第71代 後三条天皇 摂関政治を壊した先駆者

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
後三条天皇肖像画

歴代天皇 - 藤原氏に権力を委ねた天皇たち -

後三条天皇(ごさんじょう)は、ミスター院政白河法皇の父親で、藤原氏の横暴な政治を止めさせようとした人です。

実績の割に知られていない人で、もっと知ってほしい天皇のひとりです。

後三条天皇の朝廷改革がなければ摂関政治が衰えず、院政もなく、武士の世もなかったかもしれません。

時代の大変革の土台を作った偉大な人です。

中世 平安時代 - 末期 -

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)

  • 生没年
  • 1034年7月18日 ~ 1073年5月7日
    長元7 ~ 延久5
    40才
  • 在位
  • 1068年4月19日 ~ 1073年12月8日
    治暦4 ~ 延久4
    5年
  • 名前
  • 尊仁
    (たかひと)
  • 別名
  • 延久帝
    (えんきゅうてい)

  • 第69代 後朱雀天皇
    (ごすざく)
  • 禎子 内親王
    (ていし)

    陽明門院
    (ようめいもんいん)

    第67代 三条天皇の皇女
    (さんじょう)

  • 皇后
  • 馨子 内親王
    (けいし/かおるこ)

    第68代 後一条天皇の皇女
    (ごいちじょう)

  • 女御
  • 藤原茂子
    (ふじわら もし/しげこ)

    藤原公成の娘
    (ふじわら きんなり)

  • 女御
  • 藤原昭子
    (ふじわら しょうし/あきこ)

    藤原頼宗の娘
    (ふじわら よりむね)

  • 女御
  • 源 基子
    (みなもと の きし/もとこ)

    源 基平の娘
    (みなもと の もとひら)

  • 女御
  • ほか

女御(にょうご)

位の高い朝廷の女官。天皇の側室候補でもあったので、天皇の側室という意味もある。

生まれが藤原氏出身でないためずっと中途半端

母親が天皇の娘で皇族で、第59代 宇多天皇(うだ)以来、170年ぶりに藤原氏と親戚じゃない天皇です。

皇太弟になってもなかなか天皇になれず、10~34才の24年間、東宮生活を送りました。

皇太弟(こうたいてい)

天皇の弟が次の天皇に指名されたときに使う。

皇太子は、天皇の子供が指名されたときに使うので、弟の場合は使えない。

東宮(とうぐう) 

皇太子の住まい。たんに皇太子のことを東宮と呼ぶことがある。

今でも皇太子殿下の住んでいるところを東宮御所という。

後三条天皇は、生まれが藤原氏と関係ないため、関白藤原頼通(ふじわら よりみち)に嫌われていました。

頼通は、先代で後三条天皇の兄・後冷泉天皇の皇后に自分の娘を入内させ、その娘に息子が生まれるのを待っていたので、皇太弟はジャマでしょうがありません。

入内(じゅだい)

裏(だいり)にる』から、天皇の妻として認められることをいう。

天皇と結婚すること。

内裏は天皇の住むところ。

だから24年も放置されました。この長さは異常です。当時はすでに幼い天皇は当たり前なのに。

しかし、後三条天皇は24年をムダにしませんでした。藤原氏中心の摂関政治の裏表をすべて観察していたのです。

そして、自分が天皇になったときに何をすべきか考えつづけました。その答えが

藤原氏の横暴は許さない

です。

日本人は好きかも。不屈の精神で改革を断行!

突然ですが、ヒットした日本のドラマです。

ROOKIES

半沢直樹

下町ロケット・下町ロケット2

スクール・ウォーズ(相当古い。30年以上前のドラマ)

これには、恵まれない境遇でガマンして、ガマンして、最後に大逆転する共通点があります。

(なぜかTBSばっかり。)

後三条天皇はそんな人です。

やっと天皇になって、いきなり改革

34才で天皇になった後三条天皇は、家のランクや身分は低いけれど、能力は高い人を積極的に登用して、藤原氏に頼らない天皇中心の政治を行います。

まず、即位の翌年、延久の荘園整理令を発布して財政の再建をはかります。

当時、摂政関白など主要ポストを独占していた藤原氏は、権力を使って違法荘園を日本全国に展開して、自分の懐に入れていました。

荘園(しょうえん)

743年に私有地を持てる法律ができたことから始まる、上皇・貴族・寺社勢力・豪族の私有地のこと。

農園と言われることがあるが鉄の生産など工業も行われた。

室町時代くらいから武士などの地方の有力者に奪われ失われていく。

豊臣秀吉の太閤検地などの土地制度改革で、私有地はいったん国に返すことになったので消滅する。

国家財産、国家収入になるものを藤原氏がネコババしてたんですね?これはあまりにひどく、国家財政を圧迫するほどでした。

国や藤原氏以外の人々はどんどん貧乏になり、それに反比例して藤原氏はどんどん裕福になっていきました。

この整理令は

  • 不正蓄財は許しません。
  • 不正と判断したものはすべて国に返還させる。

というものでした。

ここまでやってよく殺されなかった

これはスゴイことです。当時の藤原氏は、だれにも文句が言えないほどやりたい放題でした。その力の根源の経済基盤・荘園にメスを入れたんですから。

暗殺されてもおかしくありません。じっさい改革を行なったのは、藤原氏でないため恵まれなかった、源経長(みなもとの つねなが)や大江匡房(おおえ まさふさ)などです。

経長は宇多天皇の玄孫(やしゃご)です。何か因縁を感じます。

まだまだ改革は終わらない

さらに翌年、絹布の制(けんぷのせい)を制定し、さらに2年後、公定升(こうています)を制定します。

絹布の制は、絹(きぬ。シルク)の品質を統一するという政策です。

安い質の悪いものを高く売りつけるような商売をなくすためですね?

公定升は公式の度量衡(どりょうこう)で、度量衡は、長さ(度)、容積(量)、重さ(衡)を測る物差し、はかりのことです。

公定升は、そのはかりの精度を上げて基準を作り、国が保証しました。

農作物などを国におさめるときのルールを統一するのと、役人がわざと多めに取ってネコババするのを防ぐためです。

どれも経済に直結する政策で、その経済活動の不正は何人たりとも許さないというものでした。

後三条天皇は経済通の政治家だと思います。ほかにもいろんな実績を残します。

この改革で摂関政治は衰退していく

後三条天皇は人の意見をよく聞き、高潔な人柄と深い学識をもっていました。また強い政治力も発揮しました。

しかし、4年半という短い在位で、息子の白河天皇にあとを任せます。

病気のためか、院政をはじめるためなのか意見は分かれるようですが、藤原氏と距離をとり摂関政治とはちがった天皇中心の政治を目指したのは確かです。

天皇を退位した翌年には亡くなってしまいます。政治的に対立した藤原頼通でさえ

公家 image
末代の賢主を失った

と嘆くほどの人でした。

このあとは、稀代の怪物政治家・息子の白河天皇が院政をはじめて摂関政治は衰退していきます。そして、院政、武家政権と目まぐるしく時代が変わっていきます。

長生きしていたらどうなっていた?

長生きしたらもっといい世の中を作ってくれたのに。

と思いたいところですが、早く白河天皇にバトンタッチしたことが政治システムの転換にはよかったかもしれません。

親子ですが性格は真逆で、後三条天皇は実務能力が異常に高く、有能な行政マンです。そしていい人でした。

一方、息子の白河天皇は、政治闘争に異常に能力を発揮した人です。性格はワンマンで、自分が気に入らなければ、息子だろうがだれでも容赦なく排除します。

これが、既存の政治システムを壊して新しいシステム(院政)を作るのに適していました。

親子のコンビプレーで改革できた

父親が細かい修正を繰り返して世の中を上昇気流に乗せ、息子がその気流に乗っかって新しい時代の扉を開きました。

親子2代のコンビプレーといっていいと思います。

息子の白河天皇は、平清盛と同時代を生きた人で、キャラクターも個性的なのでかなり有名ですが、父親はほとんど知られていません。

しかし、後三条天皇が作った土台がなければ、白河天皇は財政的余裕もなく、政治闘争に専念できなかったはずです。稀代の怪物政治家・白河天皇は生まれなかったでしょう。

後三条天皇はもっと知ってもらいたい人です。

前のページ
第60代 醍醐天皇 民間人から天皇になった男
第72代 白河天皇 院政の創始者
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!