第40代 天武天皇 なぞの生年不詳。何をかくしてる?

  • ---

    LINEで送る
  • -

    ブックマーク
  • -

    pocket
  • -

    rss
emperor tenmu image

歴代天皇 - 政治闘争で殺しあうアグレッシブな天皇たち -

第40代 天武天皇(てんむ)は、『日本書紀をつくれ!』といった人ですが、その日本書紀には天武天皇の生年が書かれていません。

ほかの歴代天皇は書かれているのに。

ナゾです。何かをかくしてるんじゃないか?と勘ぐりたくなります。

古代 飛鳥時代

  • 皇居
  • 飛鳥浄御原宮
    (あすかのきよみはらのみや)

  • 生没年
  • 631年? ~ 686年9月9日
    舒明3? ~ 朱鳥元
    56?才
  • 在位
  • 673年2月27日 ~ 686年9月9日
    天武天皇2 ~ 朱鳥元
    14年
  • 名前
  • 大海人
    (おおあま)
  • 別名
  • 天渟中原瀛真人尊
    (あま の ぬなはら の まひと の みこと)

39代 弘文天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工

天武天皇の生年が分からないわけがない

歴代天皇の生年は、第33代 推古天皇からはっきりしています。天武天皇の80年くらい前の時代です。

なのに、天武天皇は生まれた年が分かっていません。日本書紀を作らせた張本人で、ひとりで2巻も使って書かれているのに。

ひとりの天皇が2巻も使っているのは天武天皇、ただひとりです。その日本書紀でさえ生まれた年が書かれていません。

ナゾです。

古事記と日本書紀(こじき。にほんしょき)

第40代 天武天皇が号令をかけて作った国家の歴史書。

ふたつあわせて記紀(きき)いう。

それ以前の歴史書は、焼失や理由の分からない紛失でいまは存在しない。

飛鳥時代以前の歴史は、古事記、日本書紀にたよる。

天武天皇は先代で兄・天智天皇の弟です。父親も母親も同じです。もちろん、天智天皇は生年月日がはっきりしています。

弘文天皇はこのとき天皇として扱われていない。)

それでいて、弟が生まれた日が分からないってあるでしょうか?

ますますナゾです。

天智天皇の娘を4人も嫁にするナゾ

天武天皇は天智天皇の娘を4人も嫁にします。そのうちのひとりが次の持統天皇です。

第40代 天武天皇 系図
宮内庁HPより抜粋 一部筆者加工
大田皇女
(おおた の ひめみこ)
天武天皇の即位前に亡くなった。
本当なら皇后になっていたと思われる。
大津皇子(おおつ の みこ)の母。
大津は天武親政の中心で、謀反の疑いをかけられ自害。
第41代 持統天皇
(じとう)
大田が亡くなったので皇后になったよう。
天武天皇のあとは持統中心に動く。
草壁皇子(くさかべ の みこ)の母。
草壁は天武時代の皇太子で摂政
新田部皇女
(にいたべ の ひめみこ)
舎人皇子(とねり の みこ。舎人親王)の母。
舎人親王は日本書紀の編集長。
大江皇女
(おおえ の ひめみこ)
長皇子(なが の みこ。長親王)、弓削皇子(ゆげ の みこ)の母。

そこまで天智系が必要だったの?

ここまで先代の系統を必要とした天皇はいません。ぶっちぎりです。

もともと古代の天皇は、前の天皇の娘から皇后をむかえるルールのようなものがありました。

前(や、その前など)の天皇の意思を引きついでますよ。

といって自分の正統性をさらに主張したかったんですね?だから兄妹、親戚同士の結婚が多くありました。

そして、天武天皇までの歴代天皇で、やけに先代の系統にこだわった天皇はいました。

第23代 顕宗天皇
第24代 仁賢天皇

そしてもうひとつ

第26代 継体天皇
第27代 安閑天皇
第28代 宣化天皇

顕宗・仁賢天皇の兄弟は、下人にまで落ちていたので正体が怪しまれました。

下人(げにん)  

主人に仕える身分の低い人。

継体・安閑・宣化天皇の親子も、もともと福井にいて、皇族とはほど遠い生活をしていたので、本当に皇子なのか怪しまれました。

だから、前の天皇の娘を皇后にむかえて血統の正統性を高めないといけませんでした。

でもこれらは、2代、3代とつづけてこだわっていました。天武天皇はたったひとりでこだわっています。かなり異常です。

顕宗・仁賢天皇は雄略系、継体・安閑・宣化天皇は仁賢系にこだわった。

王位簒奪か?じつはあやしい出自か?

兄・天智天皇が亡くなりかけているとき、天武天皇は皇族をやめて、僧侶になり吉野(奈良)に引っこみました。そして、兄が亡くなると、吉野から兵を挙げて、都の大友皇子(おおとも の みこ。弘文天皇)や朝廷の臣下たちを倒しました。

どうみても、朝敵だし王位簒奪です。(壬申の乱

壬申の乱(じんしんのらん)

天智天皇の弟・大海人皇子(おおあま の みこ)と息子・大友皇子(おおとも の みこ)のだれが天皇になるのかの争い。

古代最大の内乱。

両軍ともに皇位継承権のある皇族が大将になり指揮した戦で国を2分した。日本の歴史上、ここまで国を分けた戦いはない。

大海人皇子は皇太弟、大友皇子は太政大臣だった。

天智天皇は大海人皇子を指名したが、皇子が断って吉野(和歌山)に引っ込んだことが原因。

672年(天武元)7月24日、大海人皇子は、大友皇子に反乱の罪をきせられると思い、先手を打って挙兵、勝利して第40代 天武天皇になる。

どっちが裏切ったのか、正義があるのかは意見が分かれる。

古代の資料は日本書紀・古事記からだが、天武天皇が号令をかけて作られたので、大海人皇子に都合の悪いものは書けなかったともいわれる。

(ここに書いた内容も日本書紀から。)

大友皇子は、歴代天皇に入ってなかったが、明治3年、明治天皇が『弘文天皇』という諡をおくって歴代天皇に加わった。

いまは、どっちがよかった、悪かったという評価ができるほど事実が分かっていない。

それだけに、先代の天智天皇から引きついだ証しが欲しかったのでしょう。

王位簒奪じゃないよ。

ほら。こんなに天智天皇の娘が味方にいるでしょ?

ボクはこれだけ先代とつながりがあるんだよ。

と言いたくて、4人も嫁にもらったと考えられます。

しかし、天武天皇はもともと生まれが怪しい説もあります。そのなかで作家・井沢元彦 説などはぶっ飛んでます。

歴史学では認められてないでしょうが、とても面白いし『あるかも?』と思えるところがあります。

ボクは天武天皇の出自あやしい説に可能性があると思っています。

前のページ
第40代 天武天皇 大偉業の道半ばに死す。
第44代 元正天皇 唯一母親から娘への母系で皇位を継承する
次のページ
天皇・皇室の本
post-cta-image

『天皇について基本的なことを知りたい』『過去の天皇の人物像を知りたい』という人におすすめの本を選びました。

内容がかんたんで頭に入りやすく、でも内容が薄いわけではありません。むしろ濃いくらいです。

日本人なら知っていてほしい天皇・皇室の基礎知識だけでなく、外国の人に説明できるくらいの知識が身につきます。

文章が苦手な人にはマンガ本もあります。


天皇の本10選

SNSでも記事を配信しています。
コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

top
この記事を気に入ったらぜひシェアも!!