第81代 安徳天皇 平家待望の即位。しかし既に時遅し

他言語サイト
us us
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
安徳天皇肖像画

歴代天皇 - 内外と権力闘争に明け暮れた天皇たち(院政の時代) -

平家待望の即位だった安徳天皇(あんとく)。しかし、時の流れはすでに平家から離れていました。時流に乗れなかったことで悲しい結末を迎えた天皇です。

安徳天皇は『平家の、平家による、平家のための天皇』として幼くして即位したため、平家の衰退と滅亡に大きく左右されました。本人の意思表示ができないうちに命を落とすことになってしまいます。

いまのところ歴代天皇の中で、権力闘争が原因で自殺した最後のケースになっています。

中世 平安時代 - 末期 -

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)

    福原宮
    (ふくはらのみや)

    屋島
    (やしま)
  • 生没年
  • 1178年11月12日 ~ 1185年3月24日
    治承2 ~ 寿永4
    21才
  • 在位
  • 1180年4月22日 ~ 1185年3月24日
    治承4 ~ 寿永4
    6年
  • 名前
  • 言仁
    (ことひと)
  • 平徳子
    (たいらの とくこ)

    建礼門院
    平清盛の娘
    (たいらの きよもり)

平清盛が独断で即位させる

高倉天皇の第1皇子の言仁親王が、生後1か月あまりで皇太子になり、3才(満1才2か月)で即位しました。このとき、後白河法皇は幽閉されていたため、平清盛の独断で即位します。

安徳天皇は、武家が独断で即位させた初めての天皇です。これで、本格的に武家が政治の実権を握ります。

母親が平徳子。平清盛の娘

安徳天皇の母親は平徳子(たいらの とくし)で、平清盛の娘です。平家がようやく天皇の外祖父になることで権力を掌握できるようになりました。

かつて藤原氏が天皇の外戚となって権力を掌握した摂関政治と同じことをしようとしていました。平家にとってこの上ない天皇の即位です。

時すでに遅く、平家は下り坂に入っていた

安徳天皇が即位したのは1180年です。しかし、このときすでに時代は平家から離れつつありました。

安徳天皇が即位してから2か月後の4月、後白河法皇の息子で安徳天皇の叔父にあたる以仁王(もちひとおう)が平家討伐の令旨を発し反旗を翻します。これはすぐに鎮圧されましたが、日本各地の源氏を中心とした武士、寺院勢力の反平家の勢いは増していきます。

6月には、平清盛が安徳天皇、高倉上皇を連れて福原に遷都します。このとき幽閉していた後白河法皇を解放して一緒に連れて行っています。

この福原遷都は、京都にいると反平家勢力とまともにぶつかることになるのでそれを避けるためでした。実際に、京都の寺社勢力は福原には連れて行っていません。

しかし、反平家の勢いは止まりません。8月には源頼朝(みなもとの よりとも)が挙兵します。

10月には”富士川の戦い”で平家は大惨敗します。平清盛は、福原にいると京都が反平家で固まって政権が奪われることに危険を感じて、福原から京都へ再び遷都します。

京都に戻ってからは、平清盛は死の直前で政務をとることができませんでした。翌年の1181年正月に高倉上皇が亡くなります。2か月後の2月には平清盛が亡くなりました。

安徳天皇はこのとき平家の後ろ盾を失いました。

ここから後白河法皇の院政が再び始まります。そして、平家と対立していた後白河法皇に実権が移ったので、高倉上皇が亡くなることで朝廷の後ろ盾も失いました。

安徳天皇の逃避行が始まる

2年後の1183年、木曽義仲が倶利伽羅峠(くりからとうげ)の平家軍を破り京に迫っていました。

平家の棟梁となっていた平宗盛(たいらの むねもり)は、安徳天皇と後白河法皇を連れて京都を脱出することを考えます。朝廷を掌握していればいつでも巻き返せるからです。

しかし、後白河法皇はすでに平家を見捨てていました。法皇は平家と一緒に行動をしないで、延暦寺に脱出します。

平家はしかたなく、安徳天皇だけを連れて三種の神器とともに都落ちします。安徳天皇は6才でした。

壇ノ浦の戦いに敗れ瀬戸内海へ身を投げる

安徳天皇は、大宰府(福岡県)に入った後、讃岐(香川県)の屋島に拠点を移しましたが、1185年の2月、源義経(みなもとの よしつね)の襲撃に会い海上へ逃れます。
そしてついに”壇ノ浦の戦い”がはじまり、平家は敗れて滅亡しました。

8才の安徳天皇は、おばあちゃんの二位尼(にいのあま。平清盛の妻 時子)に抱かれて瀬戸内海の海へ入水します。この崩御は歴代天皇の中で最年少です。

安徳天皇は死んでいなかった?

安徳天皇は壇ノ浦で死んでいないという伝説が四国・九州を中心に各地に存在しています。

  • 平家の残党に守られて阿波の祖谷山(徳島県三好市)に隠れ住んだ
  • 薩摩国硫黄島(鹿児島県三島村)に逃れた
  • 対馬に逃げ延びて宗氏(対馬を支配した戦国大名)の開祖となった

本当かどうかは分かりません。ちなみに、壇ノ浦で弟の守貞親王(もりさだ。安徳天皇の異母兄)とすり替えたという話がありますが、これはフィクションだということが分かっています。

守貞親王は、のちの後堀河天皇の父親で、天皇未経験のまま上皇の称号が与えられるという異例の上皇になります。

三種の神器はどうなった?

天皇の皇位の正当性を示す三種の神器は源氏によって引き上げられています。八咫鏡(やたのかがみ。形代)は海に沈んでなく無事でした。

形代(かたしろ)

レプリカと訳すことがあるがレプリカではない。本物と同じ価値を持った分身というのが正確な意味。

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま。本物)と、草薙剣(くさなぎのつるぎ。形代)は二位尼が腰に縛り付けて安徳天皇と一緒に海の底へ沈みました。

勾玉は引き上げられましたが、剣は失われました。勾玉は本物なので、もし無くなっていたらヤバかったです。

本物の剣はいまでも、熱田(あつた)神宮に祀られています。形代は新たに本物から作り直しました。

なので現在は、剣の形代は皇居の中と瀬戸内海の底に2つ存在します。もしかすると瀬戸内海の底に沈んだ剣はいつか引き上げられるかもしれないですね?

この時期は2人の天皇がいた

安徳天皇が京都を離れた時、後白河法皇の詔(みことのり)で後鳥羽天皇が即位しています。三種の神器を持たない異例の即位でした。これで、2年間は二人の天皇が存在していることになります。

後鳥羽天皇の即位を急いだのは、平氏追討勢力を法皇の私設軍隊ではなく官軍にして正当性を主張したかったためです。

安徳天皇のような不幸なことは現代では起こりえない

安徳天皇は、平家のために生まれて、平家のために天皇に即位し、平家とともに亡くなりました。

現在の天皇についてはこのような不幸なことは起こりえません。現在は、天皇は”国民統合の象徴”なので特定勢力のための天皇はあり得ません。天皇はすべての日本国民のために存在しています。

”象徴天皇はGHQから押し付けれているから違う!” といって、戦後の象徴天皇を否定する人がいるかもしれませんが、象徴天皇は日本人自身が作り上げてきたものだし、もともと日本人の天皇像に近い形です。

GHQは、象徴天皇について適当に押し付けているわけではありません。イギリスの王室を参考にしていることは歴史的事実です。
そして、日本側もそれについて審議して納得しています。

なにより、今上陛下が自分の人生をかけて、象徴天皇とは何かについて行動されています。これらを見ると、特定勢力だけのための天皇は存在できないことは明らかです。

きちんと歴史から学びつつ伝統を継承しています。

 

天皇・皇室に関する書籍
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!