第82代 後鳥羽天皇 部下の部下から島流しの刑を食らった天才

他言語サイト
翻訳はみつかりませんでした
  • -

    シェア
  • ---

    LINEで送る
  • -

    はてなブックマーク
    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
後鳥羽天皇の肖像画

歴代天皇 - 内外と権力闘争に明け暮れた天皇たち(院政の時代) -

文武両方に、優れた才能を発揮した後鳥羽天皇(ごとば)。しかし、鎌倉幕府の有力御家人の北条泰時承久の乱で敗れ、島流しの刑を食らうという、歴代天皇の中でも例のない、前代未聞の屈辱を味わいます。

この後も院政は登場するのですが、それは形式的なもので、積極的に政治を取り仕切ったという意味での院政は、後鳥羽上皇が最後です。

そしてこれ以降、一部の例外を除いて、天皇が政治の実権を握ることはなくなりました。

中世 平安時代 - 末期 - ~ 鎌倉時代

  • 皇居
  • 平安宮
    (へいあんのみや)
  • 生没年
  • 1180年7月14日 ~ 1239年2月22日
    治承4 ~ 延応元
    60才
  • 在位
  • 1183年8月20日 ~ 1198年1月11日
    寿永2 ~ 建久9
    16年
  • 名前
  • 尊成
    (たかひら)
  • 別名
  • 隠岐院
    顕徳院
    良然
    金剛理
  • 藤原殖子
    (ふじわら しょくし)

    七条院
    (しちじょういん)

    藤原信隆の娘
    (ふじわら のぶたか)

反平氏のシンボルとして即位する

高倉天皇の第4皇子の尊成親王が生まれたのは、福原遷都(ふくはらせんと)や、源頼朝(みなもとの よりとも)の挙兵があった1180年です。後鳥羽天皇は、激動の時代の始まりと同時に生まれました。

3年後の1183年、兄の安徳天皇が平家とともに都落ちをしたため、後白河法皇は新しい天皇を立てることにします。

太上天皇(だじょうてんのう)

退位した天皇のこと。

上皇(じょうこう)

太上天皇の短縮した言い方。

太上法皇(だじょうほうおう)

出家した上皇のこと。たんに法皇という。

院(いん)

上皇の住まい。そこから上皇・法皇のことを『○○院』と呼ぶ。

詳しくは『太上天皇とは何か?』

この年京都に入っていた木曽義仲(きそ よしなか)は、法皇の息子である以仁王(もちひとおう)を次期天皇に推挙します。

以仁王は、1180年に反平家の狼煙を上げて挙兵し失敗しましたが、頼朝が触発されて挙兵するなど反平家のシンボルになっていました。しかし法皇は、孫である尊成親王(後鳥羽天皇)を即位させます。

三種の神器が安徳天皇と一緒に持ち出されていたため、三種の神器のない法皇からの院宣だけという異例の即位でした。また、安徳天皇は都落ちしているだけで、天皇を退位しているわけではありません。

この時点では、同時に2人の天皇が存在するという点でも異例でした。

後鳥羽天皇の即位には、後白河法皇の政治的な判断と、当時の混乱した政治状況が大きく影響しています。

法皇はすでに平家を見限っていますが、完全に源氏を信用していたわけではありませんでした。とくに木曽義仲は嫌っています。木曽義仲が以仁王を推挙した時も、”お前に、天皇即位に口を出す権限はない!”という態度を見せます。

後鳥羽天皇の父親の高倉天皇は、母親が平清盛(たいらの きよもり)の妻の妹で、自分の皇后にも清盛の娘がいます。明らかに平家よりの天皇でした。

法皇は平家を見限っていましたが、源氏がダメだった時に平家側に戻れるように保険をかけていました。

天皇・上皇中心の政治を目指した

後鳥羽天皇は、即位してからの9年間は、後白河法皇が実権を握っていたため、政治的な行動はとれませんでした。

1192年に後白河法皇が亡くなります。そして、源頼朝が征夷大将軍となり鎌倉幕府を開いた年でもありました。

ここから後鳥羽天皇の親政がはじまりました。後鳥羽天皇は13才。後鳥羽天皇は天皇中心の政治を目指します。

頼朝の征夷大将軍の任命は、幼少だった天皇のすきを突いて、代わりに実権を握っていた九条兼実(くじょう かねざね)が勝手にやったことです。

兼実は、摂政関白・太政大臣を歴任した実力者で、源氏と距離の近い公家でした。

後鳥羽天皇は成長するにしたがって、兼実を遠ざけるようになります。そして、自分の意思をはっきりと主張できる年齢に成長した17才の天皇は、関白の兼実を解任し失脚させます。

2年後の1198年には退位して、息子の土御門天皇(つちみかど)を即位させます。そして、上皇になって本格的に政治を取り仕切るようになります。この行動から、後鳥羽天皇は、あくまで天皇・上皇中心の政治を目指していたことが分かります。

兼実を失脚させることで、幕府が朝廷を超える力を持つことを許していないことを表しています。幕府は、あくまで朝廷の補完勢力であるべきだと思っていました。

自分の意思を通したために政治生命を失った

自分の目指すものとは逆に、鎌倉幕府は朝廷に対していろいろな圧力をかけてきます。

後鳥羽上皇は、その圧力に屈しながら、けれども決して幕府の思い通りにはならない絶妙なバランスで、24年間過ごすことになります。また、鎌倉幕府と衝突する道も選びませんでした。

幕府とはいろいろな形で融和していきます。

1203年、幕府では源実朝(みなもとの さねとも)が3代将軍に就任しました。上皇は自分のいとこを実朝の妻として下らせます。

後鳥羽上皇と実朝は、それなりに信頼関係ができていました。また実朝には後継者がいないため、次の将軍は、皇族から迎え入れるという約束までしています。

しかし、北条氏など幕府の御家人は、実朝の朝廷との融和に反対し続けます。上皇も幕府の御家人の態度に不満を持っていました。

御家人(ごけにん)

鎌倉時代の幕府に従う武士のこと。

家人を丁寧な言い方にしたもの。家人は、『主人の家の人』という意味で、主人に従う人という意味。

鎌倉の力が圧倒的だったので、家人にも『御』をつけるくらい気を使った。

御家人の主人は、鎌倉の将軍ではなく、鎌倉という武士の組織だった。そのため、鎌倉幕府が消滅すると御家人もほとんど消滅する。

今でも、鎌倉時代の言葉として使われることが多く、ほかは、『家臣』と同じ意味で使われることがあるくらい。

詳しい内容は承久の乱の記事に任せますが、実朝が暗殺されたことで、上皇と幕府の御家人との間に決定的な対立が生まれます。

1121年ついに上皇は、幕府執権 北条義時(ほうじょう よしとき)の討伐の宣下を出します。”承久の乱”が始まりました。

後鳥羽上皇41才。脂ののりきったやる気満々の行動だったでしょう。しかし結果は上皇のあっけない敗北で終わります。

後鳥羽上皇は、隠岐へ島流しの刑をくらうことになり京都を追われました。

後鳥羽上皇は敵に追われたのではありません。上司が、部下の部下の横暴な態度を改めさせ懲らしめようとしたら、逆に上司の首が飛ぶという摩訶不思議なことが起きてしまいました。

こうして、後鳥羽上皇の政治生命は絶たれました。それから配流先の隠岐で19年間過ごし、60才で亡くなります。

天皇・上皇が官軍を組織して、賊軍にコテンパンにやられるという出来事は、日本の歴史上この1例しかない。

最後の院政、そしてしばらく天皇は歴史の陰の存在になる

後鳥羽上皇は、3人の天皇の上皇として君臨し政治を取り仕切りました。

承久の乱で、後鳥羽・土御門・順徳の3上皇はそろって島流しの刑に罰せられ京を追われ、仲恭天皇は退位させられます。これで朝廷の政治勢力としての生命は完全に無くなりました。

日本の歴史で、朝廷が政治勢力として退場させられる期間は、800年という長い期間におよぶことになります。再び表舞台に出てくるのは、幕末まで待たなければなりません。

これは、院政という統治システムが崩壊することを意味しました。院政は摂関家の横暴な政治を変えようと生まれたシステムです。武家の力を借りないと続けることができませんでした。しかし、その院政は武家に崩壊させられます。

日本の歴史では、院政は朝廷の貴族社会から武家社会へ移行する過程の、中間的なシステムとして位置づけられていて、あまり知られていません。院政時代は、武士の頭角、武家政権の成立、幕府の成立と重なるからでしょう。

800年という長い間政治の実権を握る武家のことを、今に生きる人たちは分かっているので大きい価値を見出すのは分かります。しかし、だからといって、それによって潰された院政というシステムの価値を小さく見るのは間違いです。

同じ過渡期である、織田信長・豊臣秀吉のことは大きく扱うのに、院政時代に活躍した人はほとんど知られていないのはなぜなのでしょう?

日本人であれば、ある程度知っている戦国大名くらいの、いや、それ以上に活躍をしたこれらの天皇を知る人はあまりいません。

こういうところが、海外ではある一定の尊敬の念を持たれている天皇が、当の日本ではなめられている証拠でしょう。本当の価値を知らないからなめているということなのですが...

歴史を知らないというのは本当に怖いことだと感じます。これから日本を担う子供たちには、本当の日本の歴史を知ってほしいものです。

歴代天皇の中でもトップクラスの才能にあふれた男

後鳥羽天皇は、多芸多才の持ち主だったことで有名です。特に和歌は一流で、村上天皇のころに設置された和歌所(わかどころ)を再興して、すぐれた歌人を集めて和歌を奨励しました。

また、彼らの力を借りて、『新古今和歌集』(しんこきんわかしゅう)を勅撰しました。隠岐に流されてからも、この和歌集の追加・削除の作業をしていました。

歌道のほか、書画、管弦、蹴鞠(けまり)など、宮廷の伝統的な学芸にも優れた才能を発揮しました。

武芸の才もあった ”文武両道”

後鳥羽天皇は、この時代ではめずらしく武芸の才能もありました。相撲、水泳、弓などの武芸を好み、自分で刀剣の鍛造も行って、臣下に与えていたといわれています。

院政を始めてから3年後の1200年ごろ、身辺の警護にあたる、武士集団”西面の武士” (さいめんのぶし)を結成しています。

これには、倒幕準備を始めたという説と、武芸好きの上皇が趣味で創設したという説があります。

こういう才能があったからこそ、鎌倉幕府と武力でも対等に接することを望み、結果的に承久の乱が起きたのかもしれません。

この人が平清盛の時代にいれば、武士の出番もなかったのではないかと思うぐらいです。

なぜ ”後” 鳥羽天皇なのか?

後鳥羽天皇は、鳥羽天皇に名前の由来があります。それは、後鳥羽天皇は、鳥羽天皇との共通点があるからです。

鳥羽天皇は、身辺警護のために”北面の武士”を保持し、後鳥羽天皇は、”西面の武士”を結成しました。

二人とも、複数の天皇の上に君臨した、歴史に残る院政を行なっています。また、日本の歴史に残る大乱を起こしています。

鳥羽天皇は”保元の乱”、後鳥羽天皇は”承久の乱”です。

このように、 ”後” 〇〇天皇という名の付く人は何かしら〇〇天皇と所縁があります。天皇の名前にはこのような見方もあります。

菊のご紋の始まり

神社の門やパスポートに記されているものは”菊のご紋”ですよね?

Chrysanthemum_emblem_m-min

これは、皇室の家紋のようなものです。菊のご紋は後鳥羽天皇から始まっています。

この菊紋を後鳥羽天皇は好んでいて、衣服や調度品、懐紙(かいし)、車、刀剣などに使いました。それまで菊紋を使っていた人々が、遠慮して使わなくなったので、皇室の紋章として定着したと言われています。

この人は、後世に残すようなことをいろいろなジャンルで行っています。本当の天才とはこういう人のことを言うのかもしれません。

後鳥羽天皇が現在の天皇のイメージを作る

後鳥羽天皇の歴史的な意味はものすごく重要です。

後鳥羽上皇は、天皇・上皇が直接統治をした最後の人です。これ以降は、天皇が直接統治したことは現在までありません。

後醍醐天皇・昭和天皇はどうなんだ?という意見もあると思いますが、後醍醐天皇は、天皇親政を目指す途中で挫折しました。また、昭和天皇は立憲君主制の天皇なので直接統治ではありません。

やはり後鳥羽上皇が、最後の直接統治を行なった人でしょう。

いろいろな功績がある中でも、菊のご紋を使い始めたという点で、今の天皇のイメージを作ったのは、後鳥羽天皇と言って良いでしょう。

 

天皇・皇室のおすすめの本
post-cta-image

天皇や、皇室に関する書籍をご紹介します。

内容がかんたんで頭に入りやすいものを選びました。かんたんだからと言って内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身に付くでしょう。


くわしくはこちら

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事を気に入ったらぜひシェアも!!