鎌倉幕府成立は1192年に戻したほうが良い理由

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
鎌倉大仏の画像

現在学校で教える日本史の鎌倉幕府の成立年は、正確には未確定だそうです。

一番多いのは1185年で、今まで教わってきた1192年は10%未満です。

これはおかしいです。鎌倉幕府成立年が1192年なのはきちんとした理由があります。

中世 平安時代(末期) ~ 鎌倉時代

鎌倉幕府の成立を見るには、当時の代表的な政治勢力の動きを見ないといけません。そして、そもそも幕府とはどこから来ていつ使い始めたのかを知る必要があります。

これらを押さえておかないと鎌倉幕府の成立過程は分かりません。それらを1つ1つ見ていきましょう。

鎌倉幕府成立までの源頼朝の足跡

まずは、鎌倉幕府が確立するまでの源頼朝の足跡を簡単に見てみます。頼朝の1180年から1192年までの動きをまとめました。

西暦頼朝の出来事
 1180 挙兵
  鎌倉入り
  侍所設置
 1183 公文所設置
  問注所設置
  上洛を要請される
 1185 従二位 昇格
  公文所を政所に改称
  守護設置
  地頭設置
 1189 義経死去
  奥州藤原氏滅亡
 1190 右近衛大将就任
 1192 征夷大将軍就任

用語の意味

 用語 意味
 侍所
(さむらいどころ)
 軍事、警察組織。
ここでは、頼朝軍の軍規を保つための組織。
 公文所
(くもんじょ)
 鎌倉を拠点にするための行政組織。
 問注所
(もんちゅうじょ)
 裁判所。
 従二位
(じゅうにい)
 官位。上から4番目。
左大臣、右大臣クラスが相当する。
 政所
(まんどころ)
 親王または官位が三位以上のものに設置権利がある家政機関。
私的行政機関。
 守護
(しゅご)
 今でいうと警視総監、県警本部長みたいなもの。
 地頭
(じとう)
 今でいうと都知事、県知事みたいなもの。
治安維持も任されていた。守護と仕事がかぶるが、どのように役割分担していたのか不明。(各地域によってバラバラ)
 右近衛大将
(うこのえたいしょう)
 宮中警護の責任者。
今でいうと皇宮警察のトップ。
 征夷大将軍
(せいいたいしょうぐん)
 朝廷(国家)が敵とみなした時の討伐軍の最高指揮官。
日本の軍事の統括権を持つ。

後白河法皇は激動の12年間に1人だけ権力の中枢に居続けた

平家の時代から、源氏が鎌倉幕府を確立する激動の12年間の間に、1人だけ権力の中枢に居続けた人がいます。それは、後白河法皇です。

後白河法皇は、源頼朝の鎌倉幕府の将軍就任に関して大きく関係しています。後白河法皇の足跡を見ないと鎌倉幕府成立の過程は分かりません。後白河法皇の足跡を見てみましょう。

院政下での権力闘争を生き抜く

後白河天皇は、ライバルの崇徳上皇に打ち勝った”保元の乱”で有力武士の力を使います。このとき武士はまだ政治勢力ではなく、皇族・貴族の補完勢力でした。

この中に、平清盛源義朝頼朝義経の父)もいました。この保元の乱によって武士が政治を担う勢力になる足掛かりを得ます。そのきっかけを作ったのが後白河天皇です。
(正確には鳥羽法皇ですが、戦をしたのは後白河天皇なのでそのようにしています。)

平家政権のきっかけをつくる

保元の乱の後、今度は乱に勝利したはずの後白河上皇政権内部で貴族同士の内紛が始まります。”平治の乱”です。

このとき、後白河法皇が重宝したのが平清盛です。この乱をきっかけに、後白河法皇の政権は、平家なしでは運営できないほど清盛の存在感は増していきます。

法皇は武士が政治を担う勢力になるように引き上げた人です。

後白河法皇政権の時代

平治の乱(1159年)~ 平清盛が太上大臣に就任(1167年)するまでの間は、後白河法皇政権の期間です。この間に平清盛は政治家としての力をメキメキと付け始めました。

平家政権の時代

平家政権の期間は2パターンが考えられます。

  • 清盛が太政大臣に就任(1167年)~ 安徳天皇の崩御(1185年)
  • 後白河法皇幽閉(1179年)~ 安徳天皇の崩御(1185年)

1167年から1179年までは、後白河法皇と平清盛が対立し、壮絶な権力闘争を繰り広げた時代です。この期間を後白河法皇政権内部の内紛とするか、すでに平家政権が始まっているかで判断が異なります。

1179年は、平清盛が後白河法皇を幽閉して完全に政権から追い出しているので、1179年以降は完全な平家政権としていいと思います。このように、完全な平家政権は安徳天皇の在位期間(1180 ~1185)とほぼ重なります。

安徳天皇が即位したとき、後白河法皇は幽閉されていました。そのため、安徳天皇の即位は平清盛が勝手に決めたとも言えます。

安徳天皇の母親は平清盛の娘の徳子(とくし)です。

復権した後白河法皇政権 混乱の時代

後白河法皇が幽閉から解放されたとき、すでに時代は混乱していました。このとき法皇は、政権維持のために平家につくのか源氏につくのか必死の行動をとります。

1180年:

後白河法皇の息子である以仁王(もちひとおう)が挙兵します。これ以降、日本各地の反平家の勢いが増して各地で挙兵する勢力が現れます。

後白河法皇はいまだ幽閉中です。

1181年:

清盛が亡くなり、後白河法皇が復権します。1183 ~ 1185にかけての年は、法皇にとって目まぐるしく変わる年になりました。

1183年:

木曽義仲を頼った時期

  • 源氏の木曽義仲(きそ よしなか)上洛
  • 平家・安徳天皇と一緒に西に都落ちすることになっていたが、それには加わらず比叡山に脱出
  • 平家を見限り源氏を頼るようになる

 

  • 木曽義仲に都落ちした平家の追討を宣下し、京都の警護も命ずる
  • 平家がいなくなって空いた官位のポストに、法皇の近臣を送り込むことで朝廷内を掌握する
  • 次の天皇即位について、木曽義仲に以仁王の息子にすべきだと言われイラつく(木曽義仲に天皇を決める権限はない)
  • 京都での義仲軍の傍若無人ぶりに困り、平家追討を命じてとりあえず京都から離れてもらう

源頼朝・義経を頼った時期

  • 義仲がいない間に源頼朝(みなもとの よりとも)側と交渉を開始する
  • すでに頼朝が平定した所領の支配権を認める代わりに上洛を要請する
  • 頼朝の官位を元に戻す(平治の乱で敗れたとき官位をはく奪されていた)
  • 頼朝は義仲追討を要求するが和睦するようになだめる。

 

  • 京都に戻った義仲に頼朝上洛要請が知られ、逆に頼朝討伐を要請されるが拒否する
  • 京の近くに源義経(みなもとの よしつね)が来ていることを知る
  • 義仲から義経に乗り換えるため、再び義仲に平家追討を命じ、京から離れるよう最後通牒を突きつける

 

  • 義仲に武力攻撃を仕掛けると思われ、逆に襲撃を受ける
  • 義仲に幽閉される
  • 軟禁状態の中、義仲に頼朝追討の宣下を下す

1184年:

  • 源義経が義仲を追討し法皇を救出する
  • 義経に平家追討・義仲軍残党の追討を命ずる
  • 頼朝を従五位下から一気に正四位下に昇格させる
  • 義経に京都の治安維持を任務とする検非違使・左衛門少尉を任命する

1185年:

  • 平氏を滅亡させた義経を重用する
  • 頼朝と仲たがいした義経に頼朝追討の宣下を下す
  • 義経が兵を思うように集めることができず悲痛のうちに京を離れる

源義経を見捨て頼朝を頼った時期

  • 義経に出した頼朝追討宣下について、頼朝に言い訳をして宣下を取り下げる
  • 頼朝に地頭・守護の設置を認める

1186年から1192年の間もいろいろと細かい動きはしているのですが、細かすぎて内容が分からなくなるのでここでは省略します。

そもそも幕府とは?

そもそも幕府はいつどこから生まれた言葉なのか、その言葉の定義を見てみます。

鎌倉幕府、室町幕府、江戸幕府という呼び方は、鎌倉時代、室町時代、江戸時代にはありません。幕府という言葉が一般的に広まったのは明治に入ってからです。

元々幕府とは中国の言葉で、皇帝に派遣された武将が戦地で陣をはるときの宿営地のことです。

当時その武将は、戦地を安定化させるため臨時行政府を作ることが許され、皇帝から行政権を与えられていました。

このことを知っていた歴史学者が、日本の鎌倉、室町、江戸の武家政権の統治システムが似てると思って”幕府”と呼んだのが始まりです。

鎌倉時代は、”鎌倉””関東”と地名で呼ばれていました。室町時代からあとは”公方(くぼう)”と呼ばれるようになります。

”幕府”という言葉を使い始めた学者たちは何が似ていると思ったのでしょうか?ポイントはたった2つです。

皇帝が派遣した将軍に与えた権利は

  • 行政の執行権
  • それを行使できる人間は将軍である。(軍の正統な統括権を持っている)

これを日本に当てはめて、

  • 皇帝 -> 天皇
  • 将軍 -> 征夷大将軍。武家の棟梁。

としたときに似ていると思ったのでしょう。幕府の定義はこれだけです。

鎌倉幕府成立年を1192年に戻さなければいけない理由

源頼朝の足跡、朝廷の代表者である後白河法皇の足跡、幕府の定義を簡単にですが見てきました。

今の歴史の教科書でおかしいところは、天皇(上皇・法皇)の存在を無視しているところです。

幕府の定義には天皇の存在は欠かせません。天皇に認められなければ、どれだけ武力を持っていてもただの私設軍隊だからです。

このとき、私設軍隊を国家の軍隊に認めることができたのは後白河法皇です。法皇の存在を無視して語っています。これを見直すと、鎌倉幕府成立は1192年以外あり得ないのですが、もう少し見ていきましょう。

幕府成立年が1185年はおかしい

まず1185年はおかしいです。この年は、壇ノ浦の戦いに平家が敗れた年で、安徳天皇が瀬戸内海に身を投げて命を落とした年です。

この年が鎌倉幕府成立はあり得ないです。源義経は京都でヒーローになっていた時期です。また、源頼朝と義経が仲たがいをした年で、後白河法皇はあとで取り消しますが、義経に頼朝追討の宣下を下す年でもあります。

こんなに混乱している年なのに幕府の成立はおかしいです。

またこのときは、東北に奥州藤原氏が健在でした。東北は鎌倉の勢力範囲ではないですし、西日本は朝廷の勢力下で鎌倉の勢力下ではありません。

このときの源頼朝は、おそらく当時の日本一の武力を持った存在でしょう。しかし、1人の有力武将程度の存在です。鎌倉が日本全体を掌握するのは1121年の承久の乱の後です。

ちなみに、義経が奥州で殺され奥州藤原氏が滅亡するのは1189年です。

1185年は、頼朝が従二位に昇進している年で、これは左大臣・右大臣に与えられる官位です。左大臣・右大臣は征夷大将軍よりも官位は上ですが、だからと言って国家の軍事統括権を持っているとは言えません。職権の範囲が違います。

地頭・守護の設置を幕府の成立とすることもあるでしょう。しかしこれも違います。これは、各地域の行政官のトップの任命権と、治安維持の責任者の任命権を持っているにすぎません。あくまで行政官です。これは行政権の執行なので、左大臣・右大臣クラスの権限で行なったという方が当てはまるでしょう。

地頭・守護は、何かあったときに日本の正当な軍として、各地域で軍を編成する権限は持っていません。頼朝にそれを命令する権限もありません。頼朝自身に国家の軍事の統括権がないのですから。

地頭には、いざとなったら鎌倉に集結する義務がありました。しかしこれは、地頭職につく見返りに鎌倉と御家人が交わした約束です。地頭という職業にある義務ではありません。
守護にも、鎌倉の護衛をする武士を選定する仕事がありました。ただこれも、『鎌倉』という朝廷から認められた組織を守るための仕事だっただけです。国軍のためのものではありません。
御家人(ごけにん)

鎌倉時代の幕府に従う武士のこと。

家人を丁寧な言い方にしたもの。家人は、『主人の家の人』という意味で、主人に従う人という意味。

鎌倉の力が圧倒的だったので、家人にも『御』をつけるくらい気を使った。

御家人の主人は、鎌倉の将軍ではなく、鎌倉という武士の組織だった。そのため、鎌倉幕府が消滅すると御家人もほとんど消滅する。

今でも、鎌倉時代の言葉として使われることが多く、ほかは、『家臣』と同じ意味で使われることがあるくらい。

幕府成立年が1185年以前はもっとおかしい

1185年以前に至っては論外です。

侍所、公文所、問注所を設置して行政機関として確立しているからでしょう。しかし、これらはすべて源頼朝と関東武士が勝手に作ったルールです。日本国家全体のルールでもないし国家の行政機関でもありません。

あとは、1183年に後白河上皇から上洛の要請を受ける代わりに、いろいろな独立した権限を引き出したからということなのでしょうが、これも当てはまりません。

それなら、織田信長が上洛したあと朝廷からいろいろな権限をもらっていますが、”安土?岐阜?幕府成立”とは言いません。そんな幕府は日本の歴史上ないですよね?

上洛要請の時、侍所、公文所、問注所の存在が認められているから勝手なルールじゃないでしょ?という問いには一理あると思います。

ですが、これはすでに頼朝が事実上管轄している領域内での話であって、頼朝が自由に日本全国に広めていいという話ではありません。

また、それだけでは幕府の条件は不十分です。このとき頼朝は、正当な軍の統括権を持っていません。

勝手に挙兵して、勝手に関東武士を仲間にして、勝手に関東近隣を制圧しているだけの私設軍隊です。立場が違えばただの無法者とされてもおかしくない状況です。

じっさいに、1183年に”東”大将軍に任命されて、ある程度の軍事の統括権を与えられた木曽義仲ですら源義経に討たれてますよね?

これは、後白河法皇も支持しています。

また、頼朝の施政下にある地域があまりにも小さいです。この時点では、関東、静岡、山梨、+αぐらいしか勢力範囲はありません。

近畿を除く西日本、四国、九州に至っては平家の勢力範囲です。幕府成立とするにはあまりにも小さすぎます。

1192年になるまで頼朝は軍の統括権は持ったことがない

頼朝は1185年の時点で、おそらく日本で一番軍事力を持っていたはずであろうことは事実です。
(この時点で奥州藤原氏と戦っていないので確定できない)

だからといって、国家の軍事の統括権をもっているとは言えません。確実に持っていると言えるのは”征夷大将軍”に任命された1192年です。

1190年に右近衛大将に任命された時ですら持っていません。これは、宮中を警護する軍の大将であって、今でいうと皇宮警察みたいなものです。日本国全体の軍事を統括しているわけではありません。

1192年になるまで頼朝は関東武士の棟梁ですらない

当時は1192年になるまで、鎌倉で武家の安定政権ができる確証は誰も持っていません。鎌倉幕府ができることを後の時代から見ている僕らは知っているから勘違いしているだけです。

頼朝は挙兵して、関東武士を率いて大きくなりました。しかし、関東武士は頼朝の臣下ではありません。武家の扱いがひどいので何とか変えようという頼朝の同士です。

上下関係はありません。ということは、1192年に征夷大将軍になるまで、いつでも頼朝を殺して誰かが代わりになる可能性は十分にあったということです。頼朝に武士の頂点に立つ権威は持っていませんでした。

頼朝の死後になりますが、鎌倉では将軍跡目の争いが絶えませんでした。

2代将軍の頼家(よりいえ)は、御家人から将軍職をはく奪され、鎌倉を追い出されたあと暗殺されます。3代将軍の実朝(さねとも)は、頼家の息子の公卿(くぎょう)に暗殺されました。そして鎌倉幕府の将軍は、本当の意味での武家の棟梁でなくなります。

この暗殺にはすべて鎌倉の御家人が絡んでいます。征夷大将軍の権威があっても、源氏の棟梁と関東武士の関係はこんな感じです。1192年以前はもっと不安定でしょう。

1192年はどういう年なのか?

1192年は、後白河法皇が亡くなった年です。これは何を意味するのか?

後白河法皇は、頼朝が武家の棟梁としての権威付けが欲しいことは分かっていました。つまり”征夷大将軍”が欲しかったのです。だから、これを最後まで与えませんでした。

なぜ頼朝は征夷大将軍が欲しかったのでしょうか?

それは、幕末の日本を見ればわかります。徳川政権は、江戸幕府という強固な政権統治システムを持っていました。しかし、征夷大将軍の権威を失墜させてしまったため、軍事力で圧倒的に不利な薩長に潰されてしまいました。

頼朝は鎌倉を安定化させる中で徐々に気づいたのでしょう。政権維持には、強固な政権統治システムとそれを運用できる権威が必要なことを。

だから後白河法皇は、行政権は渡しても、各地域の警察権は渡しても、都の警護の権利は渡しても、武家の棟梁の権威は最後まで与えませんでした。

そりゃそうでしょう。後白河法皇は、あまりにも頼朝が調子に乗っていたら、別の武家勢力に頼朝追討の命令を出すカードは持っていたいですから。

征夷大将軍に任命するということはそのカードを捨てることになります。

後白河法皇は、頼朝を利用しても、鎌倉が朝廷のライバル勢力になることを拒否しています。

法皇は、自分が権力の中枢に座り続けるためにどんな手段でも使ってきました。このようにして皇族同士の争い、平家との争いを生き抜いています。

源頼朝に征夷大将軍を与えなかったのは、平清盛に太政大臣というポストを与えたとき、自分の権力が一時無くなってしまったことを反省したからです。

ということは、1192年までは、源頼朝は幕府の統治システムをほぼ作り上げていますが、朝廷から正式に権力を委ねれていなかったことになります。

室町幕府、江戸幕府の成立年は、朝廷から正式に権力が委ねれているのでこの事実は重要です。

また、源頼朝の征夷大将軍就任は天皇の意思で任命されたのではありません。当時の天皇は後鳥羽天皇ですが、当時は12才と幼かったため関白九条兼実(くじょう かねざね)が将軍に就任させました。

九条兼実は朝廷内で鎌倉寄りの立場を取っていた実力者です。兼実が征夷大将軍の就任について独断で決めたところがあります。じっさいに5年後、後鳥羽天皇は九条兼実に関白を辞任させ失脚させます。

これからも、後鳥羽天皇本人は、源頼朝の征夷大将軍の就任には賛成しているとは言えない感情を持っていたことが分かります。

一方、源頼朝はなぜ太政大臣を欲しがらなかったのでしょうか?

これはさすがに朝廷が平家に政権を奪われた屈辱を覚えていたのでしょう。朝廷の警戒心を解くための妥協の産物が征夷大将軍だったと思われます。それでも後白河法皇は警戒して与えませんでしたが。

また、源頼朝からすれば平家政権の反省もあったと思います。平家政権は朝廷に入り込みすぎたため、朝廷の政治に振り回されました。そして、源氏を中心とした反平家の反乱を抑え込むことができませんでした。このことから、朝廷から距離を置けてなおかつ武家を統括できるものを望んだと思われます。

征夷大将軍は、朝廷と鎌倉の双方にとってちょうどいい役職だったのでしょう。

今の解釈だと幕府が無いことにならないか?

鎌倉幕府の成立年が1192年でないなら、”鎌倉幕府”ではなく”鎌倉政権”と呼べばいいと思います。鎌倉政権なら1185年の成立が正しいでしょう。

平家政権のことを誰も”平家幕府(福原幕府?)”とは呼ばないですよね?

豊臣政権のことを誰も”豊臣幕府(桃山幕府?)”とは呼ばないですよね?

平家も、豊臣も、当時の最強の武力を持った武人の政権です。それを幕府と呼ばない理由を、今の歴史教科書を書いた人に説明してほしいです。

今の解釈だと説明できないと思うのですが...

幕府の成立年を1192年にすれば説明できます。

最強の武力を持った勢力が政権を取ることが幕府ではない。征夷大将軍という国家の軍事の統括権を持った、武家の棟梁の権威を持った人が、政権を取るから”幕府”と言えます。

もしかして天皇制が嫌いだからわざとしている?

僕には、ここまで後白河法皇の存在を消す理由は、天皇の歴史的評価を最大限小さくしたいという個人的意見を反映させているようにしか見えません。

武家の政治参加のきっかけを作り、武家の政治的立場を向上させることに力を貸し、思いがけず武家政権樹立の功労者になった人が、”征夷大将軍” を死んでも渡さなかったという重大な意思を検証して伝えることが歴史の本当の教育でしょう。

頼朝が武家政権を樹立するという結果を知っている現代の人が、それを基準にしてそれ以前の歴史をみると、当時の置かれた状況を見誤ります。

当時の人々に、頼朝がのちの幕府と呼ばれる、武家政権を樹立するという発想は誰もいません。

頼朝自身も意識していなかったでしょう。目の前の困難をクリアしていったらそうなっていたというところではないでしょうか?

だってそのときは、日本に幕府という統治システムはなかったのですから、そんなものができるとは知るはずもありません。

自分の嫌いなものをないものにすることは歴史ではやってはいけません。石田三成が嫌いだからと言って、石田三成抜きで ”関ケ原の戦い” の歴史を語れますか?

語れるというならそれは、歴史ではなくファンタジーでしょう。

 

最近歴史カテゴリでよく読まれている記事です。
post-cta-image
blog image

土地所有の歴史で時代の主人公が見える

日本の歴史では、歴史の勝者がコロコロ変わってきました。大王・豪族、天皇、貴族、上皇、武士、国民。でも変わらないのは、全員有力な土地の所有者だったことです。それだけ『土地』と『歴史』は深くつながっています。そこで歴史の勝者を『土地』から見ていきます。

tadtadya.com

_

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!