第76代 近衛天皇 藤原氏の権力闘争に巻き込まれる

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
和柄の画像

歴代天皇 - 内外と権力闘争に明け暮れた天皇たち(院政の時代) -

政治の実権は祖父の鳥羽上皇が握っていたため、近衛天皇(このえ)はほぼ表舞台に出ることがありませんでした。政治の中心は藤原氏の内紛がメインになっていきます。

中世 平安時代 - 末期 -

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)
  • 生没年
  • 1139年5月18日 ~ 1155年7月23日
    保延5 ~ 久寿2
    17才
  • 在位
  • 1142年12月7日 ~ 1155年7月23日
    永治元 ~ 久寿2
    15年
  • 名前
  • 体仁
    (なりひと)
  • 藤原得子
    (ふじわら とくし)

    美福門院
    藤原長実の娘
    (ふじわら ながざね)

父親の都合で生後3か月で後継者に指名される

鳥羽上皇の第9皇子である近衛天皇は、生後3か月で崇徳天皇の皇太弟になります。崇徳天皇とは20才と親子ほども年が離れた兄弟でした。

これは鳥羽上皇が崇徳上皇を封じ込めるため、鳥羽上皇が崇徳天皇の後継者をコントロールできるようにするためでした。

太上天皇(だじょうてんのう)

退位した天皇のこと。

上皇(じょうこう)

太上天皇の短縮した言い方。

太上法皇(だじょうほうおう)

出家した上皇のこと。たんに法皇という。

院(いん)

上皇の住まい。そこから上皇・法皇のことを『○○院』と呼ぶ。

詳しくは『太上天皇とは何か?』


皇太弟(こうたいてい)

天皇の弟が次の天皇に指名されたときに使う。

皇太子は、次の天皇に、天皇の子供が指名されたときに使うので、弟の場合は使えない。

父親の都合で天皇になる

近衛天皇は3才の時、鳥羽上皇が崇徳天皇に退位を迫ったことで天皇に即位します。しかし、近衛天皇は病を理由にほとんど表に出てくることはありませんでした。

政治家としては何もしていないと言っていいでしょう。そもそも鳥羽上皇がいるので何もできないのですが。

結婚は藤原氏の内紛に巻き込まれる

近衛天皇は12才の正月に、左大臣だった藤原頼長(ふじわら よりなが)の養女・多子(たし)が入内して皇后になります。

3か月後の4月には、頼長の兄・藤原忠通(ふじわらの ただみち)も養女・呈子(ていし)を入内させて中宮としました。

入内(じゅだい)

『内裏(だいり)に入る』から、天皇の妻として認められることをいう。天皇と結婚すること。内裏は天皇の住むところ。


中宮(ちゅうぐう)

天皇の正室の住んでいるところ。そこから天皇の正室のことを意味する。

皇后も同じ意味だが中宮との違いはあまりない。使われ始めた時代が違うと考えてよいでしょう。

どちらも、将来的に外祖父として権勢を自分のものにしようという目論見がありました。

頼長と忠通は異母兄弟で年齢も24才も離れていて、政治的には常に対立していました。3か月の間に皇后が2人になるというのはどう見ても不自然な結婚です。

近衛天皇は17才の時、眼病で亡くなります。15年の在位の間、鳥羽上皇、藤原兄弟に振り回されるだけで終わってしまいました。

歴史に名を残したことがあるとすれば、17才という若さで子供を残すことなく亡くなったことでしょう。これが原因で皇位継承争いが勃発することになって、”保元の乱”という戦が起きることになります。

 

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!