ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

鎌倉幕府成立は1192年に戻したほうが良い理由。いまや少数派になっちゃった話。

鎌倉大仏

いま学校で教える、日本史の鎌倉幕府の成立年は、正確には決められないそうです。一番多いのは1185年で、今まで教わってきた1192年は10%未満らしい。

これはおかしいです。かつての鎌倉幕府成立年の1192年にはちゃんと理由があります。ある人が1192年に死ななければ、どうなっていたか。

中世 鎌倉時代

鎌倉幕府が成立したころは、鎌倉武士・上皇・朝廷貴族が入り乱れて、だれが政治権力をもっているのか、分かりずらい時代です。

どの目線で見るかで景色が変わります。また、『幕府』という言葉じたい当時は使われていませんでした。

だからといって1192年を否定できるものではありません。

今回は、1192年が成立年だという理由をひとつひとつ見ていきます。

ほかの成立年を全否定するものではありません。さっきも言ったように『目線』を変えると答えも変わるので。

鎌倉幕府成立までの源頼朝の足跡

鎌倉幕府の成立は、なんといっても源 頼朝(みなもと の よりとも)ですよね?

頼朝の動きを見ないと、絶対に鎌倉幕府の成立のことは分かりません。まずは頼朝が天下を取るまでの足跡をみてみましょう。

西暦頼朝の出来事
1180挙兵
鎌倉入り
侍所設置
1183公文所設置
問注所設置
上洛を要請される
1185従二位 昇進
公文所を政所に改称
守護設置
地頭設置
1189弟・義経を討つ
奥州藤原氏滅亡
1190権大納言就任
右近衛大将就任
1192征夷大将軍就任
用語の意味
用語意味
侍所
(さむらいどころ)
軍事、警察組織。
頼朝軍の軍規を保つための組織。
公文所
(くもんじょ)
鎌倉を拠点にするための行政組織。
問注所
(もんちゅうじょ)
裁判所。
従二位
(じゅうにい)
位階。上から4番目。
左大臣・右大臣クラスに相当する。

日本では、役職を務めるには相応の位
がないといけない

現在は、総理大臣などの閣僚、衆議院
議長など、国家に後見した役職を経験
した人が亡くなると贈られる。

従二位は、総理大臣経験者に贈られる
一番下の位。
政所
(まんどころ)
親王または官位が三位以上に設置権利
がある家政機関。

『自分の領内は勝手にルールを作って
いいよ。』という私的機関。
守護
(しゅご)
警視総監、県警本部長みたいなもの。
地頭
(じとう)
知事みたいなもの。
治安維持も任されていた。

守護と仕事がかぶるが、どう役割分担
していたか不明。
(ケースバイケース?)
右近衛大将
(うこのえたいしょう)
宮中警護の責任者。
皇宮警察のトップ。
権大納言大納言が定員オーバーしているときに
与えられる大納言職。
権(ごん)は『仮』の意味。

仮でも大納言に変わりない。

大納言は政権ナンバー3。
太政大臣も入れるとナンバー4)
征夷大将軍
(せいいたいしょうぐん)
朝廷軍(国軍)の最高指揮官。
日本の軍事の統括権をもつ。

第50代 桓武天皇が設置した。

頼朝は、1185年に朝廷から左大臣・右大臣クラスの位をもらいます。左大臣は総理大臣みたいなものなので1185年説が多いんでしょうね?

でも頼朝は左大臣ではありません。位は左大臣と同格でも役職なし。

(1190年に権大納言に就任。大納言は左大臣の2ランク下。)

政所も公的な行政機関じゃありません。朝廷から、

自分の管轄地域に組織を置いていいよ。

と言われたようなもの。

頼朝の目線で見れば幕府の成立は1185年でしょう。でも、国家権力にはもっと強力な人がひとりいます。後白河法皇です。

太政官(だいじょうかん)

律令制のなかで政治を動かすトップの組織。いまでいう内閣みたいなもの。

他の官位と同じように四等官で4つの序列があった。

四等官官位
長官
(かみ)
太政大臣
左大臣
右大臣
内大臣(令外官)
次官
(すけ)
大納言
中納言(大宝律令で廃止。令外官として復活)
参議(令外官)
判官
(じょう)
少納言など
主典
(さかん)
省略

左大臣は総理大臣みたいなもの。行政の全責任を負う。

最初はなかったが、近江令で左大臣のさらに上の太政大臣ができた。

最初の太政大臣は大友皇子

(その後、平清盛、豊臣秀吉など)

太政大臣は、よっぽどの人でないとなれないので空席もあった。

明治新政府で置かれた太政官は同じものではなく、似たものをつくって置いた。『だじょうかん』といい呼び方もちがう。

明治18年に内閣制度ができて消滅する。内閣制度はイギリスがモデルだが、いまでも名前で太政官が受け継がれている。

内閣の一員 -> 大臣(だいじん)

官僚組織 -> 長官(ちょうかん)、次官(じかん)

日本では大臣を『相』ともいう。呼び方が2つあるのは日本独自と輸入品の両方を使っているから。

首相 = 総理大臣

財務相 = 財務大臣

○○相イギリスの議院内閣制の閣僚の日本語訳
○○大臣太政官の名残り。日本だけ。

政治ニュースでよく見るとわかる。外国の政治家には『大臣』といわず『相』といっている。

ちなみに、アメリカのような大統領制の『長官』は太政官の長官(かみ)とは関係ない。日本人に分かるようにあてはめただけ。

大臣は『天皇の下のリーダー()』という意味。天皇がいないと大臣は存在できない。天皇の『臣下=君主に仕える者』だから。

位はあるのに役職なしってどういうこと?

と思うでしょう。

1185年の頼朝は、まちがいなく日本最強の軍事力をもっていました。朝廷もそれを無視できません。でも国家運営には参加させたくありません。

あんたは偉いことを認めるから、国家運営にはタッチしないでね?

と言ったようなもの。

あとになって限界がきて、権大納言・右近衛大将・征夷大将軍と役職もステップアップしますが。

朝廷とは距離を取りたい源頼朝も朝廷の役職につくのは躊躇していた。

かなり前から上の役職の打診があって断ってたほど。

頼朝の微妙な朝廷での出世は、『朝廷の役職なんかいらねーわ!』と思っていた頼朝と、『本当は与えたくないけど軍事力持ってるし。』と思っていた朝廷の思惑と駆け引きの結果。

次は激動の12年間にひとり権力の中枢に居つづけた後白河法皇

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください