡くなっていました。後白河天皇は無視できたはずなのに約束を守ります。

ただ後白河天皇にとっても、上皇になって院政を開始するというメリットがあったのであえて従ったともいえます。

六条天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

二条天皇はなぜ父親の後白河上皇を嫌ったのか?

二条天皇が即位しても後白河上皇院政をはじめたので、二条天皇とその側近たちの不満がたまっていきます。

公家 image
鳥羽法皇の考えは二条天皇の親政だったはずだ!

といって、後白河上皇の院政を堂々と批判しはじめました。

二条天皇は一本気な性格で、奔放な性格の後白河上皇とは真逆でした。

後白河上皇は、京の都の伝統的な貴族文化よりも庶民の文化・文芸に興味をもって、庶民文化・文芸の振興を奨励しています。

二条天皇からすると伝統の破壊者に見えたのかもしれません。

また二条天皇は、後白河上皇のことを『能もなく芸もなし』と最低の評価をしていた鳥羽法皇のもとで幼いころ過ごしています。父親のことを同じように見ていても不思議ではありません。

このように、後白河上皇と二条天皇はことごとく対立します。

(どちらかといえば、二条天皇派の貴族が過激。)

親子の仲の悪さは世間に知れ渡っていた

この親子の仲の悪さは当時でもすでに知れ渡っていたようです。

九条家の始祖で摂政・関白をつとめた九条兼実(くじょう かねざね)は、日記『玉葉』(ぎょくよう)のなかで

天皇は賢主であるが、親に孝行するというところが欠けている

と書いています。

戦に勝ったのに権力闘争に負ける

二条天皇の即位の翌年には『平治の乱』が勃発します。二条天皇派は戦で後白河天皇派に勝ちました。

でもそのあとの政治闘争で、あっという間に後白河上皇に権力が集中しました。

即位2年目に後白河上皇の院政下に置かれ、天皇親政の夢はなくなります。また平治の乱では、天皇なのに、藤原信頼(ふじわら のぶより)、源義朝(みなもとの よしとも)によって、大内裏に幽閉されました。

六波羅への脱出劇も経験します。『平時物語絵巻』(へいじものがたりえまき)では、天皇はこのとき女装して牛車に乗ったといいます。

後白河上皇らしからぬ弱さ?が出るほどの親子対立

1164年、後白河上皇は念願だった千手観音を千体安置する堂を建立します。落慶(らっけい)の供養を行いましたが二条天皇は無視しました。

落慶(らっけい)

寺社新築の落成式のようなもの。

後白河上皇は二条天皇が参加することを望んでいたらしく

後白河天皇 image
なにが憎いの?なんの恨みがあるの?

と悲しさのあまり涙を浮かべていたそうです。

あの怪物、妖怪、人は平気で裏切るような後白河上皇の意外な一面です。後白河上皇もひとりの父親だったのでしょう。

翌年の1165年には、二条天皇は病で皇位を息子(六条天皇)に譲り同じ年に亡くなります。23才でした。

前のページ
第77代 後白河天皇 平氏・源氏を翻弄する稀代の大政治家
第79代 六条天皇 史上最年少で即位(生後7か月)
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!