ツイート
シェア
LINEで送る
B! はてぶでブックマーク
Pocketでブックマーク
RSSフィード

聖徳太子

第34代 舒明天皇。つかの間の朝鮮半島友好。皇統が非蘇我系の本流に戻ってきた。

emperor jomei image

舒明天皇(じょめい)は、朝鮮半島と戦争状態の時代の中、唯一ぜんぶの朝鮮半島の国と友好関係を作った天皇です。

嫁は歴代天皇の史上初3冠を達成した皇極斉明)天皇。歴史の教科書に出てくる中大兄皇子の父です。

平和外交の温厚な政権で混乱もなく良くも悪くも目立たないため、妻や息子ほど有名ではありません。

続きを読む

第33代 推古天皇。天皇暗殺の黒幕の姪っ子が史上初の女帝になる

推古天皇 肖像画

推古天皇(すいこ)は、天皇暗殺という大事件の混乱のなか即位した女帝です。聖徳太子摂政にしたことでも有名ですね?

聖徳太子の陰で何もしていないように見えますが、ちょっとしたことで殺される世の中で、37年も君臨した女傑です。というか聖徳太子はいらないくらいの極太の人です。

続きを読む

第32代 崇峻天皇。蘇我氏と対立して暗殺される。蘇我系天皇なのに反蘇我だった?

崇峻天皇の陵墓

崇峻天皇(すしゅん)は、歴代天皇の中で二人しかいない暗殺された天皇のひとりで、歴史の事実として暗殺されたのは崇峻天皇だけです。

また、臣下に殺された唯一の天皇です。

蘇我馬子(そが の うまこ)の甥っ子になるんですが、その叔父さんに殺されました。

続きを読む

第31代 用明天皇。蘇我 vs 物部の抗争のバランスを取ろうとするが事態は激化

emperor yomei image

用明天皇(ようめい)は知らない人が多いでしょう。在位期間が3年なのであたりまえです。

でも、こう言ったらグッと近くの存在になります。『聖徳太子の父』。

聖徳太子は仏教を大事にしたことで有名ですが、用明天皇は初めて仏教を宗教として取り入れた天皇です。その影響でしょう。

続きを読む

摂政(せっしょう)とは何か? なぜ偉いのか? 時代によって意味・役割が違う

Q&A image

摂政は『せっしょう』と読みます。

『天皇に代わって(と)る』で天皇の代理です。政(まつりごと)は政治の昔の言い方で、『摂る』は担うという意味。

摂政は時代によって意味・役割が少しずつ変わり、今でも制度として残っています。

昭和天皇が若かりし頃、摂政だったことはあまり知られていません。

続きを読む

初代 神武天皇。神話の中で決して英雄でない普通の人。異常な長生き以外は。

神武天皇画像3

神武天皇(じんむ)は初代天皇なのに、神話上の人なのに、奇跡を起こさない、マッチョでもない、かっこいいヒーローでもありません。

特別な才能を発揮したわけでもない普通の人。たまに神話らしい神がかり的なこともありますが、そこまでミラクルを起こしているわけでもない。

続きを読む