女帝だったのか?飯豊女王

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss

歴代天皇 - 存在は確認されるが本当のことは分からない天皇たち -

飯豊女王(いいどよ の ひめみこ)は、第22代 清寧天皇のあと政務を引きついだ女性皇族です。

古事記では天皇のひとりとして見られ、日本書紀はそれを否定していません。しかし、歴代天皇に入っていないナゾの女性です。

先史・古代 古墳時代

  • 皇居
  • 生没年
  • 440年? ~ 484年11月?
    允恭天皇29 ~ 清寧天皇5年
    45? 才
  • 在位
  • 484年1月? ~ 484年11月?
    清寧天皇5年 ~ 清寧天皇5年
    10? か月
  • 名前
  • 飯豊女王
    (いいどよ の ひめみこ)
  • 磐坂市辺押磐皇子?
    (いわさか の いちのべ の おしは の みこ)

  • 葛城荑媛?
    (かずらき の はえひめ)

    葛城蟻臣の娘
    (かずらき の ありのおみ)

清寧天皇のあと空位を埋めた飯豊女王

第22代 清寧天皇は、妻も子どももいないまま亡くなりました。その前の雄略天皇がライバルの皇子たちを根こそぎ殺しまくったため、天皇になれる人がひとりもいません。

ここから日本書紀と古事記ではちがいが出てきます。でも、清寧天皇のあと飯豊女王(いいどよ の ひめみこ)が天皇の代わりを務めたのはおなじです。

古事記と日本書紀(こじき。にほんしょき)

第40代 天武天皇が号令をかけて作った国家の歴史書。

ふたつあわせて記紀(きき)いう。

それ以前の歴史書は、焼失や理由の分からない紛失でいまは存在しない。

飛鳥時代以前の歴史は、古事記、日本書紀にたよる。

古事記の皇位継承

清寧天皇が亡くなり、皇位継承者がいなくなったことに臣下たちは困りました。

臣下
古墳時代の人
次の天皇になる人がいねーよ。どうするよ?
臣下
古墳時代の人
飯豊女王にお願いしよう。

雄略天皇に殺された磐坂市辺押磐皇子(いわさか の いちのべ の おしは の みこ)の妹・飯豊女王に政務をまかせます。

臣下
古墳時代の人
姫さま。播磨国で市辺押磐の息子が見つかりました。しかも、二人!

ある日、播磨国(はりま。兵庫)で市辺押磐の息子が見つかったという知らせがきます。

億計王(おけ の みこ。のちの仁賢天皇)と、弘計王(をけ の みこ。のちの顕宗天皇)です。

市辺押磐が殺されたとき、身の危険を感じたふたりは逃げた後、皇族の身をかくして、播磨の豪族につかえて牛馬の世話係をしていました。

ヤマト王権の臣下がたまたま播磨の宴会に呼ばれたとき、弟の弘計王が勇気をふりしぼって身分を明かして発覚します。

臣下
古墳時代の人
いや~。播磨の酒と魚はうまいですな!おなごもべっぴんで!ヒャッホーイ!
弘計王
古墳時代の人
あの~。楽しいところスイマセン。ボクほんとうは皇子なんです。兄もいっしょです。
臣下
古墳時代の人
な~に~!こうしちゃおれん!姫さまに知らせないと!

(急いで帰る)

飯豊女王
empress image
ほんとうか!すぐに呼び戻しなさい。

飯豊女王は甥っ子が見つかって喜びふたりを都に呼びよせます。兄弟は皇位をゆずりあった結果、弟の弘計王が即位しました。顕宗天皇です。

日本書紀の皇位継承

市辺押磐の息子ふたりは父が射殺されたとき、身の危険を感じて丹波(たんば。兵庫)に身をかくしました。

そして、身分をかくしたまま丹波の豪族につかえます。

弘計王
古墳時代の人
オヤジを殺した雄略天皇が死んだらしい。もう身分を明かしてもいいだろう。
弘計王
古墳時代の人
ご主人さま。じつはボクと兄は皇子なんです。
弘計王
古墳時代の人
な~に~!急いで新しい帝に知らせないと!

清寧天皇が即位すると、弟・弘計王は身分を明かします。それがヤマトの都まで伝わりました。

清寧天皇
古墳時代の人
それはよかった。わしの後継者がいないからちょうどいい。

清寧天皇は喜んでふたりを都に呼びよせ、清寧4年、兄・億計王が皇太子になり弟・弘計王を皇子にしました。

清寧天皇が亡くなると、皇太子の兄は弟に皇位をゆずろうとします。弟は皇太子がそのまま即位すべきだといいます。

ふたりでゆずりあったまま、なかなか天皇が決まりませんでした。そのあいだ政務をとったのが、ふたりの姉・飯豊女王です。

飯豊女王が亡くなると、皇太子と臣下たちは弟・弘計王に即位するようにお願いしました。

弘計王もやっと受けいれて即位します。顕宗天皇です。

古事記と日本書紀のちがい

古事記日本書紀
豪族に仕えていた場所播磨丹波
身分を明かした
タイミング
清寧天皇が死んだあと清寧天皇は生きている
飯豊女王の出自第17代 履中天皇の娘第17代 履中天皇の孫
飯豊女王
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

飯豊女王が天皇だった可能性

日本書紀、古事記を見ても飯豊女王が天皇だった可能性が高いです。日本書紀では、飯豊女王が亡くなってから顕宗天皇が即位します。

のラインができてますね?また、古事記では

仁徳から推古まで19天皇

とありますが、第16代 仁徳天皇から第33代 推古天皇まで18人しかいません。

古事記は歴代天皇に飯豊女王が入っているようです。

いまでも『飯豊天皇』とも呼ばれます。

ただし、いまの歴代天皇には入っていません。おそらく、古事記と日本書紀で飯豊女王の出自がちがうからでしょう。

古事記顕宗天皇、仁賢天皇叔母
日本書紀顕宗天皇、仁賢天皇の

いつ生まれたのかも不明です。亡くなったのが清寧5年だろうということだけです。

(顕宗天皇が即位したのが清寧5年だから。)

だれの子かはっきりしないと天皇として認められないんでしょうね?

前のページ
第22代 清寧天皇 ほんとうにいたのか?白髪の天皇
第23代 顕宗天皇 下人にまで落ちた皇子
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!