第77代 後白河天皇 平氏・源氏を翻弄する稀代の大政治家

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
後白河天皇肖像画

歴代天皇 - 内外と権力闘争に明け暮れた天皇たち(院政の時代) -

後白河天皇(ごしらかわ)は、平清盛、源頼朝の両名を手玉に取った稀代の大政治家です。武家を利用しながらまたは利用されながら30年以上トップであり続けました。

皇族同士、武士との権力闘争に明け暮れて、敵のいないことがありませんでした。歴代天皇の中でも激動の政治の世界の中心にいた人物です。

中世 平安時代 - 末期 -

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)
  • 生没年
  • 1127年9月11日 ~ 1192年3月13日
    大治2 ~ 建久3
    66才
  • 在位
  • 1155年7月24日 ~ 1158年8月11日
    久寿2 ~ 保元3
    4年
  • 名前
  • 雅仁
    (まさひと)
  • 別名
  • 行真
  • 藤原璋子
    (ふじわら しょうし)

    待賢門院
    藤原公実の娘。
    (ふじわら きんざね)

これまでの後白河天皇

  • 周りから最低の評価を受けて、朝廷内で干される
  • 期待されずに中継ぎとして天皇に即位する
  • 保元の乱崇徳上皇に勝利する
  • 平治の乱のあと二条天皇との権力闘争に勝利する
  • 平清盛とタッグを組む
  • 平清盛と組んで高倉天皇を即位させ、二条天皇派を撲滅する

これまでの後白河天皇の敵は朝廷内にいました。しかし、それに勝利した瞬間から今度は武家との対決に突入していきます。

この人の人生は、敵のいないことがありません。

平清盛と対立。武家との対決に突入していく。

高倉天皇が即位した年の1168年、後白河上皇は出家し法皇となります。

太上天皇(だじょうてんのう)

退位した天皇のこと。

上皇(じょうこう)

太上天皇の短縮した言い方。

太上法皇(だじょうほうおう)

出家した上皇のこと。たんに法皇という。

院(いん)

上皇の住まい。そこから上皇・法皇のことを『○○院』と呼ぶ。

詳しくは『太上天皇とは何か?』

前年に、平清盛は武家でありながら太政大臣という最高の地位を手に入れました。清盛の勢力拡大は止まりません。

このとき、後白河法皇、平清盛の2人はそろって絶頂期にいました。しかし、それも長くは続きません。

後白河法皇からすると、平清盛は調子になっていると感じていました。面白くありません。徐々に二人は対立していくことになります。

後白河法皇と平清盛に共通の敵がいなくなって対立し始める

後白河法皇の完全な失脚。日本初の武家政権が誕生する。

清盛が太政大臣になってから10年後の1177年、後白河法皇の意向で清盛失脚計画が発覚しました。”鹿ケ谷(ししがたに)の謀議”です。
謀議に参加した藤原成親、西光、俊寛は鬼界ヶ島へ配流となりました。

後白河法皇は、例の嗅覚で知らぬ存ぜぬで通しますが、清盛との関係は急激に悪化します。

2年後の1179年、清盛の嫡男、重盛が亡くなります。後白河法皇は、重盛の所領を没収して自分のものにしました。これに激怒した清盛は数千の兵を率いて上洛し、法皇を鳥羽殿に幽閉します。

そして法皇の院政を停止し、高倉天皇と、娘の徳子(とくこ)との間に生まれた息子を天皇(安徳天皇)に即位させます。高倉上皇に形だけの院政を行わせて実権を掌握しました。

ここで、日本の歴史上はじめて武家による政権が誕生しました。と同時に、後白河法皇は完全に失脚することになりました。

後白河法皇は、人間性はともかく、武家を後ろ盾に政治を行い、日本で初めての武家政権を作る原因になったという点で歴史に大きな功績?を残した人物でしょう。

後白河法皇は、平清盛との対決に敗れる

後白河法皇はあきらめてはいなかった

安徳天皇が即位した1180年4月、弟の高倉上皇との皇位争いに敗れた以仁王(もちひとおう)が、源頼政(みなもとの よりまさ)とともに平氏打倒を目指して挙兵します。挙兵自体は失敗しますが、反平家の空気は徐々に広がりつつありました。

2か月後の6月、反平家の勢いに押された平清盛は、幽閉していた後白河法皇を再び仲間に引き入れようとします。これに後白河法皇は乗りました。福原遷都によって、安徳天皇、高倉上皇とともに福原へ引っ越します。

1181年、高倉上皇が亡くなり、続いて平清盛が亡くなると、平家の勢力は急激に衰え始めます。安徳天皇は同時に二人の後見人を失うことになりました。

京都に戻った後白河法皇は院政を再開します。ここで法皇は、鋭い嗅覚を発動し行動に出ます。平家を見限り、平治の乱で敗れた源氏と急接近します。

そのとき一番勢いのある源氏は木曽義仲(きそ よしなか)でした。義仲は、源頼朝・義経兄弟といとこになります。

1183年、義仲が叡山と連携して京都に攻め込むと、後白河法皇はいち早くそれを支持します。すでに福原から京都に戻っていた平家は、安徳天皇と三種の神器と一緒に京を離れ、西へ落ち延びることになりました。

しかし、義仲は京都の風習とは違う振る舞いをあまりに行うため、京都人からは傍若無人の乱暴者とみられ、京都での信頼を一気に失います。

後白河法皇はまたまた嗅覚を発動し源頼朝(みなもとの よりとも)へ近づいて、頼朝の弟の範頼・義経を上洛させて義仲を討たせます。

見事なポジションチェンジです。利用価値の無くなった平家から、次の時代を作る源頼朝に移行して見せました。このときはすでに、義仲、頼朝を利用して平家追討の宣下を下していました。

  • 後白河法皇は、平清盛の死後、復活する
  • 平家から離れ源氏に近づいていく

平家の滅亡、そして源頼朝との対決へ

壇ノ浦で平家が滅亡すると、新たな武家政権樹立に奔走する源頼朝と後白河法皇は対立していきます。

頼朝の弟の義経に官位を与え源氏の内部分裂を画策し、義経に頼朝討伐の宣下を下します。ただしこれは失敗に終わります。

頼朝に抗議されると、逆に今度は頼朝に義経討伐の宣下を下します。これで義経が奥州に追われ、奥州で武蔵坊弁慶などの臣下とともに討たれることになります。

ここで、頼朝に匹敵する軍事力を持った勢力はなくなりました。鎌倉幕府の下地が出来上がります。

後白河法皇は、平家滅亡後、源頼朝と対立する

1192年に日本国一の大天狗は亡くなる

源頼朝は、後白河法皇”日本国一の大天狗”と評しています。天狗を現代の僕らの感覚でいえば、”妖怪” とか ”怪物” という意味になります。

それだけ頼朝からすれば、自分の意のままに動かすことができない、食えない奴だったということでしょう。その大天狗も1192年に亡くなります。

1192年という年号にピンとくることはありませんか?

そうです。

以前は鎌倉幕府成立の年と教科書に書かれた年です。

法皇は、頼朝が最も欲しかった官位の征夷大将軍を亡くなるまで与えることはありませんでした。武家政権に対して最後まで対抗した証拠です。

後白河法皇は、武家の力が大きくなることを許していなかった。そして、最後まで抵抗していた。

鎌倉幕府成立は1192年に戻すべきだ!

詳しい話は鎌倉幕府成立についての投稿に任せますが、ぼくは後白河法皇は個人的には嫌いです。でもこの人がいなければ、武家は政治勢力として大きくなることはできなかったし、武家が政権を取ることもできませんでした。

また、幕府という日本独特の政治権力体制も生まれることがなかったのは歴史的事実です。鎌倉幕府成立年は1192年が一番正しいと思います。

期待とは裏腹に後白河院政は長期政権になる

やはり、鳥羽上皇崇徳上皇の後白河天皇に対する評価は色眼鏡が入っていると思います。これだけのことをやり遂げた法皇はほかに例を見ないでしょう。

後白河上皇の院政下では、5人の天皇が在位するという異例の長期政権となりました。

第78代 二条天皇(在位8年)
第79代 六条天皇(在位4年)
第80代 高倉天皇(在位13年)
第81代 安徳天皇(在位6年)
第82代 後鳥羽天皇(在位16年のうち10年)

院政の期間だけでも34年にも及びます。

後白河法皇の才は政治力だけではない

後白河法皇は物詣(ぶっけい)を盛んにしたことでも有名です。物詣とは寺社に参詣することです。

現在、京都市内に新熊野神社(いまくまの)新日吉神宮(いまひえ)があります。これは、わざわざ遠くの熊野や日吉に行かなくても、気軽に都で参拝できるようにと法皇が始めたのものです。

また、無くなっていた宮廷行事も復活させています。さらに、芸術文化面での功績もあります。法皇は、宮廷とは縁の薄い民衆の芸能を好みました。

今様(いまよう)を集めて『梁塵秘抄』(りょうじんひしょう)を編纂しています。今様とは、当時流行した七五調の歌謡のことです。

ここに集められた歌謡は、仏教歌謡、神事歌謡、民衆歌謡に分けられていて、それぞれに当時の民衆の願いや憧れなどが込められています。これが、当時の民衆の感性がどういうものか現代のぼくたちに伝えてくれます。

おそらく、鳥羽上皇と崇徳上皇の低い評価の原因は朝廷文化よりも民衆文化に傾倒したこともあるでしょう。

やっぱり、”能もなく芸もなし”の評価は間違いだということが分かります。

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!