歴史・文化の用語集

歴史・文化についての用語集です。 なんとくなく聞いていて分かっているようだけれど、くわしく調べると『なるほど』と自分が思ったことが中心です。

摂政とは何か? - 時代によって意味・役割が違う

Q&A image

摂政は『せっしょう』と読みます。

『天皇に代わって(と)る』で天皇の代理です。政(まつりごと)は政治の昔の言い方で、『摂る』は担うという意味。

摂政は、時代によって意味・役割が少しずつ変わります。どのように変わってきたのでしょうか?

続きを読む

君臣の別(くんしんのべつ)の意味は?

Q&A image

日本では、君主と民の関係は昔から独特でした。欧米のように契約関係もなく、絶対的な主従関係もありません。

そこに『君臣の別』という考えがあります。皇位継承問題でも必要な考え方です。

君臣の別とはどういうものなのか見ていきます。

続きを読む

100万石の石高(こくだか)の意味は?

Q&A image

石高は『こくだか』と読みます。100万石など、よく聞いているけれど説明しようとすると詳しくはわからないことに気づきます。

調べてみると、領地の広さ、資産の大きさとは言い切れないということを知りました。では石高とはどういうものなのでしょうか?

続きを読む

姓、氏、名字、苗字の違いは何か?

Q&A image

今は、(せい、かばね)、(し、うじ)、名字(みょうじ)、苗字(みょうじ)に違いはありません。使い分けする必要もありません。

ただ、これらは生まれた時代や由来がちがいます。最初はそれぞれの意味もちがいました。

それでは、どのようにして生まれたのか見ていきましょう。

続きを読む

宮家(みやけ)とは何か?

Q&A image

宮家(みやけ)は不思議です。

70年前まで、天皇の家族にしては血縁が遠いし、親戚といっても娘の嫁ぎ先や嫁の実家として見たらの条件つきでした。

天皇との血縁関係が宮家より近い一般人もいました。

宮家はどういうものでしょうか?

続きを読む

今上天皇の読み方。どういう意味か?

Q&A image

今上(きんじょう)陛下って言葉はあまり聞いたことがありませんよね?

令和がはじまり、また天皇の継承問題が大きくなってきているのでこの言葉を聞く機会が増えると思います。

これを機に覚えておくのもよいのではないでしょうか?

続きを読む