第60代 醍醐天皇 民間人から天皇になった男

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
醍醐天皇肖像画

歴代天皇 - 藤原氏に権力を委ねた天皇たち -

醍醐天皇(だいご)は歴代天皇の中でただひとり民間人出身の天皇です。

父親の宇多天皇(うだ)が民間人だったので、そのときに生まれたのが醍醐天皇でした。

生まれたときは親王でなければ皇子でもありません。その一民間人が天皇になります。

中世 平安時代 - 中期 -

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)
  • 生没年
  • 885年1月18日 ~ 930年9月29日
    元慶9 ~ 延長8
    46才
  • 在位
  • 897年7月3日 ~ 930年9月22日
    寛平9 ~ 延長9
    34年
  • 名前
  • 敦仁
    (あつぎみ)
  • 第59代 宇多天皇
    (うだ)
  • 藤原胤子
    (ふじわら いんし / たねこ)

どうやって民間人から天皇になったのか?

醍醐天皇は、生まれたとき皇族ではありませんでした。

父親は第59代 宇多天皇(うだ)です。宇多天皇は父親の第58代 光孝天皇(こうこう)の意向で一時期、皇族をはなれ民間人でした。そのときは、源定省(みなもとのさだみ)と名乗ります。

この民間人のときに生まれたのが醍醐天皇でした。

両親が皇族でないところに生まれた人が天皇になったのは、すべての歴代天皇の中で醍醐天皇だけです。

ちなみに、醍醐天皇のおじいちゃん・光孝天皇は、たくさんの皇子がいてそのほとんどを民間人にしちゃった人です。

民間人になった定省は、父親の天皇に仕えて支えました。その仕事っぷりと人格が認められて、たった3年で皇族に復帰して皇太子になります。

父親が皇族に復帰するのといっしょに醍醐天皇も親王として復帰します。

じゃあ最初っから民間人にするなよ!っていう話です。

皇位継承がグダグダになっていた?

醍醐天皇のおじいちゃん・光孝天皇も天皇になるはずはありませんでした。

先代の第57代 陽成天皇(ようぜい)がヤバい人で、天皇をクビになったのでピンチヒッターで即位します。

自分の息子たちをどんどん民間人にしたのもそれが原因かもしれません。

天皇をクビにすることが異例のことなので混乱していたんでしょうね?

前のページ
第44代 元正天皇 唯一母親から娘への母系で皇位を継承する
第71代 後三条天皇 摂関政治を壊した先駆者
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!