ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

武士はどこから来たのか? なぜ生まれたのか?

武士 画像

武士が生まれたのには、長い歴史の中でポイントになる部分がいくつもあります。

たんに豪族から武士になっただけでは片付けられません。天皇の政策だって影響しています。

武士には強いイメージがあります。もちろん、腕っぷしが強い集団でした。しかし、武士は強いから日本の中でトップに君臨したわけではありません。

むしろ武士は弱いから生まれました。

(弱いというより干されつづけた。)

どいうこと? でしょうが、順を追って説明するので分かると思います。

武士の祖先・豪族(ごうぞく)

古代・奈良時代より前の軍事力をもった人たちに豪族がいます。このころの日本は、天皇が豪族をまとめて日本を統治するシステムでした。

天皇のそばで長く仕えた有名な氏族、大伴氏(おおとも)や物部氏(もののべ)は、もともと武器を作っていたなど軍事専門の氏族で、天皇を中心とした政権でも軍事担当の氏族でした。

豪族の特長は、

土着した地元がある。

血族集団。

軍事力が強い。

権力に近い氏族もいる。

???

武士と何がちがうの? と思うでしょう。はっきりいってちがいはありません。あるとすれば、

時代と政治システムがちがった。

あとで豪族と武士のちがいの答え合わせをします。とりあえず今はこの程度にしといてください。

このころの国軍の総司令官は天皇です。じっさい先頭を切って戦場に向かった天皇もいます。最後に総司令官として遠征したのは第37代 斉明天皇。女帝。斉明天皇は遠征先の九州で亡くなりました。

武力を担当する役人

古代の飛鳥・奈良時代に律令政治がはじまりました。天皇がまとめる豪族たちの役割を役人・官僚に変えます。

あまり知られてませんが、日本の律令政治は皇親政治です。

皇親政治は、天皇の息子や孫たちが役人のトップ、政権の中枢に入る政治システム。今でいうと、各省庁の事務次官、内閣の閣僚が、天皇の息子や孫が務めるイメージ。

その下で有力豪族だった人たちが天皇の子孫たちを支えます。

もちろん軍事専門の役所もありました。近衛府(このえふ)です。近衛府は宮中警護の役所で左右の2つがあり、それぞれ大将がいました。

(右近衛大将と左近衛大将(うこのえたいしょう, さこのえたいしょう))

近衛府の役人は令外官です。

令外官(りょうげのかん)

律令制度の令(行政法)にない官位のこと。特別職。臨時職。

にある(令にない)位』。摂政関白太政大臣、内大臣など。

正式な官位じゃないので比較的自由な立場で仕事ができた。また、正式な官位と兼務ができた。

律令制度を変えずに、現実に対応するため作られた役職が多い。

第50代 桓武天皇は軍政改革で、征夷大将軍検非違使を新たに作った。

現実に対応して作ったので歴史の中では重要なものが多く、馴染みのあるものも多い。

律令(りつりょう)

律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる憲法みたいなもの。

7世紀の当時、世界の先進国の1つだった中国から伝わる。

日本は世界の先進国の仲間入りを目指して導入し始めていた。

律令で統治された国家を律令国家、その政治システムを律令制という。

ちなみに近衛大将も、皇族の人が将来政権トップになるキャリアを積むために務めた役職です。

今でも、軍のトップの役職は大将・中将・少将と言います。

(自衛隊はごまかして別の言い方をするが。)

この呼び方は近衛府から来ている。近衛府には大将の下に中将・少将があった。

律令国家・日本は国軍が小さい

律令政治では国軍がありません。都を警護する近衛府が、いざ戦争というときに国軍の代わりを務めました。

今で言えば、警視庁と警察庁、自衛隊はなく皇宮警察だけがあり、有事のときだけ皇宮警察が代わりにやるイメージ。

『おいおい、警察なくてどうやって治安を守るの?』

と思いますが、今の最高裁判所にあたる刑部省(きょうぶしょう)があり、捜査機関は全国に散らばった国司が務めました。

(国司は地方裁判所の長官でもあった。)

国司(こくし)と郡司(ぐんじ)

国司

古代から平安時代にかけて中央政府から派遣された地方の役人。646年には存在したが、いつ始まったのかはっきりと分からない。大宝律令・養老律令で確立された。

地方のすべての権限を持っていた。

京都では、生まれがいいのに仕事に恵まれない人がたくさんいたので、その人たちが派遣される。(天下り)

送り込まれる人の家柄がすごかったので地方ではやりたい放題。(元皇族・藤原氏)

今の県知事・県警本部長・裁判官を一人で務めるようなもの。第50代 桓武天皇は国軍を廃止して、各地の国司を軍の司令官にした。

もってる力は絶大。

偉い順に、守(かみ)、介(すけ)、掾(じょう)、目(さかん)…と続く。

長官の守には、現地に赴任しないで都にとどまり報酬だけはもらっている人もいた。遙任(ようにん)という。

それに対し、じっさいに現地に赴任して仕事をしていたトップを受領(ずりょう)という。

受領は一般的に守のことを指すが、遙任の場合は介が現地のトップになり受領と呼ばれた。

平安時代には、中央政府を無視して自分の国かのように振る舞っていく。中には武士の棟梁になるものもいた。(平清盛・源頼朝の祖先)

鎌倉時代に入ると、地頭に仕事を奪われて形だけの役職になるが明治になるまで続く。

戦国武将や江戸時代の武士は国司の役職を持っていたが、ほんとうに任命されているかは関係なくカッコイイ名前として使われる。

  • 織田 上総介(かずさのすけ)信長
  • 徳川 駿河守(するがのかみ)家康

織田信長はいまでいうと千葉県の副知事。徳川家康は静岡県知事。信長は上総の国とは無関係でカッコイイ名前として使い、家康はほんとうに駿河守に任命されていた。

織田信長が一番偉くないのが面白い。

郡司

市区町村長みたいなもの。直属の上司が国司で、権限は国司よりも小さい。

大宝律令と養老律令

古代の近代化(律令国家をめざす)の基礎になる法典。憲法みたいなもの。

近江令(おうみりょう)、飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)は自分たちで作ったが、大宝律令は中国の丸コピーだった。

律令は、律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる。

大宝律令(たいほうりつりょう)

701年(大宝元)撰定、702年(大宝2)施行。

中国のを丸コピーして日本に必要なものだけを選んだので1年で完成させた。

第42代 文武天皇の時代。

(じっさいは持統上皇が行なった。)

大宝律令は飛鳥浄御原令の失敗から『とりあえずパクった』もの。

養老律令(ようろうりつりょう)

718年(養老2)撰定、757年(天平宝字元)施行。

大宝律令の改訂版。

突貫工事でつくった大宝律令は中国のコピーなので、日本に合わないことがあった。

養老律令では、日本に合うように修正。(オリジナルの追加・変更)

撰定は第44代 元正天皇、施行は第46代 孝謙天皇。どちらも女帝。

天皇の皇位継承のルールを定めた継嗣令(けいしりょう)もある。

養老律令は『パクっただけだとなんか合わない。改良しよ!』になったもの。

養老律令 = 大宝律令 + 飛鳥浄御原令 + さらに改良

撰定から施行まで40年もかかっている。

オリジナルを作るのに苦労したのか? あいだの第45代 聖武天皇がサボったのか? よくわからない。

女帝のほうが憲法の大切さを分かっていて国作りに熱心だったのかも。

(大宝律令の持統上皇も女帝。)

(聖武天皇は仏教マニアで国作りに興味なし。)

古代の日本は、全国の治安は裁判所と県警だけで事足りるほど平和。外国と戦争もしなくなったので常設軍はほぼなし。

むしろ、都周辺のほうが争いごとが多くて宮中警護が重要視されました。

当時の人口は500万人くらいで7万人が都にいたので、今の東京一極集中よりも都の人口密度は高いです。それに合わせると軍の配置が薄いとは言えません。

国軍がなくても納得。

東北はまだヤマト(日本)に従っていないものが多く、日本に組み入れられる途中だったので、大規模な反乱は東北が中心だった。

そこで常設軍は東北の鎮守府(ちんじゅふ)にあり鎮守府将軍がいた。

鎮守府将軍は日本の軍の司令官の最高峰だったが、あくまで立場は東北方面の司令官に過ぎない。

国軍の放棄。軍事の地方分権

平安時代をはじめたのは第50代 桓武天皇です。この天皇、ただでさえ国軍がないのに、さらに軍政改革をすすめました。

軍事力を地方に分散させ国司を軍の司令官にします。これだと首都が手薄になるので、近衛府とはべつに検非違使(けびいし)を作りました。

警察の仕事は検非違使がすべて行うようになり、近衛府は左大臣などに出世していく貴族の通過儀礼の役所になっていく。

(エラい人は途中で右近衛大将、左近衛大将を歴任する。)

近衛府は警察のキャリア官僚。検非違使はノンキャリア官僚。

また、地方に分散させた司令部・国司をまとめる征夷大将軍を作りました。

このときの日本の軍隊は、ふだんは国司が地方の争いを解決し、規模が大きくなると征夷大将軍が国司を集めて臨時国軍を作って戦争をしました。

(といっても、国軍を使うほどの戦争はほとんどなかった。)

『征夷大将軍は臨時職』は不思議に思う人もいるでしょう。それは、鎌倉時代以降の幕府の将軍 = 征夷大将軍のイメージがあるからです。

検非違使と征夷大将軍も令外官です。近衛府もそうですが、軍に関係する役職は律令に組み入れられることはありませんでした。

征夷大将軍は臨時職。

常設軍をもっていたのは地方の国司。

手薄になった都の警護のために検非違使を作る。

征夷大将軍と検非違使はセットで、桓武天皇が軍事を地方に丸投げしたから作ったと覚えましょう。

征夷大将軍は最初、大規模な戦闘が起きるときだけ任命されていた。坂上田村麻呂(さかのうえ の たむらまろ)など。

鎌倉幕府ができて、征夷大将軍が継承され常にいるようになると、軍司令ナンバー1は鎮守府将軍から征夷大将軍に変わる。

(鎮守府は、幕府の影響が東北にまで及ぶと鎌倉政権に吸収・廃止された。)

令外官(りょうげのかん)

律令制度の令(行政法)にない官位のこと。特別職。臨時職。

にある(令にない)位』。摂政関白太政大臣、内大臣など。

正式な官位じゃないので比較的自由な立場で仕事ができた。また、正式な官位と兼務ができた。

律令制度を変えずに、現実に対応するため作られた役職が多い。

第50代 桓武天皇は軍政改革で、征夷大将軍検非違使を新たに作った。

現実に対応して作ったので歴史の中では重要なものが多く、馴染みのあるものも多い。

平氏・源氏の誕生

あとで出てくる武士にとってもうひとつ、重要な変化が平安時代にありました。

それは、平氏と源氏が出てきたこと。

古代・奈良時代になると藤原氏が皇族の皇親政治に代わって台頭し、平安時代になると藤原氏の摂関政治が始まります。

しかし、平安時代になってもいきなり藤原氏が独占したわけじゃありません。平安初期はむしろ律令政治と摂関政治のブレンド。

律令政治のメンバーチェンジ

律令政治(皇親政治)にも変化が起きました。

皇族の代わりに、民間人になった天皇の息子・孫たちが律令政治を担う。

これは大きな変化です。奈良時代の末期には皇子のメンツが足りなくて皇親政治は無くなりかけてました。

(藤原氏がそれをカバーした。)

(みなもと)は、天皇の息子たちを民間人にするのによく使われた代表的な姓です。

(平安時代では3代目・第52代 嵯峨天皇から第62代 村上天皇まで源氏の大量生産期。)

天皇が源氏を作るのがスタンダードだったくらい。結局、源氏は21もの流れができました。

源氏二十一流(げんじにじゅういちりゅう)

天皇の子孫の氏族の源氏には21の系統がある。その総称。

天皇の息子・孫を臣籍降下して民間人にするのに源(みなもと)姓は多く使われ、第52代 嵯峨天皇の息子から始まる。

平安時代の初期から中期にかけて、天皇は源氏を作るのが常識なほど一番多く作られた。

ペースは徐々に落ちていくが、戦国時代の第106代 正親町天皇の系統が江戸時代初期に作られたのが最後。

1第52代 嵯峨天皇嵯峨源氏
(さが)
最初は、左大臣・右大臣など、藤原氏と並ぶ政治家一門だった。
徐々に藤原氏に押され有力政治家を出さなくなる。

渡辺氏、松浦氏、蒲池氏など知る人ぞ知る武士に残った程度。
2第54代 仁明天皇仁明源氏
(にんみょう)
嵯峨源氏と同じく、藤原氏と並ぶ政治家一門だった。

仁明源氏の中から平氏に枝分かれしたのもいる。
仁明平氏

徐々に藤原氏に押され有力政治家を出さなくなり、その後目立った人は出ていない。
3第54代 文徳天皇文徳源氏
(もんとく)
前例と同じく藤原氏と並ぶ政治家一門だった。
徐々に藤原氏に押され有力政治家を出さなくなり、その後目立った人は出ていない。
4第56代 清和天皇清和源氏
(せいわ)
政治家としてはパッとしない。
国司や軍事専門の地方役人などに多くの人を輩出する。

それらが武士となり、日本最高の武家一門に成長する。
源頼朝、足利高氏など有力武将は数知れず。

貴族としては公卿にギリギリ滑り込んだ程度。
唯一残っていた竹内家がつづき明治に華族になった。

21の源氏の中でもっとも有名になった家。

村上源氏以外でただひとり、足利義満が太政大臣になった。
5代57代 陽成天皇陽成源氏
(ようぜい)
多くの公卿を輩出する政治家一門だったが、これまでの源氏と比べ見劣りする。
その後も目立った貴族、武士などはいない。
6代58代 光孝天皇光孝源氏
(こうこう)
最初は、中納言を輩出するなど政治家一門だったがフェードアウト。

その中でひとり、康尚(こうしょう)が仏師になり日本仏教彫刻の最大勢力、慶派(けいは)を作っていく。
鎌倉時代の有名な彫刻家、運慶湛慶(うんけい・たんけい)もその子孫。

その他、数々の天才彫刻家は数知れず。
慶派は幕末の動乱まで仏師の主流だった。
(日本の彫刻界の中心だったと言ってもいい。)
7第59代 宇多天皇宇多源氏
(うだ)
最初は左大臣を出すなど政治家一門だったがフェードアウト。

鎌倉時代には綾小路家・大原家など公卿の中堅に多くを出した。
明治になると多くが華族になる。

佐々木氏など有力武士も多いが天下取りを争うほどではない。
8第60 醍醐天皇醍醐源氏
(だいご)
最初は左大臣を出すなど政治家一門だったがフェードアウト。
その後、貴族ではあったが地下家(じげけ)で上流貴族になれていない。

地方に散らばり武士になった人も多いがメジャーではない。
9第62代 村上天皇村上源氏
(むらかみ)
多くの源氏が朝廷でフェードアウトする中、最後まで上流貴族を保った。
(天皇の子孫の意地を見せた。)

藤原氏にかくれているが、貴族の源氏と言えば村上源氏というくらいの勢力。

源氏で最大の3人の太政大臣を出す。

明治維新の岩倉具視(いわくら ともみ)を出した。
武士では北畠氏(きたばたけ)を出した。
10第63代 冷泉天皇冷泉源氏
(れいぜい)
作られた当初から存在感がない。
本当にあったのか? と思うほど。
11第65代 花山天皇花山源氏
(かざん)
ギリギリ上流貴族の半家に白川伯王家(しらかわはくおう)が残っただけ。
1家で頑張ってきたが昭和になって断絶した。
12第67代 三条天皇三条源氏
(さんじょう)
貴族では最初からパッとしない。
僧侶や天皇の妻などになり目立たない。
13第71代 後三条天皇後三条源氏
(ごさんじょう)
ひとりだけ源氏になった源有仁(みなもと の ありひと)は左大臣までなったが後継者がいなくて断絶。

武士の中には後三条源氏を名乗るものがいたが自称の可能性が高い。
14第77代 後白河天皇後白河源氏
(ごしらかわ)
反平家の挙兵をした以仁王(もちひとおう)ひとりだけ。

皇籍を剥奪され懲罰で源氏になった。
討伐軍に追われて戦死。
15第84代 順徳天皇順徳源氏
(じゅんとく)
ひとり左大臣を出した。
室町幕府 第3代 将軍・足利義満(あしかが よしみつ)のときに最後の一人が出家してしまい断絶。
16第88代 後嵯峨天皇後嵯峨源氏
(ごさが)
源惟康(みなもと の これやす)ひとりだけ。
鎌倉幕府 第7代 征夷大将軍になる。

親王のままの将軍は都合が悪いから源氏になった可能性が高い。
17第89代 後深草天皇後深草源氏
(ごふかくさ)
鎌倉幕府 第8代 将軍・久明親王(ひさあきら)の孫が源氏になる。

大納言にまでなったがあとが続いていない。
18代90代 亀山天皇亀山源氏
(かめやま)
特筆する人はない。
19第84代 後二条天皇後二条源氏
(ごにじょう)
特筆する人はいない。
20第96代 後醍醐天皇後醍醐源氏
(ごだいご)
後醍醐天皇の孫が源氏になったと言われるが、詳細がない。
(信憑性はないかも?)

武家の大橋氏、神社を代々守る社家の氷室氏など末裔を名乗る氏族はいる。
21第106代 正親町天皇正親町源氏
(おおぎまち)
正親町天皇は織田信長・豊臣秀吉のころの天皇だが、江戸時代にその子孫が源氏になる。
広幡家(ひろはた)

摂関家に次ぐ清華家になるなど格別の待遇を受けた。
明治になると華族になる。

源氏として活躍したのは平安中期までに作られた源氏で、村上源氏で勢いは止まる。

その後は活躍する人が出ていない。鎌倉時代は幕府の将軍が大きく関係している。

臣籍降下(しんせきこうか)

皇族が下のりること。

皇族が民間人になって皇室から離れること。

奈良時代は罰として行われ、反省して許されると皇族に戻ることもあった。

貴族の家格(かかく)

平安時代になると特定の家が要職を占めるようになる。

(主に藤原氏と天皇の子孫の源氏)

鎌倉時代になると貴族のランクが家単位で固まった。それを家格という。

1摂関家
(せっかんけ)
摂政関白太政大臣になる。
五摂家。
すべて藤原北家の流れ。
2清華家
(せいがけ)
摂政・関白はなれないが、太政大臣になる道があった。

江戸時代には最高位が左大臣に下げられる。
(江戸時代に太政大臣は摂関だけに限定。)

三条(さんじょう)
西園寺(さいおんじ)
徳大寺(とくだいじ)
久我(こが)
花山院(かざんいん)
大炊御門(おおいのみかど)
菊亭・今出川(きくてい。または、いまでがわ)
の7家。

久我家は唯一、天皇の子孫の源氏の流れ。
村上源氏

ほかはすべて摂関家に食い込めなかった藤原氏北家。

江戸時代に広幡家(ひろはた)と醍醐家(だいご)を追加した。
広幡家は第106代 正親町天皇の子孫の正親町源氏
醍醐家は五摂家のひとつ一条家の分家。
3大臣家
(だいじんけ)
清華家の分家。
摂関家・清華家はなれない参議 -> 中納言とステップアップする家。
大納言・近衛大将を飛び越えて内大臣になる道もあった。
(まれに右大臣になる人もいた。)

太政大臣になることもできたが江戸時代に廃止。

正親町三条・嵯峨(おおぎまちさんじょう。のちにさが)
-> 三条家の分家。藤原氏。

三条西(さんじょうにし)
-> 正親町三条の分家。藤原氏。

中院(なかのいん)
-> 久我の分家。村上源氏。

の3家。
4羽林家
(うりんけ)
近衛少将・中将になる。
参議 -> 中納言 -> 大納言にステップアップする家。

軍事を担当する。
江戸時代には大名家に与えられた。

藤原北家: 51家(上位や同じ羽林家からの分家)
藤原南家: 4家
村上源氏: 8家(久我の分家)
宇多源氏: 3家

数がいきなり増える。また、藤原南家、宇多源氏など、上位に見られない系統もある。
4名家
(めいけ / めいか)
序列は羽林家と同じ。
最高位も同じで大納言。
(例外で左大臣になる人もいた。)

天皇のお世話係の侍従・文書作成などの弁官から出世する。
羽林家は武門に対して名家は文官。

藤原北家: 25家
桓武平氏: 3家

平安末期にイケイケだった平家がひっそりと残る。
5半家
(はんけ)
大納言になった人がいるがほとんどが参議になってない。
(上流貴族でも政権中枢に入れない)

特殊技能を使って朝廷の仕事をした。

藤原北家: 2家
清和源氏: 1家
宇多源氏: 2家
花山源氏: 1家
桓武平氏: 2家
菅原氏(すがわら): 6家
清原氏(きよはら): 3家
大中臣氏(おおなかとみ): 1家
卜部氏(うらべ): 4家
安倍氏(あべ): 2家
丹波氏(たんば): 1家
大江氏(おおえ): 1家

いろいろな氏族が入っている。
菅原道真(すがわら の みちざね)の菅原氏、マイナーな源氏など。

清原氏は天皇の子孫。源氏よりも古く、飛鳥・奈良時代の天皇から分家した。

大中臣氏は藤原氏の祖先・中臣氏の流れ。藤原氏の本家筋。
古代から宮中祭祀を仕切る仕事をしてきた。

卜部氏は卜筮(ぼくぜい)という占い専門の集団。

安倍氏も天皇の子孫。第8代 孝元天皇の皇子・大彦命(おおひこ の みこと)の流れで天皇の子孫でもダントツに古い。
(神話の話で信憑性も薄い。)

安倍氏の系統・土御門家(つちみかどけ)は陰陽道を駆使した。
陰陽師・安倍晴明(あべ の せいめい)がいた家。

丹波氏は、第15代 応神天皇のころに来日した渡来系氏族の末裔。
坂上田村麻呂(さかのうえ の たむらまろ)を出した坂上氏の分家。
医療技術(薬剤を含む)を駆使し多くの医者を出した。

大江氏は、古代からの氏族・土師氏(はじうじ)の分家と言われる。
土師氏は埴輪(はにわ)を開発した野見宿禰(のみ の すくね)から始まる土木技術を得意とした氏族。
(ちなみに、野見宿禰は日本最古の力士・相撲取りとも言われる。)

上流貴族にギリギリ入り込んだランクではあるが、氏族・得意分野のバリエーションが多く魅力的な集団。
堂上家

表の6つのカテゴリは堂上家(どうじょうけ)といい、天皇の住居兼オフィスの清涼殿(せいりょうでん)に入ることが許された貴族。

堂上家は太政官の政権中枢の役職(中納言・大納言・右大臣・左大臣)になれる貴族で公卿(くぎょう)ともいう。

堂上家に対して、昇殿を許されない貴族もいた(江戸時代には460家以上)。地下家(じげけ)という。

また、堂上家(公卿)じゃないのに昇殿は許された人を殿上人(てんじょうびと)という。

五摂家(ごせっけ)

平安時代の摂関政治では摂政・関白になれる家は決まっていた。それを摂関家(せっかんけ)という。

鎌倉時代以降、摂関家の中でさらに摂政・関白になれる家柄がしぼられた。その5家のことを五摂家という。

  • 近衛(このえ)
  • 九条(くじょう)
  • 二条(にじょう)
  • 一条(いちじょう)
  • 鷹司(たかつかさ)

くわしくは『摂関政治とは何か?』で。

五摂家は明治に入ってもつづき、華族制度ができてからは華族として位置づけられた。

1947年の華族制度の廃止まで、由緒ある家として知られていた。

もうひとつの名門・平氏も同じですが、4つの流れしか作っていません。

(時期は源氏の大量生産期と重なる。)

源氏は唯一、藤原氏と対等に渡り合った氏族。政権トップの左大臣にまでなった人は数知れず。

律令政治と摂関政治のブレンドは、源氏と藤原氏のブレンド政権と言ってもいいくらい。

武士の誕生

ここまでは前フリ。長かったですか? このフリに武士の誕生のスパイスが凝縮されてます。だからあえて長くしました。

軍事力をもっているのは国司。

平氏と源氏の誕生。

国軍をもっていない。

この3つが武士が生まれるきっかけです。というか武士を作った材料はこれだけと言っていいほど。

『武士は平安の中ごろに出てきた。』

と歴史で教わった人は多いのではないでしょうか?

なんで平安の中ごろなのか?

もう分かりますね?

3つの材料がそろって、いい頃合いになったのが平安中期です。

平氏と源氏の軍事化

平氏は4つの流れしか作れなかったように、姓を与えられた元皇族の劣等生でした。作ったはいいけれど、政権中枢は藤原氏と源氏の2トップで占められて入るスキがありません。

そうなると、あふれた平氏は地方の役人になります。もちろん国司になるのもいました。

ここに軍事力をもった平氏の誕生。武家の平氏の登場です。

もうひとつの源氏はたくさん作られましたが、天皇の家族、天皇の子孫になっていく藤原氏に中央政界から追いやられていきます。150年くらいかけて。

そうなると行き着く先は平氏と同じ。多くの源氏が地方の役人・国司になっていきました。

ここに軍事力をもった源氏の誕生。武家の源氏の登場です。

中央政界にポストがない貴族が地方役人になって軍事力をもった。

平氏、源氏はその代表格。

国軍なしではまとめられない!

平氏や源氏の多くが地方に散らばったころ、国司を軍の司令官にしたことが仇になります。

軍事力を一番もった国司が、赴任地であたかも自分の領地のように振る舞いはじめました。中央政府なんか知ったこっちゃないという態度で。

中央から追い出された平氏や源氏の恨みつらみもあったでしょう。

国司だけではありません。元々それぞれの土地で力をもっていた豪族たちも我先に独立してやるという勢いで戦争し始めます。

国司 vs 国司

国司 vs 国司の部下(郡司など)

国司 vs 豪族

国司の部下 vs 豪族

豪族 vs 豪族

(古代の豪族とは意味がちがう。後で説明。)

地方でだれが強いか? のバトルロワイヤル。このバトルを制した人たちが武士です。

一言で武士と言ってもどこから出たのかはそれぞれ。平安中期の強いやつが武士になりました。

藤原氏や古代からの有力豪族の末裔など、バトルに参加した氏族はもっと多い。

中央政界から追い出されたのは平氏・源氏だけじゃないから。藤原氏でも地方に追いやられた人は多い。

国司(こくし)と郡司(ぐんじ)

国司

古代から平安時代にかけて中央政府から派遣された地方の役人。646年には存在したが、いつ始まったのかはっきりと分からない。大宝律令・養老律令で確立された。

地方のすべての権限を持っていた。

京都では、生まれがいいのに仕事に恵まれない人がたくさんいたので、その人たちが派遣される。(天下り)

送り込まれる人の家柄がすごかったので地方ではやりたい放題。(元皇族・藤原氏)

今の県知事・県警本部長・裁判官を一人で務めるようなもの。第50代 桓武天皇は国軍を廃止して、各地の国司を軍の司令官にした。

もってる力は絶大。

偉い順に、守(かみ)、介(すけ)、掾(じょう)、目(さかん)…と続く。

長官の守には、現地に赴任しないで都にとどまり報酬だけはもらっている人もいた。遙任(ようにん)という。

それに対し、じっさいに現地に赴任して仕事をしていたトップを受領(ずりょう)という。

受領は一般的に守のことを指すが、遙任の場合は介が現地のトップになり受領と呼ばれた。

平安時代には、中央政府を無視して自分の国かのように振る舞っていく。中には武士の棟梁になるものもいた。(平清盛・源頼朝の祖先)

鎌倉時代に入ると、地頭に仕事を奪われて形だけの役職になるが明治になるまで続く。

戦国武将や江戸時代の武士は国司の役職を持っていたが、ほんとうに任命されているかは関係なくカッコイイ名前として使われる。

  • 織田 上総介(かずさのすけ)信長
  • 徳川 駿河守(するがのかみ)家康

織田信長はいまでいうと千葉県の副知事。徳川家康は静岡県知事。信長は上総の国とは無関係でカッコイイ名前として使い、家康はほんとうに駿河守に任命されていた。

織田信長が一番偉くないのが面白い。

郡司

市区町村長みたいなもの。直属の上司が国司で、権限は国司よりも小さい。

大宝律令と養老律令

古代の近代化(律令国家をめざす)の基礎になる法典。憲法みたいなもの。

近江令(おうみりょう)、飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)は自分たちで作ったが、大宝律令は中国の丸コピーだった。

律令は、律(りつ。刑法)と令(りょう。民法、行政法)からなる。

大宝律令(たいほうりつりょう)

701年(大宝元)撰定、702年(大宝2)施行。

中国のを丸コピーして日本に必要なものだけを選んだので1年で完成させた。

第42代 文武天皇の時代。

(じっさいは持統上皇が行なった。)

大宝律令は飛鳥浄御原令の失敗から『とりあえずパクった』もの。

養老律令(ようろうりつりょう)

718年(養老2)撰定、757年(天平宝字元)施行。

大宝律令の改訂版。

突貫工事でつくった大宝律令は中国のコピーなので、日本に合わないことがあった。

養老律令では、日本に合うように修正。(オリジナルの追加・変更)

撰定は第44代 元正天皇、施行は第46代 孝謙天皇。どちらも女帝。

天皇の皇位継承のルールを定めた継嗣令(けいしりょう)もある。

養老律令は『パクっただけだとなんか合わない。改良しよ!』になったもの。

養老律令 = 大宝律令 + 飛鳥浄御原令 + さらに改良

撰定から施行まで40年もかかっている。

オリジナルを作るのに苦労したのか? あいだの第45代 聖武天皇がサボったのか? よくわからない。

女帝のほうが憲法の大切さを分かっていて国作りに熱心だったのかも。

(大宝律令の持統上皇も女帝。)

(聖武天皇は仏教マニアで国作りに興味なし。)

やっぱり名門がリーダーになりやすい?

出身なんか関係ねー、のバトルロワイヤルでしたが、勝者になったのは名門氏族ばかりです。

氏族どこ出身?
源氏
平氏
本家
足利氏源氏
新田氏源氏
畠山氏平氏
源氏
武田氏源氏
上杉氏藤原氏
細川氏源氏
三好氏源氏
六角氏源氏
浅井氏平氏
源氏
藤原氏
朝倉氏日下部氏(くさかべ)
織田氏平氏
藤原氏
北条氏平氏
徳川氏源氏
毛利氏土師氏(はじ)
伊達氏藤原氏

(日下部氏、土師氏は古代に天皇から別れた古い元皇族の氏。)

鎌倉・室町・戦国で思い当たる有名な武士の氏族を挙げてみましたが、元をたどれば特定の氏族しかありません。

バトルロワイヤルと言っても、名門氏族が地方で力をもっていたのでアドバンテージがあったのでしょう。

(とくに国司はもってる軍事力がちがう。)

国司などの地方役人には口だけ番長で偉そうにしている人もいた。都に住んで自分の赴任地に一度も行かなかった人もいるほど。

そういう人は、部下や豪族から下剋上をくらう。さながら戦国時代のよう。

平将門と藤原純友の反乱(承平天慶の乱)

このバトルロワイヤルの象徴が平将門(たいら の まさかど)と藤原純友(ふじわら すみとも)です。

平将門は関東で同じ平家一門の叔父さんたちとの争いに勝ち、平定するために国司も倒して、最後は『新皇』を名乗って反乱を起こしました。

藤原純友は、瀬戸内海の海賊討伐の司令官として戦地に向かったのに、最後は海賊のボスになって反乱を起こしました。

このほぼ同時に起きた2つの大きな反乱を『承平天慶の乱』(じょうへいてんぎょうのらん)と言い、はじめての武士の反乱と言われます。

このころの平家や源氏、藤原氏など名門氏族は地方で軍事力を相当もっていて、さっきの3つの条件がちょうどブレンドされて熟成されていた時期。

起きるべくして起きた反乱でした。

武士と豪族のちがい

武士と豪族のちがいはほとんどなく同じです。豪族のほうが意味が変わっていきました。

古代の豪族は天皇を助ける地方を治める有力者たち。そしてそれらの有力者の多くは律令制度で役人になりました。そして平安中期に軍事専門の役人が武士と呼ばれる集団になります。

豪族は武士ほど大きな組織はもっていないけど、地方でそれなりの軍事力をもった集団のことを指すようになりました。

(例えば海賊とかは海戦を得意とする豪族。)

武士はもともと名門氏族だった人たちが地方に土着して軍事力をもった集団、豪族はさらに地域密着の小規模の軍事力をもった集団とも言えます。

豪族と武士は同じで、豪族の中から武士と呼ばれるグループができたとイメージするほうが分かりやすい。

古代
古墳
古代
飛鳥・奈良
平安
初期
平安
中期
どうなった?
豪族軍事担当の役人。軍事担当の役人
が地方に集中。
地方バトルの勝者。
名門氏族が多い。
武士
豪族軍事担当の役人。

役人になれない
戦闘集団。
(海賊とか)
軍事担当の役人
が地方に集中。

役人になれない
戦闘集団。
地方バトルの敗者。

役人になれない
戦闘集団。
豪族

国軍を作ろうとしない『平和ボケ』の伝統

平安末期になると中央政府の争いに武士が参加し始めます。保元の乱平治の乱は貴族の代理戦争を武士が担当しました。

そこで勝ち抜いた武士の平清盛(たいら の きよもり)は太政大臣にまでなって武士が貴族になります。もともと天皇の子孫・貴族なので、世代を超えた里帰り、リベンジですね?

そのあと、武士が貴族になるのは失敗だということに気づいた源頼朝(みなもと の よりとも)は、朝廷と距離を取った武家政権を作りました。

鎌倉幕府です。つづいて室町、江戸と幕府が出てきます。そのボスが征夷大将軍。

ここまで見てきて気づいたでしょうか?

日本の国家システムでは軍事が大事にされていません。幕府の長でさえ臨時総司令官の征夷大将軍。

しつこいようですが、征夷大将軍は正式な官位ではなく令外官

令外官(りょうげのかん)

律令制度の令(行政法)にない官位のこと。特別職。臨時職。

にある(令にない)位』。摂政関白太政大臣、内大臣など。

正式な官位じゃないので比較的自由な立場で仕事ができた。また、正式な官位と兼務ができた。

律令制度を変えずに、現実に対応するため作られた役職が多い。

第50代 桓武天皇は軍政改革で、征夷大将軍検非違使を新たに作った。

現実に対応して作ったので歴史の中では重要なものが多く、馴染みのあるものも多い。

国軍と言っていい軍事力にそれなりの役職を与えてきませんでした。

江戸幕府の徳川氏は、幕府の将軍や御三家の当主などが左大臣・右大臣・大納言・中納言などを任命されていました。

政権をもつ正当性は貴族としての徳川氏です。征夷大将軍だから政権をもっていたわけではありません。

国軍の復活は明治から

正式に政治のシステムに軍隊が復活したのは明治に入ってからです。そして1945年に敗戦してからは、また、軍隊をもたないことになりました。

今の自衛隊は憲法に違反してるし、もってる軍事力に対してそれなりの立場を与えていません。

日本の歴史からすれば、それが日本人の軍事に対する考え方です。

時代国軍の
有無
古代
古墳
天皇が国軍の総司令官。
古代
飛鳥・奈良
宮中警護の近衛府と戦地の最前線に鎮守府を置く。
平安国軍は国司の寄せ集めの臨時集団。
国軍の総司令官・征夷大将軍も臨時職。
鎌倉
室町
江戸
臨時総司令官・征夷大将軍を継続。
明治
大正
昭和
国軍の復活。
1000年以上ぶり。
昭和
平成
令和
1945年以降、正式には国軍がない。
中途半端な立場で強大な軍事力をもつ。
(自衛隊)

日本の政治権力を一番長い間もっていた武士は、自分の得意ジャンルの軍事が正式に認められていなかったというのは注目すべきポイントです。

『日本 = サムライの国』と世界からは見られているのに、当の日本はサムライを正式に認めてなかったって、どういうこと???

なんでそこまで軍事を認めがらないのか、よく分かりません。若干、穢れ(けがれ)として見られてるんじゃないか? と感じますが。

律令政治は法治と文民統制

なんで軍人を認めてこなかったのか?

よくわからないと言いましたが、ひとつ理由を挙げるとすれば、日本の政治はベースに律令制度があったから。

律令政治は文民統制です。法治国家と言ってもいい。『暴力で国を動かすなんざ、だっせー。』という制度です。

歴史を振り返るとモロに出ています。

律令政治が始まると天皇が出陣しなくなる

天皇が戦地の総司令官をしなくなったのは律令政治が始まったから。最後の出撃をした斉明天皇の二人の息子は律令政治の走りです。

天智天皇天武天皇

二人は天皇になる前に大戦争を経験した軍人でもあるのに、天皇になると戦争をしていません。

(権力闘争は激しかったが。)

桓武天皇の政治は律令政治の復興

平安時代の軍政改革で地方の軍しかもたなかった桓武天皇は、律令政治の復活のために改革した人です。

やっぱり軍がお嫌い。

軍事担当はノンキャリア官僚

平安時代の貴族は出世できないアホが軍事担当の役人になると思っていました。上位のインテリ層がキャリア官僚で、軍事担当はノンキャリア。

国司になるなんて左遷だと見られることも。

あの菅原道真(すがわら の みちざね)も一時国司に赴任しますが、相当ショックだったよう。『なんでオレがノンキャリアにならんといかんの?』ぐらいに思ってました。

この考えは日本だけではありません。官僚国家だった昔の中国や韓国も同じ。

だから中国は『眠れる獅子』と恐れられたのにアヘン戦争であっさりイギリスに負けたし、韓国も明治維新を経験して軍事の大切さを知った日本やロシアに抑え込まれました。

じつは中国がレベルの高い軍事力をもっていたのは、統一・秦(しん)や三国志の時代など紀元前~紀元後3世紀ぐらいまで。

官僚国家になると、軍事が薄いところに外部からの侵略者がやってきて皇帝になり、国ごと乗っ取られる易姓革命(えきせいかくめい)の繰り返し。

(侵略者もやがて官僚システムに吸収されて軍事をおろそかにしていく。)

隋(ずい)・唐(とう)・元(げん)・清(しん)など、日本に馴染みのある国は漢人ではなく、外からやってきた侵略者が興した国。

4世紀以降の中国大陸全土を統一した国家で、漢人の国は明(みん)だけという話もある。

武士は軍人がバイトで本職は高級官僚

鎌倉幕府から軍人の武士が政治のトップになりましたが、征夷大将軍は臨時職のまま。

彼らが政治のトップになれたのは、左大臣・右大臣、それに対応する官位(従二位や正二位など)をもっていたからで、軍人が律令政治の官僚のトップも兼任していたから。

学校で習う歴史では征夷大将軍になったからトップになったイメージがありますが、それはたんに左大臣だった、右大臣だったというのを教えられていないだけ。

学校では教えない武士の役職に、日本の権力統治の正当性の根拠があります。

極論ですが、徳川氏のトップが征夷大将軍じゃなくても左大臣さえやっとけばそれで良かったってこと。

敗戦したら先祖返り

日本の近現代史を見るとき、とくに大正から昭和初期にかけて、『あの頃は文民統制ができてなかったから戦線拡大した』という言葉を聞いたことがあるでしょう。

その文民統制が復活したのが敗戦後の1945年。

個人的には、アメリカから与えられてありたがるのはどうかと思います。だって日本の歴史はずっと、法治国家で文民統制がベースにあったから。

日本は強大な軍事力をもっているのに正式に認めないのが伝統。

前のページ
摂関政治とは何だったのか?いつ始まったのか?
院政とは何だったのか?どうして『いんせい』というのか?
次のページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください