第60代 醍醐天皇 民間人から天皇になった男

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
醍醐天皇肖像画

歴代天皇 - 藤原氏に権力を委ねた天皇たち -

醍醐天皇(だいご)は歴代天皇の中で唯一民間人出身の天皇です。

父親の宇多天皇(うだ)が民間人だったこともあって、その時に生まれたのが醍醐天皇でした。生まれた時は民間人で親王でもなければ皇子でもありません。その一民間人がのちに天皇になることになります。

中世 平安時代 - 中期 -

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)
  • 生没年
  • 885年1月18日 ~ 930年9月29日
    元慶9 ~ 延長8
    46才
  • 在位
  • 897年7月3日 ~ 930年9月22日
    寛平9 ~ 延長9
    34年
  • 名前
  • 敦仁
    (あつぎみ)
  • 第59代 宇多天皇
    (うだ)
  • 藤原胤子
    (ふじわら いんし / たねこ)

どうやって民間人から天皇になったのか?

醍醐天皇は、生まれたときは皇族ではありませんでした。

父親は第59代 宇多天皇(うだ)です。宇多天皇は父親の第58代 光孝天皇(こうこう)の意向で一時期皇族を離れ民間人になっています。そのときは、源定省(みなもとのさだみ)といいました。

この皇族を離れた時期に生まれたのが醍醐天皇でした。

両親がともに皇族でないところに生まれた人物が天皇になった例は、男女問わずすべての歴代天皇の中で唯一の例です。

ちなみに、醍醐天皇の父方のおじいちゃんの光孝天皇は、たくさんの皇子がいてそのほとんどを民間人にしちゃった人です。自分の息子のほとんどを皇族から切り離してしまいました。

民間人になった源定省は、民間人になった後も父親の天皇に仕えて支えました。その仕事っぷりと人格が認められて、たった3年で皇族に復帰して皇太子になります。

父親が皇族に復帰することで醍醐天皇も親王として皇族に復帰します。

じゃあ最初っから民間人にするなよ!っていう話です。

 

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!